宇多田ヒカル flavor of life 意味。 宇多田ヒカル『Flavor Of Life』の仮タイトルはなぜ「安くておいしいミカン」だったのか

宇多田ヒカル『Flavor Of Life』歌詞の意味・考察と解説

宇多田ヒカル flavor of life 意味

pixivision• 2020-07-16 18:00:00• 2020-07-16 17:00:00• 2020-07-15 18:00:00• 2020-07-15 17:00:00• 2020-07-14 18:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-16 19:05:51• 2020-07-16 19:05:19• 2020-07-16 19:04:33• 2020-07-16 19:04:15• 2020-07-16 19:03:46 新しく作成された記事• 2020-07-16 18:59:50• 2020-07-16 18:45:12• 2020-07-16 18:37:50• 2020-07-16 18:54:08• 2020-07-16 18:32:53•

次の

宇多田ヒカルが語る、“二度目の初恋” 「すべての物事は始まりでもあり終わりでもある」

宇多田ヒカル flavor of life 意味

今年、デビュー20周年イヤーに突入した宇多田ヒカルが、通算7枚目となるオリジナルアルバム『初恋』をリリースする。 これは彼女のディスコグラフィにおいて、初の日本語を冠したアルバムタイトルであり、今なお愛聴されている、1999年の彼女の1stアルバム『First Love』を想起させるタイトルでもある。 リアルサウンド二度目の登場となる今回のテキストでは、アルバム完成直後に行われたオフィシャルインタビューから、今作の制作風景や参加アーティストに特化した発言を中心に構成した。 前作から、さらには衝撃的だった1998年のデビュー時から今日までの間で、彼女の中で変わったこと/変わらないこととは何なのか。 そして20周年というひとつの節目を、いまどのような心境で迎えているのか。 宇多田ヒカル(以下、宇多田):自分でも象徴的なアルバムタイトルになったと思います。 もちろん、『First Love』と『初恋』の間にはいろいろな流れを経ているんですけど、その一方で、私としては特にスタンスを変えたつもりもなく、むしろデビューの頃から今まで、自分が歌っている主題は、基本的にあまり変わっていないと思っていて。 そうした想いの中で、かつての『First Love』からの今回の『初恋』という対比が、自分の中ですごくしっくりときました。 浅いものから深いものまで。 その関係性の築き方には誰しもモデルがあって、それはやっぱり最初の原体験というか、自分を産んでくれた人なり、面倒を見て、育ててくれた人たちとの関係だと思うんです。 それがその人の一生の中で、おそらく多くの場合は無意識に作用して、他者との関係性に影響していく。 その無意識の影響を紐解いては、「何故なんだろう?」と追求したり、時には受け入れようとしたりする。 それが私の歌詞の大体のテーマだと思うんです。 この曲の歌詞の一部は、ご自身も出演している清涼飲料水のCM撮影の際に訪れた雪原で浮かんだそうですね。 宇多田:雪の中にいたせいか、〈長い冬が終わる瞬間〉というのがぱっと浮かんで。 今回はそういう思いが詰まったアルバムでもあります。 宇多田:そう感じてもらえたらうれしいです。 たとえば「初恋」という曲も、恋の始まりとも終わりともとれるように書いています。 初恋というのは、それを自覚した瞬間から、それ以前の自分の終わりでもあるので。 たとえば紐を緩めることを「遊びを持たせる」と表現するじゃないですか。 今回の自分の作風や気持ちって、それに近いというか。 着物の帯をちょっと緩めて、息を深く吸うような感じで詞曲に臨むことができました。 でも好きで何度も聴いていた曲はいくつかありました。 折坂悠太さんの「あさま」という歌には衝撃を受けました。 宇多田:『花のち晴れ』の原作を読んであらためて気付かされたんですが、神尾葉子さんの作品は、一見、恋愛が繰り広げられる学園もののようで、実は年齢性別を問わない社会や他者との関わり方、本質的な意味での自分との闘いのプロセスが描かれているんですよね。 私、本来、少女マンガってあまり得意じゃないんですけど、神尾さんの作品はだから好きなんだなって。 それに気付いたら、曲も歌詞もどんどん膨らんでいきました。 宇多田:そうやって比較ができること自体、面白いですよね。 私自身は、ごく普通で単純な、心地の良い6/8拍子のつもりだったんで、それはとても予想外な反応でした。 それであらためて、自分がすごくスウィングを付けていることや、そこに細かく刻んだハイハットがさらにノリを複雑化させていること、ドラムとピアノが溜めたり突っ込んだりしていることが、実は独特なノリで、誰にでも感じられるものではないんだなと気付かされて。 ドラムがクリスじゃなかったら、この曲は成立しなかったかもしれない。 「Forevermore」もそうでしたね。 私一人のプログラミングで済ませていたら、決してここまでの熱量にはならなかった。

次の

Flavor_Of_Life (ふれいばーおぶらいふ)とは【ピクシブ百科事典】

宇多田ヒカル flavor of life 意味

目次 [Contents]• 前置き 宇多田ヒカルが大好きなのです。 結婚した時は凹んだ、そのぐらい好きなのです。 なので、勝手に宇多田ヒカルの最高すぎる10曲ぐらいを勝手に紹介することにしました。 私がどれくらい好きかをわかりやすいところでいうと、 CDは日米問わずほとんどんだ持っているし、 DVDも買ってるという普通にファンなレベル( UTADA UNITE2006の This is Loveに感動していた。 ) そんな人間だ。 人間的にも魅力ある人だなと、お会いしたことはないもののメディアを通じて感じてはいるが、歌がいいよね。 曲っていうのかな。 まず作詞作曲してる時点で聞くよね。 (私は作詞作曲フェチでして、歌手自身がやっていることに意味があると考えている。 編曲までしてるとなお良い。 ちびる。 宇多田さん以外だと aiko、椎名林檎、いきものがかり、ポルノ、ミスチル、スピッツなど(敬称略)) かくいう、宇多田さんも、途中から編曲にまで手を出した。 (編曲って何する人なんだろうと、『宇多田ヒカル、ついに編曲に携わる!』みたいなニュース見て、調べた覚えある。 ) 参考: 編曲(へんきょく、英語: arrangement)は、既存の楽曲において主旋律をそのままに、それ以外の部分に手を加えて、楽曲に幅を持たせる作業の事である。 主旋律に手を加える場合は、変奏と呼ぶ。 そんな私の宇多田ヒカルの曲で好きな曲10選を勝手に発表します。 順位は特にないです、10個に絞るだけでも死にそうになっているのに、順位など考えてたら来年になってしまいそうだったので。。 あくまで個人的な10選ですので、『宇多田初心者に勧める10選』とかではないので、宇多田ヒカルを全く知らない人(そんな人、日本国内で育った25歳以上の人ではいないと思いますが)にはよくわからないことも多々あると思いますが、置いていく気で書いてます。 Flavor Of Life -Ballad Version- タイトルの英語の意味を調べっちゃった中学生の私。 みんな結構 Final Distanceの方を好むけど、私はこの無印の方がアップテンポで好き。 ( Finalの方は、テンポだけでなく制作意図とか鑑みると意味合いが変わってきちゃうしね)。 アルバムのリードシングルで、のちに Final Distanceとしてシングルカットして世に出る。 相変わらずメロディが神ってる。 なんだろ、水の中を泳いでるような滑らかなメロディとリズム。 それにフィットしてる歌詞。 『 Distanceも抱きしめられる』とか、宇多田さんにありがちな「唐突に日本語歌詞に英語が入ってくるパターン」をやられているのだけれど、それも自然と受け入れられちゃうぐらいにスムーズな音運び。 終盤のコーラス(英語)がかっこいい。 (特にそこの部分の意味は考えたことないけど)。 ちなみに、この曲もフェードアウトで終わっていく曲です。 Addicted To You 素敵すぎ。 原点にして頂点。 一番宇多田っぽくてしっくりくる。 みんな First Loveが大好きらしいんだけど、私はこちら派。 海外でも First Loveが圧倒的有名。 (フィリピンでもみんな First Loveは知ってる。 だけど、 Automaticの知名度は全然。 悲しい。 これから Automatic普及活動でもしようかしら)。 7回目のベルの時点で感動する。 あとコンピュータの画面触るところとかね。 歌詞もメロディも MVもすごいよね。 宇多田ヒカルの一枚目のシングルとして、この Automaticが有名だけど、実は Time will tellとの両 A面なんだよね、どっちもいい曲だから決められなかったんだって。 time will tell 超メロディアス。 あんまりメジャーではないかもだけど、Automaticとともに宇多田さんのデビュー曲のうちの一つ。 このタイトルの「time will tell」というのは、宇多田さんが幼少時に言ってたNYの質屋の名前という事実を最近知ったんだけど、これ本当なのかな。 『ガチんちょの時にお世話になった NYの質屋』というパワーワード。 タイトルが珍しく全小文字なのも曲調とあってて好き。 Traveling アルバム『 ULTRA BLUE』のリードシングル曲として出た。 シングルカットはされてないので知名度は他に選曲してものと比べると低いかも。 でも曲は良すぎ。 震える。 映像作品でも見て欲しい。 歌詞がやばい、メロディがやばい。 完成度やばい。 タイトルのシンプルさもやばい。 やばすぎてこの曲を語る時は語彙力が小学校2年生レベルまで低下するので注意が必要。 色々とやばいけど、前奏もやばいし、いきなりサビから始まるパターンなのもやばい。 ベース音もやばい。 テンポもやばい、1番のサビまでのスムーズさもやばい。 あー、やば。 悪くいうとメリハリがない曲かもしれない。 2番のサビ前のタメが唯一のそれかな。 『悪い予感がするとワクワクいちゃう』からの『甘えてなんぼ』までの歌詞力やばい。 以上、500回以上聞いての感想でした。 あ、宇多田ヒカルの曲の終わり方の手法のうちの一つの「フェードアウトで曲が終わっていく」パターンの曲のうちの一つでもある。 BLUE こちらもアルバム『ULTRA BLUE』のリード曲。 宇多田さんはちょいちょいいい曲をシングルとしては出さずに、アルバムのみみたいな形で出す。 この BLUEも ULTRA BLUEというアルバムのそれ。 Fantome以外のアルバム、つまり宇多田ヒカル第 1期に出たオリジナルアルバムで、アルバムタイトルが曲名でないのはこの ULTRA BLUEのみだと思う。 (他は DEEP RIVERとか、アルバム名は必ず、収録曲から取られている)。 これも2番の歌詞が好き。 1:41から始まる2番だけど、『女の子に生まれたけど私の一番似合うのはこの色』という歌詞が、この曲の中心だと思う。 COLORSと揃って色系の歌のうちの一つ。 インクの調べとか、気分が凹んだ時のこととか、いろんな Blueが入ってる歌詞だと、勝手に思っている。 Goodbye Happiness これはエヴァ好きの人は知ってるかもという曲。 歌詞はそれほどでも、どけど、メロディラインが神ってる。 前奏から徐々に上がっていくテンション。 1番がなんか妙に淡々と始まっていくんだけど、宇多田さんが『それでいいけど』と歌った以降がこの曲の本気。 そこからはこの曲の虜。 それに続いて、『新聞なんかいらない』からの『別にいいけど』のところはやばい。 それに続く、 3:43付近の『もしも願い一つだけ叶うなら』の kanauの Nの発音がやばい。 歌詞のチョイス的には『どんな場所でも 結構』という「結構」をこの使い方で歌詞に出してくるところにセンスを感じてやまない。 シングルのジャケットのわけわかんないところに座ってるあれも結構好きだったりする。 この問いに対する最終的に宇多田さんの言っている結論としては『命の不思議』ですからね。 ティーンネージャーに聞いてほしい1曲。 他の部分としては『誓うことは、これが最後の Heart Break』という歌詞も秀逸。 「唐突に日本語歌詞に英語が入ってくるパターン」のうちの一つ。 サビから始まる無駄のない曲運びも好きだし、そのあとに続く1番の歌詞がまさかな夏の話してるっていうのも好き。 普通は SAKURAといえば春なのにね。 桜が散るってことだからね。 とか思ってたら『秋のドラマの再放送』とかいうさらに次の季節をフレーズに入れてくるワードセンス。 凄みある。 この曲は、 Be My Lastと合わせて聴くといいと思います。 良曲ともに「この恋を最後にしたい、してほしい」感があって良いかと。 Letters なんか無人島のイメージ。 歌詞をよく聞くと全然違うことがわかるんだけど、なんとなく、ずっと無人島にいて小瓶が流れ着いて、その中に手紙が入ってて、みたいな感じで思ってた。 メロディも POPになってパッと無人島から極楽鳥とかが飛ぶような場所(無人島だけどさ)のイメージ。 Merry Christmas Mr. Lawrence -FYI USで出した UTADAの二枚目のアルバム「 This Is The One」から。 多分今回の選曲の中で一番マイナーで知名度が低いかも。 でもサンプリング元の曲『戦場のメリークリスマス』は世界的にも有名なんじゃないかな。 これはメロディがいい。 元ネタがすごいのであれだけど、なんかちょうどいい感じの曲で、気づいたらすーっと聞けちゃってる曲。 前奏から最初のコーラスに入る部分とかがかなり宇多田っぽくて好き。 第一声の、声のハスキー感とかとてもいい。 後述でも同じこと言うけど、歌詞に TOKYOが出てきたりするのも日本人からしたら嬉しいなと。 2番が終わって転調するところの歌詞もいいし、そこのメロディもいい。 COLORS 宇多田ヒカルは転調の神様なんじゃないかなと思う曲。 発売当時、インターネット上で『歌詞が無理やり色入れてきてキモい』なんて批判を読んだことあるけど、 Colorsってタイトルなんだからいいじゃん、って思った記憶あり。 曲に乗っている感じで言うと1番の歌詞がいいんだけど、歌詞自体は2番の方が好き。 てか2番からの、大サビの盛り上がると見せかけて転調せずにそのまま下がって大サビ入る感じ、やばい。 天才的。 あと、この曲は、宇多田ヒカルの『有名な何かから丸っと引用が出てくる曲シリーズ」のうちの一つ。 出てくるのはことわざの『口は災いの元』。 ちなみに、タイトルを英語だから調べたら、 COLOURSという英国式の表記があることを知ったのもこの曲のおかげ。 ( Travelingも英国式ではL重ねるのでスペル異なる系)。 日本ではニンテンドー DSのソフトの CMで有名な『 Easy Breezy』が有名なアルバム『 EXODUS』( US での UTADA名義でのアルバム第一弾)から。 元々は旧約聖書の話かなんかだった気がする。 それを宇多田的に2004年バージョンでの解釈を加えたものだと認識してる。 メロディも歌詞も素敵。 歌詞は当然英語だけど、とっても平易だし、宇多田のそれまでの生活拠点である NYと共に TOKYOが出てきたりするのも日本人からしたら嬉しい。 他には、ネタ元としてのエジプトを彷彿とさせる描写として砂漠が出てきたりね。 歌詞の意味は、全編通して娘の反抗期からの独り立ち、みたいなイメージ。 鬼のように重ためな前奏とかも超好き。 選外:(時間があれば聞いて欲しい曲) 非常に申し訳ないけども、私にまとめる能力がないのか、数を数える能力がないので、追記的に時間があれば聞いて欲しい曲を適当にこちらに記しておきます。 うう、悩ましい。 Automatic2 宇多田が自ら2を作った曲。 UTADAの This Is The Oneに入ってる。 Automatic無印とは全く違う曲。 宇多田さんが作ったということ以外、なんの関連性もないと言って過言ではない。 世間の評価は知らないけど、私は結構好き。 Can you keep a secret? 木村さん(キムタク)の大人気ドラマ HEROの主題歌になったことで有名な曲。 そのつながりで、宇多田ヒカル自身もウエイトレスかなんかのちょい役でドラマに出演してた記憶あり。 有名だし、結構何回も聴いてるけど、そんなにグッとはきてない。 たまに聴くといい曲だとは思うけど。 コーラスとベース音が心地よい曲。 明るくて好き。 でもなぜか宇多田ヒカルでシャッフルして聴いててもなかなか出てこなくて聴く機会が少ない。 MV的になのか、 Travellingと映像がかぶる。 曲開始すぐの雑音みたいなチューニング中みたいな音が結構好き。 歌詞では『十時のお笑い番組』っていうのが、どうしてもエンタの神様を彷彿とさせてしまっているけど、これは本当にそこから作っているらしいから仕方ない。 テイク 5 アルバム Heart Stationの10番目に入ってる曲。 終わり方が斬新。 最初聞いた時はびっくりした。 光 キングダムハーツというゲームの主題歌だったことで有名。 皿を洗っている MVが有名で、尺の都合ですすぎが適当な感じは必見。 ゲームの英語版発売と合わせて、この曲の英語版の『 Simple And Clean』もある。 歌詞が全編英語になっている他、サビのメロディなど一部変更あるものの、どちらも素晴らしい。 この「日本語版とアレンジ違いの英語版」の手法は、キングダムハーツの次回以降の作品の主題歌だった『 Passion』にも用いられており、アレンジ違いの英語版の『 Sanctuary』がある。 この、英語版である Sanctuary、逆再生するとゲームの裏話になってるという話があるみたいです。 最後に ということで書いてるうちに収拾つかなくなって22曲も選んでしまいました。 すみませんでした。 ベストアルバムとFantomeとUSアルバム2枚買えばだいたい網羅できるので、おすすめ。 おしまい。

次の