また くぐり。 【すぐできる】【犬の芸】 8の字またくぐりを教えてみよう!スルー・くぐれ・ウィーヴなどのコマンドでもOK。

韓信の股くぐり

また くぐり

長野県宝に指定されている「木造金剛力士像 仁王尊 」の股の間を子供がくぐると、麻疹 はしか が軽くすみ、丈夫に育つといわれ、毎年多くの親子で賑わう恒例の行事です。 例年は4月の第3土・日曜日に行われていますが、今年は善光寺の御開帳の関係で、6月開催となりました。 あっさりくぐり抜ける子もいれば、泣き出して家族にひっぱられてなんとかくぐる子・・・ほほえましい光景がみられます。 仁王門前は、こいのぼりで飾られています。 まずは、受付。 住所・氏名を書いて、募金をします。 そして、整理券を受け取ります。 股くぐりの順番は整理券どおりの順番でなくてもいいみたいです。 整理券と一緒に、仁王尊のありがた~い御守りをいただけます。 受付を済ませたら、仁王門前に並びましょう。 仁王尊の説明書き。 阿形像と吽形像の像高と肩張り、胸厚が書かれています。 吽形像の方がちょっと大きいです。 仁王像の左右にはおっきなわらじ。 おじさんが、子供をちょうどいい位置にセッティングしてくれます。 写真コンテストも同時開催されるので、 パパママ達は、パシャパシャ写真を撮りまくります。 小学生でもくぐってOK。 阿弥陀堂前には、写真パネルも用意されています。 股くぐり祭りだけじゃありません。 若返り地蔵祭りも同時開催されていました。 阿弥陀堂の横にあるのが、若返り地蔵尊。 さすが!!お肌つるっつるっ!! 説明書きによると・・・ 「若返りの水」を一杯飲み、お地蔵様にお参りしていただきますと、誰もが心身ともに若返り、生きる活力がみなぎり、いよいよ幸せになっていくこと必定です。 こりゃ、飲まなきゃっ。 「若返りの水」は黒川の名水をひいたものらしいです。 しかし、蛇口からっていうのがねぇ。。。 「若返りの水」っていうからには、湧き水っぽい演出をしてほしかった・・・。 地元の物産を売っているコーナー。 仁王尊の絵が付いた「力もち」が結構売れていました。 あんこの草もち ¥400 股くぐり祭りの会場は、歴史的な建物がいろいろ。 田村堂 かつてこの付近にあった明治時代に廃寺になった若澤寺 にゃくたくじ の本尊を納めた厨子。 重要文化財 1500年代の室町時代の後期に造られたと推定され、完成当初は総金箔装で、可憐な厨子であったようです。 上波田阿弥陀堂 仁王門と本尊を移した際に、設けられたそうです。 水澤不動尊 若澤寺参道丁石 第十五丁目 入り口の仁王門から若澤寺までの距離をしめした標石で、 参道沿いに一丁 109m ごとに建てられていました。 波多神社 波多神社の狛犬 波多神社の鳥居 今日は、駐車場になっています。 波多神社の説明書き 由緒が書かれています。 大きな杉!! 仁王門の西側には上波田公園があります。 カキ氷、ジュース、フランクフルト等々・・・露店が並んでいます。 池に落ちないように気をつけて。

次の

國士無双~韓信伝説

また くぐり

生涯 [ ] 生い立ち [ ] 淮陰(現在の)の人。 貧乏で品行も悪かったために職に就けず、他人の家に上がり込んでは居候するという遊侠無頼の生活に終始していた。 こんな有様であったため、淮陰の者はみな韓信を見下していた。 とある亭長の家に居候していたが、嫌気がした亭長とその妻は韓信に食事を出さなくなった。 いよいよ当てのなくなった韓信は、数日間何も食べないで放浪し、見かねた老女に数十日間食事を恵まれる有様であった。 韓信はその老女に「必ず厚く御礼をする」と言ったが、老女は「あんたが可哀想だからしてあげただけのこと。 御礼なんて望んでいない」と語ったという。 ある日のこと、韓信は町の若者に「てめえは背が高く、いつも剣を帯びているが、実際には臆病者に違いない。 その剣で俺を刺してみろ。 できないならば俺の股をくぐれ」と挑発された。 韓信は黙って若者の股をくぐり、周囲の者は韓信を大いに笑ったという。 その韓信は、「恥は一時、志は一生。 ここでこいつを切り殺しても何の得もなく、それどころか仇持ちになってしまうだけだ」と冷静に判断していたのである。 この出来事は「韓信の股くぐり」として知られることになる。 秦のの没後、を機に大規模な動乱が始まると、に韓信は、次いでその甥のに仕えてとなったが、たびたび行った進言が項羽に用いられることはなかった。 劉邦配下として [ ] 、秦の滅亡後、韓信は項羽の下から離れ、に左遷された王劉邦の元へと移る。 しかし、ここでも連敖というつまらぬ役しかもらえなかった。 ある時罪を犯し、同僚13名と共に斬刑に処されそうになった。 たまたま劉邦の重臣のがいたので、「漢王は天下に大業を成すことを望まれないのか。 どうして壮士を殺すような真似をするのだ」と訴え、韓信を面白く思った夏侯嬰は、韓信を劉邦に推薦した。 劉邦はとりあえず韓信を治粟都尉(官)としたが、韓信に対してさほど興味は示さなかった。 自らの才能を認めて欲しい韓信は、漢軍の兵站の責任者である蕭何と何度も語り合い、蕭何は韓信を異才と認めて劉邦に何度も推薦するが、劉邦はやはり受け付けなかった。 この頃の漢軍では、辺境の漢中にいることを嫌って将軍や兵士の逃亡が相次いでいた。 そんな中、韓信も逃亡を図り、それを知った蕭何は劉邦に何の報告もせずにこれを慌てて追い、追いつくと「今度推挙して駄目だったら、私も漢を捨てる」とまで言って説得した。 ちょうど、辺境へ押し込まれたことと故郷恋しさで脱走者が相次いでいた中であったため、劉邦は蕭何まで逃亡したかと誤解し、蕭何が韓信を連れ帰ってくると強く詰問した。 蕭何は「逃げたのではなく、韓信を連れ戻しに行っていただけです」と説明したが、劉邦は「他の将軍が逃げたときは追わなかったではないか。 なぜ韓信だけを引き留めるのだ」と問い詰めた。 これに対して、蕭何は「韓信は (他に比類ない人物)であり、他の雑多な将軍とは違う。 (劉邦が)この漢中にずっと留まるつもりならば韓信は必要ないが、漢中を出て天下を争おうと考えるのなら韓信は不可欠である」と劉邦に返した。 これを聞いた劉邦は、韓信の才を信じて全軍を指揮するの地位を任せることにした。 韓信はこの厚遇に応え、劉邦に漢中の北のを手に入れる策を述べた。 即ち、• 項羽は強いが、その強さは弱めやすいものである( 婦人の仁、匹夫の勇:実態の伴わない女のやさしさ、取るに足らない男の勇気)。 劉邦は項羽の逆を行えば天下を手に入れられる。 特に処遇についてかなり不公平であり、不満が溜まっている。 進出する機会は必ず訪れる。 兵士たちは故郷に帰りたがっており、この気持ちは大きな力になる。 関中の三秦の王は20万の兵を見殺しにした元将軍たちであり、人心は離れている。 その逆に劉邦は、以前で略奪を行わなかったなどの理由で人気があるため、関中はたやすく落ちる。 と説いた。 劉邦はこれを聞き大いに喜び、諸将もこの大抜擢に納得した。 劉邦はこの年の8月に関中攻略に出兵、油断していたを水攻めで撃破し、・も撃破した。 そして関中を本拠地として、韓王のを降して項羽との対決に臨んだ。 その頃、各地で項羽の政策に反発する諸侯による反乱が相次ぎ、項羽はその対応(特に)に手を焼いていた。 、その隙を突いて、劉邦は総数56万と号する諸侯との連合軍を率いて親征し、項羽の本拠地・を陥落させた。 しかし連合故に統率が甘く更に油断しきっていたため、斉から引き返して来た項羽軍の3万に奇襲され大敗。 劉邦は命からがらに逃走した()。 韓信も敗戦した漢の兵をまとめて滎陽で劉邦と合流し、追撃してきた楚軍を京・索の中間周辺で迎撃。 楚軍をこれ以上西進させなかった。 躍進 [ ] 体勢を立て直した劉邦は、自らが項羽と対峙している間に韓信の別働軍が諸国を平定するという作戦を採用した。 まずは、漢側に就いていたが裏切って楚へ下った西魏王のを討つことにし、劉邦は韓信に左の位を授けて、副将の常山王と将軍のとともに討伐に送り出した。 魏軍は渡河地点を重点的に防御していた。 韓信はその対岸に囮 (おとり)の船を並べてそちらに敵を引き付け、その間に上流に回り込んで木の桶で作った筏 (いかだ)で兵を渡らせて魏の首都・安邑(現在のの近郊)を攻撃し、魏軍が慌てて引き返したところを討って魏豹を虜にし、魏を滅ぼした。 魏豹は命は助けられたが、庶民に落とされた。 その後、北に進んで(山西省北部)を占領し、さらに(河北省南部)へと進軍した。 この時、韓信は河を背にした布陣を行う(:兵法では自軍に不利とされ、自ら進んで行うものではなかった)。 20万と号した趙軍を、狭隘な地形と兵たちの死力を利用して防衛し、その隙に別働隊で城砦を占拠、更に落城による動揺の隙を突いた、別働隊と本隊による挟撃で打ち破り、を泜水で、を襄国で斬った()。 続いて、趙の将軍であったを探し出して捕らえ、上座を用意して李左車を先生と賞し、これからのことを相談した。 李左車は「『敗軍の将は兵を語ってはならず、亡国の臣は国家の存続を計ってはならない』と聞きます。 私は敗軍の将、亡国の臣です」と初め自分の考えを述べることに躊躇したが、韓信は「趙が敗れたのは、先生の策を入れなかった趙王と陳余にあり、先生にあるのではありません。 もし先生の策が用いられていれば、私はここに居ないでしょう」と更に賞した。 これに李左車は「『智者も千慮に一失有り。 愚者も千慮に一得有り』とあります」と愚者の策であると前置きした上で、「次に進むとすれば燕ですが、このままでは敗れます。 兵が疲労しきっているからです。 まずは趙兵の遺族を慰撫し、その返礼と十分な休息を兵に与えます。 燕は趙軍を少数の兵で下した漢軍を非常に恐れており、趙兵の遺族を使者として送り、利を説けば降るでしょう。 降らなければ、休息十分な兵を向ければよいのです」と燕を下す策を与えた。 そしてその策に従い、労せずして(河北省北部)のを降伏させた。 、鎮撫のためにを趙王として建てるように劉邦に申し出て、これを認められた。 この間、劉邦は項羽に対して不利な戦いを強いられ、韓信は兵力不足の劉邦に対して幾度も兵を送っていた。 しかし、それでも苦境にあった劉邦は、楚に包囲されたから脱出し黄河を渡ると、夏侯嬰らとともに韓信たちがいた修武(現在のの西北)へ赴いた。 その際、幕舎で寝ている韓信の所に忍び込んで、その指揮権を奪った。 韓信は、起き出して仰天した。 劉邦は張耳ら諸将を集めて、韓信を趙のに任じて曹参とともに斉を平定するように命じた。 ところが劉邦は、韓信を派遣した後で気が変わり、儒者のを派遣して斉と和議を結んだ。 、韓信は斉に攻め込む直前であったが、既に斉が降ったと聞いて軍を止めようとした。 この時、韓信の軍中にいた弁士は「(劉邦から)進軍停止命令は未だ出ておらず、このまま斉に攻め込むべきである。 酈食其は舌だけで斉を降しており、このままでは韓信の功績は一介の儒者に過ぎない酈食其より劣る(斉は70余城を有し、韓信の落とした50余城より多い)と見られるだろう」と進言し、韓信はこの進言に従って斉に侵攻した。 備えのなかった斉の城は次々と破られ、怒った斉王のは酈食其をに処して高密に逃亡した。 斉は楚に救援を求め、項羽は将軍と亜将に命じて20万の軍勢を派遣させた。 龍且は周蘭から持久戦を進言されたが、以前の「股夫」の印象に影響され、韓信を侮って決戦を挑んだ。 韓信も龍且は勇猛であるから決戦を選ぶだろうと読み、広いが浅い濰水という河が流れる場所を戦場に選んで迎え撃った。 この時、韓信は決戦の前夜に濰水の上流にを落とし込んで臨時の堰を作らせ、流れを塞き止めさせていた。 韓信は敗走を装って龍且軍をおびき出し、楚軍が半ば渡河した所で堰を切らせた。 怒涛の如く押し寄せた奔流に龍且の20万の軍勢は押し流され、龍且はの軍勢に討ち取られ、周蘭もの捕虜となった。 斉を平定した韓信は、劉邦に対して斉の鎮撫のため斉の仮の王となりたいと申し出た。 劉邦は、自分が苦しい状況にあるのに王になりたいと言ってきた韓信に身勝手であると激しく反発したが、張良とに認めなければ韓信は離反し斉王を自ら名乗って独立勢力となると指摘され、一転、懐柔のために「仮の王などとは言わずに、真の王となれ」と韓信に伝え、斉王韓信を認めた。 韓信は旧戦国の七雄のうち大国の斉を領有し、河北の趙、燕を支配する大王となり西楚、漢、斉の三国が鼎立する局面となった。 王となった韓信に項羽も恐れを感じ始め、武渉という者を派遣した。 武渉は韓信に「劉邦は見逃してやっても(のこと)攻めてくるような義理のない信頼できない人物でありますから、あなたにとって従わない方が良い主君です。 漢と別れ、楚と共に漢に対するべきです」と説いた。 韓信は項羽に冷遇されていたことを恨んでおり、一方で劉邦には大抜擢され斉王に封じられたことを恩義に思っていたため、これを即座に断った。 その後、蒯通から「天下の要衝である斉の王となった今、漢、楚と天下を三分し、両者が争いに疲れた頃に貴方が出てこれをまとめれば、天下はついてくる」と天下三分の計を献策された。 韓信は大いに悩んだが、謀反とは異なる「一勢力としての独立」という発想に得心が行かず、「漢王様は自らの衣を私に与え、車に同乗させてくれ、更には大将軍に任じてくれた。 裏切ることができようか」と結局は劉邦への恩義を選び、これを退けた。 絶望した蒯通は後難を恐れ、狂人の振りをして出奔した。 絶頂期 [ ] その頃、楚漢の戦いは広武山での長い持久戦になっており、疲れ果てた両軍は一旦和睦してそれぞれの故郷に帰ることにした。 しかし劉邦はこの講和を破棄し、撤退中の楚軍に襲いかかった。 韓信も加勢の要請を受けるが、これを黙殺したために劉邦は敗れる。 焦った劉邦は張良の進言により、韓信に対して三斉(斉、済北、膠東)王として改めて戦後の斉王の位を約束し、再び援軍を要請した。 ここに及んで韓信は30万の軍勢を率いて参戦した。 これを見て諸侯も続々と漢軍に参戦する。 漢軍は垓下に楚軍を追い詰め、垓下を脱出した項羽は冬12月に烏江(現在の烏江鎮)で自決し、5年に及んだ楚漢戦争はようやく終結した()。 、項羽の死が確認されると、劉邦は「本来楚王となるべき義帝には御子が居ない。 韓信は楚出身であり、楚の風土・風習にも馴染んでいる」として韓信を斉王から楚王へと移した。 これは項羽亡き後の楚王であり、また楚には韓信の故郷があるため、名誉であり栄転であった。 しかし一方で、城の数では七十余城から五十余城に減った。 故郷の淮陰に凱旋した韓信は、飯を恵んでくれた老女、自分を侮辱した若者、居候させていた亭長を探して呼び出した。 まず、老女には使い切れないほどの大金を与えた。 次いで、かつての若者には「あの時、その方を殺すのは容易かったが、それで名が挙がるわけでもない。 我慢して股くぐりをしたから今の地位にまで登る事ができたのだ」と言い、中尉(治安維持の役)の位につけた。 亭長には「世話をするなら、最後までちゃんと面倒を見よ」と戒め、わずか百銭を与えた。 転落 [ ] 劉邦はよく韓信と諸将の品定めをしていた。 後述のように韓信は劉邦によって捕縛されることになるのだが、その後、劉邦が韓信に「わしはどれくらいの将であろうか」と聞くと、韓信は「陛下はせいぜい十万の兵の将です」と答えた。 劉邦が「ではお前はどうなんだ」と聞き返したところ、「私は多ければ多いほど良い(多々益々弁ず。 原文は「多多益善」)でしょう」と答えた。 劉邦は笑って「ではどうしてお前がわしの虜になったのだ」と言ったが、韓信は「陛下は兵を率いることができなくても、将に対して将であることができます(将に将たり)。 これは天授のものであって、人力のものではありません」と答えた。 、同郷で旧友であった楚の将軍・を匿ったことで韓信は劉邦の不興を買い、また異例の大出世に嫉妬した者が「韓信に謀反の疑いあり」と讒言したため、これに弁明するため鍾離眜に自害を促した。 鍾離眜は「漢王が私を血眼に探すのは私が恐ろしいからです。 次は貴公の番ですぞ」と言い残し、自ら首を撥ねた。 そしてその首を持参して謁見したが、謀反の疑いありと捕縛された。 韓信は「狡兎死して良狗烹られ、高鳥尽きて良弓蔵され、敵国敗れて謀臣亡ぶ。 天下が定まったので、私もまた煮られるのか? 」との言葉を引いた。 劉邦は謀反の疑いについては保留して、韓信を兵権を持たないへと降格させた。 韓信はそれ以降、病と称して長安の屋敷でうつうつと過ごした。 最期 [ ] 歳月は流れ、がに任命された。 韓信を尊敬していた陳豨は、出立にあたり長安の韓信の屋敷に挨拶にやってきた。 韓信は陳豨に、あまりの冷遇にもはや劉邦への忠誠はなく、私が天下を取るまでだと言い放ち、一計を授けた。 劉邦の信頼が篤い陳豨が謀叛すれば、劉邦は必ず激怒して自ら討伐に赴き、長安は空になる。 しかし鉅鹿は精兵のいる要衝であるから、容易には落ちないだろう。 そしてその隙に自分が長安を掌握する。 反乱の頻発に現れているように天下には不満が渦巻いているので、諸国も味方に就くだろう、というのである。 の春、果たして陳豨は鉅鹿で反乱を起こした。 信頼する陳豨の造反に激怒した劉邦は、韓信の目論見通りに鎮圧のために親征し、都を留守にした。 韓信は、この機会に長安で反乱を起こし、囚人を解放してこれを配下とし、と皇太子の劉盈(のちの)を監禁して政権を奪おうと謀った。 ところが、韓信に恨みを持つ下僕がこれを呂后に密告したため、計画は事前に発覚した。 呂后に相談されたの蕭何は、韓信を普通に呼び出したのでは警戒されると考え、一計を講じる。 適当な者を劉邦からの使者に仕立て「陳豨が討伐された」と報告をさせ、長安中に布告を出した。 たちまち噂は広まり、長安在住の諸侯は祝辞を述べるために次々と参内した。 韓信は計画が頓挫したと合点し、病気と称して自邸に引篭もっていたが、蕭何は「病身であることは知っているが、自身にかけられた疑いを晴らすためにも、親征成功の祝辞を述べに参内した方が良い」と招いた。 そして韓信は何の疑いもなくおびき出され、捕らえられてしまう。 事にあたっては用意周到に計画し、慎重さにも抜かりのなかった韓信だったが、自分を大いに買って引きとめ、大将軍に推挙してくれた蕭何だけは信用していたため、誘いに乗ってしまったのである。 そして韓信は劉邦の帰還を待たずに長安城中の未央宮内で斬られ、死ぬ間際に「蒯通の勧めに従わなかったことが心残りだ」と言い残した。 韓信の三族も処刑された。 死後 [ ] 韓信の死後、陳豨の討伐を終えて帰ってきた劉邦は、最初は韓信が死んだことに悲しんだものの、韓信の最期の言葉を聞いて激怒し、蒯通を捕らえてこれを誅殺しようとした。 しかし蒯通が堂々と抗弁したため、助命されてこれを解放した。 評価 [ ] 司馬遷は「韓信は貧しくて母親の葬儀をできなかったが、その墓に広潤な土地を選んで将来(そこに人が集い、街となり)墓守を置けるようにした。 韓信は無位無官の民であった頃から一般人と志が異なっていた。 実際に韓信の母の墓を訪ねると、本当にその通りであった。 もし韓信が道を学んで謙譲であり、自分の功績を誇らず、能力をほこらなかったならば、漢の王室に対する韓信の勲功は、周公・召公・太公望がに対して成し遂げた勲功と比較されるほどのもので、子々孫々にわたって讃えられたのは間違いない。 韓信は無難な道に務めずに、天下が既に定まってから反逆を企んでしまったのだから、一族が絶滅させられてしまったのも仕方ないことであろう」と評している。 韓信を題材とした作品 [ ] 韓信の生涯を扱ったものとして、中国のテレビドラマ『』(原題:淮陰侯韓信、1991年、演:)がある。 また、中国映画『』(原題:王的盛宴、2012年、演:)でもメインキャラクターの1人として登場する。 その他 [ ]• では韓信がとの発明者であるという俗説があるため、韓信を「の神」・「財神」として崇めることもある。 前述の通り、韓信の三族は処刑されているが、代の来元成が記した「樵書」によると、韓信の3歳の息子が蕭何に匿われて、韋と姓を改め、ののもとに逃亡したとの話がある。 広西韋氏は、韓信の子孫を自称している。 脚注 [ ].

次の

【仁王さまの股くぐり】萬満寺(松戸市)へ 千葉ツーリング散歩

また くぐり

昔々、中国に「国士無双」とうたわれた人物がいた。 「国士無双」は「天下に並ぶ者がいないほどの優れた人物」という意味だ。 その人物の名は、韓信。 漢の天下統一の際、大きな功績を残した武将である。 韓信は若い頃、街のゴロツキにケンカを売られた。 「お前の腰にさしている刀は飾りか? それが飾りじゃないっていうんなら、俺を斬ってみろ。 それができないなら、俺の股の下をくぐれボケ」 ひどい罵倒を受けたが、韓信は迷うことなく股の下をくぐった。 韓信には大きな志があったからだ。 韓信には将来成し遂げるべき大きな志があった。 目の前のゴロツキを斬ってしまったら、それが台無しになってしまう。 韓信は自分の志のため、チンピラの股の下をくぐるという屈辱を受けることを躊躇することなく選んだのである。 * * * さて、話は現代に。 もう7年以上前の話だが、僕は横浜駅前を歩いていた。 横浜駅西口のドンキホーテ。 ここは横浜のスカウト達がたむろする場所だが、当時の僕はそんなことは何も知らなかった。 オシャレな街だと思っていた横浜に危険な場所があるなんて、思ってもいなかったのだ。 彼女と待ち合わせをしていたのは夜だった。 「20時にドンキホーテの前で会おう」 それだけ伝えて、家を出た。 彼女は時間を守る人で、時間がくる前に待ち合わせ場所にいた。 彼女の律儀さと誠実さが、後の不幸の原因になったのかもしれない。 少し遅れて待ち合わせ場所に着くと、彼女は怪しげな男に絡まれていた。 なんだこれは...... ? とにかく、彼女を守らねば... ! 僕はすかさず、怪しげで貧乏そうな男と彼女の間に割り込み、 「連れなんでやめてください」 と男を引き離した。 我ながら「なんてカッコイイんだろう」と思った。 迷わず彼女を守ることができたのが誇らしかった。 彼女を連れて横浜伝説のラーメン屋「吉村家」へと向かった。 家系ラーメンの総本山である。 手をつなぎ、星を見て、笑い合い、幸せな将来を思い描き、話していた。 「次は横浜のみなとみらいに行きたいね」などと笑いながら話した。 幸せだった。 どうして僕はまっすぐ明るい道を歩かなかったのだろう。 下心があったのかもしれない。 少し外れた横道に入ったそのとき、 「おい」 と後ろから声が聞こえた。 「ん?」 振り返ると、数分前に彼女に絡んでいた男が立っていたのである。 「お前、俺をナメてんのか?」 「え?」 男は怒っていた。 「お前、俺を突き飛ばしただろう」 男は言いがかりをつけてきた。 「お前、ぶっ潰してやるから、事務所に来いや」 男はしきりに「事務所」に連れて行こうとしていた。 僕は「事務所」の響きに心の底からビビっていた。 まさか、ヤクザに拉致されてしまうのか? こいつまさか... 闇金ウシジマくん... ? その男自体は僕よりも20センチほど身長が低く、それほど強大な戦闘力は感じない。 もしかしたら戦えば勝てるかもしれない。 しかし...。 もしこいつが服を脱いで、刃牙みたいな肉体を持っていたらどうすればいいのか。 確実に殺されてしまう。 もしかしたら銃を持っているかもしれない。 撃たれたら死ぬ。 それだけは避けなければならない。 僕には生きて成すべき志があるのだ。 おとなしく謝るしかないと判断した。 「すまない」 「あぁ!?」 「悪かった。 俺が悪かったよ」 「誤って済むと思ってんのか?」 「彼女の前でカッコつけたかったんだ。 許してくれないか」 「許さねぇよ。 お前、ちょっと来いよ」 何度謝っても男の怒りは冷める様子がない。 彼が求めているのは謝罪の言葉ではなく、屈辱を晴らすことなのだ。 「わかった、警察を呼ぼう」 「うるせぇよ、事務所来いってんだよ!」 彼の怒りを鎮めるすべはなかった。 僕は謝罪し続け、彼は怒り続けた。 今にも殴ってきそうだった。 そのときである。 彼女が大声で怒鳴った。 「信じらんない!何あんた! サイテー。 ほんとサイテー。 どっか行ってよ、馬鹿じゃないの!?」 俺はiPhoneから警察に電話をしようとしているときだった。 彼女の怒りに男は若干、たじろいでいた。 「あ、あぁ!?」 「信じらんない!ちび!どっか行ってよ」 お、おい......... 大丈夫か? あ、警察に電話つながった。 「もしもし警察ですか」 男がチラリとこっちを向いた。 「ちっ」 「次会ったらぶっ殺すからな」 漫画のような捨て台詞だった。 次に会ったらぶっ殺されるなら、二度とこの辺には近づかないようにしようと思った。 僕は彼女に守られたのだ。 次に会ったら殺される予定だったが、幸いにも現在に至っても彼とは再会できていない。 元気にしているのだろうか。 「ぺっ」 男は道に唾を吐き、去っていった。 帰り際にビルの壁を蹴飛ばしていた。 壁はビクともしなかったし、あんなに強く蹴ったら痛いだろうな、と思った。 彼女はずっと黙っていた。 一言も話さずに、吉村家のラーメンを食べていた。 「ら、ラーメン、うまいね... 」 「...... 」 「ダシがサイコー!」 「......... 」 彼女からは返事がない。 まるで屍のようだ。 ラーメンを食べ終わる頃、彼女はおもむろに口を開いた。 情けない」 「え?」 「情けない!」 彼女は涙を流した。 僕がチンピラに平謝りしていたことを心底情けないと感じていたようだ。 箸を持つ手がふるふると震えていた。 僕は静かに諭した。 お前、韓信って知ってるか?」 「昔の中国に、天下に並ぶ者がいないほど優れた武将がいたんだ。 僕が本気になれば、あの程度のチンピラは一撃のもとに沈めることができる。 しかしやらなかった。 なぜか? 大きな志があるからだ。 僕のメガトンパンチでチンピラが死んでしまったら、僕は逮捕されてしまう。 大きな志を成し遂げるためには、こんなところでつまづくわけにはいかない。 韓信の話をした後、孫正義のように目を輝かせながら志について語った。 「あの謝罪は俺の志だ。 なんて良いこと言うんだろう。 天から孫正義が憑依してきたと思った。 完璧なプレゼンテーションだった。 正義はまだ生きてるが。 しばらく黙って話を聞き、彼女は言った。 「いや、めっちゃビビってたじゃん。 韓信っていうか、小心者だよ」 その夜、彼女が股を開くことはなく、一週間後に僕は振られた。 僕の韓信が再び彼女の股をくぐることはなかった。 しばらく経って、こっそりと彼女のFacebookを覗いてみると、幸せそうな結婚式の写真がアップされていた。 彼女の友達が言うには、カッコイイ消防士さんと結婚したようだ。 Facebookに写る彼はめちゃくちゃ強そうだった。 僕はFacebookを閉じ、静かに立ち上がり、ジムに入会することを決意した。

次の