日立製作所 コロナ 死亡。 日立製作所 在宅勤務を標準とする方針を発表

茨城県ひたちなかコロナ感染者(日立製作所勤務)の住所や感染経路は?病院も調査!

日立製作所 コロナ 死亡

日立製作所は2020年4月22日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大防止に向けた同社グループの支援策について発表した。 医療現場で不足するフェイスシールドの生産や、人工呼吸器など医療機器の生産に活用できるクリーンルームの提供などが柱となっている。 この他、中小企業のテレワーク環境の容易な立ち上げを支援する「かんたんPrivate DaaS支援パック」を提供することも発表している。 発表した支援策は「企業として貢献できること」「従業員として貢献できること」の2つに分かれている。 まず、「企業として貢献できること」では、政府の要請に応えて医療現場への支援を進める。 フェイスシールドは、日立オートモティブシステムズと日立グローバルライフソリューションズ、日立ターミナルメカトロニクスの生産拠点で、2020年5月中旬から週2000〜3000個のペースで生産を開始する。 同年6月には週8000〜1万個に生産量を拡大する予定だ。 人工呼吸器などの医療機器が不足していることも大きな課題だ。 そこで、日立ハイテク(2020年2月に日立ハイテクノロジーズから社名を変更)の子会社が所有するクリーンルーム(450〜500m 2)を医療機器の生産スペースとして提供することを決めた。 日立グループ自身で医療機器は生産しないが、今後政府が選定する医療機器メーカーが同所で行う生産活動について、日立ハイテクと近隣の日立グループ各社から人財を派遣するなどして協力する。 深刻なマスク不足にも対応する。 日立ハイテクや日立建機などの日立グループ各社から医療用マスク約11万枚、日立ハイテクから一般のサージカルマスク約40万枚を提供することを経団連に申し出たという。 「従業員として貢献できること」では、日立グループが2015年から実施している社内アイデアコンテスト「Make a Difference! 」の中で、「Challenge to COVID-19」というテーマを設けてCOVID-19への対策に特化したアイデア募集を開始した。 グローバルで働く日立グループ30万人の知恵を集め、COVID-19による危機を乗り越え、社会に貢献できるアイデアの早期実現を目指すとしている。 この他、日立製作所の福利厚生制度の一つであるカフェテリアプラン制度を活用して、コロナウイルス対策に取り組む医療従事者などへの寄付金の募集も開始した。 日立グループが支援するクラウドファンディングの枠組みを活用して、新型コロナウイルス対策への融資を行う取り組みも準備している。 東原社長「デジタル技術を核としたイノベーションで貢献」 日立 執行役社長兼CEOの東原敏昭氏は「デジタル技術を核としたイノベーションで、日立グループだからこそできることは何かを考え、人々の生活の維持、回復、発展に貢献していく」とコメントしている。 そのデジタル技術による支援の一つが「かんたんPrivate DaaS支援パック」の提供だろう。 日立は、2004年からシンクライアントを活用したVDI(仮想デスクトップ環境)システムを社内導入しており、2013年からはこの実績を基に「VMware Horizon」や「Citrix Virtual Apps and Desktops」を採用した「かんたんPrivate DaaS」を多くの大規模事業者向けに提供してきた。 今回は、COVID-19の影響によってテレワークに取り組む必要が出てきている中小企業向けとして、「かんたんPrivate DaaS」に柔軟な課金メニューを追加するとともに、ストレージ新製品を投入するなどしてプラットフォームの強化を図った。 顧客指定のデータセンターに日立資産のサーバを設置し、ユーザーごとに専用のVDIを提供するシステムの構築や運用支援を日立側が行うことで、セキュアで安定したプライベート型のDaaS(Desktop as a Service)環境を月額料金で利用できるサービスになっている。 「かんたんPrivate DaaS支援パック」では、新規に年間導入契約を締結した顧客向けを対象に、2021年3月までの期間、最大半年間のテレワーク環境のサービス利用料を日立が負担する。 ユーザー数は最大1000まで。 関連記事• 産業用IoTの先行企業として注目を集めてきた日立製作所。 同社が考えるデジタル変革の勝ち筋とはどういうものなのだろうか。 インダストリーセクターを担当する、日立製作所 代表執行役 執行役副社長 青木優和氏に話を聞いた。 こうした疑問を解消すべく日本とドイツの共同研究により「Revitalizing Human-Machine Interaction for the Advancement of Society(デジタル社会における人と機械の新たな関係)」が発行された。 共同発行者である日立製作所 研究開発グループ 生産イノベーションセンタ 主管研究長の野中洋一氏に話を聞いた。 日立製作所は、サプライチェーンの課題を解決する「サプライチェーン最適化(SCO)サービス」の提供を開始した。 調達から製造、保管、輸送、販売までのデータを使って、サイバー空間上でサプライチェーン全体をモデル化して現実世界と連動するデジタルツインを構築し、現実世界では追従困難な日々の変化に対する全体最適を実現するという。 日立製作所がグループ内における設計開発環境の改革に乗り出している。 NVIDIAは、利用が急増するテレワークを題材としたオンラインセミナー「急務 BCP(事業継続)対策! パンデミックでの緊急出社制限で露呈 すべての業務を継続できるテレワークを実現するには!」を開催し、同社の仮想GPU(vGPU)ソリューションの有効性について説いた。 ホンダは「次世代EWSプロジェクト」で「NVIDIA GRID」を利用してEWS環境を構築。 VDI導入のきっかけは、同社四輪R&Dセンター(栃木)が東日本大震災で被災したことだった。 関連リンク•

次の

新型コロナ:日立、週2~3日出社 在宅前提に脱・時間管理 :日本経済新聞

日立製作所 コロナ 死亡

【関連記事】• 日立は、政府が4月16日に全国を対象に緊急事態宣言を発令して以降、オフィス勤務者を中心に約7割の社員が在宅で勤務している。 7月末までは原則、この形での勤務を続ける方針だ。 それ以降も現在の在宅勤務者を対象に「週2~3日は在宅で仕事ができる状態を継続したい」として、在宅を標準にする考えを26日に明らかにした。 平日のうち2~3日を在宅で働きながら生産性を高めるためには業務の透明化が必要だと判断。 「その日に何時間働いたか」ではなく「何の成果をあげたか」を基本的な尺度にしたい考えだ。 具体的には、職務定義書(ジョブディスクリプション)で社員の職務を明示し、その達成度合いなどをみる「ジョブ型」雇用を本格導入する。 同社では管理職を中心に段階的に採り入れてきた。 今後、各職場での検討や労働組合と協議し、来年4月からの導入を目指す考えだ。 日立では在宅勤務の継続に向け、押印や会議のために出社する機会を減らすよう業務改革も進める。 在宅勤務で増える光熱費や、出社時に着用するマスクの費用などとして、1人あたり月3千円を補助する制度も新設し、6月から支給する。

次の

日立市|日立市内での新型コロナウイルス感染症患者の発生について

日立製作所 コロナ 死亡

がITセクターで海外事業を拡大する。 2021年度までの3年間でM&A(合併・買収)など事業拡大投資に8300億円、IoT(モノのインターネット)基盤「ルマーダ」関連投資に1500億円、合計約1兆円をIT領域に投資して成長の起爆剤にする。 ITセクターで、21年度には海外売上高を18年度比の約2倍に当たる1兆1000億円に引き上げる。 (文=川口拓洋) 「IBMやアクセンチュアの成功モデルに学びながらも、これらの巨人とは違った成長を実現したい」。 こう意気込むのは、ITセクターの責任者を務める塩塚啓一副社長だ。 米大手IT企業の背中を追いながらグローバルトップクラスのソリューションプロバイダーを目指す。 「ITセクター」は、日立の金融・社会・サービス&プラットフォームビジネスユニットや日立ソリューションズ、日立システムズなどを束ねた事業単位だ。 一方で塩塚副社長は課題の一つとして、海外の事業体の強化を挙げる。 18年度の従業員数ではアクセンチュアが約46万人、IBMが約35万人、日立は約7万6000人と大きな差がある。 特に、海外に絞ると日立の人的リソースは2万3000人。 「アクセンチュアやIBMなどほかの会社と比べても海外のデジタル人材は見劣りしている」(塩塚副社長)という。 日立は北米・アジアを中心に海外事業を強化しており、17年9月には産業IoTの企業「日立ヴァンタラ」を設立。 18年10月には米リーンクラウドを買収、19年1月にはインド最大の国営商業銀行のインドステイト銀行と合弁会社を設立するなど人的リソースの拡大を進めてきた。 だが、いまだ十分とはいえない状況が続く。 そのため、21年度までにまずは人的リソースを1万人増の4万人に拡大する。 約8300億円の成長投資を確保し、M&Aなどを積極展開する。 「フロント人材やデジタル人材を抱える企業を買収する。 覚悟をもって行う」(塩塚副社長)とする。 成長するグローバル市場で、売り上げを拡大するためのもう一つのカギがIoT基盤「ルマーダ」事業の普及だ。 ルマーダはプロダクト運用などの「オペレーションテクノロジー(OT)」にITを組み合わせ、現場のノウハウや知識を商材化する取り組み。 ルマーダで重要になるのが、「ユースケース」と「ソリューションコア」の蓄積だ。 可能な限り新たなシステムの開発をなくして多くの顧客に価値を素早く提供する。 例えば、医療装置向けや発電設備向け、産業設備向けの故障予兆診断に関するユースケースは他のさまざまな業種業態の企業でも活用できる。 18年度末でのユースケースは650件超、ソリューションコアは70種を用意する。 このルマーダの展開をグローバルでも加速していく。 M&Aによる事業リソース確保により、新規顧客の獲得を加速する。 ITセクターでは21年度に売上高2兆6000億円、そのうち海外売上高比率は42%を計画する。 国内では強さを見せる日立だが、海外でも計画通りにいくのか。 グローバルでトップクラスの規模・収益を確立するための核となる3年間が始まった。 nikkan. nikkan.

次の