生理 きそう で こない おり もの。 生理が来ないとき、妊娠以外で考えられることって何?生理がこない理由を、医師が解説します。

生理が今にもきそうですが妊娠の可能性ありますか?

生理 きそう で こない おり もの

妊娠するような事は三年以上していない。 ダイエットもしていない。 身長150センチ、体重46キロ前後。 昨年10月、市の住民検診で、全く異常無しとなっている。 前回の生理日から50日になります。 26歳から約10年、婦人科通い。 卵巣脳腫・子宮筋腫で手術三回、不妊症、体外受精をしましたが、子供は諦めました。 手術後の治療に点鼻薬を使って生理を止めました。 今回のように生理が来ないなんて、20代前半には身体の不調でありましたが、気になるのですが。 生理になれば身体のだるさ・腹痛・頭痛などがあるしで複雑気分です。 この二年程はなりそうだな、2〜3日遅らせたいなの時には、爪揉みで特に小指の爪を揉むのですが、なってほしい時にはどうすれば良いのか解りません。。 以前通った婦人科に行くべきなのかしら。 でも診察の待ち時間に三時間は覚悟しないとで躊躇しています。 やっぱり生理が来ないと駄目ですよね。 今のところ更年期に思える症状もありません。 宜しくお願いします。 ユーザーID: 7984982813 gutaraさん、始めまして。 私は同い年、同じ状態に悩んでいるものです。 私は今月いきなり生理がこなくなりました。 昨年の11月に不正出血があり、婦人科へ行き、出血を止める処方をしてもらいました。 その影響なのかも、と思い再度婦人科へ行きました。 いろいろ質問されたので、年末年始風邪を引いたりして1週間程度抗生物質を飲んだ話をすると、その影響もあるかもしれない、ストレスのせいかもしれない、ただ1ついえるのは、やはり卵巣機能が低下している という事でした。。。 すなわち、自覚はないけど、更年期の入り口に来てしまった、という事です。 同い年の友達の友達が、43歳の時に、いきなり閉経した、という話を以前聞いたときには、恐いと思いつつも自分の身に降りかかるとは思いませんでした。 でも、最近は40代での閉経も結構あるみたいです。 私は黄体ホルモン剤を投与されて、なんとか生理はきましたが、来月はどうなることやら・・・という状態です。 gutaraさんも、早めに婦人科へ診察へ行かれることをお勧めします。 ユーザーID: 9936126748• 一度ぐらいなら 更年期じゃなくても何かのはずみに一度ぐらい飛ぶ時がありますよ。 何か身体、もしくは精神的に負担があった時など。 年齢的に更年期の始まりの可能性もありますが、一度飛んだぐらいでわざわざ医者に行く必要もないと思います。 もし更年期ならまさに自然の摂理なのだし。 通常、更年期症状で医者に行くのは、日常生活に差し支えるような症状が起こった場合のみであり、トピ主さんの場合は「生理が来るのが遅い」以外の特に差し支える症状は無いのでしょう? しばらく様子を見て、何か月も生理が飛んで気になるようならそれから初めて行けばいいと思います。 血液検査でホルモン量を調べれば更年期かどうかわかるでしょう。 ユーザーID: 6537356268• 更年期ではないですからご安心 40代というと、必ず更年期と言う言葉で翻弄しようとする人が出てきますが、更年期とは違いますので、先ず、その考えは捨ててください。 何故なら、更年期にとらわれると、全てをそれに当てはめ、更年期にしたい人の思う壺になってしまいますよ。 さて、生理を来させる為に良く効くのは、私の場合は、漢方薬です。 「ケイシブクリョウガン」は、お奨め。 また、「サフラン」も効果があります。 サフランの場合は、香辛料として売っているサフランでもOK。 サフランを10房(粒ではないので房でいいかな?)取り出し、熱湯を注いで4〜5分おき、サフラン茶にして飲んでください。 色が出なくなるまで、使えますから、すぐに捨てないでくださいね。 これをまあ、お水代わりに飲んでくださればOKです。 ユーザーID: 2323694056• 行きましょうよ 見当違いかも分かりませんが、一つだけ気になったので。 妊娠するようなことはここ3年していない、とのことですが、それは、夫婦生活において、きっちり避妊しているということでしょうか?それとも、そもそも夫婦生活がないということでしょうか? もし後者であるなら、生理がこなくなった原因の一つとして考えられるかと思います。 成熟した女性の規則正しい排卵と月経は、性生活によって支えられている部分が少なくないそうです。 刺激を与えない状態が長く続くと、卵巣にも機能障害が起こりやすくなる、という説を最近何度か目にしました。 私自身、そのような経験があるので、納得した次第です。 もしお心当たりがあれば、一意見として参考になさってください。 ユーザーID: 4490995187• 45歳ですが 去年 原因はわかりませんが、ホルモンバランスが崩れている可能性はあると思います。 放っておくと長期間生理がない状態になるかもしれませんし、早期閉経のことも心配ですし…。 原因にもよると思いますが、病院で診察された方がいいように思います。 ホルモン療法だと副作用もあるので体に負担になる場合もありますし、まずは漢方薬をもらってきてみてはどうでしょうか。 病院で処方してくれると思います。 私は悩みは違いますが、冷え性・不妊で病院で漢方薬をもらってましたが、冷え性も良くなって体調も改善しました。 適度な運動をして代謝をあげるとか、体を温めるとか日常生活を見直してみるのもホルモンを正常化させるのにはいいようです。 ユーザーID: 1494796629• あったり無かったり 更年期外来が近くの病院にないでしょうか。 是非行ってみることをお勧めします。 私は46歳で生理が止まりました。 何気なく近くの更年期外来へ行き、ホルモン剤をもらいました。 これで生理が再開し、1年半薬を飲んで53歳まで生理が終わりました。 現在54歳ですが、更年期障害もなく快適に暮らしてます。 生理が止まってすぐで、年齢が若ければ保険が効くといわれました。 ホルモン剤は嫌う人も多いですが、自分に合うホルモン剤を貰うと更年期障害が軽くてすみます。 ちなみに生理が無くなって半年たちますが、普段の生活は無いほうが楽です。 これはビックリ。 只「女でいたい」と思う方には、無いと辛いらしいです。 ユーザーID: 7218428081• 47才です。 それまでは出産後の期間を除き、ほぼ正確に来ていた生理が2年ほど前から、不順でいつくるのかわからなくなりました。 2カ月おきとか月に2回とか。 それと、私は生理と生理の間の時期に不正出血がありました。 (最近はない) それで診察受けたら更年期といわれました。 確かに更年期が自分に来るなんて、信じられないというか、認めるのいやですよね。 幸い、痛みなどの日常に支障をきたす症状はないので、最近は誰もが通る道と自分を納得させています。 生理がないのは、更年期ではなく、何かの問題のサインのときもありますから、受診をお勧めします。 おりものが多いときなども、やはり念のため受診するよう、主治医から言われてます。 体の内部は見えませんから、診察待ちなど大変ですが、安心するためと考えてはいかがでしょう。 ところで、指揉みって初めて聞きました。 良かったらぜひ、詳しく教えてください。 ユーザーID: 4569964807• 通院すべしです はじめてレスします。 現在41歳です。 私の場合、30代半ば頃からだんだん生理の間隔が長くなり、ついに1年間なかったのでさすがにこれは・・・と昨年婦人科に行きました。 血液検査をしたところ、脳神経外科 ! で精密検査を受けることを勧められました。 ビビリながらもすぐ検査に行ったところ、脳下垂体に腫瘍ができておりプロラクチンというホルモンが大量に生産され、その影響で生理が止まっているということがわかりました。 プロラクチノーマといい、不妊の原因にも多いとのこと 幸い腫瘍といっても良性の類で、良い薬も開発されており、私も数日に1度薬を飲むだけで生理も普通に戻りました。 ただ、腫瘍に気づかず放っていたら、手術が必要になったり、失明の危険もある病気でした。 血液検査で8割方わかりますが、普通の健康診断の血液検査ではわからない 測定しない項目 なので、婦人科で適切な検査を受けて良かった!と本当に思います。 こんな可能性もありますので、やはり早く婦人科に行くことをお勧めします。 ユーザーID: 6641419101• レス数が!皆様、有難うございます。 ちょっと、気持ちが楽になりました。 もう少し、様子を見てみようかなと思いかけています。 薬の服用以外の方法で、来ないかななんて(現在と一緒で体操とかですが)。 考えが変われば行くかも。 更年期だったら仕方ないと、男性でも女性でもあることですし、避けようがないので、なんとか上手に付き合えたらと思っています。 ただ人によって症状が違うのでしょうから、どんな症状が出るか・・・。 私の母の場合は、父がアルコール依存症から治る時と重なり、薬の服用はしませんでしたが、肝機能が悪くなり、鉄欠乏貧血、急に身体が熱くなり汗が出始め、真冬でも服を脱いだり着たりしていました。 私は、血の巡りが悪く冷え性、一時期甲状腺機能低下症に、仕事がハードな時には体重が40キロでした。 病院の先生は、女性で気さくな方なので、安心しています。 ユーザーID: 7984982813.

次の

更年期の妊娠|「もしかして閉経?orまさかの妊娠?!」更年期で生理がこないとき。

生理 きそう で こない おり もの

日本産科婦人科学会専門医。 平成5年、日本大学医学部卒。 日本大学附属病院および関連病院で産婦人科医として経験を積み、その間に日本大学総合健診センターで婦人科検診にも力を注いできました。 現在は港区の日野原... 女性の健康のバロメーターともいわれる「おりもの」。 生理周期や体の状態によって変化するものですが、いつもと違う水っぽいおりものが出ると、びっくりしますよね。 今回は水っぽいおりものの原因について、病気なのか、生理前や排卵にかかわるものなのか、妊娠の可能性はあるのかをご説明します。 そもそも「おりもの」とは? そもそもおりものとは、子宮や腟からの粘液や、古くなった細胞などからできた分泌物です。 健康的な女性であれば分泌されているものですが、おりものの分泌をほとんど感じない人もいれば、下着につくほど多く分泌される人もいます。 おりものは、下記のような重要な機能を果たしています。 腟を清潔に保つ 粘り気の強いおりものによって、細菌が腟内に侵入できないようにガードしています。 また、細菌が入ったとしても、それが腟内で繁殖するのを防ぎます。 受精の手助け 精子は、透明で多量なおりものに包まれることで、子宮内へとスムーズに進めるようになります。 排卵日が近づくとおりものが増えるのはこのためです。 水っぽいおりものは、排卵日にみられる? おりものは、生理周期にあわせて、色や粘度、量などが変化します。 特に排卵前には水っぽいおりものがよくみらます。 これは、生理周期に沿って増減する「エストロゲン」と「プロゲステロン」という女性ホルモンが原因です。 具体的には、生理周期に合わせて下記のような変化がみられます。 生理の直後 おりものの量がもっとも少なく、サラサラとして粘り気がない時期です。 生理の血が混じって、茶色っぽくなることもあります。 ここから排卵に向けて、徐々に量が増えていきます。 関連記事 水っぽいおりものが大量に出るときは病気? 水っぽいおりものが排卵前にみられるだけなら、基本的に問題ありません。 しかし、排卵時期以外に水っぽいおりものが続くときや、排卵前でも量に異変があれば、下記のような病気の可能性があるので注意が必要です。 感染しても自覚症状がないことが多いですが、人によっては、水っぽいおりものが増加することがあります。 放っておくと激しい腹痛があらわれ、腹膜炎になってしまうことがあります。 また、不妊や子宮外妊娠(異所性妊娠)にもつながる可能性があります。 関連記事 生理前のおりものが水っぽいときは妊娠初期症状? 通常、排卵後のおりものは量が減り、粘り気が出てきますが、生理前になっても排卵前のような水っぽいおりものが続くときは、妊娠初期症状の可能性も考えられます。 これは、妊娠すると、おりものの変化に関係する「エストロゲン」と「プロゲステロン」という女性ホルモンの分泌が増えるためです。 おりものが水っぽくなるとともに、「生理予定日を1週間過ぎても生理が来ない」「基礎体温が高い状態が続いている」などがあれば、一度妊娠検査薬で調べてみるといいでしょう。 ただし、妊娠初期症状の感じ方には個人差があり、妊娠したら必ずしもおりものが水っぽくなるわけではありません。 「水っぽく感じる人もいる」という目安程度に考えましょう。

次の

【女医が回答】生理の時に茶色いものが出るけど、大丈夫?

生理 きそう で こない おり もの

【目次】 ・ ・ ・ ・ ・ 【生理】茶色い少量のものの正体は? そろそろ生理が始まりそう…という時、下着に少しくらい血がついていてもびっくりはしませんが、 茶色い何かがついていると「何か子宮の病気かな」と不安になります。 ですが、生理前に少量出るこの茶色いものは、生理の始まりの まだ少ない経血であることが多いのです。 c Shutterstock. com 【生理】どうして茶色い血が出るの? 妊娠の準備のため厚くなっていた子宮内膜は、妊娠がなかった場合には子宮の壁から剥がれ落ち、経血とともに体の外に排出されます。 これが生理と言われるものです。 子宮内膜が厚くなるのも剥がれるのにも、ホルモンの働きが関係します。 子宮内膜が剥がれる時に必要となる女性ホルモンは卵子から出るのですが、その卵子の成長が悪いと子宮内膜の壁も厚く育ちにくくなることがあります。 c Shutterstock. com 子宮内膜の厚みが少ないと、当然剥がれ落ちるものも少なくなり、そういう場合は 最初の経血の量が少なく、排出までに時間がかかるので、血が茶色っぽくなるのです。 卵子の成長が悪いというのは排卵障害の一つで、ホルモンバランスが崩れている時に起こりやすい症状です。 【生理】茶色い少量の血やオリモノはストレスが原因の場合も出る 排卵障害と聞くと、とても深刻な病気のように聞こえますが、ストレスや睡眠不足、過労などで体に負担がかかり、ホルモンバランスを崩すというのは誰にでもあること。 それが理由で、生理の始まりに少量の茶色い血やオリモノが出ても、心配することはありません。 【生理】茶色い血が少量で長期間続く場合は? 生理の始まりが茶色い血で、あとはいつもの赤い経血になるようなら問題はありません。 しかし、血でもオリモノでも茶色いものが少量ずっと出ている場合は、注意が必要です。 子宮内に子宮筋腫や良性のポリープができている場合は、その表面が出血しやすいのでそれがオリモノとして出てくることがあります。 生理でないのに茶色い血やオリモノが出続けるということは、そういう病気がある可能性があるのです。 c Shutterstock. com 子宮筋腫やポリープがあるかどうかというのは超音波検査を受ければすぐわかるので、あまりに長く茶色い血やオリモノが続いている人は、この検査を受けることをおすすめします。 1〜2か月くらい前に婦人科検診などを受けていて、子宮筋腫やポリープなどがない、がん検診でも大丈夫と言われているなら、しばらく様子を見てもいいですが、前回の婦人科検診から半年以上過ぎている場合は、状況が変わっていることもあるので受診した方が安心です。 ただし、 生理が始まってしまってからでは検査ができないので、終わってから病院に行くようにしましょう。 【生理】茶色い血が出たら、ホルモンバランスが崩れているサイン! 普段の生活の見直しを 深刻な病気ではないにしても、 ホルモンバランスが崩れているサインであることには変わりはありません。 体の変化を見つけた時に、自分の生活を見直してみることはとても大切です。 食べるもの、眠り方、今悩んでいるストレスの元など、自分の生活の中身を振り返って、思い当たる部分は、どうしたら改善できるか考えてみましょう。 c Shutterstock. com 体から出た不調のサインは見逃さず、最初&小さい時にしっかり解決するおくことが、あなたの体を守ることに繋がります。 初出:しごとなでしこ.

次の