フォートナイト エイム練習場の作り方。 【フォートナイト】壊されにくい壁床階段の作り方!|ゲシピ

Switchフォートナイト 5つのエイム練習方法が初心者にわかりやすい

フォートナイト エイム練習場の作り方

フォートナイトをプレイしていて、エイムを良くしたいけど練習の仕方がわからないプレイヤーも少なくないかと思います。 そこで今回は、目的別且つ効率良くエイム練習ができる最新式のクリエイティブマップを紹介していきます。 Skaavok Aim Trainer Chapter 2 こちらのマップは、クリエイティブのワープを駆使したマップとなっていて、移動時間が短縮され、とても効率よく練習ができます。 練習方法は以下の通りです。 マップコード「 8022-6842-4965」 まず始めに ゲームがスタートしたら武器を選びます。 自分が普段持つ武器を持つことで、実践に近い練習ができます。 それに加えてコンバットショットガンを持ちましょう。 コンバットショットガンはレティクルが小さく、連射速度が早いのでショットガンのエイムを効率よく練習することができます。 練習したいコースを選択 下記画像にある、文字が書かれた看板を撃つことでそれぞれのコースにワープします。 コースの意味は下記の通りです。 Tile Frenzy・・・次々出てくる的を撃つ練習 Tracking・・・ARやSMGなどで敵に弾を当て続ける練習 追いエイム Flick Shots ・・・一瞬で敵にエイムを合わせる技術を培う練習。 主にショットガンを使う Practice Courses・・・より実践的な練習ができる おすすめコース Tile Frenzy MiniTF & Jumbo Tile FrenzyでおすすめのマップはMiniTFとJumboです。 どちらも名前の通り、小さい的と大きい的で練習できます。 STARTを押して始めると2分間を計測し、さらには的を外した回数をカウントします。 時間内に集中してプレイし、ミスカウントを減らせるように練習しましょう。 Tracking Hrizontal STARTを押すと左下からゾンビが出てくるので、動いているところを撃ち続けます。 とてもシンプルですが、追いエイム力がしっかりと付きます。 Practice Courses Combat Course 建築とショットガンエイムを混ぜた練習ができます。 長めの編集コースにゾンビが配置されており、下記画像のように編集してゾンビを撃つ練習もできます。 Box Fighting ここではボックスファイトの練習ができます。 STARTを押すと自分の周りにゾンビが湧き続けるため、BOXを作ってから壁を編集してショットガンを撃ちます。 編集して撃つ練習になります。 まとめ 以前紹介したと併せて読むことで更に効率が上がります。 エイムは直ぐに良くなるものではないので、毎日コツコツこのマップで練習を続けましょう。 マップコード「 8022-6842-4965」.

次の

Switchフォートナイト 5つのエイム練習方法が初心者にわかりやすい

フォートナイト エイム練習場の作り方

編集の仕方が同じだと上達しないので、違うように編集する事でより実戦に近くなります。 アサルトでもショットガンでも問題ありませんが、せっかくなのでコンパクトサブマシンガンを使ってくださいね。 左右交互に4個的が出てきますので、当て忘れのないようにしましょう。 まとめ 地味な作業ですが、エイム練習やエイム合わせといった行動は大切です。 とくに寒い時期などで手がかじかんでいる時は狂いやすく 温めるという感じで一日に最低でも3回はしているほうがいいです。 モチベーションを保つ意味でタイムアタックをして、常に更新できるようにするとやりがいがでます。 エイム練習で感度調整も出来る 感度って自分に合っているかどうかの判断って難しいですよ。 高感度はADSしながら合わせる事ができ、逆に低感度の場合は合わせてからADSするという感じになるのでそれぞれの感度にあった練習もできます。 エイム練習で合わせにくかったりしたら、感度を下げて見るといいですね。 通常より覗いている時が速くなれば合わせにくいです。 エイム練習場はどのシーズンにも対応しています。 フォートナイトのゲーム内には毎シーズン、マップや武器などが調整されて変更されますがこのエイム練習場ではオールシーズン対応できる基礎の練習なので反復練習あるのみです。 補足:フォートナイトのエイム練習は配信や録画で見ると上達する FPSやTPSといったゲームは 実戦や練習の時でも、自分のプレイを見ることも大切なんです。 そんな時に役立つのが ミラティブというアプリで無料で友達と楽しく遊べます。

次の

【フォートナイト】クリエイティブでエイム練習場の作り方

フォートナイト エイム練習場の作り方

建築で壁階段を作りながら接近していく ただ走って距離を詰めては一方的に撃たれてしまいますので建築は必須になりますが、あまり難しいことはできないので簡単な建築で距離を詰めてみましょう。 とは言っても階段1段(1枚)だけではダメです。 作らないよりはマシですが、すぐ壊されてしまいますし相手に上をとられてしまいます。 階段1段(1枚)だけだとすぐ壊されてしまうし相手に上を取られてしまう 最初は階段1段(1枚)だけでもいいかなと思っていたのですが、あっさり壊されてしまいますし、階段を1段だけ設置したのではすぐ上をとられてしまいます。 敵も攻撃して建築を破壊しようとしてきますので、壁と階段を作っていくのが一番いいと思います。 こんな感じですかね。 階段と壁を作りながら接近していく 壁がない階段だけだとすぐ壊されてしまいますが、壁が1枚あるだけで壊されにくくなります。 ただ、階段は3段(3枚)までにしておいたほうがいいと思います。 階段を4段(4枚)にすると降りたら落下ダメージを受ける 4段でもいいのでは?と思ったりしたのですが4段目を降りてしまうと落下ダメージを受けてしまいます。 ですので3枚までにしておいたほうが誤って落下ダメージを受けてしまうことは無いと思います。 壁階段のほうが敵から見てもやりづらく感じる 右が階段のみ、左が壁階段になっていますが、敵目線だと壁階段のほうが面倒に感じますよね。 階段だけならすぐ壊せそうと思いますが、壁もあると厄介です。 壁階段作成時の注意点 私が壁階段を作っていてよくやってしまうミスが自分の目の前に壁を作ってしまうんですよ(笑) 壁を張るタイミングが早いのか、視点が上を向いてるのか。 このミスをしてしまう人って結構多いのではないでしょうか。 こうなってしまうと自分の計画が崩れるので私はパニックになるんですよね(笑) 目の前に壁を作ってしまったらツルハシで壊すか、 編集でドアを作ったり、横に階段を作ってそちらに移動するしか無いですよね。 できればミスをせずに作れるようになりたいものです。 モタモタしてると敵がすぐ階段を上に被せてきますから。 プレイグラウンドだと余裕を持って練習できるからいいですけど、やっぱり実戦となると焦るので難しいですよね。 練習します。 あとは階段を作るときに余裕があるのであれば階段と階段の間に床を張ると高さを変えずに距離を稼げます。 ただ、難しいですから私は壁階段だけで満足してます(笑)それに目の前に壁を貼ってしまうことが多いので(笑) 階段から床を作ってジャンプパッドで飛んで近づくのもアリ もし、ジャンプパッドを持ってるのであれば少し階段を作って床を張ったらジャンプパッドを設置してグライダーで飛んでいくのもいいと思いますよ。 飛んでる敵に当てれる人は少ないのでこっちのほうが安全に近づけると思います。 プレイグラウンドよりも実戦での練習を 今回はフォートナイトで初心者でもできそうな敵との距離の詰め方を紹介しました。 プレイグラウンドで練習すると簡単ですが、実戦で敵と対立したときに建築すると難しいですよね。 焦りも出てますし緊張しますから。 ある程度、基礎的なところをプレイグラウンドで練習したらあとは実戦で繰り返し練習していくしかなさそうです。 私もまだまだ下手なので頑張ります。 今回お話したことはあくまでもフォートナイト初心者目線で考えた敵との距離の詰め方です。 上手い人から見たら鼻で笑われてしまうかもしれませんが、そこは温かい目で見ていただけたらと思います。

次の