コロナ禍とは。 「コロナ禍」という言葉はどこから来て、なぜここまで広まったのか: J

コロナ禍、ラブホテル従業員の本音 自粛中の「満室」に思いは...: J

コロナ禍とは

1 COVID-19による緊急事態宣言下の自粛要請はいずれ終わる。 その出口は、早いか遅いかの違いで必ずやってくる。 本稿をまとめている2020年5月なかばにおいては、日本の39県ですでに緊急事態宣言が解除されており、残りの8都道府県でのみ継続中だ。 遠からず感染の収束が確認されたら、すべての都道府県で解除されることになるだろう。 しかし自粛要請が終わったからといって、すぐにかつての日常が戻ってくるわけではない。 当面、ぼくたちは、行動を変容させた「新しい日常」の中で、「コロナ禍」と付き合っていくことになる。 では、それはいつまでだろう。 答えは、多くの人が気づいているように、「最短でも1年以上」だ。 「ワクチンか画期的な治療薬が開発されて、広く使われるようになれば、究極的な解決、といえるかもしれません。 でも、それには最短でも1年半から2年かかります。 それに、ワクチンができない感染症も多いので、COVID-19のワクチンができる保証はないんです」 ワクチンができれば病気にかかることなく免疫をつけることができるので、ぼくたちは一気に集団免疫(herd immunity)を確立することができる。 しかし、ワクチンの開発は、時間がかかるだけでなく、病原体によってはワクチンができないこともある。 例えば、マラリアには効果的なワクチンがないし、2014年に日本で流行したデング熱も初回の感染より2度目の感染の方が重症化することがあり安全なワクチンの開発が難航している。 COVID-19がそのような厄介な性質を持たず、ワクチンが十分な免疫を与えてくれるものだとしても、臨床試験(治験)を終えて、ゴーサインが出るのは1年以上先の話だろう。 また、よく効く治療薬が開発されて、COVID-19が「怖い病気」ではなくなれば、それも状況を一変させる力を持つだろう。 しかし、既存薬の中にそのようなものがなければ、新しく開発される薬に期待するしかないし、それがうまく見つかったとしても、やはり慎重な臨床試験を経て承認されるので、それが市中の病院で安心して使えるようになるはずっと先の話だ。 それによると、最短で終息する場合というのは、1年間で世界人口の40から70パーセントが感染して、集団免疫がついて、Rが1未満になって終息する場合です。 1年以内に全世界の半分ぐらいの人が感染すれば終息すると。 でもこれ、世界人口を考えたら、控えめに見ても900万人が死亡することになりますし、医療的対処の許容量を超える『オーバーシュート』が起こるとIFRも上がるので、最悪5250万人が死亡という計算ができてしまうんですよ。

次の

コロナ鍋もトレンド入り「コロナ禍」一体何て読む?

コロナ禍とは

比較的感染リスクが低いとされる屋外での利用がメインであるゴルフ場。 各ゴルフ場運営会社では、最大限の感染拡大防止策をとり、安全確保に努めつつ、通常営業は続いている。 実際に訪れてみると意外な様子がわかってきた。 新型コロナウイルスの感染拡大のため、さまざまなことを日本中で「自粛」している。 スポーツ興行や音楽のライブはもとより、多くの文化イベントが中止または延期に追い込まれた。 世の中、どんよりしている。 ゴルフ業界出身で今も執筆活動をしている先輩に誘われ、筆者(以下、筆者A)は先日、ゴルフ場を訪れた。 「こんな時期」ではあるが、今のゴルフ界の状況を知るいちばんの方法でもあるだろう。 ゴルフ場は個人客でにぎわっていた 最寄駅からクラブバスに乗った。 マスク姿のわれわれのグループは、先輩Bのほか、先輩Cと、ゴルフ業界からバー経営に転身した50代の後輩Dの4人。 いつもは満席に近いのに、車内はほかにお客が1人だけだった。 ゴルフ場に人はいないのだろうか……。 そう思ってゴルフ場に着くと、平日というのに駐車場はほぼいっぱい。 マイカーで訪れるゴルファーは数多くいたのだ。 ゴルフをスタート。 カートでの話題も、新型コロナウイルスになる。 先輩B:ゴルフ場はオープンエアだし、クラブを振るから参加者同士が1メートル以内に近づくこともほとんどない。 ここなら大丈夫と思っているんだろうか。

次の

コロナ禍で露呈 あなたは「人間性を疑う」上司やパートナーと居続けるべきか (1/4)

コロナ禍とは

オムロン ヘルスケアは7月13日、「65歳以上の高齢者1,000人に聞いた"with コロナ"実態調査」の結果を発表した。 同調査は6月25日〜7月5日、65歳から85歳の男女1,064人を対象に、インターネットで実施した。 「1日平均どのくらいの運動量が減少しましたか? 」 新型コロナウイルス感染症の感染拡大前と比べ、運動量の変化を尋ねたところ、53. 運動量が減少したと回答した人に、一日平均の減少した運動時間を聞くと、「30分〜1時間」 46. 「日常的な買い物」も減少している。 また、「ウィンドウショッピングなどの長時間の外出」や「散歩」などの屋外に出かける行動が減少し、歩行を含めた運動量が減少していることがわかった。 新型コロナウイルス感染症の感染拡大前と現在を比べ日常で減少した行動 新型コロナウイルス感染症の感染拡大前と現在を比べ、行動が減少した理由について尋ねると、「まだ感染リスクがあるから」 91. 新型コロナウイルス感染症の感染拡大前と同じ状況に戻った行動について尋ねたところ、「とくになし」が39. さらに、「日常的な買い物」「通院」などの生活に必要な行動でさえも、4人のうち3人が戻っていない結果となっている。 緊急事態宣言が解除され一カ月が経過しても、感染防止のための生活を続けていることが明らかとなった。 新型コロナウイルス感染症の感染拡大前と同じ状況に戻った行動 全国の緊急事態宣言解除から一カ月が経過し、身体に不調を感じるか聞くと、34. どんな不調かを質問したところ、「膝の痛み」 72. どんな不調を感じていますか? 不調を抱えていると回答した人に、対策をおこなっているか質問をしたところ、59. 対策として多かったのは「通院」 47. with コロナ時代の不調対策として、今後自宅内で取り入れたいことについて尋ねたところ、47. 予めご了承ください。 関連記事•

次の