サーモス タンブラー 420。 【楽天市場】【 送料無料 名入れ プレゼント ギフト 】 サーモス 真空断熱 タンブラー 420ml スパークリング|保冷 保温 ステンレスタンブラー おしゃれ ステンレス オフィス オールシーズン ギフト ビール 名前入り 男性 女性 還暦 新築祝い 誕生日 最短:名入れ制作室 ポケットハウス

サーモス、陶器調の真空断熱タンブラーを2サイズ発売!シリーズ初のデザインで内側もカラーリングされた各4色で展開|サーモス株式会社のプレスリリース

サーモス タンブラー 420

JDI・JDE・JCYの違い サーモスのタンブラーには、JDI、JED、JCYという種類があります。 それぞれどのような違いがあるのか知っておきましょう。 まっすぐなフォルムの「JDI」 まっすぐスリムな形状がJDIシリーズの特徴です。 サーモスのタンブラーの中ではリーズナブルな価格帯になります。 幅広い世代が使いやすいタンブラーです。 ビアグラスのような「JED」 なめらかな曲線を持ち、ビアグラスのような形状をしているのがJDEシリーズです。 機能面ではJDIシリーズと変わりません。 持ちやすさや、ビールを飲むときなど、用途の違いで好まれています。 ミラー加工の「JCY」 JEDにステンレスミラー加工がほどこされたものがJCYシリーズです。 機能性の違いは前述のシリーズと同様ありません。 マットな質感のJEDよりもメタリック感が際立つデザインです。 サーモスのタンブラーの選び方 容量で選ぶ サーモスのタンブラーには、300~600mlまでさまざまな容量のタイプがあります。 ドリンクを一気に入れるなら容量の大きいタイプが便利ですが、持ち運びやすさを重視するならコンパクトなサイズが良いでしょう。 自分のドリンクの飲み方なども考えながら、適した容量のタイプを選びましょう。 飲み口で選ぶ サーモスには別売りで専用の蓋があります。 蓋なしでも飲めますが、蓋付きにすれば持ち運びやすさも飲みやすさもアップします。 なお、蓋は適応する品番が決まっているため、自分の選んだタンブラーに対応しているかを必ずチェックしましょう。 デザインで選ぶ サーモスのタンブラーは、JDI・JDE・JCYとデザインに種類があります。 それぞれフォルムや表面加工が異なるため、自分の好みで選ぶことが可能です。 また、イラストがプリントされたものや、カラーバリエーションがあるもの、コラボ商品などもあるので、オーソドックスなデザインと違うタイプを選んでみるのも良いでしょう。 なお、購入するショップによっては、名入れサービスをしている場合もあります。 プレゼントにサーモスのタンブラーを購入する際などに利用すると喜ばれそうです。 保冷力・保温力で選ぶ 出典: サーモスのタンブラーはどのタイプも、保冷力・保温力に特に違いはありません。 どの商品も冷たいものは冷たく、熱いものは熱いまま飲むことができます。 全てのタイプに共通する高い機能性がサーモスの魅力の1つです。 食洗機で洗えるか サーモスのタンブラーの中には、食洗器対応のものがあります。 タンブラーなどのコップは、手洗いするとき奥の部分が少し洗いにくいものです。 洗い方が不十分だと、経年により茶渋など、色素沈着してしまう可能性もありますが、食洗器が使用できれば手軽にしっかり洗うことができます。 忙しくて洗っている時間がない方や、手洗いが面倒だという方はこのタイプを選んでも良いでしょう。 サーモスのタンブラーのおすすめ6選 JDIのおすすめ.

次の

サーモス タンブラー バースデー 記念日 《 メモリアルタンブラー》 THERMOS JDE

サーモス タンブラー 420

タンブラーの中でも圧倒的な人気を誇るサーモスの商品。 その魅力は、 優れた真空断熱技術にあります。 真空二層構造となっているため、温かい飲み物も冷たい飲み物も温度が変化しづらく、 最も美味しい状態をキープしてくれますよ。 「食卓でゆっくりビールを飲みたいけど、すぐぬるくなる」「アウトドアでは温かい飲み物もすぐ冷える」というお悩みを持つ方は、サーモスのタンブラーをぜひチェックしてみてください!これまで当たり前だった不便を、あっさり覆せるかもしれませんよ。 サーモスのタンブラーを購入する際、意外と悩むのがサイズ感。 商品は300ml程度から600mlまで幅広いので、どれを購入するか迷いがちです。 サイズに関しては、 入れたい飲み物の量より少し大きめを目安にすると失敗がありません。 例えば350ml缶ビールを注いで飲むなら、420mlのタンブラーが良いでしょう。 例えばスターバックスやタリーズコーヒーなら、ショート(240ml)・トール(350ml)・グランデ(470ml)・ベンティー(590ml)が目安になります。 ドトールはSサイズ(140ml)・Mサイズ(180ml)・Lサイズ(270ml)が目安ですよ。 サーモス 商品名 真空断熱タンブラー 真空断熱タンブラー グラデーション 真空断熱タンブラー 陶器調 真空断熱タンブラー 真空断熱 メモリアルタンブラー 真空断熱タンブラー ステンレスミラー 真空断熱タンブラー フタ・底カバー付き 特徴 600mlの大容量。 ロング缶のビールが余裕で注げる カクテルを華やかに演出できるスパークリングカラー。 まるで陶器のようなステンレス製。 手触りや口当たりがよい... 丸みのある飲み口で口当たりやわらか。 豊富なサイズ展開 感謝の気持ちが伝えられる!ネームとメッセージ入りのタンブラー ピカピカの鏡面仕上げ。 蓋と底がセットになったアイテム 最安値.

次の

サーモス、陶器調の真空断熱タンブラーを2サイズ発売!シリーズ初のデザインで内側もカラーリングされた各4色で展開|サーモス株式会社のプレスリリース

サーモス タンブラー 420

JDI・JDE・JCYの違い サーモスのタンブラーには、JDI、JED、JCYという種類があります。 それぞれどのような違いがあるのか知っておきましょう。 まっすぐなフォルムの「JDI」 まっすぐスリムな形状がJDIシリーズの特徴です。 サーモスのタンブラーの中ではリーズナブルな価格帯になります。 幅広い世代が使いやすいタンブラーです。 ビアグラスのような「JED」 なめらかな曲線を持ち、ビアグラスのような形状をしているのがJDEシリーズです。 機能面ではJDIシリーズと変わりません。 持ちやすさや、ビールを飲むときなど、用途の違いで好まれています。 ミラー加工の「JCY」 JEDにステンレスミラー加工がほどこされたものがJCYシリーズです。 機能性の違いは前述のシリーズと同様ありません。 マットな質感のJEDよりもメタリック感が際立つデザインです。 サーモスのタンブラーの選び方 容量で選ぶ サーモスのタンブラーには、300~600mlまでさまざまな容量のタイプがあります。 ドリンクを一気に入れるなら容量の大きいタイプが便利ですが、持ち運びやすさを重視するならコンパクトなサイズが良いでしょう。 自分のドリンクの飲み方なども考えながら、適した容量のタイプを選びましょう。 飲み口で選ぶ サーモスには別売りで専用の蓋があります。 蓋なしでも飲めますが、蓋付きにすれば持ち運びやすさも飲みやすさもアップします。 なお、蓋は適応する品番が決まっているため、自分の選んだタンブラーに対応しているかを必ずチェックしましょう。 デザインで選ぶ サーモスのタンブラーは、JDI・JDE・JCYとデザインに種類があります。 それぞれフォルムや表面加工が異なるため、自分の好みで選ぶことが可能です。 また、イラストがプリントされたものや、カラーバリエーションがあるもの、コラボ商品などもあるので、オーソドックスなデザインと違うタイプを選んでみるのも良いでしょう。 なお、購入するショップによっては、名入れサービスをしている場合もあります。 プレゼントにサーモスのタンブラーを購入する際などに利用すると喜ばれそうです。 保冷力・保温力で選ぶ 出典: サーモスのタンブラーはどのタイプも、保冷力・保温力に特に違いはありません。 どの商品も冷たいものは冷たく、熱いものは熱いまま飲むことができます。 全てのタイプに共通する高い機能性がサーモスの魅力の1つです。 食洗機で洗えるか サーモスのタンブラーの中には、食洗器対応のものがあります。 タンブラーなどのコップは、手洗いするとき奥の部分が少し洗いにくいものです。 洗い方が不十分だと、経年により茶渋など、色素沈着してしまう可能性もありますが、食洗器が使用できれば手軽にしっかり洗うことができます。 忙しくて洗っている時間がない方や、手洗いが面倒だという方はこのタイプを選んでも良いでしょう。 サーモスのタンブラーのおすすめ6選 JDIのおすすめ.

次の