ハル 総合商社の女 ドラマ 評価。 『ハル ~総合商社の女~』の感想と評価

ドラマBiz「ハル〜総合商社の女〜」オリジナル・サウンドトラック

ハル 総合商社の女 ドラマ 評価

ハル〜総合商社の女〜 ジャンル 脚本 本田隆朗 演出 出演者 音楽 オープニング 「白く塗りつぶせ」 エンディング 「Baton」 国・地域 言語 日本語 製作 チーフ・ プロデューサー 浅野太 プロデューサー 戸石紀子 製作 放送 放送チャンネル テレビ東京系 映像形式 音声形式 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 月曜 22:00 -22:54 放送枠 放送分 54分 回数 8 特記事項: 初回は15分拡大放送(22:00 - 23:09)。 第3話は関東地区のみ21:54 - 22:00に『みどころ』を別途放送。 『 ハル〜総合商社の女〜』(ハル そうごうしょうしゃのおんな)は、からまで毎週月曜 22時 - 22時54分に系「」で放送された。 主演は。 大手総合商社に転職したシングルマザーの女性が海外にある病院の買収やラーメン屋再建など様々な部門における諸問題に真正面から立ち向かうさまを描く。 ドラマのプロデューサーを務める(共テレ)のの実体験に基づいたオリジナル企画。 あらすじ [ ] 米国のビジネス界における第一線で活躍していた 海原晴は、「五木商事」という日本の総合商社の社長から誘いを受け、帰国したのちに転職することになった。 晴が配属された部署である経営企画部は五木商事にある部署の中でもエリート集団と呼ばれており、晴は転職早々に経営企画部の部長補佐という重要な立場を負うことになったのだが、なんとその上司というのが10年前に離婚した夫の 和田寿史であったのだ。 実は五木商事の社長が晴をヘッドハンティングしたのは寿史の助言があったからという話があり、寿史は晴が自分の元妻であることをひた隠しにしている。 転職したのち、晴をヘッドハンティングした社長と覇権を争う副社長の 高山雄一郎一派を敵に回すことになる晴だが、楽しく仕事をするというポリシーを抱きながら、次々と降りかかってくる様々な部門からの難題に挑んでいく。 登場人物 [ ] 海原晴 演 - 離婚歴のあるシングルマザー。 中途採用により大手総合商社である五木商事に転職し、異例ともいえる経営企画部の部長補佐に就任する。 和田寿史 演 - 五木商事の経営企画部部長。 周囲には隠しているが、実は晴の元夫。 青柳悠馬 演 - 五木商事の経営企画部所属の社員。 晴に恋心を抱く。 一乗寺秀人 演 - 五木商事の経営企画部所属の社員。 大物政治家である父親のコネで入社。 父親が副社長兼経営企画部本部長の高山と非常に繋がりがあり、「仕事はしなくて良いから会社に勤務しなさい」と言われている。 そのため、仕事に対しては無気力で常にスマホやパソコンでゲームばかりしている。 藤尾勝之 演 - 五木商事の経営企画部所属の社員。 危ない橋は渡らないタイプで、働き方の方針で常に晴とは対立する。 川上周平 演 - 五木商事の経営企画部所属の社員。 常に社内の様子を探るほどの噂好き。 矢島智明 演 - 五木商事の経営企画部所属の社員。 藤尾の参謀的存在であり、常に冷静に物事を捉える力がある。 海原涼 演 - 晴の息子。 帰国子女のため英語が堪能。 海外での暮らしが長いこともあり、年齢の割には少し大人びた性格。 高山雄一郎 演 - 五木商事の副社長兼経営企画部本部長。 虎視眈々と社長の座を狙っている。 ゲスト [ ] 第1話• 田村修(五木商事 リテイルビジネス部) -• 梶原義之(五木商事 航空運輸部) -• 松岡一郎(ラーメンチェーン「麺一」創業者) - 第2話• 小笠原隆一(医療法人「新隆会」会長) -• 櫻井保(五木商事 シンガポール支社 社員) -• 熊澤巧(小笠原の秘書) - 第3話• 西本順造(西本工業 社長) -• 及川忠志(西本工業 開発研究室 社員) -• 佐竹潔(五木商事 法務部 部長) - 第4話• 金子陽介(フューチャーモビリティ社長) -• 飯島利彦(スターバレー社長:五木商事から出向) -• 若林隼人(スターバレー社員プロデューサー) - 第5話• 寺尾紀之(女流棋士・ランの代理人) -• 久保田英里子(「ファンソフィー」副社長) -• 上原麻美(「ファンソフィー」商品開発部 主任) - 第7話• 長峰亘(五木商事 人事厚生部 部長) -• 三田村由妃(五木商事 経理部) -• 一乗寺俊太郎(厚生労働大臣、一乗寺秀人の父) - (最終回) スタッフ [ ]• 脚本 - 、本田隆朗• 演出 - 、、三木茂(以上、共同テレビ )• 音楽 -• 主題歌 - 「Baton」()• チーフプロデューサー - 浅野太(テレビ東京)• プロデューサー - (テレビ東京)、戸石紀子(テレビ東京)、(共同テレビ)、(共同テレビ)• 上司が元夫でヒヤリ 龍居由佳里 (本田隆朗) 土方政人 第2話 10月28日 10億超!? 病院買収 医療界のドン落とせ! 元夫は敵か味方か!? 第3話 11月 04日 絶対に渡さない…! 超冷酷社長を倒せ 龍居由佳里 本田隆朗 第5話 11月18日 元夫婦…秘密の関係バレた! 17歳女流棋士争奪コンペで惨敗!? 龍居由佳里 土方政人 第6話 11月25日 緊急告白…10年前の謎!? 人気ブランドで攻防 2人のママが選ぶ道 三木茂 第7話 12月 02日 急接近…2人で会いたい! 託児所大作戦VS副社長の黒い密謀! 都築淳一 最終話 12月 09日 最終決戦! 裏切りの空港建設プロジェクト…2998円に秘めた愛 土方政人• 第1話は22時 - 23時9分の15分拡大放送。 チェインストーリー [ ] では各回放送終了直後となる22時54分(地上波放送の終了時刻が繰り下がる場合はその時刻)から配信開始(第0. 5話のみ本編放送開始前となる2019年10月9日の17時から)。 でも1週間後から配信開始。 サブタイトル・キャスト• 5話「若手社員・青柳の憂鬱」• 白洲迅、山中崇、加治将樹、渡辺邦斗、奥田瑛二• 5話「海原晴の徹底分析」• 白洲迅、加治将樹、渡辺邦斗• 5話「窓際社員・一乗寺の謎」• 忍成修吾、加治将樹、渡辺邦斗• 5話「息子・涼の本音」• 寺田心、守永伊吹• 5話「情報通・川上の実態」• 加治将樹• 寺田心、守永伊吹• 5話「晴と和田の新事実に戸惑う部員たち」• 白洲迅、山中崇、加治将樹、渡辺邦斗• 5話「頑張れ、青柳 ~陰の努力!~」• 白洲迅• 5話「世界へ向けて、さらなる進撃!」• 中谷美紀、藤木直人、忍成修吾、山中崇、加治将樹、渡辺邦斗 スタッフ• 脚本:本田隆朗• 音楽:ワンミュージック• チーフプロデューサー: 浅野太(テレビ東京)• プロデューサー: 稲田秀樹、戸石紀子(テレビ東京)• プロデューサー:栗原美和子、高田良平(共同テレビ)• 演出:三木茂(共同テレビ)• 製作著作:テレビ東京、共テレ 脚注 [ ] [].

次の

ハル〜総合商社の女〜

ハル 総合商社の女 ドラマ 評価

: 配信終了• : 配信期限2019年12月23日 22:53まで(チェーンストーリー) 第2話もご視聴ありがとうございます! 晴の行動力が際立った第2話。 ハル~総合商社の女~第2話のネタバレあらすじを実際に視聴した感想を交えてご紹介していきます! 第2話のあらすじと見どころ 海原晴(中谷美紀)は息子である涼(寺田心)からの助言もあり、元夫である和田寿史(藤木直人)と会社には夫婦であった事実を伏せようと話し合います。 寿史が晴を引き抜くように社長に進言したことを聞いた晴は今後も上司と部下の関係を保ちつつ、仕事に邁進することを決意しました。 新たに経営企画部に持ち上がったのはシンガポールの病院を買収する案件でした。 ヘルスケア分野への開発を進めたい社長に対し、副社長の高山雄一郎(奥田英二)はリスクの大きさからこの案件に懸念を抱いていました。 無茶な計画に部署の会議では反対案ばかりでしたが、晴はシンガポールへ現地視察に行くと断言するのです。 しかし、翌日になって晴から和田に出張を取りやめにしたいと連絡が入るのですが…。 第2話のキャストや魅力をご紹介! 海原晴(中谷美紀) 人たらし術がさく裂します。 諦めないで打開策を考えるだけ!の一直線が小気味いい。 達筆です。 頭が切れるのでしょうね、実際。 息子の涼を気にかける父親の一面もあります(薄そうですが…) 一乗寺秀人(忍成修吾) サボってばかりのお坊ちゃん?経営企画部では空気のような存在ではありますが、果たしてその真意は? 海原涼(寺田心) 初めての日本生活をエンジョイしている様子ではありますが、父親の存在を内心どう思っているのか?気になります。 第2話のネタバレ感想 ハル総合商社の女「2話」を視聴したネタバレ感想をご紹介したいと思います! 2話目はシンガポールの病院買収がテーマ 前回はラーメンチェーン店のお話でした。 ラーメンからロケットまでの言葉通り、今回はシンガポールの病院買収がテーマになっています。 晴が所属している経営企画部は、ある特定の分野を専門としている訳ではなく、経営や法律面から精査する部署です。 その道のスペシャリストから構成される精鋭部隊なのです。 これまでは業績(収益)が判断する大きな材料でした。 儲かるか、儲からないか、それが一番だったのです。 これは経営面からすると至極当然のことなのですが、どの仕事も血が通う人間がいてこそ成り立つもの。 数字だけで全てを割り切ることはできませんよね。 晴にとってもそれがメインテーマであり、潰すことを前提とするより、逆に潰さずに大きな利益を生むためにはどうすればいいのかをまず考えようとするのです。 いやいや数字が悪ければやめるだけでしょう。 余計なトラブルの元はできるだけ避けようとする経営企画部の空気を読むことはしません。 納得するまでとことん考え、前向きに突き進んでいく、それが晴なのです。 このドラマのおもしろさは正にそこにあるといえますね。 すっきり爽快な話なので、ドラマを観た後に「今日もがんばろう!」と思えるのも魅力ですよね。 キャスティングも絶妙で素晴らしいです。 元夫、寿史との出会いと別れの現在の関係について さて、晴の前向きな姿勢はアメリカで培われたものなのでしょうか。 今回は元夫である寿史との出会いと別れについて話がでました。 いろいろな夫婦の形があると思いますが、こちらの元夫婦、特殊ですね 笑 思うに、アメリカで培われたものではなく、生まれ持っての晴の性格なのだろうと思われます。 あっけらかんと話をする晴と寿史には負の感情はなさそうですが、ひとり息子の涼くんについてはまだ解決しなければいけない問題がありそうです。 今回、引く手あまたの状況から晴が日本の商社を活躍の場に選んだのは、息子を思う気持ちもあったのかも知れません。 やりがいのある仕事、シングルマザーでの子育て、問題を積み重ねてもそれを解決する力があるのが晴の真骨頂ですね。 それを裏で糸を引いているのが、他ならぬ元夫の寿史なのですが。 このままでは会社がダメになってしまう、この危機を打開してくれるのは晴だと確信して社長に晴をヘッドハンティングをするように画策したのでした。 まあ、それだけ仕事がバリバリとできる女性なのでしょうね。 どうして別れてしまったのか、お互いに切磋琢磨し夫婦関係を続ける道もあったでしょうに…。 晴の人たらし力がすごい 今回はシンガポールの病院の買収についてのお話です。 案件を進めるにあたって医療業界の実力者と連携をしようと晴は奔走します。 しかし、全国で有数の医療施設を経営する医療法人の会長への面会がどうしても叶いません。 様々な角度から案件を分析し、多方面から対策を講じる晴が地道な努力とその持ち前の「人たらし術」で事態を打開していく様子は実に痛快です。 その「人たらし」のひとつのツールとして晴の達筆さが取り上げられるのですが、もしかして中谷美紀さんの自筆なのかなぁと思ってしまいました。 確かご本人も美しい文字を書かれていたような気がします。 美人で頭も良く、評価も高い晴という役と中谷美紀さんの私生活(知りませんが汗)が重なって仕方ありません 笑 一乗寺の今後が気になる! 経営企画部の面々も少しずつ正体が見えてきました。 特に気になるのは仕事もせずにゲームばかりしている忍成省吾さん演じる一乗寺秀人の存在。 一乗寺という名字からも想像できる?ように、相当なお坊ちゃんみたいなのですが…そんなんでいいの?っていう感じです。 こちらの問題児も晴の「人たらし」によって改善していくのかな。 一乗寺さんのサイドストーリーにも注目していきたいと思います。

次の

ハル総合商社の女「2話」ネタバレあらすじと感想。無料で動画視聴する方法はある?|見逃し動画配信情報サイト「MiruDo」

ハル 総合商社の女 ドラマ 評価

Contents• ハル~総合商社の女~6話のあらすじ・ネタバレ 和田部長と海原晴が付き合ってるという噂があるが、否定する事にした二人でした。 そんな中、次の仕事はアパレルブランドファンソフィーの再建について検討する仕事でした。 高山副社長からは株の売却を命じられましたが、海原晴は再建の可能性を模索する事にしました。 しかし副社長は高級品質をプライドを捨てずに人員削減も行わない副社長のスタイルに対して打つ手がありませんでした。 初期投資が大きいが通販サイトの立ち上げを提案しますが、初期投資に1億円かかってしまいます。 最終的に、副社長の経営力を信じて五木商事としては株式を売却する事にしました。 そして、噂に終止符を打つために、和田部長と海原晴は過去に夫婦だった事を公表しました。 高山副社長は和田部長を呼び出して忠告する所で話は終わりました。 ハル~総合商社の女~6話を見た視聴者の感想 五木商事の慣例で、夫婦揃っての本社勤務はできないとされ、ハルは離婚し、アメリカに渡り、10年異国で頑張っていたそうです。 別れた和田寿史氏は会社を選んだのだろうか。 ハルさんは、子どもが生まれたのに10年もの間、会ってもなく、連絡もしなかったらしい。 そして、五木商事に嵐の予感が…。 社長がヘッドハンティングをした海原ハルと和田が元夫婦であることがわかり、副社長の機嫌は最悪に。 そして、海原ハルの狙いは何なのか。 怪しまれることに。 なぜなら、主題歌が、「白く塗りつぶせ」ですよ。 「染まらないままで はみ出していたっていい ~ 心躍る方へ」。 心躍る総合商社に変わるのか。 応援したいですね。 今話のハルさんの涙目、ハルさんの思いは、女性の会社での地位の厳しさを2世経営者に伝えたもので、独立独歩は希望であるということ、でしたか。 厳しくつらい応援、だったんでしょうねぇ。 その後のファンソフィの活躍、気になりますね。 頑張ってほしいです。

次の