キルミー ヒール ミー。 キルミーヒールミーの主題歌を歌った歌手は誰?OSTまとめました

キルミー・ヒールミー 毒舌感想

キルミー ヒール ミー

「 キルミーヒールミー」の 主題歌の曲や 歌詞の和訳がとても気になり…今回は、キルミーヒールミーの主題歌の曲や、歌詞の和訳についてまとめました。 韓国ドラマに欠かせない俳優・チソンさんが穏やかな青年から攻撃的な性格を持つ男シン・セギや女子高生など多重人格者という難しい役を演じ、話題となった韓国ドラマ「キルミーヒールミー」。 切なく心に響くOSTが使われ、出演者のチソンさんやパク・ソジュンさんが歌っていました。 そこで今回、何度も聞きたくなる韓国ドラマ「キルミーヒールミー」の主題歌や歌っている女性が気になるので、色々とリサーチしてみました。 キルミーヒールミーの主題歌の曲名は? 韓国ドラマ「キルミーヒールミー」の主題歌は、 「幻聴」というタイトルです。 胸を締め付けられるような甘く切ないリズムを囁くような独特の歌声と切れ味の良いラップのバランスが見事な曲ですですよね! サントラも発売されています。 続いては チャン・ジェイン さんのプロフィールをみていきましょう。 チャン・ジェインのプロフィール OST「幻聴」を歌っているのは女性歌手チャンジェイン(91ライン)で、ホガクやWINNERカンスンユンらと競ったオーディション番組「スーパースターK2」がきっかけでデビューしましたよ。 生年月日:1991年6月6日生まれ• 学歴:ホウォン大学校実用音楽科• 身長:167.5㎝• 体重:49㎏ 数々の韓国ドラマのOSTなどを手掛け、ドラマヒットの一躍を担っているといっても良いチャン・ジェインさんの儚く美しい歌声は、一度聞くと耳に残って離れない独特の何かを感じてしまいます。 歌声に特徴のあるチャン・ジェインさんですが、胡坐をかいて床に座って歌うという彼女独特の歌い方にも注目が集まります。 幼い頃から音楽が好きだったようですが・・・ 「天才的な才能がなければ音楽はできない」 という両親の考えから、音楽の道へ進むことは反対されていたようですが、独学で実用音楽科に入学したそうです。 音楽科入学のためにギターの練習をする彼女は「ギターの音がうるさい」といわれ、家のベランダや公園のベンチで練習しているうちに、床に座ってギターを弾くスタイルが確立したみたいですね。 韓国ではあまりなじみのないフォーク音楽は、天才的ミュージシャンのチャン・ジェインの登場により、少しずつ関心が高まりました。 2012年に韓国のミュージックシーンに彗星のごとく現れたチャン・ジェインさんですが、2013年に筋緊張異常症を患い、活動を休止していましたが・・・ 2015年に復活してシンガーソングライターとして活躍しています。 復活した頃に発表された曲が韓国ドラマ「キルミーヒールミー」の主題歌「幻聴」です。 難病に苦しみ、現在も病気と上手く付き合いながら生活しているチャン・ジェインさんの姿や美しく儚い歌声は、たくさんの人に勇気や癒しを与えているように思います。 そんな素敵な楽曲「幻聴」の和訳、気になりますよね! 見てみましょう。 キルミーヒールミーの主題歌の歌詞の和訳は? なぜか、頭から離れない「幻聴」は、いつ聴いても何度聞いても飽きることがないというか・・・自分の心の奥底に閉じ込めている懐かしい思い出などを蘇らせる不思議な曲です。 チャン・ジェインさんの甘く切ない浮遊感のある歌声と歌詞、そしてパワフルなラップが見事にコラボして、聴く人の心の奥底までしみわたっていくような気がしてなりません。 「幻聴」の世界観がドラマの世界とリンクしているので、いつの間にか私の心の中にも「幻聴」の世界観が刻まれたようで・・・ 気づいたら、チャン・ジェインさんのフレーズを口ずさんでいる自分がいました。 今まで、出会ったことのない曲が「幻聴」で、これから先「幻聴」を超える曲に出会える気がしないというのが、正直な気持ちです もしかしたら、私の中のダークな部分を「幻聴」のフレーズが癒してくれているのかもしれません・・・ それでは最後に、 「キルミーヒールミー」全話を一気に無料で視聴できる裏技をお伝えします!• まだ一回もご覧になっていない方• 以前観たけどもう一回観たい方• FODプレミアムに登録!• 登録時はFOD公式サイトでご確認ください。 人間によって傷つけられた心は、人間にしか癒せないということを痛感したドラマだけに・・・「ぎゅっと握った手を放さないように」という歌詞が切なすぎて、熱いものが込み上げてきたのを思い出します。 チャン・ジェインさんの「幻聴」という曲にであったことで、ドラマって脚本・俳優さんだけでなく、たくさんの人の力があって初めて良い作品といわれるようなものが出来上がるんだな~と実感しました。 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の

キルミーヒールミー あらすじ

キルミー ヒール ミー

各話のあらすじは、ページ下部からご覧ください。 キルミーヒールミー・主要キャスト 画像 役名 キャスト名 チャ・ドヒョン チソン オ・リジン ファン・ジョンウム オ・リオン パク・ソジュン チャ・ギジュン オ・ミンソク ハン・チェヨン キム・ユリ キルミーヒールミー・概要 今回は「キルミーヒールミー」の紹介です! 財閥の御曹司であるチャ・ドヒョンは、幼いころの火事で会長である祖父を亡くし、社長の父は植物人間状態になってしまう。 アメリカで生活していた彼は、友人の父を無意識のうちに半殺しにしてしまい、自分の中に隠れた新たな人格を知る。 多重人格者として人知れず治療に励んでいたドヒョンだったが成果は現れず、代変人格たちが蒔いた種の後始末に追われる日々を過ごしていた。 そんなある日、韓国に住んでいる祖母で現会長のソ・テイムから帰国命令が。 帰国を拒んでいた彼は意識を失い、代変人格の一人セギによって飛行機に乗り込んでしまう。 機内で偶然の出会いを果たした様に見えたオ・リオン。 ドヒョンが幼いころに巻き込まれた火災、そして彼の身辺を偶然を装って調査していた。 オ・リオンの双子の妹オ・リジンは、新人精神科医として有名な精神科医ソク・ホビルの元働き始めたばかり。 空港へ兄を迎えに行った彼女は、偶然ドヒョンと顔を合わせ運命の歯車が回り始める。 ドヒョンの中に住む代変人格の一人セギは、リジンと依然出くわしたことがあるらしく、彼女に猛アピールを開始。 攻撃的で危険な性格の持ち主セギは誰のいう事も聞かないが、唯一リジンにだけは優しい。 酒が好きで元船乗り?の人格フェリー・パク。 自殺願望が強い17歳の高校生人格のヨソプは、自殺しようと屋上へ足を向けたが、リジンに見つかってしまい未遂に終わる。 ヨソプの妹人格ヨナは、自由奔放で常に周りを困らせてばかり。 アイドル好きの彼女はリオンの写真を見るなり惚れてしまい、執拗な執着心を見せる。 その他、謎の人格ナナなどが次第に登場し、ドヒョンの過去に迫っていく。 セギに胸がドキドキするのか、それともドヒョンに対しての感情か・・・。 自分の想いに揺らぎながらも主治医を務めることを決意したリジンは、代変人格を消すのではなくドヒョンとの仲介人を目指し一つ屋根の下生活を始める。 双子とは形上。 養子である妹リジンに恋心を抱いてしまったリオンは、ドヒョンとの接触を拒むが・・・。 ドヒョンが代変人格をつくるきっかけになったであろう事件が、彼の失われた1年間の記憶の中に隠されており徐々に秘密が暴かれていく。 同じく幼いころの記憶を失ったリジンも徐々に秘密が明らかになっていくが、果たしてドヒョンとの関係性は。 キルミーヒールミー・あらすじのフルバージョンはこちらからご覧ください! 韓国ドラマ・キルミーヒールミー・あらすじ(ネタバレ含む).

次の

キルミーヒールミーの主題歌の曲や歌詞の和訳が気になる!

キルミー ヒール ミー

【ハン・チェヨン役】キム・ユリ 正統派メロドラマ「秘密」で共演し、2013年KBS演技大賞最優秀演技賞をそろって受賞したチソンさんとファン・ジョンウムさんが再共演した今作は、その「秘密」をも超える評価を得ました。 主演のチソンさんはインタビューで自身の作品の中で一番と答えています。 この2人ばかり注目されがちですが、リオンの兄役のパク・ソジュンさんの人気もすさまじく、同年放送の「彼女はキレイだった」ではファン・ジョンウムさんとカップル役を演じています。 キルミーヒールミーの意味は? ドラマタイトルの直訳は 「Kill Me 私を殺して Heal Me 私を治して」 ドラマの中で自殺志願者の人格がキルミーと書き残して死のうとするシーンがあります。 そこにリジン(ファンジョンウム)が来て、ヒールミーと上書きします。 死にたいと言っていても、心のどこか 別人格 は生きたいと言っていると説得しますが、殺してくれ というのは誰かに助けを求めるメッセージであり、生と死は表裏一体であることを表すのだと思いました。 キルミーヒールミーあらすじとみどころ アメリカで静かな生活をおくるスンジン財閥の御曹司チャ・ドヒョン(チソン)。 お人好しで誰にでも好かれる性格だが、実は多重人格という家族にも明かせない秘密を抱えていた。 ある日ドヒョンは別人格の一人であるセギの仕業により、いつの間にか韓国へ向かう飛行機の中へ。 その帰国途中で覆面小説家のオ・リオン(パク・ソジュン)と精神科の研修医であるリジン(ファン・ジョンウム)兄妹に出会う。 その後、ドヒョンはリジンと再会するが、その時ドヒョンはセギの人格に切り替わり、なんとリジンに告白してしまう!セギの行動が全く記憶にないドヒョンと、めまぐるしく変化する彼の様子に混乱するリジン。 やがて、リジンはドヒョンが多重人格であることを知り、ドヒョンはリジンに自分の主治医になって欲しいと依頼する。 多重人格になった原因を探り始める二人、そこには過去の事故とリジンの影が見え隠れしていた。 一方で、セギは主人格であるドヒョンを抹殺し、リジンを手に入れようと画策していて…。 主人公ドヒョンとは性格が真反対の攻撃的な役から、中年、自殺志願者、女子高生など話し方から目つきまで演じ分け、そのコミカルさが深い傷を負った主人公の物語を柔らかくしてくれています。 主人公の一人7役もそうですが、その他のキャラクターも個性的な面々ばかりで、特にファン・ジョンウム演じるリジンの周りには両親、兄、病院の同僚を始め明るく温かい人ばかり。 環境が人を作るとはいいますが、まさにリジンの明るさの所以がそこにあるのだと思います。 孤独な人生を送ってきたドヒョンと、明るい家庭で育ってきたリジンが出会うことで、ただの復讐劇では終わらない癒しのラブコメディへと仕上がっています。 まとめ:重いテーマに多重人格という難しい役柄をバラエティ豊かに演じ挙げたチソンの代表作と言えるドラマです。 ミステリアスな要素を軸とし、その哀しい物語に涙を誘いながらも、同時にロマンスコメディ要素があることで何度も見返したくなる傑作となりました。 最後に 多重人格を扱うことは正解などない難しい題材だと思います。 ともすれば重くなりすぎるし、多重人格になった原因を探すというテーマも暗すぎて辛いだけの物語になる可能性もあったでしょう。 そこにチソンさんによるキャラクターの演じ分けや、明るいファン・ジョンウムさんの魅力が発揮されたラブコメ要素、そして再生と癒しのストーリーが加わったことで、復讐劇でもあるドラマでありながらも大いに笑えるという作品が出来上がりました。 この作品は色んな要素が詰め込まれたドラマの中でも、1,2を争う大傑作だと思います。

次の