ケンタッキー チキン。 ケンタッキーフライドチキンの歴史

ケンタッキーの再現レシピ!ザクザクフライドチキンの簡単ジューシーな作り方。卵使わないレシピ。

ケンタッキー チキン

103 ときどき無性に食べたくなる「ケンタッキーフライドチキン」こと、 KFCの「オリジナルチキン」。 スパイシーな衣にジューシーなお肉。 あぁ、アレがおうちで作れたらどんなに嬉しいことやら。 しかし、カーネル・サンダースが生み出した「オリジナルチキン」のレシピは、現在もトップ・シークレットのまま。 特に、味の決め手となる 「秘伝のスパイス」の配合を知るのは、世界でも上層部の2人だけとのウワサも。 秘密になればなるほど知りたくなるのが人間の性。 ネットでは様々な人がKFC「オリジナルチキン」の調理法を研究しているようで、米国の人気フードライターが考案したレシピは「オリジナルチキン」の味を限りなく再現していると話題になりました。 今回は「」シリーズの番外編として、そのレシピを参考にしたフライドチキンを実際に調理して、本物のKFC「オリジナルチキン」と 食べ比べをしてみました。 果たして、完全再現なるのか…? まず、用意したのがこちらの材料。 【材料】 ・丸鶏 ・小麦粉 ・牛乳 ・オレガノ ・チリパウダー ・セージ ・ドライバジル ・マヨラナ ・コショウ ・パプリカ ・オニオンソルト ・塩 ・ガーリックパウダー ・うま味調味料 KFCの醍醐味とも言える、 あばらや 軟骨付きチキンはスーパーでは手に入りにくいため、 丸鶏を切り分けて作ることに。 スパイスは全部で11種類。 実は、スパイスを揃えただけでも 総額5千円以上はかかってます。 これも「オリジナルチキン」を再現するため。 背に腹はかえられません! KFCのによると、一匹の丸鶏からドラム(脚)、キール(胸)、リブ(あばら)、ウィング(手羽)、サイ(腰)の5種類9つに切り分けられるとのこと。 と言われても、もちろん丸鶏なんてさばいたこともないルーミー編集部。 一体どこまでが脚で、どこからが腰なのかもわからない状態。 「丸鶏から作ろうじゃないか!」と勢いで言ってはみたものの、実際には骨や関節なども固く、かなり時間と手間がかかりました。 しかし、悪戦苦闘すること 約1時間! なんとかして部位ごとに切り分けることができました。 丸鶏をさばくのってこんなに大変なんですね。 でも、初めてのわりにはよく出来たと思いません? 切り分けた鶏肉は牛乳に浸して一晩置きます。 浸け込むことで、鶏肉独特の臭みを消し、肉を柔らかくする効果があるとか。 「一晩待つなら、ケンタッキーに行った方が早くない?」そんな声が聞こえてきそうですが、ここはグッと我慢をして一晩待つことに。 KFCの味を再現することはそう簡単ではないのです。 翌日、一晩置いた鶏肉は浸け込んだ牛乳と一緒に鍋の中へと移します。 そのまま火にかけて20~25分間煮ていきます。 実は、ここがポイント。 KFC「オリジナルチキン」は高温高圧調理ができる 専用の圧力釜を使用しています。 しかし、現在日本では油で調理可能な圧力フライヤーは販売されておらず、圧力鍋を使って揚げ物をすることも禁止されています。 このレシピでは、 鶏肉を先に下茹ですることでKFCが持つ柔らかさに近づけようというもの。 なるほど、これで骨の中にまでしっかりと火が通るというわけですね。 煮込んだ後は、そのまま鍋の中で冷まします。 スパイスと小麦粉を混ぜ合わせます。 混ぜ合わせたスパイスからすでにいい匂いがしています。 これは ひょっとすると、ひょっとするのか? 茹でた鶏肉に粉をまとわせ、新しい牛乳に浸し、もう一度粉を全体にまとわせます。 いわゆる粉を「 二度づけ」にして、よりスパイスをまとわせます。 あとは油で表面を 2分ほど揚げていきます。 鶏肉に火は通っているので、衣をカラッと揚げるだけ。 さてさて、その出来ばえは… かなりおいしそうな見た目です! スパイシーな香りがキッチン中に漂い、期待感も一気に高まります。 気になるのは、ちょっと 唐揚げっぽいところ? 左がKFC「オリジナルチキン」。 右がルーミーのフライドチキン。 比べると、ルーミチキンの方が色が濃いですね。 揚げ過ぎたのか、もしくは油の温度が高かったのか。 並べてみると、衣の厚みや印象も大分違って見えます。 ひとまず、ルーミーチキンのほうから試食をすることに。 結構イケるじゃないか、ルーミーチキン! 身も簡単にほぐれ、骨の周りも十分に味わいがあります。 衣はスパイシーで食欲をそそるいい香り。 これは、かなりいいデキです! 残念なのは、食べた瞬間に「 KFCの味ではない」と分かってしまったこと。 衣の食感、肉の質感が、どちらかというと スパイシーな唐揚げに近い印象。 記憶の中にある「KFCの味」とはやはり違うような気が…。 そこで、お待ちかねKFCの「オリジナルチキン」を続けて試食してみます。 あぁ、これこれ! この味。 これぞケンタッキー! 思わず声に出てしまうほど安定感のあるいつもの味。 ルーミーチキンより衣の味付けにもっと パンチがあり、なおかつ 繊細な印象。 身も衣もKFC「オリジナルチキン」ならではの食感で、お肉はジューシーで鶏のうまみがしっかりと味わえます。 一番の違いは「 鶏肉の味」。 KFCはエサからこだわり「オリジナルチキン」のためにKFC登録飼育農場で大切に飼育された「 」を使用しているそうです。 素材の違いが、最終的な味に大きく影響しているのがハッキリと分かります。 また、KFC「オリジナルチキン」のほうが「 肉のうま味」を濃く感じます。 おそらく、ルーミーチキンは一度牛乳で煮込んであるため、お肉は柔らかくなったのですが、その分「うま味」が牛乳にとけ出した可能性があります。 KFCの代名詞とも言える、 専用の圧力釜を使った「」が味の決め手になっているのは間違いないようです。 食べ比べるとよく分かるオリジナルチキンの奥深さ、思った以上の違いでちょっとした敗北感です。 結果的に「おいしいスパイシーな唐揚げは作れるが、KFC『オリジナルチキン』とは別物である」との意見で一致。 そりゃそうですよ、やっぱりオリジナルには敵いません。 でも、ルーミーチキンもなかなか健闘しましたよ。 スパイスの違いなのか、調理環境の違いなのか、結局KFCのレシピの謎は深まるばかり。 ああ、ますます知りたくなるー! 【作ってみてわかったこと】 ・想像より時間がかかった(買い出し~片づけまで丸2日!) ・骨が多いので丸鶏をさばくのは力仕事 ・おいしいスパイシーな唐揚げは作れるが、KFC「オリジナルチキン」とは別物である 完全再現は「夢」となった今回のチャレンジ。 実際にかかった 費用と 労力、そして「 調理時間」を考えると、やっぱりお店で買うのが一番いいのかもしれませんね。 KFCが世界中で人気の理由がなんとなく分かる気がしました。 「 やっぱり本物のKFC『オリジナルチキン』をじっくり味わいたい!」と思った方にオススメの情報があります。 今の期間、KFCの特別サイトからクイズに挑戦すると、抽選で10名の方に 「オリジナルチキン」1ヶ月分が当たるとのこと。 以下のリンクからぜひ応募してみてくださいね! [].

次の

ケンタッキー・フライドチキンの歴史

ケンタッキー チキン

左は、5種類あるオリジナルチキン(250円)の1つであるキール。 右は、骨なしケンタッキー(250円)です。 オリジナルチキンは、リブ、 キール(むね肉)、サイ、ウイング、ドラムがありますが、骨なしケンタッキーはむね肉の1種類だけです。 オリジナルチキンの部位一覧 部位 説明 リブ あばら。 小骨があり少しパサつくが、かなり大きい。 キール むね。 軟骨がありパサつくが、ヘルシーで女性に人気。 サイ お尻の部分。 肉も脂分も多く、男性に人気。 ウイング 手羽。 引き締まり味が濃く、人気がある。 ドラム 脚。 骨があり持って食べやすい。 ジューシーで小さい。 骨なしチキンケンタッキーは、かんたんに言えば、オリジナルチキンの キールの軟骨がないバージョンです。 味は、ササミに近いイメージですが、衣をつけて揚げてあるので、ササミよりはしっかりした味です。 骨なしケンタッキーはむね肉のため、パサパサとしみずみずしくないのが特徴です。 そのため、バランスが良いサイやウイング比べると、あっさりしすぎて物足りなかったという感想を持つ人も多いのだと、思っていました。 しかし、最近、次のようなコメントをいただきました。 1500円の組み合わせキャンペーンをやっていたので初めて購入しましたが、 この大きさで、しかもカスカスの食感。 こんな事なら、オリジナルを2パック買うべきでした。 かんぜんにボッタクリだと感じました。 オリジナルチキンのキール(左側)も、骨なしケンタッキー(右側)も、同じむね肉。 食べ比べてみました。 すると、驚いたことに、同じむね肉にも関わらず、 キールの方がみずみずしさが圧倒的に上。 骨なしケンタッキーは、まずいという結論を導かざるを得ません。 なぜ骨なしケンタッキーは、キールよりまずいのか? 部位が異なるサイやウイングと味が異なるのは仕方がありませんが、同じむね肉よりおいしくない(みずみずしさが劣る)というのは、なぜなのでしょうか? これは、軟骨とその付近を取り除いたため、味のよい部分がなくなっているのかも知れません。 どう考えても、同じサイズに見えませんよね。 左は、オリジナルチキンのリブです。 実は、オリジナルチキンには、可食部の重さに55~100gもの幅があり、平均を取っているからなのです。 似たサイズのサイ、リブ(小さい方)が出てくる可能性は、30%。 この辺りから、骨なしケンタッキーは小さくて損というイメージが作られました。 なお、1本だけ頼んだ場合は、損した感がないように、ドラムは控えられる傾向にあるため、ますます骨なしケンタッキーは小さいというイメージが強くなります。 関連 写真で比較 骨なしケンタッキーとオリジナルチキン オリジナルチキンでは最大の リブの大きい方(可食部約100g)と 骨なしケンタッキー(可食部約86g)が出てきた場合です。 可食部で24g差があるうえに、骨の分もありますので、実質半分ぐらいに見えます。 オリジナルチキンの キール(むね肉、可食部約99g)と 骨なしケンタッキー(むね肉、可食部約86g)が出てきた場合です。 軟骨がない分、右側の骨なしケンタッキーは小さい感じを覚えます。 左側のウイングが20%も小さいのですが、味のバランスは、ウイングが上です。 この場合、サイズでは、右側の骨なしケンタッキーの勝ちですが、ドラムはジューシーですので、ドラムの方が良いという人もいそうです。 1本だけ注文するなら、オリジナルチキンの方が得です。 なぜなら、1本だけの場合、店員が、損をした感が強いウイング、ドラムを避ける傾向があるからです。 すると最低でも骨なしケンタッキーと同サイズ、運が良いとリブやキールが来ます。 一方、2本以上、とくに3本以上注文した場合、お店側はオリジナルチキンの平均の可食部重量に近づけてくるため、どちらでも同じです。 (むしろケンタッキーがしそのように設計している) ただし、骨なしケンタッキーはまずいという意見も根強く、そこも影響してきます。 キールと同じむね肉なのにまずいと言われるのは、軟骨付近を抜いているからだと思われます。 骨なしチキンケンタッキーは、子ども、女性、シニア向け サイズが小さい場合もあり、みずみずしさにも欠く、骨なしケンタッキー。 2015年頃から、定番メニューに定着しているのはなぜなのでしょうか? 次のような理由が考えられます。 子どものために買われている 子どもは、 骨が口の中にひっかかったり、飲み込んだりする場合があります。 骨なしケンタッキーは、同じ値段で小さい確率があるとしても、子どもには最適です。 子どもは、お腹がいっぱいになりやすいことも、関係しています。 女性が買っている ケンタッキーの公式資料によると、オリジナルチキンは、平均237kcal。 骨なしケンタッキーは204kcalで大差はありません。 しかし、リブやサイだと、カロリーはアップしてしまうはず。 ヘルシーなむね肉という点もあり、骨なしケンタッキーは、女性に多く買われているはずです。 ただし、同じむね肉であるキールの指定も、お店や時間帯によっては可能です。 指定が少ないのは、キールという商品名を覚えていない人が多いからだと考えられます。 また、職場で女性が骨つきのオリジナルチキンを食べると、ややがめつい感じもしますし、 手も汚れ骨も残ってしまいます。 そのことも、骨なしケンタッキーへ、女性を向かわせているはずです。 お年寄りが買っている お年寄りは、 差し歯、部分入れ歯などに頼っていることも多く、やわらかい骨なしケンタッキーのほうが、安心して食べられます。 公園で食べたい人が買っている 公園のベンチで、あるいは歩きながら食べたいという場合にも、骨なしケンタッキーは合っています。

次の

骨なしケンタッキーはオリジナルチキンと違う部位? 小さくてまずいの評判はなぜ|旅行ブログ

ケンタッキー チキン

ケンタッキーの部位の種類と数 ニワトリ 一羽から9ピースのチキンがとれます。 そしてケンタッキーの チキンの部位には5種類があります。 その5種類とは以下の5つ。 kfc. html 図を見てわかるように一羽からは ドラムが2、 リブが2、 キールが1、 ウイングが2、 サイが2とれます。 では、次に各部位について詳しく見ていきましょう。 脂身があるので ジューシーなタイプの部位といえます。 また形が持ちやすいため、子どもにも人気です。 肉の量が少なめというのがウィークポイントです。 肉の量が多く、味も濃く、形としても大きいのですが、あばらの部分でもあるため、 食べづらく、こまかな骨が多いのが特徴です。 脂身は少なめなので、 さっぱりとしたタイプの部位といえます。 ただし 味が濃い部位でもあるため、ジューシーな部位が好きな人も満足できます。 形は小さく、 さっぱりしている部位なので、 あっさりしすぎて食べごたえがないのがウィークポイントです。 ただし 食べられる軟骨がついている部分でもありますので、軟骨好きのかたにはたまらない唯一の部位だといえます。 5種類のなかで一番サイズが小さいというのがウィークポイントです。 ですが、脂身が多い ジューシーな部分と さっぱりパサパサした部分の 両方がこの一本で楽しめるので、そういった意味のお得感があります。 5種類のなかでもっともサイズが大きく、脂身の量も多い 一番ジューシーな部位です。 味もしっかりとしていて「肉をたべた」といった 満足感が一番得られるのはこの部位です。 黒い肝臓の部分もついてきますが、この部分は レバーのような味なので好き嫌いがわかれるところではないでしょうか。 ウィークポイントとしては、 5種類のなかで一番ブロイラー臭が強いといった点です。 つまり…… 各部位についてのまとめ この5種類を特徴ごとに順番にならび変えると以下の形になります。 ケンタッキーの各部位のことがわかりましたが、こうなってくると気になるのは…… 部位を指定して購入できるの? ジューシーな脂身が好きな人がいれば、さっぱりとしたチキンが好きな人もいます。 では 「ケンタッキーでは部位を指定して買うことはできるのか?」ということですが、こたえは…… 半分NOです。 といいますのも、 注文時に好きな部位ばかりをいれてもらうことはできません。 ジューシーな部分、さっぱりした部分がバランスよくはいるようになっています。 しかし、あるていどのこのみはきいてくれますので、注文時に「脂身がおおい部分が好き」や「さっぱりしたチキンが好き」などといったことを店員さんにいってみると、 希望をきいたうえでのバランスでチキンをいれてくれたりします。 また…… 1本でチキンを買う場合は、部位を指定できるのか? じつは、 チキンを1本で買うときには 3種類の部位からひとつがはいるというのがケンタッキーのルールなのです。 その3種類というのは以下の3つ。 こちらも 店員さんにたずねると選ばせてくれるので、オススメの方法です。 まとめ ケンタッキーは 国内産のハーブ鶏を使用していて、とても安全でとてもおいしいチキンを提供してくれています。 ぼく自身、大好きなのでたまにむしょうにたべたくなりますし。 綾瀬さんがCMをやっている効果も、ぼくにとってはでかいです。 このお話しを読んで、ケンタッキーをたべたくなったかたは、ぜひともこういった部位の 裏ワザをつかって購入してみるのもおもしろいかもしれません。 ケンタッキーと綾瀬はるかが大好きなうのたろうでした。

次の