生理微熱。 生理に関わる”発熱”・”微熱感” ~外感~ :薬剤師 櫻井宏三 [マイベストプロ青森]

生理に関わる”発熱”・”微熱感” ~外感~ :薬剤師 櫻井宏三 [マイベストプロ青森]

生理微熱

日本産科婦人科学会専門医、婦人科腫瘍専門医、細胞診専門医、がん治療認定医、日本がん治療認定医機構暫定教育医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医、日本内視鏡外科学会技術認定医で、現在は藤東クリニック院長... 女性の体はとても繊細で、生理のリズムによって体調が大きく変化します。 生理中に起こる生理痛、生理前に現れる「PMS(月経前症候群)」などはよく知られていますが、生理後にも体調不良が現れることはあるのでしょうか?今回は生理後の体調不良について、原因と対処法、妊娠の可能性はあるのかについてもご説明します。 生理周期が女性の体調に影響を与える? 女性の体調は、生理周期によって左右されます。 例えば生理前は、むくみ、疲労感、肌荒れ、イライラ、憂鬱など、心にも体にも不調が現れやすい時期です。 これは、排卵後から生理開始までに分泌が増え、妊娠・出産に備えて体内に栄養や水分を溜め込もうとする作用がある「プロゲステロン」の影響です。 そして生理中は、生理痛に悩まされる人が多いですよね。 これは、子宮を収縮させて経血の排出を促す「プロスタグランジン」というホルモンが関係しているといわれています。 生理が終わると、上記2種類のホルモンは分泌量が減少し、自律神経を整える作用などを持っている「エストロゲン」の分泌量が増えます。 そのため生理後は、体調不良が起こりにくい時期といえるでしょう。 関連記事 生理後に体調不良になる原因は? 前述のとおり、一般的に生理後は体調不良になりにくい時期ですが、それでも体調不良になってしまうときは、以下2つの原因が考えられます。 ホルモンバランスの乱れ ホルモンバランスが乱れ、本来であれば生理後に分泌量が増えるエストロゲンが不足している、あるいはプロゲステロンが過剰分泌されているような場合、生理後も、生理前や生理中のような体の不調が続く可能性があります。 貧血 生理中は血液が子宮へと優先的に送られるので、体全体の血流が悪くなり、貧血のような状態になることがあります。 この貧血は一過性のもので、生理が終わる頃には治るのが一般的ですが、症状が強い場合は、生理後まで体調不良が残る可能性もあります。 生理後の体調不良の対処法は? 生理後の体調不良に対処するには、あらかじめ不調になりにくい体作りに取り組むことが大切です。 原因であるホルモンバランスの乱れや貧血を改善していきましょう。 ホルモンバランスを整える ホルモンバランスを整えるためには、まず、規則正しい健康的な生活を心がけましょう。 少し早めにベッドに入る、朝ごはんを食べる、ランチにサラダを一品加えるなど、小さなことからでかまわないので、生活習慣を改善していけるといいですね。 また、女性ホルモンの分泌指令は脳の視床下部や下垂体から出されますが、どちらもストレスの影響を受けやすく、ちょっとしたことでもすぐにバランスが崩れてしまいます。 そのため、できるだけストレスを溜めないように、自分なりのストレス発散法を持っておくと良いですよ。 貧血を改善する 貧血を改善するためには、鉄分を積極的に摂るようにしましょう。 厚生労働省によると、生理がある成人女性は、1日あたり10. 鉄分は1日で吸収できる量が決まっていて、摂りだめすることができないので、毎日の食事に取り入れられるように工夫してみてください。 鉄分は様々な食材に含まれていますが、例えば、豚レバーには50gあたり6. 5mg、大豆には50gあたり4. 7mg、サンマには1尾(150g)あたり2. 緑黄色野菜など、植物性の食品に含まれる鉄分は吸収率が低いので、ビタミンCやたんぱく質を含む食材とあわせて摂ることをおすすめします。 関連記事 生理後に微熱と体調不良があるときは妊娠? 生理後に微熱が続くときは、妊娠の可能性もゼロではありません。 女性の基礎体温は、生理周期に合わせて変化します。 一般的に、排卵後から生理前までは基礎体温が高めで、生理中から次の排卵までは基礎体温が低めです。 そのため、生理後は基礎体温が比較的低いはずなのですが、妊娠していると基礎体温が下がらず、生理後でも微熱が続くような状態になります。 「生理が来たのに妊娠しているの?」と思うかもしれませんが、生理と思っていたものが実は着床出血などの不正出血で、生理ではなかったという可能性も考えられます。 生理後なのに微熱が続き、体調が悪いようであれば、生理予定日から1週間をすぎてから、一度妊娠検査薬で検査してみることをおすすめします。 関連記事 生理後の体調不良や微熱が続いたら病院へ 生理後の体調不良が、ホルモンバランスの乱れや一過性の貧血によるものであればそこまで心配する必要はありませんが、不調が続くときは念のため一度病院を受診してください。 例えば貧血症状があるときは、子宮筋腫や子宮内膜症などの婦人科疾患が隠れていて、生理中の出血量が過多になっている場合も考えられます。 微熱があるときは、前述のように妊娠の可能性もありますし、風邪など、何か違う病気の前兆かもしれません。 ホルモンバランスの乱れも、放っておくとひどくなり、生理周期がバラバラになったり、排卵が止まったりする可能性もあります。 生理後の体調不良は、自分で原因を突き止めることが難しいものです。 生活の見直しですぐに改善されればいいですが、なかなか改善されないときは病院で相談してくださいね。

次の

生理(月経)と発熱

生理微熱

1999年 日本医科大学産婦人科教室入局 日本医科大学付属病院 産婦人科研修医 2001年 国立横須賀病院 現 横須賀市立うわまち病院 産婦人科 2002年 東京都保健医療公社 東部地域病院 婦人科 2003年 日本医科大学付属病院 女性診療科・産科 助手代理 2004年 日本医科大学付属第二病院 女性診療科・産科 助手 現在は石野医院の副院長 専門は漢方(東洋医学)、産婦人科 患者さん一人ひとりに合った薬を作るため、自由にさじ加減ができる煎じ薬を第一と考える。 診療では一人ひとり丁寧に症状の診断を行い、情報の発信を行う。 女性はホルモンバランスによって基礎体温が定期的に変化するので、生理前に熱っぽさを感じることは珍しくありません。 生理がくる頃には微熱は下がり平熱に戻る場合がほとんどなので、生理中まで発熱を引き継ぐ場合は体に何かしらの不調が起きている可能性があります。 この記事では、生理のときに熱が出たり熱っぽさを感じたりする原因を解説します。 生理中に熱が出る原因は? 1. 月経困難症 生理前ではなく生理中の発熱は、月経困難症が影響している可能性があります。 月経困難症の場合、生理が最も重くなる1~2日目に、下腹部痛や頭痛といった症状も出ます。 月経困難症には2つのタイプがありますが、 いずれも症状のひとつに発熱が挙げられます。 機能性の月経困難症 機能性の月経困難症は、『プロスタグランジン』というホルモンが、不規則な生活習慣・ホルモンバランスの乱れ・ストレス・冷え・むくみなどによって過剰に分泌されることが原因です。 プロスタグランジンには、 不要な粘膜や経血を体外に押し出すため子宮を収縮させる働きがありますが、この量が増えすぎることで子宮の痛みや吐き気といった生理痛症状を引き起こします。 発熱もその症状のひとつです。 器質性の月経困難症 器質性の月経困難症は、子宮内膜症や子宮腺筋症、子宮筋腫など、子宮に病気や異常があることが原因で引き起こされます。 この場合は原因となる病気の治療が最優先です。 ホルモンバランスの変化 生理前は黄体ホルモンの増加により基礎体温が上がりますが、このときの微熱が生理中も持続することがあります。 しかし 月経困難症と違って苦痛を伴わないことがほとんどなので、解熱剤などを使用する必要はありません。 免疫力の低下 生理前や生理中に、免疫力が低下して風邪を引くことがあります。 それに伴い熱っぽさを感じることがありますが、これは 風邪が原因の発熱です。 特に生理前は血液循環が悪くなるため内臓などの器官が弱ってしまうことがあり、風邪を引きやすくなります。 生理中の発熱を改善する治療について 1. 検査方法 生理のたびに発熱が起こる場合は月経困難症の疑いがあるので、次のような検査を行って機能性か器質性かを判断します。 ・問診• ・内診• ・経膣超音波• ・血液検査 器質性の可能性がある場合、具体的な病名を判断するためにCT検査やMRI検査を行うこともあります。 治療方法 月経困難症と診断された場合には治療を行います。 機能性の月経困難症 機能性の場合は、薬物療法や生活習慣の改善を行います。 痛みなどの症状は、鎮痛薬を用いて和らげます。 また、プロスタグランジン合成阻害薬を使用して、月経痛の原因となる プロスタグランジンの過剰生産を抑制します。 プロスタグランジンは炎症や発痛だけでなく発熱にも関与するので、分泌を抑制できれば微熱は下がることがほとんどです。 この薬剤は生理の数日前から服用することで、より高い効果を期待できます。 器質性の月経困難症 器質性の場合は、その原因となっている子宮の病気(子宮内膜症や子宮腺筋症、子宮筋腫など)を治療します。 そうすることで自然と月経困難症も快方に向かうでしょう。 生理中に熱が出る時に、自分でできる対処法 1. 休息とリラックスを 生理中は免疫力が落ち、体がよりデリケートな状態になっています。 そのため熱っぽさを感じたら無理をせず、休息をとってリラックスしましょう。 規則正しい生活を心がける ホルモンバランスを整えるために、規則正しい生活を意識することも大切です。 バランスの良い食事、質の良い睡眠、適度な運動は、月経困難症の改善にもつながるでしょう。 基礎体温を記録して病院へ! 一度だけでなく毎回のように生理中に発熱する場合は、一度病院を受診しましょう。 診察を受ける際は、どのタイミングで何度くらいの熱が出るかがわかるとスムーズです。 まずは毎日基礎体温を計測し、記録をすることから始めましょう。 解熱剤の服用について。 高熱であれば病院へ 解熱剤は一時的に熱を下げる効果がありますが、根本的な治療にはつながりません。 高熱の場合は解熱剤を服用する前に、病院へ行くことをおすすめします。 まとめ 生理前の微熱はホルモンバランスの変化によるもので、珍しいことではありません。 通常、生理が始まる頃には平熱に戻ります。 しかし生理中に熱が出たり熱っぽくなったりする場合は、体に何かしらの不調があるかもしれません。 一度や二度ではなく毎度のように生理中に熱が出るという方は、病院で検査を受けることをおすすめします。

次の

あれっ、妊娠した?妊娠初期症状で熱が出る理由とは

生理微熱

生理前・中・後の体調変化から体質を知り、 妊娠力を上げようシリーズ。 今回の症状は、 相談していると案外多くの方に見られる 『生理前・中・後の発熱・微熱感』です。 明らかな発熱や自分の感覚では微熱なども感じていなくても、 生理前の基礎体温が37度を超える場合もこれに当たります。 内傷と外感の弁別 外感は感染症なので、 生理毎に繰り返し感染すると思っていない人もいますが、 やはり繰り返し風邪をひいてしまう人もいます。 (頭痛は外感でも内傷でも出るので省いています。 相談にのっている中では 外感による発熱はあまり多くは見られません。 風邪を繰り返し引いていると思っていても、 実はそれは身体の内側からの症状であることも多いです。 『生理前の発熱・微熱感』だけに目を向けると 違いが分かりにくいですが、 舌診では明らかな差異が見られます。 もしくは鮮血色が強いです。 出血の勢いが強めで、 1・2日目のピークが多く、 3日目以降にガクッと下がることが多いです。 血の勢いにはムラがあり、 スッキリと出にくい傾向にあります。 他にも細かくありますが、 これらで大体の弁別はできるでしょう。 つまりそれぞれ元々身体に溜まっている熱や瘀血を お掃除できると、生理前になっても負担は感じなくなり、 また熱も瘀血も赤ちゃんを育む上での大きな障害となるので、 これらを取り除くことは妊娠力向上にも繋がります。 エキス剤では 清営顆粒 三物黄芩湯 三黄瀉心湯 加味逍遙散 温清飲 女神散などを 使用していきます。 牡丹皮・桃仁・赤芍薬・紅花・川芎・三稜・ ガジュツ・丹参・水蛭・シャチュウetcの 駆瘀血薬を中心とした 桃紅四物湯や桃紅四物湯加減の血府逐瘀湯などをベースに、 瘀血の状態に合わせ処方します。 エキス剤では 血府逐瘀丸、 四物湯、 桂枝茯苓丸、 折衝飲、 芎帰調血湯第一加減、 環元清血飲、 野牡丹などを使用していきます。 解熱鎮痛剤を使用して熱を抑えても 妊娠力は全く上がりませんので注意しましょう。 ここまで読んでくれた あなたに感謝です。 相談予約電話 017-739-0444 メールアドレス heiseidou par. odn. jp 青森市金沢小通り 生協向かいです。

次の