オラクル カード。 オラクルカードでチャネリング講座

オラクルカードのリーディングのコツは質問の仕方にあり?

オラクル カード

代表的な占いカードには、タロットカードとオラクルカードがありますが、どちらが初心者にとって始めやすいカードかといえば、それは オラクルカードかもしれません。 タロットカードには正位置や逆位置がありますが、オラクルカードにはそのような区別もなく、基本的にはポジティブなメッセージのみを受け取ることができます。 ですから、カード占い初心者にとっては、オラクルカードの方がポジティブに占った結果を受け取れますし、カードの解釈で悩んだり、迷ったりすることも余りません。 今回はオラクルカードを通販で購入した際の使い方を解説しつつ、おすすめのオラクルカードTOP5を、ランキング形式で紹介したいと思います。 そもそもオラクルカードとは? まずは初心者の方にもお解りいただけるように、そもそもオラクルカードとはどのようなものか、その点からお話ししましょう。 もうオラクルカードをお持ちの方も、良かったら一度ご覧ください。 オラクルカードとはどんなカードか? そもそもオラクルカードとは、どんなカードを指すのか、まずは Wikipediaで調べてみました。 Wikipediaには、「オラクルカード」単体での意味を紹介するページは存在せず、「カード占い」のページの1項目として、オラクルカードが紹介されています。 オラクルカードとは、カード占いに使うカードの一種で、何枚かのセットになったカードの中から、偶然引い たカードを元に占う。 オラクルカードは、書物占いをカードにして簡略化することで占いやすくしたものとされ、また、最も古いオラクルカードは1970年代に出版されたとされている。 オラクルカードのセットの枚数は様々であり決まっていない。 Wikipedia引用: Wikipediaではオラクルカードに定義がない Wikipedia掲載のオラクルカードの内容は、あくまで カード占い用に作られたカードであり、詳しい詳細やその定義などは特に載っていませんでした。 このような背景からも、オラクルカード自体に、タロットカードのような決まったカードセット(構成)は存在せず。 すべての占い用に作られたカードを指して、オラクルカードといっているようです。 まずはそんな、オラクルカードについての、基本的な情報をお話しした上で、さらに詳しく見ていきましょう。 Oracleの日本語の意味について では、まずはオラクルカードの 「オラクル(Oracle)」に着目して、その意味を確認していきましょう。 私たちが口にしている、オラクルカードの「オラクル」とは和製英語ともいえる言葉ですから、その意味は本来英語からきています。 そこで「オラクル(Oracle)」の日本語訳を、まずはしっかりと抑えておきましょう。 Oracleとは、 古代ギリシャの 神託、託宣、神託所、神命、 エルサレム神殿内の 至聖所、 古代ギリシャの 神託を伝える人 語源は、ラテン語の「話されたこと」を表す形容詞「oracular」から来ている。 Oracleの語源とその意味 オラクルカードの「Oracle」が神託を意味することは、オラクルカードをお使いの方であれば、少なからず知っていたことだと思います。 さらにはその語源が、ラテン語の「話されたこと」を意味する「oracular」から来ていようとは、私も知りませんでした。 このように、オラクルカードという言葉の意味や経緯を知ることで、占いをする時の気構えも少なからず変わるものですから、ぜひ心の片隅にとどめて置いてください。 チャネリングにも近い意味を表す。 なお、チャネリングについてはこちらの「 」で詳しく解説しています。 一般的なオラクルカードとは(構成やサイズ) オラクルカードの意味が「神託」であることは解りましたが、オラクルカードの内容については、占いをするためのカードということぐらいしか、解りませんでした。 ですからここでは、 オラクルカードとタロットカードとの違いを紹介しながら、オラクルカードがどのようなものか、全体的な傾向をお話ししたいと思います。 カード1セットの枚数について 最も特徴的なのは、 カードセットの枚数の違いです。 タロットカードについては、こちらの「 」でも詳しく解説しましたが、基本的に1デッキが78枚となります。 中には特殊な種類のタロットカードもありますので、すべてのカードデッキが当てはまるとは言えませんが、現在世界中で使われているタロットカードの基本は、この78枚のデッキとなります。 では、オラクルカードはといえば、40枚前後が多いようですが、特定の枚数が決まっていません。 後ほどオラクルカードのおすすめランキングでも詳しく紹介しますが、今手元にあるデッキを眺めてみても、33枚、44枚、46枚、48枚、54枚といった感じです。 カードデッキの構成について 続いては、オラクルカードの カード構成についてです。 78枚のタロットカードでは、 と、 に別れており、小アルカナもトランプのように4種類に大別されます。 タロットカードは基本的なカード構成が決まっており、絵柄は違えども、カードの種類や意味はほぼ同じです。 ですが、 オラクルカードには決まった構成がありません。 タロットカードの中にも、稀にこちらの「 」で紹介したイーチンタロットのように、独自の構成を持つものがります。 ですが、オラクルカードはすべてが独自の構成で作られているのです。 ですから、カードデッキごとにテーマはあれど、カードの絵柄や構図はどこか似たようなものとなります。 それに比べオラクルカードには決まった構成や、カードの種類がありませんから、絵柄もすべてが独自のデザインであり、 他に類を見ない構図のものが多いです。 オラクルカードそれぞれが、独自のテーマに沿ったカードデッキとなるので、その傾向がより一層強まっていると言えるかもしれません。 なお、タロットカードには「番号」の表記がりますが、ほとんどのオラクルカードには、番号なども記載されていません。 カードのサイズによる違い 次のカードのサイズを見てみましょう。 まずはタロットカードですが、一般的なタロットカードには、多くのカードで共通するサイズがあります。 ですがこれもオラクルカードとなると、やはり決まったサイズが存在しません。 ですから、その他のオラクルカードをチェックすると、微妙に大きなものや小さなものもあり、やはり一概にサイズは決まっていないようです。 なお、タロットカードとオラクルカードの違いについては、こちらの「 」で詳しく解説しています。 この占い方は、複数枚を利用した 占い方の基本ともいえる手順ですので、シンプルですがしっかりと抑えておきましょう。 オラクルカードには解説書が付いている オラクルカードはカードの構成や意味も異なるので、タロットカードのように統一された占い方はありません。 日本で販売されているオラクルカードのほとんどには、日本語の解説書が付随しており、占い方やカードの使い方も丁寧に解説されています。 ですから、オラクルカードを通販などで購入した際にも、付随の説明書を見れば、迷うことなく占いを楽しむことができて安心です。 オラクルカードが初心者でも始めやすく、人気がある一番の理由は、この日本語の解説書が、付いていることだとも言えるかもしれません。 こちらの使い方で利用するオラクルカード 今回はこちらの「 」を利用して、 1枚引きという占い方を紹介していきしょう。 この日本の神様カードは、48柱の神々と1枚の産土神のカードで構成されています。 カード一枚一枚には、日本の神様のイラストと、お名前が記載されており。 付随の解説書には、その神様からの神託が書かれ、神様自身の特徴やお社(神社)の名前も記載されています。 私たち日本人にとって、最も身近なオラクルカードと言えるのではないでしょうか。 カードをケースから出したら、1枚ずつ眺めながら、心を穏やかに整えていきましょう。 目を閉じてリラックスして心を落ち着けます。 日本の神々や自分の高次の意識につながることを意図してください。 質問を心で唱えながら、カードをシャッフルしましょう。 カードの中から1枚を引きます。 カードの絵柄から感じたメッセージを受け取る。 解説書のカードの説明を見てメッセージを受け取る。 以上が1枚引きの占い方です。 ポイントとしては、明確な質問をすれば、明快な回答が得られるので、質問内容をしっかりと整理してから、占いを始めましょう。 カードのシャッフルについて 一般的なオラクルカードは、トランプやタロットカードよりも厚みがあり、硬質なものが多いです。 カードをシャッフルする際には、 まずはトランプ同様に数回ヒンズーシャフルをして、それから 机に置き、時計回りにカードを混ぜるように、全体に広げてシャッフルしましょう。 基本的にオラクルカードには正位置や逆位置は無いので、開いたカードは上下逆さまでも、真っ直ぐに置きなおして、カードの意味を読み取っていきましょう。 こちらの日本の神様カードもそうですが、あえて逆位置を意識して占う際には、カードのパワーがなかなか発揮できていない状態として解釈しましょう。 人気のオラクルカードランキングTOP1~5 それではいよいよ、おすすめの オラクルカードランキングTOP10をご紹介しましょう。 まずはTOP1~5までです。 この内容は実際のお店での注文数や、人気度をもとにご紹介していきます。 1 マジカルフェアリーオラクルカード 1番人気は、こちらの です。 通信販売などで購入されるお客様もですが、お店に来店されて、数多くのオラクルカードをみられるお客様でも、このカードを選択される方は多いといえます。 きっとオラクルカードを数冊お持ちの方であれば、その中にこのマジカルフェアリーも、含まれているかもしれません。 美しいパープルカラーに、可愛らしい妖精か描かれた、大人気のオラクルカードです。 ・翻訳:セイマカラガー瑞恵 No. 2 日本の神様カード 続いて広い年代層に根強い人気を誇るのが、こちらの です。 こちらは先ほども紹介しましたが、昨今では神社ガールといわれる、神社が大好きな女性も多く、なにより神社は最も身近な、 パワーススポットともいえる神聖な場所です。 48柱の神様が、全国のどの神社にいらっしゃるのかがすぐに解るのも、このカードならではの特徴と言えるでしょう。 そんな身近な神様に、いろいろなアドバイスをもらって、より近くでご活躍いただくためのオラクルカードだといえます。 まさに神託カードです。 3 エンジェルオラクルカード 意外と驚かれるかもしれませんが、人気のオラクルカード第3位はこちら、 です。 なぜこのオラクルカードがおすすめTOP10の上位に出てくるのか、不思議に思われた方も多いでしょう。 その理由は、お店のスタッフがお客様に勧めているからです。 実はこのエンジェルオラクルカードは、現在のオラクルカード人気の火付け役ともいえる、ドリーン氏が最初に作ったカードです。 そのために、とてもシンプルで万能なのです。 カードの意味や解釈も広いので、どんな占いにでも使える、 初心者向けのオラクルカードだといえます。 ですから、初めての方でカードを選ぶのに迷ってしまったなら、まっずはこのカードを購入してみてください。 ・翻訳:山下ハナ No. 4 ギャラクシーオラクルカード おすすめのオラクルカード第4位は、明るいインスピレーションを呼び覚ます、 です。 このカードはこれまで紹介してきたオラクルカードとは、サイズが大きく異なります。 一般的には、ポケットサイズやミニサイズとも言える小さなサイズですが、独特の明るく柔らかいパステルカラーが大人気のオラクルカードです。 もちろん、こちらのオラクルカードにも、小さなポケットサイズの解説書がついています。 手にするだけでニコニコと笑顔になる、素敵なオラクルカードです。 5 ロマンスエンジェルオラクルカード そして第5位は、こちらの です。 こちらのカードがどうして人気なのかは、もう何も解説しなくてもお解りですよね。 それは出会いや恋愛、結婚をテーマとしてメッセージを受け取るためのオラクルカードだからです。 若い女性からの人気は絶大なカードだと言えるでしょう。 ただ、ご注いただきたい点は、あくまで恋愛をテーマとして扱っているカードなので、それ以外の占いにはあまり向かないと言えます。 なので、あくまで2冊目とか恋愛占い用にと購入される方が多いようです。 ・翻訳:野原みみこ 人気のオラクルカードランキングTOP6~10 ではさらに、おすすめの オラクルカードランキングTOP6~10までを見ていきましょう。 ここまでくると、どのカードも人気度は同じくらいですから、自分が気になるカードを手にしてみてください。 6 大天使ミカエルオラクルカード オラクルカードの中で特に強いメッセージを打ち出すカード、それが第6位となった です。 すべてのカードに4大天使の一人、ミカエルが登場するオラクルカードは、とても神聖で力強いアドバイスをあなたに与えてくれるでしょう。 このシリーズのオラクルカードは、他の4大天使であるラファエルのカードなどもありますが、やはり一番の人気はこのミカエルカードです。 迷いやすかったり、決断が必要なとき、力強いサポートを受けたい時に利用すれば、心強い味方となってくれるでしょう。 ・翻訳:渡辺京子 No. 7 エオラジェムオラクルカード 第7位は、たぶん日本で唯一の パワーストーンのオラクルカード、 です。 私の会社ではパワーストーンのアクセサリーなどを扱ていますが、それもあり様々なパワーストーンの意味を知ることができるこのカードが人気です。 特に天然石を選ぶことは、誰もが迷ってしまいやすいことでもあります。 そんな時にこのオラクルカードを引けば、自分に合った天然石を直感的に知ることができるでしょう。 ストーンヒーリングをなどをされている方も、カウンセリングなどで役立てているようです。 8 光のメッセージカード 人気のランキング8位は、幻想的な絵画が人気のマリオ・デュゲイ氏による、 です。 このカードの初版もギャラクシーカード同様に、少し小さめのサイズのオラクルカードとなります。 光のメッセージカードを購入される方は、みなさんこの一枚一枚が繊細で美しい、絵画のようなデザインに魅了されるようです。 もともとは短冊のような、細長いカードに絵画とメッセージが記載されていましたが、現在ではコンパクトにまとめられて、メッセージの解説は別になっています。 9 ガイアオラクルカード 続いて登場するのは、ギャラクシーカードで人気のエレマリア氏の第一作、 です。 ギャラクシーオラクルカードの発売前には、こちらのガイアオラクルカードがとても人気が高かったのですが、ギャラクシーの煌めくような美しさに、現在は少し落ち着いています。 ただ、もともと地球をモチーフにしたカードなので、カードのイメージもどこか地に足がついた落ち着いたものばかりが揃っています。 日常で心の安らぎを実現したいとお思いなら、こちらのガイアオラクルカードは特におすすめです。 10 日本の神託カード こちらは先に紹介した、 日本の神様カードの第二弾となる、 です。 このカードは、昔から自然に神々が宿るという日本人の文化に沿って、自然に宿る精霊やスピリットを紹介し、その神託を得るためのオラクルカードです。 私たちの身近に存在する動物や自然に宿る精霊たち、そんなスピリチュアルな存在との絆を強めて、日常を過ごしていきましょう。 カードは、神、精霊、生命、土地などの4つの分野に分けられており、それぞれが持つ独特の雰囲気が、描かれたカードです。 では最後に、通販で購入する際の選び方と、購入後の注意点をお話して終わりましょう。 カードの種類の選び方 多くの方は、オラクルカードをネット通販などで購入すると思いますが、その場合、実店舗のように実際にカードを手にして選ぶことができません。 そのため良くお問い合わせで、 「どの種類を購入すれ良いですか?」と聞かれることがあります。 そんな時には、まずはカードのパッケージを見て、自分のフィーリングやセンスに合うか、直感を感じとってみてください。 カードの絵柄や色使い、デザインは、基本的にはパッケージにも反映されています。 パッケージが気に入ったけど、カードはちょっとということは殆どありません。 ですから、まずはパッケージを見て、直感的に選んでみましょう。 先ほどのように、恋愛、健康、セラピー、願いを叶える、という分類もあれば、女神、天使、妖精、精霊、天然石など、オラクルカードのテーマは本当に多種多様です。 デザインが気に入れば、ほとんどの場合、テーマが思っていたのとは違うことありません。 ですが念のため、良く商品説明を確認して、テーマをチェックしておきましょう。 そして最後は、カードのサイズをチェックすることです。 オラクルカードは、種類ごとにサイズが異なるものですから、その点も注意しておきましょう。 カードを購入後の注意点 そして購入後におすすめするのは、カードを開封して傷や痛みがないかチェックすることです。 使いだしてから傷や痛みに気付いても、あとで交換というわけにはいきません。 小さな傷であれば、さほど気にならないでしょうが、中には カードが1枚重複していたとか、 カードがくっ付いて離れないなど、意外とありがちな不具合です。 1枚ずつ手に取って確認して、もし気になることがあれば、早めにカードケースの裏のメーカーへ連絡しましょう。 オラクルカードの不具合対応は、ほとんどがメーカーの窓口にて行っていますので、そちらに電話すればすぐに対処してくれます。 せっかく購入したカードなのですから、長く使えるように最初から大切に扱ってあげてください。

次の

オラクルカードとは?オラクルカードの種類10選&使い方・選び方・占い方

オラクル カード

「オラクルカード」の「オラクル」とは、神や高次の存在からの言葉を表す「ご神託」という意味があります。 そのメッセージを伝えてくれる存在は様々で、女神や天使、聖人やアセンデッドマスター達であったり、時には大自然からのメッセージやハイヤーセルフからの言葉を受け取ることもあります。 日常のふとした時や瞑想をした時などの、顕在意識よりも潜在意識が優位になった時に、それらの高次の存在からインスピレーションを与えられたり、ヴィジョンを見せてもらったりしたことはありませんか? そうしたメッセージやヴィジョンを、カードを通して受け取ることができるのが「オラクルカード」なのです。 「オラクルカード」には先に挙げた女神や天使、聖人やアセンデッドマスター達の他にも、ユニコーンや妖精、人魚やイルカ、宇宙や地球などからメッセージを受け取ることができる様々なカードがあります。 オラクルカードを選ぶ上で、あなたがどんなことを高次の存在に聞きたいかということを明確にしておくことが大切です。 タロットカードもそうですが、カードというのは質問に対する得意な分野が存在します。 恋愛に特化したカードであれば、人生においての質問をするよりも恋愛問題の質問を投げかける方が良いですし、一見厳しくもとれるようなはっきりとした答えが欲しい時には、優しい導きのメッセージよりも、あなたを鼓舞してくれるような力強いメッセージをくれるカードを選ぶ方が良いでしょう。 つまり、質問内容を明確にしておくことで、どのような種類のオラクルカードを使えば良いかも、とてもわかりやすくなるということです。 このように考えると、様々な種類のカードを持っていると、それだけ多くの質問に合ったメッセージをもらえるということになるので、どんどんと手元に素敵なカードが増えてしまいそうですね。 また、なにより重要なのは、あなた自身がそのオラクルカードを好きだと感じるかどうかです。 あなたが「このカードが欲しい!」「このカードからメッセージをもらいたい!」と、そう思えたのなら、きっとそのオラクルカードとの素晴らしい時間が待っていることでしょう。 あなたの直感を信じてくださいね。 高次の存在達は、現時点での自分の視点よりも高い視点、つまり、高次元の視点から、現在のあなたに一番必要で最善であるメッセージやアドバイス、また人生においての気付き等をオラクルカードを通して伝えてくれます。 大天使は、私たち人間のそれぞれの守護天使を見守る役目があり、それぞれの守護天使と共に私たちを最高最善へと導き、癒し、奇跡を起こしてくれます。 大天使オラクルカードの説明書には、大天使の役割や特徴、関連するオーラの色やパワーストーンについて詳しく記載されていますので、天使についてより詳しく知ることができるのも楽しいですね。 詳しく知ることにより、天使達との繋がりがより強いものになりますから天使とのコミュニケーションがぐっと取りやすくなるかもしれませんね。 天使のエネルギーに触れることにより、自身のエネルギーの浄化もできますので、クリアリングをしたい時にもオススメです。

次の

オラクルカードのおすすめランキングTOP10と通販で購入した際の使い方

オラクル カード

うちはこうしたい!と思っとるんだけど、どうすればいいかな~ と、友達に相談をするような感覚で問いかけると、質問の主旨が上手に伝わりますよ。 ここが難しく感じられて躓いてしまいがちなところでもあるのですが、回数を重ねるうちにだんだんとコツがつかめるようになってきます。 とことん練習あるのみです! カードを引くときはとことん「無」になろう 聞きたいことが頭の中である程度整理できたら、それを思い浮かべながらカードを引いていきます。 このとき、他のことをあまり考えすぎないように、心を 「無」にすることを意識します。 リーディングとは関係のないことを考えていると、リーディングの結果がちぐはぐしてしまうことがあるので注意したいところです。 余計な雑念にとらわれないよう、気持ちを落ち着かせていきましょう。 オラクルカードは『絵画』だと思え! 必要な分のカードを引いたら、まずはそのカードをじっと観察しましょう。 このカードは、いったい何を訴えかけてきているのか? ここでポイントとなるのは、 直感を研ぎ澄ませていくこと。 頭で考えすぎずにフラットな気持ちで、カードを眺めます。 美術館に行って絵画を鑑賞するときのように、心を静めて向き合ってみましょう。 ということで、いきなりですが実践練習です! 今回はマーメイド&ドルフィンオラクルカードから、一枚カードを選んでみました。 適度に拡大しながらご覧下さい。 こちらのカードをじっくり眺めてみて下さい。 この絵柄のどの部分に目が留まりましたか? カードに描かれている人物や動物たち、また一面に広がる風景などを見て、何か惹かれるポイントはありませんか? あるいはカードに書かれた文面や単語のなかで、気になるフレーズが見つかるかもしれません。 絵のタッチや色づかいなど、細かいところにも目を配ってみましょう。 ここであなたがカードを通して思ったことや感じたことの全てが、リーディングにおける貴重な情報源となります。 あなたが感じ取ったもの、その直感には決して間違いはありません。 ぜひ五感をフルに活かして、カードからの声に耳を澄ましてみてください。 「それでも、どうしてもカードの意味が分からない!」 そんなときは、付属のガイドブックに助けを求めましょう。 ガイドブックを開いてみると、それぞれのカードのベーシックな意味が解説されているので、それを読んでいくとピンとくるワードが見つかるかも。 ちなみに先ほど引いたカードは 『Ready,Set,Go! よーい、スタート! 』という意味のカードになります。 あなたの夢の実現に向けて行動するなら、まさに今ですよ!といったメッセージが込められています。 大きなシャチの迫力ある泳ぎっぷりやマーメイドのにこやかな笑顔を見ると、この先の未来が明るいことを予感させます。 自信を持って新たな一歩を踏み出してもいいよ!と勇気をもらえる、とても幸先の良いカードが出ましたね。 また、3枚引きなど複数枚のカードを引いてリーディングをするときは、それぞれのカードの意味に加えて、 カード全体の流れをよーく観察してみて下さい。 1枚目から順に見ていくと、まるでひとつの物語のように繋がっていたり、何かしらの共通点があることに気が付くかもしれません。 複数のカードを通して一貫性のあるメッセージを送ってくることもよくあるので、そういった点も注視していくと、より奥深いリーディングが出来ると思います。 同じカードが何度も出るときは? オラクルカードを引いていると、たまに『同じ絵柄のカードが何回も出てくる』。 そんな事態が起こることもあります。 何でカードを引くたびに同じ意味のカードが出てくるのか。 これも解釈の仕方は様々なのですが、私の場合は『もっとよく見て!』という意味で、カードから訴えかけられていることが多いです。 よーく観察していくと『あれ?もしかしてこのこと?』と後で気づくことがあるんですよね。 最初にカードを引いたときに、きちんと読み解いているつもりでも、意外と見落としている点があったりするんです。 何度も同じカードが出ると「また同じのが出てきたよ」と、すぐにカードの束へ戻してしまいがちですが、カードが出てきた本当の意味を知るためには、同じカードが出てもスルーしないで改めて向き合ってみることも大切になってきます。 カードリーディングは難しく考えなくても大丈夫! 以上、オラクルカードの引き方、そしてリーディングのコツなどについてお伝えしてきました。 ガイドブックに頼らずにカードの絵柄を通してメッセージを受け取るというのは、初心者にとってはなかなかハードルが高く感じられるものです。 オラクルカードに慣れるまでは、ガイドブックを片手にカードを引いても全く問題ないとわたしは考えます。 かくいうわたしも、オラクルカードを使い始めの頃はカードの絵柄を見ても全くもって訳が分からず、何度も途中で投げ出しそうになりました。 今思えば、ガイドブックを見ないようにリーディングできるようにならなきゃ!と頑張りすぎていた面があったんですね。 でもあまり自分を追い込んでしまうと、余計にオラクルカードのアドバイスが受け取りづらくなることに気づき、マイペースに大らかな気持ちでリーディングをしていこうと心に決めました。 そうすることで少しずつ、リーディングに対する自信がついてきたように思います。 どうしても分からないときはガイドブックに頼ってもいいし、「もっと分かりやすく教えて!」と、もう一枚カードを引いてもいいんです。 オラクルカードは決して意地悪ではありませんから、我々がしっかり理解できるまでとことん寄り添ってくれます。 なのであまり構えすぎずに、心と体をゆるめてリーディングをしていきましょう。

次の