あさ イチ 30 秒 蒸し。 蒸し生姜のレシピ・作り方&ダイエットと冷え性改善効果|NHKあさイチ

ウルトラ蒸ししょうが効果でダイエット!作り方&食べ方について │ TREND STYLE

あさ イチ 30 秒 蒸し

乾燥大豆を蒸したものが『蒸し大豆』です。 雑誌で紹介されていたので作ってみました。 水煮大豆も美味しいけど、蒸し大豆も美味しいですよ~。 蒸し大豆は茹で大豆に比べると栄養素の流出が少ないのもメリットです。 冷凍保存は約1か月です。 そのまま食べてもいいし、料理に使うなど役立ちます。 ということで、今回は…• 簡単な蒸し大豆の作り方• 私流の蒸し大豆活用方法 などについて紹介します。 それでは、蒸し大豆の作り方について見ていきましょう! 蒸し大豆を作る時のポイントは? 乾燥大豆を戻すとき、部屋や水の温度、大豆の状態によって戻り方が違います。 浸水時間の目安は約10時間ですが…• 大豆のシワがなくなって、ふっくら戻っているかどうか をチェックしてみてください~。 すぐに乾燥大豆を作りたい時は…• 鍋に水を沸騰させて乾燥大豆を入れる• 蓋をしたら約1時間放置• 手順どおりに蒸し大豆を作る 方法をどうぞ^^ 戻した大豆はなるべく平らになるように入れて、蒸し大豆を作ると火の通りが均等になります。 大豆を蒸しあげた後は…• 粗熱が取れるまで置いておく ことがポイントです。 そしてラップをしておきましょう。 蒸したてを取り出して放置すると、水分が飛んでしまいます。 大豆が硬くなるのでお気を付けて。 このように『乾燥大豆を戻すとき』と『蒸しあがったあと』の2つが、ホクホク食感を出すポイントですよ。 作り方を簡単に紹介しますね。 材料 (4人分(12個分))• 鶏むねひき肉:300g• 蒸し大豆:100g• 卵:1個• 塩コショウ:少々• 片栗粉:大さじ1• 醤油:小さじ1 作り方• 玉ねぎは、みじん切りにする。 蒸し大豆はフォークでつぶす。 材料を全部混ぜる(粘りが出るまで)。 小判型にまとめて焼く。 以上です。 料理に色々と使えると思いますが…結局、私はそのまま食べるのが好きです~w ダイエット中は口寂しいときに、そのまま食べてます。 乾燥大豆を水で戻す• 蒸し終わったら粗熱をとってラップをかける 圧力鍋を使った簡単な作り方• 乾燥大豆を水で戻す• 5分蒸す• 蒸し終わったら粗熱をとってラップをかける レンジを使った簡単な作り方• 乾燥大豆を水で戻す• 耐熱容器に戻した大豆と熱湯を入れて600wで7分加熱• 蒸し終わったら粗熱をとってラップをかける 炊飯器を使った簡単な作り方• 乾燥大豆を水で戻す• 炊飯スイッチを入れる• 蒸し終わったら粗熱をとってラップをかける 蒸し大豆を美味しく作るコツ• 乾燥大豆を水に浸けてふっくらと戻しておく• 加熱後は粗熱をとってラップをかける 今回は、蒸し大豆の簡単な作り方を紹介しました。 4種類紹介しましたけど、好みの方法で作ってみてください~。 私は圧力鍋を使った作り方が合っているようです。

次の

【アスパラ】美味しいゆで方・ゆで時間は「切らない・水少し・1分半」

あさ イチ 30 秒 蒸し

このところ、毎日毎日おウチごはんが続いちゃって・・・「もうこれ以上!家で料理をガンバリたくな~い!」と思ってないですか?そこで今回は「時短レシピSP!」。 みなさんの「今日のゴハン支度」が、あっという間に終わる方法を伝授!しかも、簡単&時短なのに、すごくおいしくできるという、プロのワザが勢ぞろい! わずか30秒で激ウマになる!今が旬の「アスパラ」や「スナップエンドウ」などをシャッキシャキで食べられる「野菜の30秒蒸し」のテクニックに・・・?わずか10分!しかも電子レンジだけで作れる「カンタン10分カレー」に、子どもでも作れる「5分でナポリタン」!今の時期おいしい「アボカド」を「たった2分」で万能食材に変身させる活用術に、6月になるとスーパーに並び始める「青梅」を、わずか30分で、漬け込んだような「梅ジュース」にしちゃう方法。 さらに、これから旬の迎える「とうもろこし」の皮むきがなんと「1秒」くらいで「つるっ」とできちゃう、気持ちい~いワザも大公開。 おいしいホット野菜の秘密は「アルデンテ」 川島さんに教えてもらった、「ホットサラダ」をおいしくするためのコツ・・・それは「アルデンテ」。 加熱しすぎることないように、できるだけ短時間&高温で火を通すことが、野菜の食感をよくするうえで欠かせないそう。 そのため、川島さんたちプロは「スチームコンベクション」呼ばれる調理器具で、野菜ごとに秒単位で加熱時間を設定。 野菜の「うまみ」と「食感」を引き出していました。 家庭でできる画期的な「野菜蒸し」 なんとか、家で「シャキシャキのホットサラダ」にする方法がないのか・・・川島さんに、開発してもらった、方法が「30秒蒸し」です。 野菜をフライパンを使って、蒸す方法なのですが、そのときの最大のポイントが「フタをアルミホイルで包む」こと。 蒸すときにフライパンの中の蒸気が冷たいフタに触れると、蒸気が水に変わり、フライパンの中にある蒸気の量が減ってしまいます。 その結果、野菜が高温で蒸せなくなるのです。 その問題を解決してくれるのがアルミホイル!フタをアルミホイルで巻いておくと、蒸気が冷たいフタに当たるのを防げるため、中の野菜を高温で蒸すことができるようになるというのです。 実際に、この方法「30秒蒸し」で調理した野菜は、どれも「シャキシャキ!」野菜のおいしさを極限まで引き出せていたように思える仕上がりでした。 川島さんによると、アスパラやソラマメ、オクラなどもおススメのほか、意外と「豆苗(とうみょう)」もシャキシャキとした未体験の食感が楽しめるそうです。 野菜の「30秒」アルデンテ蒸し 旬のアボカドを2分で!万能ソースにできるワザ「アボチェンジ」 この時期、おいしい旬のアボカド。 ビタミンや食物繊維もたっぷりで「食べる美容液」なんて呼ばれたりもする果物ですが、実は「時短料理」にも使えるんです!その方法を教えてくれたのが、アボカド料理研究家の緑川鮎香さん。 アボカドを使って「万能ソース」を作れば、いろいろな料理が時短で作れるどころか、普通にソースを作るよりも、糖質などもカットできるなど、「いいことづくめ」だと言うんです。 このアボソースは、ホワイトソースを作るのに使う「小麦粉」と「バター」を「アボカド」に置き換えたもの。 面倒な作業もなく「アボカド」と「牛乳」をミキサーに2分かけるだけで作れます。 こんなに簡単なのに、普通のホワイトソースのように、グラタンやパスタ、シチューなどにも使えるんだそう。 しかも、食物繊維もビタミンもたっぷりのアボカドを使うことで、より「ヘルシー」にできる、万能ソースだったのです。 アボソース 時短で一瞬!まもなく旬「とうもろこし」のワザ まもなく旬を迎える「とうもろこし」。 しかし、ゆでるより、おススメなのが「電子レンジ」。 時短にもなるし、ゆでるより「甘くもなる」というんです。 その方法を教えてくれたのが、千葉のとうもろこし農家、安西さん夫婦。 甘くするために欠かせないという、とうもろこしを電子レンジにかけるときの「コツ」や、意外と面倒な、とうもろこしの皮むきを「つるっと」一瞬でできる方法も教えてもらいました。 ゆでるよりも、電子レンジで甘くなる理由 とうもろこしは、ゆでるとビタミンや糖質などの水溶性成分がお湯の中に流れ出てしまいます。 しかし、電子レンジであたためれば、ゆでたときのような水溶性成分が失われることがありません。 また、「皮つきのまま、まるごと電子レンジにかける」のも、大きなポイント。 皮つきのまま、レンジ調理すると、とうもろこしの実を皮で包みこめているので、「ゆっくりと蒸す」ような状態にできるんです。 そうなると、とうもろこしに含まれるデンプンを糖に変える酵素を長時間働かせることができるので、より甘くすることができるんです。 レンジ調理で、皮むきも一瞬&簡単! さらに、とうもろこしを電子レンジで調理することで、すばらしいのが、皮むきが簡単になること。 皮と実の間に隙間ができるため、皮むきがあっという間にできるようになるんです!そのやり方は、温めたとうもろこしを根元から2センチのところでカットし、上の部分を持って、振るだけ。 レンジ調理で、皮と実に隙間があいたことで、一瞬で、するっと皮がむけるのです。 スポン!と抜ける、快感の皮むき。 ぜひお試しを! 安西さんには、さらに、とうもろこしの芯をミキサーにかけ、こして作る「芯のコーンポタージュ」などの農家の味も教えてもらいました。 でも、それをたった10分で!しかも、電子レンジだけ作れる!という、夢のような方法を教えてくれたのが、料理研究家の寺田真二郎さん。 「煮込むこともせず、レンジだけで調理なんて・・・おいしいの?」と思ってしまいますが、食べてみるとビックリ!煮込んだカレーのように、お肉もトロトロ!ルーにも「とろみ」も「煮込んだようなコク」もあります。 いつもの材料、いつもの市販のルーを使ってできる「10分カレー」のポイント、教えてもらいました。 ポイント(1)煮込んだように柔らかくする隠し味「焼き肉のタレ」 電子レンジでも中まで熱が入るように、野菜は薄めに切っておきます。 また、お肉も薄切りのものを使いますが、大切なのがお肉を「焼肉のタレ」につけこんでおくこと。 これで、煮込んだように「やわらかく」なるんです。 タレに含まれるリンゴ酢などの働きで、肉のたんぱく質が柔らかくなるためです。 ポイント(2)「ツナ缶のオイル」でコク&うまみUP さらにもうひとつのポイントが、ツナ缶の「オイル」を加えること。 ツナ缶のオイルに、含まれる「うまみ成分」をプラスするとともに、油で野菜などの具材をコーティングすることで、レンジにかけたときに、野菜が高温になり、長時間煮込んだときのような「とろみ」なども生まれるのです。 さらに、ルーを溶かしたあとに加えるのが「トマトジュース」。 さらにグアニル酸などのうまみ成分がプラスされ、長時間煮込んだような「深み」を出すことができるのです。 電子レンジで10分カレー レンジだけ!5分で!ナポうどん もうひとつ、寺田さんの教えてくれた時短レシピが「ナポうどん」。 冷凍うどんなどでも作れる、レンジだけで作れる簡単メニューです。 しかも、フライパンも使わないので、洗いものがあまり出ないのも、家事の時短につながります。 調理のポイントはケチャップなどで作るナポリタンのソースに「牛乳」を加えること。 ソースに牛乳を加えることで、コクやクリーミーな味わいが生まれるほか、ソースがうどんによく絡むようにもなるんです。 さらに、もうひとつのポイントが、中濃ソースを隠し味に加えること。 これによりソースに「うまみ」が加わり、まるで炒めたようなパンチのある味になるんだそう。 ソースを混ぜて、3分チンして、あとはうどんと合わせるだけ。 簡単なのに、すごくおいしい!寺田さん一押しの時短メニューです。 さらに、ワンランクおいしくするために、具材にミニトマトを加える方法、完成後、クリームチーズを加える方法などを教えてもらいました。 5分で!レンジで!ナポうどん 時短で、甘さも自由自在!梅ジュース 普通、梅ジュースは、スーパーなどで売られている「青梅」を、氷砂糖に1か月ほど漬けこんで作ります。 しかし中村さんが使うのは、「追熟」させた黄色い梅。 青梅を3~4日ほど常温においておくと、追熟し、黄色い梅になるんです。 この梅を使うことで、えぐみのない「梅ジュースのもととなるエキス」が短時間で抽出できるといいます。 そして、その抽出する方法にもワザがありました。 追熟した黄色い梅を、電子レンジで「何度もチン」するんです。 ラップをかけ、4~5回、レンジにかけることで、黄色い梅から少しづつエキスが出てくるのです。 取り出した梅エキスに、砂糖水を加えれば、梅ジュースの出来上がり。 梅エキス自体には甘さがないため、その日の気分で、砂糖の量を変えることができるのも、この「時短 梅ジュース」の魅力のひとつです。 梅ジュース 時短で、レパートリーも倍増!「下味冷凍ひき肉シート」 料理研究家の藤井恵さんに、教わった時短テクニックが「下味冷凍ひき肉シート」。 作り方は、ひき肉に調味料などを加えて下味をつけたものを、ジッパー付きの保存袋に入れて、冷凍させたもの。 いろんな味つけをして作った「下味ひき肉シート」は、冷凍したままの状態で、そのまま調理に使えるので、料理があっという間に完成するんです!例えば、豚ひき肉の下味シートに、切った豆腐を加えれば、マーボー豆腐の出来上がり。 はたまた、トマト味の下味シートに、ゆでたパスタを絡めれば、ミートソースパスタの出来上がり・・・などなど。 味つけも自由で、その可能性はまさに無限大!まとめて作っておけば、すごく時短になること間違いなしのテクニックです。 冷凍ひき肉シート(ミートソース味).

次の

ウルトラ蒸ししょうが効果でダイエット!作り方&食べ方について │ TREND STYLE

あさ イチ 30 秒 蒸し

ウルトラ蒸し生姜って?その効果とは? 生姜は、古くから漢方として使われてきました。 漢方医学では、生姜には、乾燥させただけの生姜(ショウキョウ)と、熱を加えて乾燥させた黒っぽい乾姜(カンキョウ)の2種類あります。 日本でいう「ウルトラ生姜」は生姜(ショウキョウ)の事で、「ウルトラ蒸し生姜」とは、ウルトラ生姜に蒸すという手間を加えた乾姜(カンキョウ)の事を言います。 2013年の1月にNHKの「あさイチ」で紹介され、大きな反響を呼びました。 このウルトラ蒸し生姜がなぜ注目されているのかというと、それはその効果にあります。 一般的な生姜には、「体を温めてくれる」というイメージが強いですよね? しかし、実は、漢方では解熱剤として使用されているほど、体の芯の熱を下げてしまうって知っていますか? 生の生姜には、「ジンゲロール」という辛み成分が含まれており、手足などの体の末端の血管を広げる効果があるため、ポカポカと温めてくれます。 しかし、その熱は体の芯から送り出しているために、逆に体を冷やしてしまうのです。 このジンゲロールという成分は、乾燥させることによってその効果が劇的に変化します。 生姜を乾燥・加熱させると、ジンゲロールの成分の一部が、「ショウガオール」という成分に変化します。 ショウガオールは、胃腸の壁を直接刺激して血流を高め、深部の熱を作り出す働きがあるのです。 これにより、体の末端と、体の芯の両方を温めてくれる効果が生まれるのです。 生姜をただ加熱するだけでも、ショウガオールの成分は増加しますが、「蒸す」という工程を加えると、通常よりも1. 2倍、ジンゲロールも0. 4倍に増えることが分かっています。 生姜の栄養素を最大限効率よく摂取することができるため、「ウルトラ蒸し生姜」が注目されているのです。 さらに、「ウルトラ蒸し生姜」は、体を温めてくれるだけではありません。 ショオウガオールは、肌を錆びつかせて、老化や病気の原因の一つとなる活性酸素を除去する力が強く、若返りの効果があるといわれるビタミンEの3倍の能力を持っています。 そして、ジンゲロールには、体内の脂肪分解を促す酵素、「リパーゼ」を活性化させる効果があります。 リパーゼは、蓄積された脂肪を、遊離脂肪酸とクリセリンに分解して筋肉に運び、脂肪を燃焼させやすくしてくれるのです。 つまり、ウルトラ蒸し生姜は、体を温めて冷えを改善し、ダイエットをサポートしてくれ、美肌効果もあるという、まさにウルトラな食べ物なのです。 生姜の皮をむかずに洗い、傷んだ部分は取り除いて、ラインに沿って1~2ミリ程度の薄さに切ります。 生姜が重ならないように、蒸し器に並べて蒸します。 蓋の水滴が落ちないように、蓋に布きんをつけておきましょう。 蒸し始めはレモンのような香りがしますので、そのまま30分ほど経過してから、蒸し器の火を消します。 甘い香りがしていればOKです。 蒸し終わったら、ざるなどに並べ、天日干しで1日、室内なら1週間乾燥させます。 小さく縮んで、パキッと音が鳴って折れるようになれば完成です。 そのまま食べると、辛み成分が増していてとても辛いので、すり鉢やミルミキサーで粉末状にしてから使用します。 密閉容器に入れて、常温で3か月は保存することができます。 水分がしっかり抜けていれば、冷蔵庫でも保存できます。 ただし、保存する際には、 「乾燥させた生姜に水分を加えない、冷やさない」ようにしてください。 冷水などを加えて冷えてしまうと、せっかく変化したショウガオールの成分が、ジンゲオールに戻ってしまいます。 使用する際は、お湯などの温かい水分に加えるか、料理に加えて温かいうちに食べるように心がけましょう。 とにかく「冷まさない」ことに注意してくださいね。 適量を守って摂取しよう! 番組で紹介されてから、その効果の高さに注目が集まっている「ウルトラ蒸し生姜」。 毎日摂取することで、ダイエット効果や美肌効果を得ることができます。 しかし、いくら効果があるといっても、食べすぎには注意が必要です。 1日の摂取量は、2g~3g程度。 ティースプーン半分ほどにしておきましょう。 刺激が強いので、食べすぎると消化器官を痛める恐れがあります。 人によっては、摂取量を守っていても胸やけがする場合もあります。 くれぐれも、 漢方薬として使用されていたということを忘れないように、摂取量を守るようにしましょう。 正しく摂取して、ぜひウルトラ蒸し生姜の高い効果を実感してみてくださいね!.

次の