インフルエンザ 致死 率 年齢 別。 コロナウイルスよりインフルエンザの方が危険は本当?致死率比較

2019年のインフルエンザ死者数は3000人を超えている|Gelate(ジェレイト)|note

インフルエンザ 致死 率 年齢 別

「新型コロナウイルスはインフルエンザに比べると肺炎を起こしやすい印象」とセミナーに登壇した医師たちは話しました。 2月13日には、わが国で初の死亡例(神奈川県の80代女性)も確認され、全国に緊張が走りました。 一方で、このウイルスに感染した患者がどのような症状を経験し、どのような経過をたどるのかという情報も少しずつ蓄積してきています。 本記事では、中国における新型コロナウイルス感染症患者1099人の臨床経過を報告した最新の論文と、2月13日に横浜市で開かれた新型コロナウイルスに関するメディア・市民向けセミナー(主催:日本感染症学会、日本環境感染学会、FUSEGU2020)の講演内容を基に、 「新型コロナウイルスに感染すると、どのような症状が現れ、どのくらいの人が重症化し、命を落とすのか」について、現時点での情報をまとめていきます。 9割の患者に発熱、7割に咳、重症例は16% 中国における最新の論文は、中国の31省552病院で、2020年1月29日までに新型コロナウイルス感染が確認された急性呼吸器疾患患者1099人の経過をまとめたものです(*1)。 通常、医学論文は、専門家による査読を経て医学ジャーナルに掲載されますが、この報告は、最新知見を迅速に共有することを目的に査読なしの論文を掲載する「medRxiv」というWebサイトに2月9日付で掲載されました。 今回発表された論文の特徴は、重症例を中心とした従来の報告(*2、*3)に比べて対象患者数が多く、軽症例も多数含まれていることです。 1099人のうち、受診時に 重症と診断された患者は 16%(173人)、 非重症と診断された患者は 84%(926人)で、全体の82%が入院しました。 肺炎の重症度は、米国胸部疾患学会/米国感染症学会の基準(*4)に基づき、敗血症性ショック、呼吸不全、錯乱・見当識障害、白血球減少、低体温、血圧低下など11項目の該当数から判定しました。 感染から発症までの 潜伏期間は中央値で3日でした。 症状として最も多く見られたのは 発熱で、入院時は43%でしたが、入院中は88%に増加。 次いで 咳が68%、 倦怠感が38%、 痰が33%に認められ、 息切れ、 筋肉痛・関節痛、 咽頭痛、 頭痛、 悪寒と続きました。 消化器症状( 嘔吐、下痢)はそれぞれ4~5%にとどまりました(図1)。 FEATURES of THEME テーマ別特集• 激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。 今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。 中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。 前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。 前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。 今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。 健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。 異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。 数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。 では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。 今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

次の

コロナウイルスの地域別・年齢別の危険性を数字で分析してみた【2020年3月2日最新版】

インフルエンザ 致死 率 年齢 別

イタリアの新型コロナウイルスの死亡者の平均年齢: 81歳 引用元: イタリアでのコロナウイルス暗感染による死亡者数が1,000人超。 連日ニュースで取り上げられ、感染拡大を不安視する声がますます高まっています。 しかし、この報道の仕方にも非常に違和感を感じています。 死者1,000人… これは驚くべき数字ですが、 「誰が亡くなったのか」という内容が報じられないまま私たちの不安だけが煽られているのは事実でしょう。 本記事ではできるだけ事態を正確に捉える様に「数字」を重んじています。 物事には程度問題があり、現状の問題が 「どの程度深刻なのか」を具体的な根拠と数字をもって考えたうえでの対応が必要です。 【イタリア】新型コロナウイルス感染による死亡者の平均年齢は81歳 イタリアの新型コロナウイルスの死亡者の平均年齢: 81歳 引用元: さらにイタリア保健当局によれば、 イタリアの新型コロナウイルス感染による死者の大半が持病を患っていたとも報道されています。 ここで言いたいのは、「高齢者は亡くなっても仕方がない」ということではなく「正確な事実を把握しましょう」ということ。 例えば、「1000人の死者の多くは80歳以上の基礎疾患を持つ高齢者でした」と「死者は1000人を超えています」とでは受け止め方、捉え方が待った全く違ってきます。 【60歳未満感染者の致死率0. さらに、 10歳未満の死亡例はなく感染者の多くは風邪と同じ軽い症状しかみられないという事実もあります。 つまり、新型コロナウイルスは基礎疾患を持つ高齢者に猛威を振るう恐ろしい伝染病ではあるものの、全体的な年齢分布を考慮して症状を見てみると、多くは軽症でさらには自宅安静で完治するといった病気なのです。 以上となります。 はっきり言って、今後のことは誰も予測できません。 しかし、偏った報道により不安だけが煽られることにより生じる2次被害は極めて深刻です。 一人ひとりが事実をしっかり把握することが今の私たちには必要ではないでしょうか。

次の

コロナウイルスはおそらくインフルエンザよりもはるかに致命的な理由

インフルエンザ 致死 率 年齢 別

point• 比較されがちなインフルエンザと新型コロナウイルスは大きく異なっている• 新型コロナウイルスの感染が10回繰り返されたときの感染者数は、インフルエンザの40倍• 新型コロナウイルスの死亡率は、インフルエンザの10倍 伝染病を研究する「疫学」では、感染力を示す数値として「基本再生産数」を用います。 例えば、はしかの基本再生産数は12~18であり、これは感染者1人に対して、12人から18人に感染することを意味します。 ジカ熱は最高6. 6であり、季節性のインフルエンザはたったの1. 3です。 そして、話題のは、2~2. 5です。 基本再生産数や症状が似ているので、インフルエンザと新型コロナウイルスを同じ感覚で受け取る人は多いでしょう。 「どうせインフルエンザみたいなものでしょ?」 しかし、このような考えは非常に危険です。 なぜなら、新型コロナウイルスはインフルエンザよりも極めて危険なウイルスだからです。 情報誌「」は4月1日に、インフルエンザと新型コロナウイルスの違いを示す動画をyoutubeに公開しました。 Coronavirus is not the flu. 3ということは、1人の感染者につき、1~2人が感染してしまうということです。 つまり、10周すると、合計56人になります。 Credit: 次に、新型コロナウイルスの基本再生産数で考えてみると、どうなるでしょうか? Credit: 1人が2人に、そしてまた2人と、10周して、2000人以上が感染しました。 Credit: 基本再生産数が似ているように思えても、実際の広がり方は全く異なります。 潜伏期間の違い インフルエンザと新型コロナウイルスの最大の違いは、感染してから症状が出るまでの時間です。 これを「潜伏期間」と言います。 潜伏期間でもウイルスは他人へ感染します。 新型コロナウイルスの潜伏期間は5日~2週間です。 Credit: そして、インフルエンザの潜伏期間はたったの2日です。 Credit: 私たちは、インフルエンザの潜伏期間に慣れてしまっています。 「症状」には敏感であり、自覚すると即座に他人に移さないように行動します。 そのため、インフルエンザの感染は抑制されてきました。 Credit: しかし、「症状が無い状態」では、他人に移さないように行動しません。 そのため、新型コロナウイルスの感染は爆発的に拡大しています。 免疫の違い インフルエンザの季節になると、既に抗体を持っている人が存在します。 予防接種を受けた人や以前に同じウイルスにかかった人たちです。 Credit: そのため、感染者がいても、抗体を持っていない人同士でしか感染が広がりません。 免疫を持っている人たちがウイルスをブロックするので、広がりを食い止めることができるのです。 そして、抗体を持っている人口が多いほど弱い人たちを守っていることになります。 Credit: しかし、新型コロナウイルスは全く新しいウイルスです。 抗体を持っている人は誰もいません。 Credit: 誰もブロックの役割を果たさないので、感染の自覚のない人が他人と接触して、山火事のように感染していきます。 Credit: 結果、感染者一色になりかねません。 しかし新型コロナウイルスの入院率は30%に上ります。 これは少ない数値でしょうか? Credit: そんなことはありません。 インフルエンザの死亡率はもっと低い0. しかし、これでも米国だけで年間6万人が命を落としています。 Credit: 国や環境によって違いはありますが、新型コロナウイルスはインフルエンザの死亡率の10倍だと言えます。 そして、この死亡率は全年齢のデータです。 年配者、そして免疫力が低い人の死亡率は、圧倒的に高くなります。 Credit: さて、インフルエンザと新型コロナウイルスの違いを「基本再生産数」「潜伏期間」「免疫」「死亡率」の観点で確認してきました。 これらの点をふまえると、今後世界人口20%~60%が新型コロナウイルスに感染すると予測されています。 Credit: 特効薬もワクチンもない病気に立ち向かうための最善策は、「接触をさけ、家から出ない」ことです。 人を介さない限り、ウイルスは広がりません。 Credit: しかし、これはすべての人が協力しなければいけません。 「インフルエンザに似ている」という安易な考え方は捨て去るべきしょう。 インフルエンザと比較すると、事態を小さく見せ、ホッとするかもしれません。 しかしそれは、深刻な問題に対して自分の感覚を麻痺させるのと一緒です。 麻痺している場合ではありません。 警戒し、賢明な判断をする時なのです。

次の