アポ なし 訪問。 「アポなし訪問」への対応で会社のレベルは分かる

飛び込み営業をさせる会社はブラック企業!迷惑なアポなし訪問はやめろ

アポ なし 訪問

姑がアポなしで家に来るのでとても困ります。 今まで2度アポなしで来られたことがあります。 一度はつわりがひどい時で、もう一度は産後間もなくて昼夜もなく子供に振り回され、ろくに眠れ ずフラフラの時です。 吐き気がひどくて人と会話するのも辛い時や赤ん坊に散々振り回されて赤ん坊がやっと寝てくれたー!私も寝なきゃー!ってタイミングの時に。 他には事前に電話が来たこともあったのですが、訪問したいという電話だろうなとわかったので故意に気付かないフリをして折り返しの電話をしないでいたら1時間もしないうちに現れた事もあります。 普通はそう言う場合って、相手と連絡取れなければ諦めませんかね?(緊急の用事があったことは一度もありません) 昔の人って押し掛ける事が迷惑とわからないのでしょうか? 姑は、つわりや出産などの時に嫁のことを気にかけないと立場がないからやってるという感じです。 変にひっかき回されるより放っておいてもらえる方が助かるという状況がある事をわからないようです。 私は結構人見知りなタイプなので弱ってる時は本当に心を許した人しか傍にいて欲しくないです。 それ以外の人はストレスにしか感じません。 いない方がマシです。 で、自分が迷惑だったとわかると「そんなつもりじゃなかったのぉ~」とオロオロメソメソし出す感じ。 いい加減にして欲しいです。 注意したらしたで「とんでもない事をしちゃった。 ごめんねごめんね」と大騒ぎになるので、ホントに面倒くさいんです。 放っておいてください!って強めに言ってます。 言わないと遠慮していると解釈されてしまうので。 これの繰り返しです。 今は同居ですけど、同居前も今も同じです。 次男のお嫁さんははっきり言えなくて思い悩んで、遠くに引っ越していきましたよ。 姑も絶体考えを変えませんから、長男嫁の私が「アポなし訪問はやめてあげて」と話しても、聞く耳持たず 週に何度も訪問して、上がり込んではあれこれ引っ掻き回していたそうです。 伝えてみてからの反応を見るといいと思います。 私、主人も駄目だったので、直接本人に伝えました。 「すいません、今、子供やっと寝たので、また起きてるときにお願いします」って。 そしたら、玄関で「そっか、そっか」と言い、帰ったものの、子供が起きてるときに、私に、 「あのね、子供は、わざわざ寝かしつけなくても眠かったら寝るし、騒がしい中でも寝るようになるよ。 自分も楽に自分の仕事が出来るよ、過保護に育てなくても、大丈夫。 起きちゃっても、子供は勝手に寝るから」って言われました。 的を得ているような?得ていないような?って感じでした。 言ってることはわかるけど、子供をわざわざ起こさなくても良くないか?などと思ってしまいます。 自分も子供が寝たからやっと休めるのに…。 って思ってました。 (産後一か月くらいの時に言われました。 ) 「子供の為に静かにするのは過保護で、昔なんか、兄弟多くて騒がしい中でも赤ちゃんは寝ていたんだよ」と言われたこともありますよ。 解る気もするけど、義両親は、「子供なんか、泣かせとけ、自然に寝るわ」とか私が生活のリズムを作りたいことを理解はしてくれませんでしたよ。 そして私は義両親に何も言わなくなったけど、自分の取りたい行動とってました。 何言われても、「今、子供寝たから、寝かしておきたいんです。 掃除もしたいし・・・。 」ってお断りしていましたよ。 言っても駄目なときは、自分のいいように行動していました。 とりあえず、旦那様に話し、言ってもらい、それでもだめなら、自分で言ってみるしかないと思います。 辛いですよね。 産後って。 応援しています。

次の

「訪問しない、足で稼がない」。トップセールスマンが教える営業方法とは?

アポ なし 訪問

姑がアポなしで家に来るのでとても困ります。 今まで2度アポなしで来られたことがあります。 一度はつわりがひどい時で、もう一度は産後間もなくて昼夜もなく子供に振り回され、ろくに眠れ ずフラフラの時です。 吐き気がひどくて人と会話するのも辛い時や赤ん坊に散々振り回されて赤ん坊がやっと寝てくれたー!私も寝なきゃー!ってタイミングの時に。 他には事前に電話が来たこともあったのですが、訪問したいという電話だろうなとわかったので故意に気付かないフリをして折り返しの電話をしないでいたら1時間もしないうちに現れた事もあります。 普通はそう言う場合って、相手と連絡取れなければ諦めませんかね?(緊急の用事があったことは一度もありません) 昔の人って押し掛ける事が迷惑とわからないのでしょうか? 姑は、つわりや出産などの時に嫁のことを気にかけないと立場がないからやってるという感じです。 変にひっかき回されるより放っておいてもらえる方が助かるという状況がある事をわからないようです。 私は結構人見知りなタイプなので弱ってる時は本当に心を許した人しか傍にいて欲しくないです。 それ以外の人はストレスにしか感じません。 いない方がマシです。 で、自分が迷惑だったとわかると「そんなつもりじゃなかったのぉ~」とオロオロメソメソし出す感じ。 いい加減にして欲しいです。 注意したらしたで「とんでもない事をしちゃった。 ごめんねごめんね」と大騒ぎになるので、ホントに面倒くさいんです。 放っておいてください!って強めに言ってます。 言わないと遠慮していると解釈されてしまうので。 これの繰り返しです。 今は同居ですけど、同居前も今も同じです。 次男のお嫁さんははっきり言えなくて思い悩んで、遠くに引っ越していきましたよ。 姑も絶体考えを変えませんから、長男嫁の私が「アポなし訪問はやめてあげて」と話しても、聞く耳持たず 週に何度も訪問して、上がり込んではあれこれ引っ掻き回していたそうです。 伝えてみてからの反応を見るといいと思います。 私、主人も駄目だったので、直接本人に伝えました。 「すいません、今、子供やっと寝たので、また起きてるときにお願いします」って。 そしたら、玄関で「そっか、そっか」と言い、帰ったものの、子供が起きてるときに、私に、 「あのね、子供は、わざわざ寝かしつけなくても眠かったら寝るし、騒がしい中でも寝るようになるよ。 自分も楽に自分の仕事が出来るよ、過保護に育てなくても、大丈夫。 起きちゃっても、子供は勝手に寝るから」って言われました。 的を得ているような?得ていないような?って感じでした。 言ってることはわかるけど、子供をわざわざ起こさなくても良くないか?などと思ってしまいます。 自分も子供が寝たからやっと休めるのに…。 って思ってました。 (産後一か月くらいの時に言われました。 ) 「子供の為に静かにするのは過保護で、昔なんか、兄弟多くて騒がしい中でも赤ちゃんは寝ていたんだよ」と言われたこともありますよ。 解る気もするけど、義両親は、「子供なんか、泣かせとけ、自然に寝るわ」とか私が生活のリズムを作りたいことを理解はしてくれませんでしたよ。 そして私は義両親に何も言わなくなったけど、自分の取りたい行動とってました。 何言われても、「今、子供寝たから、寝かしておきたいんです。 掃除もしたいし・・・。 」ってお断りしていましたよ。 言っても駄目なときは、自分のいいように行動していました。 とりあえず、旦那様に話し、言ってもらい、それでもだめなら、自分で言ってみるしかないと思います。 辛いですよね。 産後って。 応援しています。

次の

不動産屋に予約なしでいきなり行っても大丈夫?アポなしでも紹介してくれる?

アポ なし 訪問

いわゆる「飛び込み営業」と呼ばれるアポなし訪問。 ひと昔前だと主流だったこのスタイルも、最近ではあまり通用しなくなっています。 それに代わって私が考案したのが「営業レター」。 爆発的に成果が出せる方法を紹介しましょう。 訪問恐怖症を 気にすることはない ハッキリ言いますが、訪問恐怖症を克服する必要はありません。 どんなベテラン営業マンだって、初めてのお客様と向き合うときは、それなりに緊張し、考えてしまうものです。 それを「克服しなくては」と考え始めると、だんだん変な方向に行きかねません。 心のどこかで「自分は悪いことをしている」というイメージが蓄積されていきます。 そうではなく、訪問がダメならそのほかの手段(手紙やメールでできないか?)を考えたほうがいい結果につながるのです。 40代以下のお客様への アポなし訪問はやめるべき 私は入社後の新人研修で、「1回、2回の訪問で相手にされないのは当たり前だ。 それを3回、4回、5回と顔を出すことで本音を話してもらえるんだよ」と言われました。 「営業=アポなし訪問」と教えられた私は、それを疑うこともなく実行していたわけです。 お客様の心持ちを1ミリも考えず、自分の営業の都合しか考えない行動では、結果が出るはずもありません。 とはいえ、定年退職されて家で時間がありそうな方に「近くまで来ましたので、新しい資料をお持ちしました」というように、話し相手として歓迎されるケースもあります。 原則として、40代以下のお客様へのアポなし訪問はマイナスになる可能性があります。 日頃からネットでいろんな情報に接していて警戒心も強く、プライベートなことを大切にする世代です。 「怖い」「非常識」「強引」といった負のイメージが強くなります。 「営業=足で稼ぐ」ことではない 私が7年間のダメ営業マンから抜け出し、No. 1営業になれたのは「訪問しない、足で稼がない」営業方法です。 きっかけは、自分自身の家を建てた経験でした。 そのときに役立ったのが、既に家を建てた人のクレームや失敗談。 それを参考に「お役立ち情報」として編集して、簡単なあいさつ文と組み合わせ"営業レター"としてお客様に送り始めました。 すると不思議なことに、これまで実感したことがないような「いいことをしている」感覚が生まれてきたのです。 それまでどんなにがんばってもアポが取れず、取れたとしてもまともな商談にもならなかったものが、お客様のほうから「この内容についてもっと知りたい」「直接、話を聞かせてほしい」と連絡してもらえるように。 これは「営業=足で稼ぐ」と信じ込んでいた私には、驚くような出来事でした。 営業成績がグンと伸びる!? 最強ツールは"営業レター" "営業レター"の一番の長所は、「これからのお客様」に対して、決して嫌な思いをさせることなく、しかも自然に興味を持っていただけるようにアプローチできる点です。 また手紙ですからお客様と会話することもありません。 お客様がその商品に関して知りたいけれど、直接営業マンに来てもらってまでは聞きにくいと感じていたことを「レター形式」で伝えることで、「いきなり営業されるのでは?」という警戒心を解いてもらうのです。 商品やサービスの購入の前に気になること、確かめたいこと、疑問に思っていることなどを「お役立ち情報」で取り上げていくのです。 「問題点」と「解決策」に分ける まだ商品やサービスの具体的な検討をする前の状態のお客様ですから、ここではセールスメリットを訴えるのではなく、お客様の視点からの「気になること」を実際のクレームや失敗例をもとに伝えるのです。 具体的に、どうすれば気になることが解消できるのか、失敗を避けられるのかという「解決策」も必ずセットで情報提供してください。 お客様が3秒で理解できるようにしておく お客様が営業レターに興味を示す時間は3秒しかないという前提で情報提供しなければいけません。 「たった3秒しかないの?」と思われそうですが、皆さんの家に届くDM(ダイレクトメール)を思い出してください。 そのままゴミ箱に捨てられる場合がほとんどではないでしょうか。 "3秒ルール"を守りましょう。 顔写真を載せる 営業レターを送るときに顔写真は非常に重要。 有るのと無いのとでは、まったく印象が違ってきます。 ただ、私服ではなくワイシャツやスーツのほうが好印象です。 余計な背景のないところで撮った、堅苦しくない程度にすっきりした印象の顔写真にしたほうがいいでしょう。 ベストは、1 行だけ自分のことを伝える文章を入れること。 どんなに忙しいお客様でも1行なら付き合ってくれます。 たとえば、「気が付けば仕事のことを考えている山田です」「最近、朝ランを始めた山田です」など、趣味や家族、仕事への取り組み方について、何か1行があるだけで、この人なら相談してもいいかなと思えるのです。 『』 コンテンツ提供元:ワニブックス.

次の