ふるさとプレミアム キャンペーン。 【3月31日までのキャンペーン】ふるさと納税でAmazonギフトが6倍UPの寄付額の6%もらえる!

ふるさとプレミアムの評判は?メリットや使い方を紹介【2020年版】

ふるさとプレミアム キャンペーン

ふるさと納税が日本にすっかり定着しましたね。 返礼品が魅力的で個人にとってメリットが大きく、燦然たる魅力がある制度です。 ふるさと納税ポータルサイトの中には、金券・商品券・旅行券・家電は一切取り扱わないというポリシーのサイトもあります。 しかし、それがほしいユーザーにとっては不便な側面があります。 そうした方におすすめのサイトは「ふるさとプレミアム」です。 商品券、食事券、ギフトカード、旅行券・宿泊券、家電のジャンルが充実しているのが特徴です。 まさに「攻撃は最大の防御」というスタンスを採っており、内角ギリギリの返礼品が満載となっています。 また、寄付金額に応じたAmazonギフト券の還元も提供しており、ユーザーに手数料の一部をしっかりと還元してくれています。 実際に2012年からふるさと納税を行っており、かつふるさと納税の書籍にも出た経験を活かして、ふるさとプレミアムの評判について徹底的に分析しました。 その上でふるさとチョイス、ふるなび、楽天ふるさと納税、ANAのふるさと納税、等のふるさと納税ポータルサイトと比較して感じた個人的口コミについてまとめます。 公式サイト ふるさと納税は所得に応じた一定額まで2,000円の自己負担で好きな自治体に寄付できて、自治体によっては特産品を戴ける制度です。 ふるさと納税については以下で徹底解説しています。 ふるさとプレミアムとは 金券類・家電が充実 ふるさと納税を行う際に便利なふるさと納税ポータルサイトは、数多くのサイトがあります。 その中で「ふるさとプレミアム」は、株式会社ユニメディアが運営するふるさと納税サイトです。 ふるさと納税ポータルサイトの運営以外では、アド・テクノロジー事業、スマホ広告ソリューション事業などを展開しています。 中小企業ですけれども、実際に社員の方とやり取りしていると、しっかりと熱意を持って業務を展開しており、素晴らしいサイトで信頼性があると感じました。 返礼品としては特産品がメインのイメージがありますけれども、それ以外にも多種多様なジャンルがあります。 しかし、、、など大手ふるさと納税ポータルサイトは、商品券・旅行券・家電などを排除する姿勢を鮮明にしています。 そうした中、ふるさとプレミアムは粘り腰を発揮しており、依然として多数のギフトカード等を提供しており、武骨な一騎当千の強者という様相を呈しています。 ふるさとプレミアムは「」といった攻めの企画も満載となっており、エッジが利いています。 多様な導線で自治体を選定可能 ふるさとプレミアムは、「地域」「人気ランキング」「お礼の品」「おすすめ特集」「自治体News」など、多様な切り口でふるさと納税を行う自治体を探すことができます。 もちろん、フリーワードでの検索も可能です。 自治体名でも、返礼品の名前でも、縦横無尽に探索できます。 「おすすめ特集」では多様な切り口でおすすめのふるさと納税が紹介されており、地域の名産品を再認識することが可能です。 名店のアイス特集、クラフトビール特集などもあり、地元の隠れた魅力を発掘できます。 防災グッズ、UVカットなどユニークな視点の企画も存在しています。 クレジットカード決済が可能で便利 ふるさとプレミアムでは決済が可能です。 振り込みなどの手間をかけずにサクッとふるさと納税を行うことが可能で極めて便利です。 使える国際ブランドは自治体によりますが、JCB・VISA・Mastercard・Amex・DinersClubの5ブランドをカバーしている自治体が大多数です。 WebサービスやアプリだとVISAとMastercardのみというものも多いです。 JCB・アメックス・ダイナースクラブに対応していないサービス・アプリも多いですが、ふるさとプレミアムではしっかりと対応しています。 で支払うと、ポイント・マイル・キャッシュバックの還元でも得することができます。 高所得者は非常にふるさと納税に対する感度が高いので、マーケティングの観点では、高所得者の保有者が多い・に対応しているのはナイスです。 豊富なジャンルの返礼品があり! 「ふるさとプレミアム」は金券・家電が充実している点に優位性があるふるさと納税サイトですが、もちろん特産品など他のジャンルの返礼品も充実しています。 カテゴリー 内容 肉 牛肉 豚肉 鶏肉 その他 肉類 炭水化物 米 その他 米・パン類 パン 果物 マンゴー 桃 りんご・梨 いちご ぶどう・マスカット みかん・柑橘類 メロン・スイカ さくらんぼ その他 果物(フルーツ) ベジタブル 酒 日本酒 焼酎 ワイン・シャンパン その他 酒類 ビール カタログギフト・チケット 旅行券・宿泊券 商品券 食事券 ギフトカード カタログ その他 カタログギフト・チケット類 甘味 チョコレート アイス 煎餅 その他 お菓子・スイーツ類 加工食品 麺類(ラーメン、そばなど) 調味料・ドレッシング・だし 梅干し・漬物類 チーズ・バター 豆腐・納豆 はちみつ おこわ・炊き込みご飯・寿司 レトルト食品 ドライフルーツ・干し野菜 その他 加工食品 ジャム 魚介・海産物 のり・海藻 カニ うに うなぎ 干物 刺身 貝類 いくら・たらこ・明太子 その他 魚介・海産物 エビ その他食品 野菜 卵 季節・旬の品 おせち料理など 家電・電化製品 空気清浄機 調理家電 パソコン・タブレット カメラ 炊飯器 掃除機 テレビ その他 家電・電化製品 ホーム&キッチン 雑貨 日用品 おもちゃ 食器 その他 ホーム&キッチン インテリア 飲料類 水・ミネラルウォーター お茶 コーヒー ジュース 乳飲料 その他 飲料類 ファッション 服 アクセサリー・宝石 鞄・財布 靴 腕時計 その他 ファッション類 スポーツ・アウトドア スポーツ用品 アウトドア用品 自転車・乗り物 美容・健康 化粧品 医療サービス その他 美容・健康 その他 工芸品・装飾品 花・植物・ガーデニング 家具 ペット用品 アクティビティ・ツアー 布団・寝具 キッズ・ベビー用品 「定期便」も用意されており、数回に渡って特産品を届けてほしいというニーズにもしっかりと対応しています。 時期によって届く品物が変わり、旬の味を楽しめる定期便や、米やお肉など何が届くか明確に確定しているタイプなど、多様な種類が集結しています。 お米など必ず消費する必需品を申し込むと家計が助かりますし、普段は食べないような豪華な食品を注文して、自分や家族へのご褒美にするのもステキですね! 素晴らしいのはラインナップだけではなく、クオリティも良好な返礼品が揃っている点です。 ふるさとプレミアムを見ていると、どれにしようかワクワクテカテカしてしまいます! ふるさとプレミアムの使い方 ふるさとプレミアムのトップページには、ファーストアイキャッチに「人気ランキング」「地域で選ぶ」「お礼の品で選ぶ」「おすすめ特集」「自治体News」という動線があります。 右側に初めての方向けへの解説ページ、キャンペーン内容、ワンストップ特例申請の手続き解説、返礼品カテゴリーへのリンクがあります。 画面中央には、キーワード検索欄、注目のキーワード、人気お礼品ランキング、おすすめ特集、自治体 News、各地域への動線が設けられています。 ページ下部にはふるさと納税の限度額、大切な手続き、ワンストップ特例制度の内容、よくあるご質問が並んでいます。 ふるさと納税の仕組み・流れ・税金控除の目安などのコンテンツなども揃っています。 「ふるさと納税とは何か?」等の情報収集にも役立ちます。 充実のキャンペーン ふるさとプレミアムはキャンペーンが充実しているのも特徴となっています。 現在はクレジットカード決済でふるさと納税した方に対してAmazonギフト券をプレゼントしています。 基本還元率は1%ですが、時おり期間限定で還元率がアップするキャンペーンを開催しています。 幾多のの中でも、ハイ・クオリティーで高く評価できます。 回数・金額の上限はなく、キャンペーン期間中のあらゆる寄付が全てプレゼントの対象となります。 ただし、ポイントサイト経由、「オフィスでふるさと納税」経由の寄付など、一部対象外があります。 会員登録してクレジットカード払いするだけで、メールでAmazonギフト券コードをプレゼントしているのが大きな特徴です。 他のは還元がある場合でも、いちいちキャンペーンコード入力が必要なポータルサイトもあります。 そうした中、ふるさとプレミアムはログインしてクレジットカード払いするだけで、Amazonギフト券のコードをプレゼントしている点が素晴らしいです。 公式サイト デメリット ふるさとプレミアムのデメリットは、と比較すると取り扱いの自治体数、返礼品の数が少ない点です。 また、JTBのにはあるJTBふるさと納税旅行クーポン、るるぶトラベルプラン割引クーポン、がないのもデメリットです。 しかしながら、ギフトカード類、旅行券が豊富に取り揃えられているのは大きなメリットです。 もちろんこうした姿勢には賛否両論があり、批判や芳しくない評判もあります。 もっとも、活きた体験談に基づいた口コミとしては、商品券や旅行券、家電、自転車などを得たい場合は、卓越したお得度・圧巻の利便性があると言わざるを得ません。 のふるさと納税(等)• 、、、、、、、、、• 、、、• 、、、、 総合的なおすすめのふるさと納税返礼品は以下で丹念に分析しています。 まとめ ふるさと納税ポータルサイトの「ふるさとプレミアム」は、金券・商品券・ギフトカード・旅行券・家電関連の返礼品が充実しているのが利点です。 ふるさとチョイス、楽天ふるさと納税、ANAのふるさと納税、等の大手ポータルサイトが排除している中で、評判・口コミが分かれている返礼品の取り扱いがあるのは大きなメリットです。 存在感を着々と増しており、キラリと光るエクセレントな魅力が燦然たる輝きを放っています。 至れり尽くせりの返礼品を戴くことが可能です。 「地域」「人気ランキング」「お礼の品」「おすすめ特集」「自治体News」など、多様な切り口で返礼品を探すことができます。 地元のこだわりの名産品などが紹介されていて、自治体の隠れた魅力を発見可能で風雅です。 ふるさと納税の醍醐味であるお得な返礼品を戴けて、便利なお得な仕組みが満載です。 ふるさとプレミアムでお得にふるさと納税しちゃいましょう! 空前の低金利の時代には絶大な威力があってファンタスティックです。 返礼品で浮いた分を貯金したり他のことに使えるようになり、人生を豊かに彩ることができます。

次の

ふるさと納税でAmazonギフト券 20%還元+お米がもらえる、期間限定[ふるさとプレミアム]の特別キャンペーンで

ふるさとプレミアム キャンペーン

詳しくは注意事項をご確認ください。 もちろん,家電や牛肉などの返礼品ももらえますので,合計すると返礼品のおトク率は相当なものですね! ふるさと納税の自己負担額はわずか2,000円 ふるさと納税の理念は,地方の活性化ということですが,節約的観点からみると,ふるさと納税分は「寄付金」となり,所得税(および住民税の一部)から控除されるため,たとえば,数万円のふるさと納税をおこなったとしても, 実質の自己負担額は2,000円で済むという点がポイントです。 そして,ふるさと納税の年間上限額は,本人の給与収入と家族構成によって異なりますが,たとえば「独身または共働き(小学生以下の子あり含む)」で年収400万円の場合,ふるさと納税の上限額は42,000円となります。 詳しくは上記リンクに一覧表があるのでご参照ください。 なにこの魔法。 つまり,4,000円分のAmazonギフト券+2,000円分の牛肉をもらって,自己負担額2,000円… これはもう「わからない」「めんどくさい」といって避けている場合ではありません たしかにふるさと納税は,おトクな割合の返礼品を探したりするのが大変だったりします。 しかし,それが楽しみでもあります。 では,ふるさとプレミアムには,どんな返礼品があるのか見てみましょう。 ふるさとプレミアムの返礼品 こちらが2019年10月のの返礼品ランキングになります。 なぜ特定の自治体の特定の返礼品ばかりなのかというと…。 まとめ によると,所得税(復興特別所得税を含む)及び個人住民税から控除される,ふるさと納税額の目安は年収300万円の独身者であっても,28,000円となっています。 したがって,20,000円のふるさと納税は十分に対象範囲です。 そして,たとえば「」で,ノートPCやオリジナル自転車作成のふるさと納税をした場合,商品が返礼品としてもらえます。 これらの商品をもらっても, 自己負担額は2,000円で済むというわけです。 自己負担額500円…しつこいようで恐縮ですが,敢えて繰り返します。 これはもう「わからない」「めんどくさい」といって避けている場合ではありません たしかにふるさと納税は,おトクな割合の返礼品を探したりするのが大変だったりします。 しかし,おトクです。 「ふるさと納税?なにそれ?」という方,ぜひいまから始めてください!.

次の

ふるさとお得クーポンプレゼント!

ふるさとプレミアム キャンペーン

詳しくは注意事項をご確認ください。 もちろん,家電や牛肉などの返礼品ももらえますので,合計すると返礼品のおトク率は相当なものですね! ふるさと納税の自己負担額はわずか2,000円 ふるさと納税の理念は,地方の活性化ということですが,節約的観点からみると,ふるさと納税分は「寄付金」となり,所得税(および住民税の一部)から控除されるため,たとえば,数万円のふるさと納税をおこなったとしても, 実質の自己負担額は2,000円で済むという点がポイントです。 そして,ふるさと納税の年間上限額は,本人の給与収入と家族構成によって異なりますが,たとえば「独身または共働き(小学生以下の子あり含む)」で年収400万円の場合,ふるさと納税の上限額は42,000円となります。 詳しくは上記リンクに一覧表があるのでご参照ください。 なにこの魔法。 つまり,4,000円分のAmazonギフト券+2,000円分の牛肉をもらって,自己負担額2,000円… これはもう「わからない」「めんどくさい」といって避けている場合ではありません たしかにふるさと納税は,おトクな割合の返礼品を探したりするのが大変だったりします。 しかし,それが楽しみでもあります。 では,ふるさとプレミアムには,どんな返礼品があるのか見てみましょう。 ふるさとプレミアムの返礼品 こちらが2019年10月のの返礼品ランキングになります。 なぜ特定の自治体の特定の返礼品ばかりなのかというと…。 まとめ によると,所得税(復興特別所得税を含む)及び個人住民税から控除される,ふるさと納税額の目安は年収300万円の独身者であっても,28,000円となっています。 したがって,20,000円のふるさと納税は十分に対象範囲です。 そして,たとえば「」で,ノートPCやオリジナル自転車作成のふるさと納税をした場合,商品が返礼品としてもらえます。 これらの商品をもらっても, 自己負担額は2,000円で済むというわけです。 自己負担額500円…しつこいようで恐縮ですが,敢えて繰り返します。 これはもう「わからない」「めんどくさい」といって避けている場合ではありません たしかにふるさと納税は,おトクな割合の返礼品を探したりするのが大変だったりします。 しかし,おトクです。 「ふるさと納税?なにそれ?」という方,ぜひいまから始めてください!.

次の