ツイッター 動画 100。 Twitterの動画を保存しまっせ!

急速表示は100?剛球投じる女性の動画に大反響 マイルかキロかは不明

ツイッター 動画 100

弾き語りは、量 下手くそ弾き語り投稿『夜にうたおう』 昨年 2019 の夏頃からだったか、ツイッターに『夜にうたおう』とシリーズタイトルを付けて、弾き語り動画の投稿をはじめた。 どうしてやろうかと思い立ったかというと、ツイッター投稿のコンテンツとして、つぶやくとか、リツイーとばかりじゃ面白くないだろう、と言う考えからだった。 イラストとか、マンガとか、自分がやってることとか、ツイッターに投稿している人がいる。 それで、そのひとがどんな人だとかわかることになるし、そのひとのそんなツイートがそのアカウントの売りになるのだと思う。 自分の場合、ライブハウスのオープンマイクにうたいにいくことも近頃ほとんどなくなったし、それでもうたいたい気持ちはあって、浜にうたいにいったりしていて、じゃあ、弾き語りが投稿コンテンツとしていいんじゃない? ということになった。 絵とかイラストでもよかったかなあ、とは思う。 それでも弾き語りの投稿をやろう、と決めたのでやらないといけない。 はじめはぼちぼちとというペースだったのだが、昨年末辺りから投稿頻度が増して、ほぼ毎日投稿するようになっていった。 ツイッターでは、そのまま動画を投稿する場合、2分半まで、と時間が決まっている。 その長さを超える動画の場合、自分のサイトや動画投稿サイトなどにあげて、そのリンクを貼るとかのやり方がある。 なので、一曲通してやる必要がないので、YouTube に投稿することを思うと楽だったし、YouTube に投稿するときのような手続きもいらないので、気軽で、撮り溜めもできるし、なかなか楽しく投稿しつづけていた。 それでも、数が増していくと、うたいたいうたがなくなっていくので、そこが苦しいところだなあ、ということになって、100曲で、その投稿頻度をストップすることになった。 100曲達成後も、まだ続けていっているのだが、ペースは落とした。 で、100曲やって気づいたことがあるので、そのことを書いておきたい。 弾き語りをはじめたひとなんかの参考になればいいと思う。 ひとことで言ってしまうと、弾き語りは、量だよ、ってことになる。 YouTube に、『夜にうたおう』以前に弾き語り動画を上げていたのだが、どうも、かしこまって動画を作ったりで神経を使ったりするので、『夜にうたおう』以前はそんなに弾き語り動画を上げてこなかった経緯がある。 ツイッター『夜にうたおう』の投稿は、じゃんじゃんやれて、へたくそで良しとしているので、それはもちろん弾き語りのクオリティも大切だが、投稿頻度、量も大切なので、スピーディに進められた。 で、立ち止まることなく100曲に向かうというスタンスになっていったので、思いつくまま曲を決め、ちょっと弾いて、できそうだったらすぐ録音、というふうにやっていた。 一曲一曲の完成度をあげて録音、ということではなかったのだが、自分が歌いたいと思っている曲のすべてができるものではない、とやりたい曲とできる曲について考えることができたのがよかったと思う。 また、うたえるだろう、と思ってやってみて、この曲はやって面白くないな、と気づくこともできた。 曲と自分。 自分の好みと曲。 また、やりたいのだが自分の技術的に無理だった、なんて曲もあった。 100曲続けて、いろいろとわかった。 これまでだったら、この曲は、ここで決めのフレーズを入れないととか、バッキングのアルペジオができないと、とか思って、それができるようになったらやろう、とかいうことになっていたと思うのだが、そう思うことができるまでの時間、けっこう長くなりそうで、その練習をするのはよくても、できるまで立ち止まってるより、ボロい箇所が多くても、それも踏まえてやっていると、身につくことは多いので、どんどんやって、やりながらうまくなるってやり方がいい、って思えた。 あと、録音機材についても、自分の少しの機材だが、使い方の理解が深まったこともある。 弾き語りで悩んでいるひとがこの記事を読んでくれたなら、そのあなたに言いたいのは、とにかく量だよ、ってことを言いたい。 また、SNS や YouTube に録音して上げるのも、気づくことが多いので、やれば、ってススメたいです。 自分の Youtube サブチャンネル camera ohara に『夜にうたおう』の動画を10本づつまとめてあげています。 よかったら、どれだけへたくそなのか、見て確認してください 笑)。 153• 122•

次の

自民・甘利氏ツイッターが話題 親近感出し再生100万回

ツイッター 動画 100

ツールの概要 指定したツイッターユーザーが投稿した直近3200件のツイートにある動画をワンボタンでダウンロード・保存できるWebツールです。 動画のダウンロードは相手に知られず匿名で実行できるので、「保存したら相手に通知されるのかな?」などの心配は無用です。 ダウンロードできる動画は、• 画質レベル• リツイート数• いいね!数 も同時に表示するので、保存のときの参考にしてください。 動画の取得を実行したあとは、下のツイートを自動的にリツイートします。 2.テキストボックスに動画を取得したいユーザーのIDを入力して「実行」をクリックします。 3.自動的にダウンロード対象の動画を取得します。 4.表示された動画の一覧から、お好きなものを選んで端末に保存してください。 利用規約(Terms Of Service) 本アプリは無料公開しているものですので過度な利用は避けて下さい(サーバーに負担がかかってサーバーダウンします)。 常識の範囲を超えて過度な利用をしている方はアクセス禁止の処置をとらせて頂きます。 プライバシーポリシー(Privacy Policy) このアプリでは、あなたに変わってあなたが指定したユーザーが投稿した動画をサーバーが代理で取得・保存します。 その際、あなたのツイッターと私のアプリが連携され、あなたのツイッターの• アクセストークン• アクセストークンシークレット が一時的に取得・利用されます(それらの情報を使えばあなたのツイッターを操作することが可能となります)。 私はその情報をサーバーに保存および悪用はしませんが、心配な方は、本アプリを利用した直後にあなたのツイッターと私のアプリの連携解除を次のように行ってください。 メニューの「もっとみる」• アカウント• アプリとセッション• ツイートの一括削除ツール• アクセス権を取り消す この連携解除を行えば私があなたのツイッターを操作することは絶対に不可能になります。 お願い• 動かない• バグ・脆弱性がある など、なにかお気づきな点があればコメント欄で教えてください。

次の

自民・甘利氏ツイッターが話題 親近感出し再生100万回

ツイッター 動画 100

本人「電通さんは絡んでない」と否定も... 19年12月からツイッターで連載が始まった「100日後に死ぬワニ」。 20年3月20日で100日目を迎えて完結し、「切ないが、、ありがとう」「1日1日を大切に生きよう」と好意的な感想が多数寄せられた。 ベイシカによれば、最終話の投稿のエンゲージメント(「いいね」「リツイート」など)は2億回を超えたという。 しかし、その直後に風向きが変わる。 最終話を投稿して間もなく、書籍化、映画化、人気音楽グループ「いきものががり」とのコラボレーションなどが次々と発表され、急なビジネス展開に失望する声が少なくなかった。 さらに、「いきものがかり」コラボ企画のクレジットをきっかけに、広告代理店「電通」がプロジェクト全体に関わっているとの噂もたち、「電通案件」がツイッターのトレンド入りした。 きくちさんと「いきものががり」の水野良樹さんは21日、ツイッターの動画配信で「電通案件なんて出てますけど大きな誤解で、電通さんは絡んでない」と強く否定するも、疑惑は完全に消えなかった。 本人が否定してもなお、一部が「電通案件」と主張する根拠の一つに、きくちさんが連載直前の19年12月に投稿したツイートが挙げられている。 だが、電通広報部はJ-CASTニュースの取材に、同社とは「関係はない」と否定。 この会社の登記簿を取り寄せると、電気部品のメーカーだった。 プロジェクトへの関与についても限定的だと強調する。 「当社は本件の仕掛け人のような立場ではない。 いきものがかりさんのミュージックビデオのみ、仕事として一部関わらせていただいた」(広報部) ランサーズの「ステマ」憶測は... しかし、ランサーズの募集主は取材に「こういうニュースになっていて驚いております」と戸惑い、「作者様及び関係者様とは一切関わりはない状況でございます」と答える。 自身が運営するトレンドブログ(話題のニュースをまとめたサイト)への掲載が目的だったという。 また、疑惑となったツイッターアカウントも無関係の可能性が高い。 大半のアカウントのプロフィールには、LINEアカウントのリンクが張ってあり、友達登録を促している。 実際に登録すると「毎日5万円が口座に貯まります」などと、いわゆる情報商材の購入を勧められた。 話題に絡めたツイートを"えさ"に、もうけを得る狙いがあったとみられる。 ベイシカ社長「動画で語ったことが全て」 ベイシカの中尾恭太社長に、あらためて前述の3つの点を問うと、いずれも「デマです」と否定。 そのほか、きくちさんを装ったツイッターアカウントのダイレクトメール(DM)も広まっているといい、「たくさんありすぎて、もはや全てを把握し切れていません」と困惑する。 こうした不正確な情報に対しては、特に対応は考えておらず、「先日、いきものがかりの水野さんとの動画で語ったことが全てで、それが真実です。 信じていただける方には伝わっていると思いますので、攻撃をしてくる方々に対して向き合うのではなく、応援してくれる方々に感謝し、僕たちは前を向いて今を大切に、愛で生きていきます。 そして、これからも新しいエンターテイメントを提供していきます」とコメントした。 なお、ビジネス展開の発表時期については、「100話目の後の余韻が欲しかったという意見に関しては、僕も一読者として、とてもその通りだなと思います。 情報出しのタイミングが7日後であれば良かったのか、49日後であれば良かったのか、正解がなんなのかは分からないなというのが率直な感想です」と葛藤もあったと明かす。 「たくさんの人達に関わっていただき、あのタイミングで計画していた解禁タイミングを変更する決断をすることは今の僕の力では叶いませんでした」「いきなり変な炎上をして、いろんな感情が自分の中でぐちゃぐちゃになりました」と漏らすも、「僕は今できることを全て出し切ってやりきりました。 一つの後悔もありません」(中尾氏) (J-CASTニュース編集部 谷本陵) (24日22時追記) 中尾氏の要望により、以下のコメントを追記します。 「きくちゆうきは本当にさいっこうの男です。 かんっぺきにやりきりました。 ほんと痛快です。 あっぱれです。 きくちゆうきにこれ以上心無い言葉が届きませんように。 ワニを読んでいただいた皆様、本当にありがとうございました。 ワニがこの先も皆様の心の中で生き続けてくれることを信じています。 優しいハッピーな世の中にしていきましょう」.

次の