コロナ いつまで続くか。 新型コロナはいつまで続くのか予言はある?結婚式や旅行はいつ頃から行ける?|情報屋ピッピ通信

コロナウイルスいつまで続くのか?WHO見解や米シンクタンクの予測は?

コロナ いつまで続くか

【コロナいつまで自粛?】 「新型コロナウイルスによる自粛がいつまで続くの?」と頭を悩ませている人は多いです。 2020年5月5日の時点の日本において、政府は緊急事態宣言下での一部の施設の利用制限について、• 自粛緩和や• 解除 を可能とする指針を示していますが、日本経済全体の自粛は継続する方針です。 () また2020年5月5日の時点で、アジア各国では新型コロナウイルスの感染拡大の抑え込みに効果が見られたとして外出自粛制限を緩和する動きも広がりつつありますが、今後も新型コロナウイルスの自粛は継続していきます。 () 2020年5月1日アメリカの一部の州で経済活動が再開されました()が、外出規制が続く州がほとんどであり、経済活動の再開を求める抗議デモも行われています。 () これらの「新型コロナウイルスによる自粛がいつまで続くのか」を予想する事例をご紹介します。 【コロナいつまで自粛?】2020年9月「収束日」のAI予想 新型コロナウイルスの収束日はいつなのかという点について考えてみましょう。 シンガポール工科設計大学は、人工知能(AI)による、全世界の新型コロナウイルスの「収束日」の予想は、• 2020年9月26日• 99%収束• 2020年6月5日• 2020年5月20日 であるとに公表しています。 () なお、このAIによる予想は、各国から公式に発表された統計資料をベースにしています。 したがって、この予想日がどの程度正確であるのかは、• データの正確性• 透明性 に寄るところが大きいでしょう。 例えば、元のデータによると、中国は完全収束(2020年4月9日)したことになっており、これまでの経緯を考えると正式な統計データを公表しているということはあまり期待できません。 () また国立研究所によると、新型コロナウイルスの遺伝情報分析し、中国武漢から来た第一波の影響を封じ込めることには成功したが、欧米から来た第二波が訪れているとの研究結果も出ています。 () これらのことから、新型コロナウイルスによる自粛がいつまで続くのかという収束日のAI予測は、あくまでも参考程度にとどめるのが良いです。 しかし、だいたい2020年9月までは新型コロナウイルスによる、何らかの形での自粛は続く可能性があると考えられます。 【コロナいつまで自粛?】2024年も続く可能性を予想 バフェット 新型コロナウイルスによる自粛がいつまで続くのか予想する際に参考になるのが、著名投資家ウォーレン・バフェット氏の考えです。 2020年5月2日、バフェット氏率いる米バークシャーは新型コロナウイルスの感染拡大によって「世界が変わる」と主張しています。 そして、「外出制限が人々の行動に与える影響は分からない。 3~4年後に、昨年までのように飛行機に乗るようになるのか見通せない」と悲観的な見方を示しています。 その結果、航空株はバフェット氏の「お気に入り銘柄」でしたが、「乗客は戻らない」として米バークシャーは航空株をすべて売却しています。 () これらのことから、新型コロナウイルスによる経済への悪影響は徐々に薄れていくが、航空業界などの一部の産業においては、2024年以降も悪影響が続く可能性があると言えるでしょう。 【コロナいつまで自粛?】2022年までは続く予想 集団免疫 新型コロナウイルスによる自粛がいつまで続くのか、集団免疫の獲得という点から見てみましょう。 集団免疫とは、ある感染症に対して集団の大部分が免疫を持っている際に生じる間接的な保護効果であり、免疫を持たない人を保護する手段です。 () この説明では集団免疫についてピンとこない人も多いと思うので、もう少し詳しく見てみましょう。 多数の人々が免疫を持っている集団では、感染の連鎖が断ち切られる可能性が高く、病気の拡大は収まるか緩やかなものとなります。 そこで、あるコミュニティにおいて免疫を持っている人の割合が高ければ高いほど、免疫を持たない人が感染者と接触する可能性は低くなるということです。 多くの伝染病の場合、生き残った人たちは免疫がつき、二度とその病気にかかることはありません。 () そこで、米ミネソタ大学「感染症研究政策センター」が2020年4月30日に作成したをみてみると、新型コロナウイルスによる自粛は 18~24ヶ月続くと予想されています。 Based on the most recent flu pandemics,this outbreak will likely last 18 to 24 months. この報告書は、過去に起きたインフルエンザによるパンデミックを踏まえて、新型コロナウイルスの今後を予想しています。 () またこの報告書では、新型コロナの陽性率を考慮すると、集団免疫に達してパンデミックを終わらせるには、人口の 60~70%が免疫を獲得する必要があると予想しています。 SARSの抗体研究に基づくと、まだ確実ではないものの、新型コロナウイルスの免疫は1年か2年しか続かない可能性があります。 ()しかし、完全に免疫を持っていない場合でも、2度目の感染では症状が軽くなる可能性はあるでしょう。 これらのことから、集団免疫を獲得する2022年まで、自粛は続く可能性があると予想できます。

次の

新型コロナ、8割が不安「いつまで続く」「治療薬ない」:朝日新聞デジタル

コロナ いつまで続くか

新型コロナウイルスが世界で猛威を振るう ロイター通信によると、中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎は、これまでに中国で106人が死亡、感染者は中国を中心に世界全体で4520人以上に達しているとのことです。 (2020年1月28日時点) また、当局の発表によると、1月27日の時点で中国国内での死者は106人で、このうち湖北省が100人。 国内の感染者数は4515人。 湖北省で確認された感染者は2714人で、26日時点の1423人から増加しています。 さらに、中国本土以外では、タイと香港でぞれぞれ8人の感染を確認。 米国、オーストラリア、台湾、シンガポール、マカオがそれぞれ5人。 日本、韓国、マレーシアが4人。 フランスが3人。 ベトナムとカナダが2人。 ドイツ、スリランカ、ネパール、カンボジアが1人の感染が確認されています。 新型コロナウイルスとは?症状・潜伏期間・治療方法 新型コロナウイルスとは? 重度の肺炎などを引き起こす新型コロナウイルスは、SARS(サーズ)やMERS(マーズ)と同じコロナウイルスの仲間です。 しかし、コロナウイルスはヒトや動物の間で広く感染症を引き起こすウイルスですが、今回のウイルスは既知のウイルスと一致しない新型のコロナウイルスでした。 ヒトに感染するコロナウイルスとしては、すでに6種類が知られていますが、そのうち4種類は、一般的な風邪の原因となるウイルスで、ヒトに日常的に感染しています。 残りの2種類は、重度の肺炎の原因となるSARS(重症急性呼吸器症候群コロナウイルス)とMERS(中東呼吸器症候群コロナウイルス)です。 中国で見つかった新型コロナウイルスは、これら6種類には当てはまらない新しい型で、世界保健機関(WHO)では一時的に「2019-nCoV」と命名されています。 新型肺炎の症状・潜伏期間・治療方法 新型コロナウイルスによる肺炎の 主な症状としては以下のようなものが確認されています。 新型コロナウイルスはいつまで続く? では、新型コロナウイルスはいつまで続くのでしょうか。 過去に起きたSARS(重症急性呼吸器症候群)やMARS(中東呼吸器症候群)などから終息日を推測してみたいと思います。 SARS SARSはコロナウイルスによる感染症で、2002年11月に中国広東省で発生し、2003年7月にWHOによって終息宣言が出されていますた。 この間、アジアを中心に32カ国・地域に感染が広がり、感染者数は8,098人、死者は774人にのぼっています。 MARS MERSは、コロナウイルスによる感染症で2012年9月に中東で発生し、2019年11月末までに中東・欧州を中心に患者や輸入症例が報告された国は27カ国、感染者数は2,494人、死者は858人にのぼっています。 このように、過去の起きたコロナウイルスによる感染事例を見ていくと、SARSは終息宣言されていますが、MARSは終息宣言されていません。 そのため、 新型コロナウイルスも必ず終息するとは言い切れません。 また、専門家によると、今回の新型コロナウイルスは当時のSARSより怖いという見解もあり、SARSが9ヶ月で終息宣言されたのに対し、それより長く続く可能性も懸念されています! これが本当なら、 早くても2020年8月までは続くと思われます。 こんな記事も読まれています!.

次の

新型コロナ1年で収束せず 専門家は厳しい見方、五輪にも影響|医療ニュース トピックス|時事メディカル

コロナ いつまで続くか

新型コロナウイルスが世界で猛威を振るう ロイター通信によると、中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎は、これまでに中国で106人が死亡、感染者は中国を中心に世界全体で4520人以上に達しているとのことです。 (2020年1月28日時点) また、当局の発表によると、1月27日の時点で中国国内での死者は106人で、このうち湖北省が100人。 国内の感染者数は4515人。 湖北省で確認された感染者は2714人で、26日時点の1423人から増加しています。 さらに、中国本土以外では、タイと香港でぞれぞれ8人の感染を確認。 米国、オーストラリア、台湾、シンガポール、マカオがそれぞれ5人。 日本、韓国、マレーシアが4人。 フランスが3人。 ベトナムとカナダが2人。 ドイツ、スリランカ、ネパール、カンボジアが1人の感染が確認されています。 新型コロナウイルスとは?症状・潜伏期間・治療方法 新型コロナウイルスとは? 重度の肺炎などを引き起こす新型コロナウイルスは、SARS(サーズ)やMERS(マーズ)と同じコロナウイルスの仲間です。 しかし、コロナウイルスはヒトや動物の間で広く感染症を引き起こすウイルスですが、今回のウイルスは既知のウイルスと一致しない新型のコロナウイルスでした。 ヒトに感染するコロナウイルスとしては、すでに6種類が知られていますが、そのうち4種類は、一般的な風邪の原因となるウイルスで、ヒトに日常的に感染しています。 残りの2種類は、重度の肺炎の原因となるSARS(重症急性呼吸器症候群コロナウイルス)とMERS(中東呼吸器症候群コロナウイルス)です。 中国で見つかった新型コロナウイルスは、これら6種類には当てはまらない新しい型で、世界保健機関(WHO)では一時的に「2019-nCoV」と命名されています。 新型肺炎の症状・潜伏期間・治療方法 新型コロナウイルスによる肺炎の 主な症状としては以下のようなものが確認されています。 新型コロナウイルスはいつまで続く? では、新型コロナウイルスはいつまで続くのでしょうか。 過去に起きたSARS(重症急性呼吸器症候群)やMARS(中東呼吸器症候群)などから終息日を推測してみたいと思います。 SARS SARSはコロナウイルスによる感染症で、2002年11月に中国広東省で発生し、2003年7月にWHOによって終息宣言が出されていますた。 この間、アジアを中心に32カ国・地域に感染が広がり、感染者数は8,098人、死者は774人にのぼっています。 MARS MERSは、コロナウイルスによる感染症で2012年9月に中東で発生し、2019年11月末までに中東・欧州を中心に患者や輸入症例が報告された国は27カ国、感染者数は2,494人、死者は858人にのぼっています。 このように、過去の起きたコロナウイルスによる感染事例を見ていくと、SARSは終息宣言されていますが、MARSは終息宣言されていません。 そのため、 新型コロナウイルスも必ず終息するとは言い切れません。 また、専門家によると、今回の新型コロナウイルスは当時のSARSより怖いという見解もあり、SARSが9ヶ月で終息宣言されたのに対し、それより長く続く可能性も懸念されています! これが本当なら、 早くても2020年8月までは続くと思われます。 こんな記事も読まれています!.

次の