ピットブル 事故。 ピットブル(アメリカンピットブルテリア)の性格や特徴、危険性、事件について

【獣医師監修】世界最強の闘犬!「ピットブル」絶対知っておくべき特徴と意外な素顔や性格とは?|hotto(ホット)

ピットブル 事故

事故はかなり悲惨なものも多いから、読んでいると被害者の方が本当に可哀想に思えてくるよ。 ここからは、ピットブルが引き起こした実際にあった事故を紹介していきます。 2018年のアメリカノースカロライナ州で起こった悲劇は、飼い主が飼っていたピットブルが突然凶暴化し、一歳の女児を襲って噛み殺してしまうという事故が起きました。 女児が噛まれた後も、ピットブルは一向に離そうとせず、母親がナイフを使ってピットブルを引き離そうとしましたが、効果はなく結局警察が銃殺するまで、女の子を襲い続けたそうです。 この事件から、ピットブルは本当に獰猛で、人間の力では抵抗することさえままならないということが理解できると思います。 2018年のイギリスでも、ランカシャー州に住む4歳の女の子がピットブルに襲われた事故が起こっています。 ピットブルの歯が顔面に食い込み、頭蓋骨を骨折させるに至っています。 幸い命は取り留めましたが回復には膨大な時間が掛かり、後遺症も残っているそうです。 2014年にアメリカのテキサス州でも、2歳の女の子がピットブルに襲われ数百針を縫う大怪我をしています。 2016年にアメリカのニュージャージー州では、3歳児がピットブルに襲われて重傷を負った事故もあります。 2017年にはアメリカの バージニア州で、散歩中のピットブルが突然豹変し、飼い主を噛み殺すという事故も起こっています。 この他にも、ピットブルが引き起こした悲惨な事故は沢山あり、様々な国や州でピットブルを飼うこと自体が禁止されているようです。 日本では完全に規制されている訳ではありませんが、事故がこれほど多いのは本当に異常と言えます。 犬といえども、その危険性は猛獣並だと考える人も多く、 被害者の多くは子供であることから、 しつけを徹底する必要があり、その方法を間違うと大変な事なるということが分かりますね。 ピットブルが危険な理由 ここからは、ピットブルが危険な理由を具体的に解説していきます。 突然豹変する ピットブルは他の犬種と比べて、突然豹変することが多いと言われています。 先ほど紹介した事故の例を見ても、飼い主が油断していた隙に起こった事故が多いと思います。 つまり、それほどピットブルは飼い主が予測できない行動を取ることも多いという事であり、一度興奮してしまったらなかなか気持ちが治まらないとも言われています。 飼い主でさえピットブルが危険だと感じるタイミングがわからないので、飼い主以外の人や子供であったら、なおさらピットブルが怒り出した時に対処するのは難しいということでしょう。 運動能力が高い ピットブルは性格が凶暴なだけではなく運動能力も高いため、それだけ危険と言えるでしょう。 闘犬であるがために、確実に相手を仕留めるような戦闘能力を持っています。 咬筋力が強いので、顎の力も強く、一度噛み付いたものはなかなか離さないばかりか、筋力があるため、前足の力も強いので、押さえつけられたらひとたまりもありませんね。 また、走るのも意外と早く、怒り出したピットブルから逃げようとしてもすぐに追いつかれてしまうようです。 攻撃性が高い 他の犬種も飼い主を傷つけてしまう事故はありますが、遊びの延長線上で興奮して噛み付いてしまうといったものが多いです。 しかし、ピットブルは元々の気質が獰猛であるがために、相手を殺傷する気持ちで襲いかかってきます。 決して、遊びたいから興奮しているわけではなく、相手を仕留めるべく本気でやりにかかってきているのでしょう。 この事から、ピットブルは他の大型犬と比べても危険だと言えるでしょう。 事故が起きない為には ここまで、ピットブルの危険性について解説してきましたが、事故が起きないためにはどのような対策が必要なのでしょうか? 子犬からしつける ピットブルは、成犬になってからしつけようとしても正直難しいです。 成犬からしつけても、飼い主のことを上の立場だと認識しない可能性も高いので、主従関係が築けないといったことが考えられます。 なのでピットブルが子犬のうちから、危険性の低い気質に育てる必要があると言えるでしょう。 放し飼いにしない ピットブルは放し飼いにしては絶対にいけません。 しつけを徹底しているつもりでも、ピットブルテリアは突然豹変することもありますので、基本的にはケージや檻の中の脱走できない環境で飼育するようにしましょう。 対抗手段を考える もしも、ピットブルが興奮して怒り出してしまったら、どのような対策を取るのか事前に考えておくことも重要です。 もし、飼い主や通りがかった人に襲いかかったとしたら、声を荒げただけではピットブルは止まりません。 防衛手段として武器になるようなものを、手の届くとこに置いとくというのも重要ですね。 飼わない そもそもピットブルの危険性が分かってたら、飼わないというのも事故を防ぐポイントになります。 規制されていない地域だとしても、ピットブルを買うという選択をしなければ、事故そのものを防ぐことは可能だと思います。 事故は起こってからでは遅いので、様々な可能性を考えて飼う犬種を選択するようにしましょう。 危険な犬種については下の記事でランキング形式で紹介しているので、この記事で紹介されている犬種は飼わないようにしましょう。 日本でも実際に一部の地域では規制されていることがありますので、気になったことは確認してみてください。 以上、いぬさいとでした.

次の

ピットブル(アメリカンピットブルテリア)の性格や特徴、危険性、事件について

ピットブル 事故

アメリカン・ピット・ブル・テリア 愛称 ピット(Pit)、ピットブル(Pit Bull)、APBT 原産地 特徴 体重 オス 15. 8—27. 2 kg (35—60 lb) メス 13. 6—22. 6 kg (30—50 lb) 体高 オス 45—53 cm (18—21 in) メス 43—50 cm (17—20 in) 外被 艶やかな短毛 毛色 全ての色と模様 出産数 5-10 匹 寿命 約 8-15 年 主要畜犬団体による分類と標準 Terrier Group Canis lupus familiaris アメリカン・ピット・ブル・テリア(: American Pit Bull Terrier)とはで改良された用のである。 通称は ピットブル等で、アメリカン・ブル・テリア、スタッフォードシャー・テリアなどとも呼ばれる。 断耳された個体 アメリカン・ピット・ブル・テリアは、にからに輸入された闘犬用のから作出された犬種である。 などを厳選して交配し、四肢の長い大型の犬となった。 、同年に創設されたにより、犬種として公認された。 アメリカ合衆国ではに闘犬が禁止されたが、非合法な賭博を伴う闘犬はを通じて盛んに行われ、1990年代でも年間約1500頭のピット・ブル・テリアが闘犬により死亡したという。 その一方で、飼い主に対しては忠実であるところなどからコンパニオンドッグとしての人気もあり 、 、発明家の、大統領、などの著名人の愛犬であったことが知られる [ ]。 なお、ほぼ同じ容姿を持つは、性格をより温厚にした犬種とされ、にに公認されている。 ピット・ブル・テリアはにイギリスに多く輸入されたが、人間に重傷を負わせる事故が多発したため、に輸入・所有を禁止する「危険犬法」(Dangerous Dogs Act)が成立した。 イギリスではこの法を回避して本犬種を飼うために、「 アイリッシュ・スタッフォードシャー・ブル・テリア」といった名前で取引されることもある。 特徴 [ ] 筋肉質で力が強く、身体能力は高い。 必要運動量は膨大で、毎日2時間以上の運動を1~2回必要とする。 闘犬の一種であるため、突発的な攻撃性も含めて飼育者およびその家族の完全な制御下におく必要があり、犬の飼育初心者や興味本位で飼育するのは困難である。 米国疾病対策センター CDC の調査によると、1979-1998年の20年間における犬を原因とする人間死亡事故238件のうち、犬種別で1位(66件)に位置した。 被害者のうち半数は飼い主と家族、もしくは同居人である。 我慢強く、飼い主に対しては忠誠心と服従心が強い性格であり、忠実なペットにもなるという意見もある。 なお、現在ピットブルはショー・タイプ、闘犬タイプ、ブリー・タイプの3タイプに細分化されつつある。 また、ウェイトプルなどの競技(重量引き)に使用されている大型のタイプもあり、大きな個体では60キロを超えるものも存在する [ ]。 法的制限 [ ] 豪州 、 、 、ニュージーランド 、プエルトリコ 、シンガポール 、 、デンマーク、フランス、ドイツ、ノルウェー、ポーランド、ルーマニア、ポルトガル、スペイン では、犬種指定による法的規制が存在し、輸入と所有が禁止や制限されている。 豪州のニューサウスウェールズ州では強制的避妊を含む厳しい規制がある。 米国でも市・郡によっては所有が禁止されている。 カナダのオンタリオ州でも所有禁止。 英国では所有禁止4犬種のうちの一つ。 2012年7月11日、の市議会は、禁止規定に違反して飼育されていた7歳のピットブルのを行ったが、強い非難を浴びた。 これには各国の愛犬家に加えて有名人や政治家など20万人が助命嘆願に署名していた。 脚注 [ ] []• Daniel Foggo; Adam Lusher 2002年6月2日. 2010年10月12日閲覧。 Commonwealth of Australia 2009年7月6日. 2009年6月19日時点のよりアーカイブ。 2009年7月18日閲覧。 Spanish. Ecuador: Diaro Hoy. 2009年2月4日. 2009年8月24日閲覧。 Hamid, Rashita 2012年5月9日. The Star Kuala Lumpur, Malaysia. 2012年5月9日閲覧。 New Zealand Department of Internal Affairs 2009年7月2日. 2009年8月2日閲覧。 Puerto Rico Office of Legislative Services 1998年7月23日. 2009年8月4日閲覧。 Spanish. La Prensa Managua, Nicaragua. 2010年1月6日. 2010年1月8日閲覧。 Barlow, Karen 2005年5月3日. Sydney, Australia: Australian Broadcasting Corporation. 2009年12月23日閲覧。 Hughes, Gary 2009年10月20日. The Australian Sydney, Australia. 2009年12月23日閲覧。 Ministry of the Attorney General of Ontario. 2009年12月24日時点のよりアーカイブ。 2010年1月8日閲覧。 James, David 2006年9月29日. 2010年10月13日閲覧。 2012年7月12日. 2012年7月14日閲覧。 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。

次の

アメリカで泥棒に入った男性が番犬『ピットブル』2匹に襲われ、死亡する衝撃事件が発生!

ピットブル 事故

アーカイブ• 109• 120• 124• 112• 124• 124• 120• 124• 120• 124• 124• 120• 124• 120• 124• 115• 124• 124• 120• 124• 119• 124• 124• 118• 164• 175• 183• 166• 187• 186• 180• 185• 176• 186• 186• 179• 186• 180• 184• 168• 186• 185• 180• 187• 181• 186• 185• 179• 261• 299• 288• 316• 366• 365• 341• 339• 351• 435• 474• 437• 428• 365• 367• 325• 312• 314• 295• 302• 310• 275• 253• 255• 240• カテゴリー• 免責事項.

次の