休校 授業。 学校が休校になってます。海外はオンラインで授業をしているという話を聞き...

いつまで続く「昭和な」授業、コロナ休校で露呈する学校現場の遅れ

休校 授業

新型コロナウイルスによる休校が徐々に解除され、登校する子どもの笑顔に多くの教育関係者が胸をなでおろしている。 学校は分散登校を経て、いよいよ7月には全面的に正常化する予定だ。 一方、教育関係者の安堵の理由はもう一つある。 それは「これでわざわざオンラインを学ぶ必要が無くなった」ことである。 文科省の調査によると、一斉休校中オンライン授業を行っていた公立学校は、わずか5%(同時双方向型・授業動画を作ったのが10%)だった。 もし95%の学校が「オンラインは必要ない」という姿勢のままだったら、第二波が到来したとき子どもの学びは取り返しがつかないことになる。 では「やらず嫌い」の学校をどう変えたらいいのか? スマホと三脚だけで出来るオンライン授業 都内江東区の第三砂町中学校では、分散登校でオンライン授業を導入。 「当初は生徒の評判が良くないかなという気がしていましたが、アンケートを取ると『よかった』という意見が多数を占めていました」 都内江東区にある第三砂町中学校で、初めてオンライン授業を行った濱石茂昭先生はこう語った。 教室の真ん中にスマホと三脚 Zoomで授業を自宅の生徒に配信する この学校では6月から分散登校を開始し、生徒は午前と午後に分かれて登校している。 取材した日も、登校した生徒はクラスの半分で、机1つおきに座っていた。 行われていた授業は、Zoomを使って自宅にいる生徒に配信される。 教室にあるのは、Zoom機能のついたスマホと三脚だけだ。 たとえば午後に登校する生徒は、午前中は自宅でオンライン授業を受ける。 「Zoomでオンライン授業をすると、午前・午後どちらかしか学校に来られなくても、『普段と同じ6時間授業を受けられる』と生徒は喜んでいます」(濱石先生) 家庭のスマホやタブレットを使って環境整備 一斉休校中、江東区の一部の学校ではオンライン授業が実施されていたものの、危機感を募らせたのがボランティアで組織される『学校支援の会』だった。 会のコーディネーターの潮田邦夫さんはこう語る。 「私は定年までNTTで働いていて、これまでも学校のIT化の遅れを指摘していたのですが、先生たちはなかなか動いてくれませんでした。 しかしたまたま文科省のGIGAスクール構想を知って、『文科省がここまで覚悟したならオンライン授業をやりましょう』と先生達に話してみたのです」 「学校支援の会」の潮田さんは、「オンライン授業をやりましょう」と先生達を説得した。 オンライン授業を開始する際に障壁となるのは、家庭にネット環境がない子どもがいることだ。 このため多くの学校が、「教育の機会均等」に抵触すると、オンライン授業の導入に二の足を踏んでいた。 かといって、1人に1台端末が揃うのを待っていては、今そこにある危機に対応できない。 江東区では昨年から各小中学校にタブレットを80台配布していた。 そこでこの学校では区の指示の下、ネット環境のない子どもにはタブレットとルーター(区から提供)を貸し出し、自宅に端末がある子どもには自前のものを使うよう指導した。 先生はオンライン授業を「やらず嫌い」なだけ 前述のように教室で必要なものは、Zoom機能のついた端末と三脚。 生徒の家庭にはスマホやタブレット、Wi-Fiルーターがあればオンライン授業は成立する。 しかし「そんなに難しい話じゃないのに、それでも当初はオンライン授業をやろうという先生がほとんどいなかった」と潮田さんはいう。 「先生は皆、オンライン授業を見たことがないので、実態を知らなかったのです。 だからオンライン授業を始めたとき、タブレットを職員室に持って行き、授業の様子を見せました。 そうすると『あ、こんなものですか』となって、少しずつ理解されるようになったんですね」 先生にタブレットを見せると「あ、こんなものですか」と理解されるようになった 結局、多くの教師はオンライン授業を「やらず嫌い」なだけだったのだ。 「やるか、やらないかだけです。 7月に全校登校になると、先生は『わざわざオンラインを学ぶ必要が無くなった』となるかもしれません。 しかし、第二波が来たときに、皆困りますよね。 もしコロナが無くなっても、インフルエンザで休んだ子どもや不登校の子どもに、オンライン授業は絶対役立つので、今後もやりましょうと学校を説得しています」(潮田さん) 濱石先生もこう言う。 「分散登校が終わった段階で、オンライン授業はいったん終了する予定です。 しかし、休みがちの子どもから『家でも授業を聴きたい』とか、要望があった場合にはまたやろうと考えています」 濱石先生は「家でも授業を聴きたいと要望があればまたやろう」と考えている。 オンラインでは「子どもを孤立させない」ことが大切 「貧困の連鎖から子どもを救うのは教育です」(認定NPO法人カタリバ代表今村久美さん) コロナ禍で学びの場から取り残されるのは、家庭に端末がない生活困窮の子どもだ。 カタリバでは、生活困窮家庭の子どもにオンライン上で学びの場を提供するべく、PCとWi-Fiを無償貸与するなど学習支援を開始した。 カタリバは「あの子にまなびをつなぐプロジェクト」をオンラインで発表 オンラインの最大の課題は、学習習慣のついていない子どもがさらに学習から離れてしまうことだ。 だからこうした子どもには、伴走する大人の存在が必要になる。 このプロジェクトに参加している慶應大学の中室牧子教授はこう語る。 「トロントで学生の学習習慣についてのプロジェクトがあり、伴走者がつくパターンとつかないパターンで、伴走者がつかないと成績や学習習慣の改善に結びつかないという研究結果があります。 テクノロジーの力を利用して、いつでもどこでも学べるようにしていくのはとても大事なことですが、伴走する人がいないと学習習慣のついていない人は脱落してしまいます」 一方通行のオンライン授業が軌道に乗れば、次は家庭やオンライン上の環境整備、「子どもを孤立させない」ことが大切になるのだ。 「GIGA」は世界とイノベーションへの入り口 オンライン授業は、第二波で再び休校になったときはもちろん、平時でも不登校や病気による長期欠席の子どもの学習支援に力を発揮するはずだ。 また、英語の授業に欠かせないALT(英語ネイティブの学習支援員)がいまコロナによって不足する中、海外にいるALTと教室をオンラインでつなぐことも可能になる。 つまり1人1台端末によるオンライン授業は、すべての子どもにとって世界とイノベーションへの入り口となるはずなのだ。 スマホがすべての子どもに世界とイノベーションへの入り口になる。 【執筆:フジテレビ 解説委員 鈴木款】.

次の

いつまで続く「昭和な」授業、コロナ休校で露呈する学校現場の遅れ

休校 授業

【コロナ休校】小学生向け無料のオンライン授業まとめ(動画・iPadアプリ・電子書籍)【学びを止めない未来の教室・経済産業省】 経済産業省 教育産業室 より 緊急メッセージ 新型コロナウイルス感染症対策。 全国の学校の臨時休業が進むでしょうが、そんなときこそEdTechがその力を発揮します。 「学校が閉まってるからって、学びを止めないで済む」 そんな社会の実現に向けた挑戦だと、前向きに考えたらよいのではないでしょうか。 経済産業省「未来の教室」プロジェクトでは、実証事業で一緒に汗をかいているEdTech事業者さんのみならず、日本の様々なEdTech事業者さんが動き始めた素敵な取り組みをご紹介し、一人でも多くの生徒さんたちに学びの機会を届けたいと思います。 こういうのって、文部科学省でじゃなく、経済産業省がやもんなんだなーって、ちょっと不思議でしたがありがたいことには変わりない! いよっ、経産省! EdTechとは? EdTech(エドテック)って、聞き慣れない言葉だな、と思って調べてみました。 なんかちょっと難しげーな概念ですが、まあ要するに、オンライン学習ですね! これまでの「学校や塾に行って集団で授業を受ける」スタイルだと、今回のコロナやインフルエンザ、何らかの災害などで休校になったとき、または子供が長期入院をしてしまったときなどに、子どもたちの学習機会が一気に失くなってしまいます。 でも、eラーニング(オンライン学習)という手段があれば、いつでもどこでも、自分が学びたいところを勉強で切るじゃないですかっ! 実はずっと前から進んでいた教育革命。 私たちは、ついつい毎日の生活に追われて、新しいことを学んで取り入れるのを後回しにしてしまう。 だから、いろいろ新しいテクノロジーについても知らずに過ごしていたんだなーと痛感。 コロナ休校という窮地に立たされた今こそ、親と先生が率先して新しいテクノロジーの使い方を学んで、子どもたちの新しい学び方の道を開く良い機会!! 「学びを止めない未来の教室」で無料で学べる内容は? 今回のをざっと見てみましたが、各社が提供してくれているのは、• オンライン授業• タブレット用の学習アプリ(iPadアプリ)• 社会や理科など、総合的な勉強になる動画• 電子書籍 主にこんな感じの内容でした。 各社にとっては存在を知ってもらうための広告チャンス。 私たち親にとっても無料で使えるチャンス。 そして何より、「教育って別に通学だけが手段じゃないんだな」って、先生・親・子供が新しい教育のありかたを認知する一大チャンスだなーとしみじみ思いました! 【小学生向け】無料で使えるオンライン授業・iPadアプリ・動画・電子書籍まとめ では、かなりいろんな種類のコンテンツがありました。 とてもじゃないけど全部は紹介できないので、中でも、無料で使える小学生向けコンテンツの中から、個人的に良い内容だなあと思ったものをピックアップしてみました。 算数の無料オンライン授業動画「とある男が授業してみた」 こちら、学習コンテンツを作っている会社とかでもなく、一般のYouTuberの方の動画なのです。 そしてチャンネルタイトルも怪しげです(笑) でもでもでも! なんとチャンネル登録者数81万人の大人気チャンネルなのです! 実際にいくつか授業動画を見てみましたが、正直なところ、「学研が提供している授業動画より数倍わかりやすい・・・(爆)」。 小3~高校生までの算数・数学の内容がアップされていて、教える対象の年齢によって話すスピードや声のトーンも変えているそうです。 もはや、こういう有名予備校講師並みにわかりやすく教えてくれる動画がYouTubeで見れちゃう時代・・・。 こういうの見ると、高学年~中学生になってかかると覚悟していた塾代も、「もはやいらないんじゃね?」とますます思います。 レベル高い! もしかしたら、いや、もしかしなくても、普段の学校の授業よりレベル高いんじゃないか・・・? オンラインの授業コンテンツって、それなりに気合いを入れて台本も練って作り込むだろうし、自然とクオリティが高くなるんでしょうね。 勉強とは直接関係ないけど、勉強するモチベーションはこういうのを読むと上がりますもんね。 でも、よく考えたら、こんな窮地に陥らなければ、新しいサービスに目を向けることもなかっただろうと思います。 今回、のページを見て、改めてオンライン授業やiPadアプリなど、すごく質のいいものがたくさん出ているんだなあということがわかりました。 コロナ休校の期間中だけ無料のものもあれば、そもそもずっと無料の教材もあります。 こうやって、インターネットや動画文化が発達してくると、お金のあるなしで教育が制限されるということも少なくなってくるだろうな、とシンママ家庭的には未来への希望が持てました! どちらにしても、wifi とタブレット端末は必須アイテムですね。 天才に見えます。。。 この春から、5才のベビ太はプログラミング学習のベースになる最新の通信講座「ワンダーボックス」をはじめました! これもiPadアプリ学習です。 ゲーム感覚でハマっており、めちゃくちゃ良いです。 小3のもも子は、iPadで週に1回オンライン英会話のレッスンを受けています。 週1(25分)のレッスンで、月2800円です! 英会話も今ではお手軽な習い事になりました、本当に。。。

次の

【休校中に学校、教師は何を進めるべきか】こんなときこそ、時間の使い道をよ~く考えよう(妹尾昌俊)

休校 授業

オンラインで物理の授業をする都立日比谷高の武内校長。 画面越しに実験で用いる道具を紹介するなど分かりやすく伝える工夫も(20日、東京都千代田区) 「サインインできてるか」「生徒側でマイクの設定を確認しないと……」 4月中旬、休校中でがらんとした東京都立日比谷高校の廊下に、緊張感のある声が響く。 教室では武内彰校長が約20年ぶりに物理の教壇に立っていた。 外出自粛で出勤を控える教員が多い中、自らチョークとマウスを握り急場をしのぐ。 一部の教科で遠隔会議システムの「Zoom」を使用し、復習や基礎固めなどを行う「学習支援」を始めて約1週間。 手探りの取り組みが続いていた。 3月中に生徒へプリントなどの課題を配布したが、休校期間延長で自習のみでは学習内容が不十分と判断、4月上旬から急ピッチでオンライン授業の準備に取りかかった。 校内の24教室に配信用のノートパソコンを配備し、LANケーブルなど必要な備品も追加で調達。 同時に各家庭にはインターネット環境の整備を呼びかけた。 何とかスタートは切ったものの、実際の「授業」はトラブルの連続だ。 この日は落下運動と加速度などの講義。 武内校長が問題を解くよう指示しても音声で返答できた生徒は約半数どまり。 双方向のやりとりがうまくいかない。 朝9時、スマホから「行ってらっしゃい」のはずんだ声。 自習開始の合図だ。 東京都板橋区の日下部渉さん(18)は週に数回、自宅で「ネット自習室」を利用している。 開始15分前までにスマホやパソコンで「入室」し、約2時間の自習内容を全国の受験生と共有する。 スマホのカメラで手元やノートを映し続けるので、お互いの進捗がわかるだけでなく、スマホを封印できる。 さらに遅刻すると入室できないため「気が緩みがちな朝に勉強する習慣がつく」(日下部さん)という。 この春、予備校に通うために福島県いわき市から上京したが、休校措置で授業は行われず自宅学習を余儀なくされた。 しかし工夫をしながら生活リズムを確保し志望校を目指す。 運営するセンセイプレイス(東京・新宿)によると、自習室は無料で開放しており、LINEを通じて登録する。 3月の一斉休校を受け10日間の期間限定で実施したところ、全国の学生などから「また実施してほしい」との声が上がり再開を決めた。 5月1日まで開催予定で、定員は設けていないという。 自宅に1台あるノートパソコンを授業用に利用しているが、「娘はスマホデビューしたばかり。 パソコンはもう少し先と思っていた」と打ち明ける。 まだ画面の操作が不慣れなので、初回の授業は横で手伝いながら一緒に「出席」。 在宅勤務の夫の会議と長女の授業が重なると、部屋のドアを閉め、小学生の次女と共に息を潜めているという。 オンライン授業は気分転換のきっかけにもなっているが、「学習リズムは維持できても、授業内容は復習が多く進度が遅れている」と不安をにじませる。 一方で、「子供は新しい友達と会うことや、クラブ活動を楽しみにしている」と学校の再開を待ち望んでいた。 (写真映像部 小園雅之、野岡香里那、樋口慧).

次の