かくれんぼ 韓国 ドラマ あらすじ。 韓国ドラマ【かくれんぼ】の相関図とキャスト情報

韓国ドラマ「かくれんぼ」第1

かくれんぼ 韓国 ドラマ あらすじ

最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。 U-NEXT 他の動画サービスと比較すると利用月額1,990円と少し高めになりますが、31日間の無料お試し期間中は、観たい番組や動画がフルで観ることができます。 他にも16万本以上ある作品があります。 映画・ドラマを中心としたVODの中では、圧倒的な配信数です。 無料登録すると600円分のポイントがもらえますので、1作品500円以上の有料作品もポイントを利用して無料視聴することができます。 登録すると、月額料金1,990の半分以上となる毎月1,200ポイントが支給されるというお得な面があります! 話題の最新作もすぐに視聴可能となり、他の動画配信サービスと比較しても、公開スピードが速いのも特徴です。 U-NEXTのアプリは多彩な機能が搭載されており、より便利に安全に動画を視聴できます。 スマホやタブレット・PCなどでも視聴することができ、次のような機能も魅力です。 画質切り替え• 音声切り替え• 30秒スキップや10秒戻る• 連続再生• 次エピソードの案内 ダウンロード機能にも対応しているので、自宅でデータをダウンロードして、外出先でオフラインで視聴するということも可能です。

次の

「かくれんぼ(原題)」のあらすじ|韓流No.1 チャンネル

かくれんぼ 韓国 ドラマ あらすじ

深夜、彼氏と携帯で話しながら、酔った浮浪者がうろつく港の倉庫街を抜け、古いアパートに帰ってきたウネは、エレベーターに後から乗り込んできた黒いフルフェイスのヘルメットに黒いジャンパーの男に眉を顰めます。 彼は無言で彼女が3階を押すのを待ち、目の前を歩いて隣室へと入ります。 ウネは部屋に入るなり厳重にカギをかけ、電話の続きを始めます。 男は隣人でこれまでも玄関前で何度か出くわし、カギを無くして修理屋に開けさせた時もじっと見ていたと。 その時、カーディガンに付いた髪の毛に気づいた彼女は、隣家のドアを叩いて警察を呼ぶから!と怒鳴りますが応答はなく、室内を映していたウェブカメラの録画を確認します。 が、扉がノックされ廊下に出ると眼帯をした少女がいただけで、戻った彼女は録画で男が侵入した事を知り凍りつきますが、振り向きざま血塗れの鉄棒で襲われます。 「いつからかこの町には変な噂が流れ始めた。 人の家にこっそり入り込み、身を隠して暮らす人たちの話だった」… カフェの経営者で、高級マンションで暮らす実業家ペク・ソンスは、美しい妻ミンジと幼い息子ホセと娘スアと共に幸せな毎日を送っていました。 が、彼は極度の潔癖症で、カフェの前の路上に住みついた不潔な浮浪者や、我が子が食事中食べ物をこぼすことにも不快感を覚え、始終カフェや自宅の什器の位置や向きを神経質に直し磨き続けています。 ミンジはそんな彼を案じてきちんと薬を飲むよう声を掛けています。 ある晩、彼に兄ソンチョルのアパートの管理人から、彼が行方不明になり数ヶ月が経つため荷物を引き取って欲しいと言う電話があります。 ソンチョルは、従兄からは一家の恥と言われ両親の墓参りにすら来られない一族の鼻つまみ者でした。 最後のメールは、幸せに暮らす彼を思い、母が死んで誰とも連絡がつかなくなって寂しい、今の家にもいられない、聞きたいことがあるから連絡が欲しいと乞うものでしたが返事はせず、古い家族写真も兄だけを隠してあり、ミンジにすらその存在を隠していたのです。 家族で両親の墓参りに行き従兄と会ったソンスは、帰り道、無言で兄のアパートへと向かい、車に妻子を残して兄の部屋に向かいます。

次の

韓国ドラマ「かくれんぼ 숨바꼭질」あらすじ 登場人物 イ・ユリ ソン・チャンイ オム・ヒョンギョン キム・ヨンミン 出演

かくれんぼ 韓国 ドラマ あらすじ

【チャン・スヨン役】イ・ナユン 白血病を患うドゥクチョンの娘。 誘拐される。 【イ・ヒョンシク役】ユン・ギョンホ ドゥクチョンの後輩刑事。 ドゥクチョンのサポートをする。 【ナ・スホ役】チェ・ウン ヒョンシクと共にドゥクチョンを支える後輩刑事。 【ナ・ソンイ役】イ・イェウン ジョヘに憧れる検察捜査官。 警察と合同で捜査を行う中でスホに興味を持つ。 【ク・ボンソク役】イ・ソンウク ジョヘに忠実な検察捜査官。 【キム・イッコン役】キム・ギドゥ ミレの先輩記者。 ミレに好意を持っているため、ソンジュンらに協力する。 本作は『イニョン王妃の男』などの脚本家キム・ユンジュさんと、『また!?オ・ヘヨン~僕が愛した未来 ジカン ~』の演出家のイ・ジョンジェさんがタッグを組んだ作品。 主演のチョン・ジェヨンさんは、誘拐された娘を助けるため警察や検察からも追われることになるベテラン刑事役を熱演しています。 数多くの名作ドラマに出演してきたキム・ジョンウンさんは、本作で初の悪役を演じています。 出世欲が強く、事件を解決するためなら手段を選ばない冷徹なキャラクターです。 そして、ドラマ『愛の温度』で注目を集めている次世代No. 1俳優ヤン・セジョンさんは、新人でありながら一人三役という難役に挑戦し、ベテラン二人にも比毛をとらない存在感を発揮しています。 OST情報 本作のOSTには、ドラマの雰囲気と合ったミステリアスな曲が使われています。 その詳細は不明ですが、ドラマへの没入感を掻き立てるものだと思います。 スポンサーリンク デュエル【韓国ドラマ】あらすじ 刑事課強行犯係の班長のドゥクチョン(チョンジェヨン)は、白血病を患う娘のスヨン(イナユン)と二人暮らしをしています。 ドゥクチョンは娘の治療費を用立てる代わりに、とある事件の捏造を担当検事であるチェ・ジョヘ(キムジョンウン)に持ちかけられますが、一度は断ります。 しかし、娘を治療する新薬には3億ものお金が必要で、悩んだ末にドゥクチョンは検事の提案を受け入れ、謎めいた事件を終わらせお金を手にしてしまいます。 そのお金により新薬治療がはじまり、スヨンとドゥクチョンは救急車で移動していたのですが、その最中スヨンが誘拐されてしまったのです! 誘拐犯の要求通りに奔走するドゥクチョンでしたが、犯人らしき男ソンジュン(ヤンセジョン)を見つけ捕まえようとした瞬間、その様子を見ている男の顔がソンジュンと瓜二つだと気付き・・・。 それでいてSF、サスペンス、スリラーの要素がありながらもヒューマンドラマであるというのもポイントで、重苦しい展開が続きながらも夢中で見れるのは、誘拐された娘を必死に探す父親の姿が胸を打つからです。 そんな父親役を演じたチョン・ジェヨンさんの熱演は本作のみどころの一つとなります。 そんなジェヨンさんと共にドラマの中心にいるのが、2016年にデビューしたばかりの新人とは思えないほどの素晴らしい演技力を見せてくれたヤン・セジョンさんです。 一人三役という難役をこなし、しかもそれがクローン人間というレアな役どころ。 善と悪、正反対のキャラクターを演じ分けたのはお見事としか言いようがありません。 彼の頑張りようがあってこそ、他の演技派俳優たちの演技力が活かされたのは間違いないでしょう。 ドラマのストーリーや斬新な設定も重要ですが、この二人の熱演があってこそのドラマなので是非とも注目して見てください! そして、本作の悪役を演じたキム・ジョンウンさんも、とてもこれが悪役初挑戦とは思えないほどの怖さを披露していて、こちらの怪演からも目が離せません。 前述したように、本作の内容は重苦しい事件やエピソードの連続殺人犯となるのですが、ストーリーはテンポ良く進み、様々な謎も徐々に開示されていく展開になっていて、無駄が削ぎ落とされた潔さもサスペンス好きにはたまらない作品だと思います! スポンサーリンク デュエル【韓国ドラマ】感想と評価・評判 このドラマを見る多くの人は、近年人気の若手ヤン・セジョンさん目当ての方が多いと思いますが、私としては断然チョン・ジェヨンさん目当てでした! 彼の出演映画のファンであったこともあり、初のドラマ出演作『ラスト・チャンス!~愛と勝利のアッセンブリー~』は大いに楽しんだのですが、まさか又すぐにテレビドラマに出演してくれるとは思っていなかったので本作には期待大でした。 テイストとしては『サークル ~繋がった二つの世界~』のような作品であり、韓国ドラマの中でも斬新かつスケールの大きな内容なんです。 ヤン・セジョンさんの一人三役を演じた演技力にも驚かされましたが、やはりこのドラマを引っ張り、説得力を持たせてくれたのはチョン・ジェヨンさんの存在が大きく、彼の娘を救いたい気持ちが強く伝わってきたからこそ、ヒューマンドラマとして成立したんだと思います。 分かりやすい構図のサスペンスや、ありきたりのラブコメやメロドラマに飽きた人には、本作のような先が読めない展開の作品をおすすめしたいです。 ただ、人によっては内容が重苦しくて見るのがしんどいと思うかもしれないところもあり、人によってその評価が大きく分かれる作品かもしれません。 ラストはちょっと切ないですが、総体的にはハッピーエンドと呼べるもので、重苦しいまま終わらなくて良かったですね。 まとめ:引き付けられるストーリー、出演陣の抜群の演技力、そしてハラハラドキドキの先の読めない展開に一度ハマると抜け出せません! ただ、人によっては内容が重いと途中で断念する方もいるようで、好みがハッキリ分かれる作品かもしれません。 最後に 通常の韓国サスペンスだと、警察、検察、弁護士などを中心に、財閥や政治家、司法機関の不正などを描くか、連続殺人犯などを追うドラマが大半ですが、本作はクローン人間が出てくるだけでなく、誘拐や臓器売買なども次々と起こるテンポが良く先が読めない作品でした。 この手のジャンルの作品にはありがちな、中だるみや同じパターンの繰り返しを見せられることもなく、集中力が持続出来る作品でもあります。

次の