失業保険 いくら。 誰でもわかる!失業保険いくらもらえるのか、必要な手続き

失業保険の金額の計算方法や給付される期間などについて徹底解説!

失業保険 いくら

失業保険の受給中や申請中、給付期間中などにアルバイトをする場合はハローワークに申請する必要があります。 基本的に1日にいくらまでアルバイトで稼いでも良いなどの絶対的な決まりはありません。 しかし失業保険の制度の中に『 賃金日額』という金額が存在します。 この 賃金日額の8割を超える収入をアルバイトで稼いでしまうとその日は失業保険が支給されなくなったり減額されたりしてしまいます。 さらに失業保険を最後までもらいたいのであれば雇用保険の加入には気をつけなければいけません。 このように失業保険中は受給条件や賃金日額に基づいた金額などを使ってアルバイトで稼いでも良い収入を計算しなければいけません。 まずは失業保険の受給条件の中でも最低限である アルバイト中の雇用保険の加入,未加入について知っておきましょう。 失業保険中のアルバイトは雇用保険の未加入を満たす働き方が大切 失業保険の受給中や申請中にアルバイトをするのであれば雇用保険に入らなくても良い金額だけアルバイトをする必要があります。 この雇用保険は 1週間に20時間以上働き 1か月以上継続してアルバイト契約をする この2つの条件を満たしてしまうと会社は雇用保険に加入させなければいけなくなってしまいます。 そのため雇用保険加入者となりハローワークから再就職した人と判別され 失業保険の給付は終わってしまいます。 このようにハローワークから再就職したと間違われないためにもアルバイトで雇用保険に加入する事は避けておきましょう。 失業保険の賃金日額8割をアルバイトで超えると失業手当てが減額されます。 失業保険の受給中に失業手当て日額とアルバイトをした日に発生した収入が 賃金日額の8割を超えてしまうと超えた分だけ失業手当てが減額されてしまいます。 失業手当てが減額されたくないのであれば 失業保険中にアルバイトで稼いでも良い金額は 賃金日額の8割までという事になります。 もちろん失業手当て日額とアルバイト代を足して8割という事ですね。 失業保険中にアルバイトで稼いでも良い金額は失業保険をもらう人の『賃金日額』という金額によって変化してきます。 さらに賃金日額の8割と同じ金額をアルバイトで稼いでしまうと稼いだその日は失業保険が支給されなくなってしまいます。 このように賃金日額の8割の金額とアルバイトで稼いでも良い金額は関係があります。 先に逆算していくらまでアルバイトで稼いでも減額されずに済むか知っておく事で失業保険を減額されず満額もらいながらアルバイトをする事も出来るようになります。 下記ページでは失業保険を満額もらいながらアルバイトをしても減額されずに済む計算方法をご紹介していますので参考にしてみて下さい。 もう一度確認しておくと、 この賃金日額の8割 80% を 失業保険手当てとアルバイト代で足して超えてしまうと残念ながらアルバイト代で稼いだ分失業保険の手当てが減額されてしまいます。 失業保険中にアルバイトをするのであれば上記でお伝えしたように 雇用保険の未加入と 失業保険で計算される賃金日額 この2つに注意しながらアルバイトをする事が大切です。

次の

国民健康保険の保険料っていくらになるの?

失業保険 いくら

この連載の一覧は ニッセイ基礎研究所の試算によると、年内に失業者が100万人以上増し、約270万人になると予想。 緊急事態宣言や自粛要請が解除されたとしても、雇用所得環境の悪化から厳しい状況が続くものとみられます。 もし会社が大きく傾き、失業するようなことがあれば、困るのは目先の生活です。 失業手当はすぐに出るのか、もらえるとすれば、いったいいくら出るのか、気になるところではないでしょうか。 全員必ずもらえるわけではない 「もし、今の仕事を失ったとしても、とりあえずは失業手当がもらえるだろう」、と多くの人は考えているかもしれません。 しかし、失業したら全員必ず対象となるわけではありません。 俗にいう「失業手当」や「失業保険」とは、正式には「基本手当」と言い、雇用保険制度から支給されています。 そのため、まず雇用保険の被保険者である、ということ。 そのうえで、働いている間に実際に給与をもらった期間がどのくらいあるか、という点がポイントになります。 例えば、新卒で正社員として採用されたものの、入社3カ月目で会社が倒産して解雇……という場合は、どうなるでしょうか? このようなケースでは、失業手当をもらうことが残念ながらできません。 いったいなぜでしょうか。 失業手当を受給するには、まず「失業の状態」にあってハローワークで求職の申し込みを行っていて、なおかつ、退職日以前2年間に雇用保険の被保険者期間が通算して12カ月以上あることが必要になります。 この被保険者期間とは、離職日から1カ月ごとに区切った期間に給与の支払い基礎となった日数が11日以上ある月を1カ月として計算します。 会社を休んでいても、有給休暇を使って給与を受けている日は、支払基礎日数に含まれます。

次の

失業保険はいくらもらえる?期間は?「雇用保険」の基礎知識!

失業保険 いくら

【目次】• 失業保険(失業手当)とはなにか、どんな場合にもらえるのか いわゆる失業保険(失業手当)とは、正確には、雇用保険という制度から払われる手当の一種のことを指します。 具体的には、雇用保険からの給付のうち、求職者給付のなかの基本手当を指します。 (雇用保険からの給付には、基本手当以外にも様々な給付があります。 基本手当は、一定の条件を満たさないと受給することは出来ません。 「いつでも就職できる能力があるにもかかわらず」と記載されているように、次に挙げられるようなときは、受給することが出来ません。 ただし、特定受給資格者あるいは特定理由離職者については、離職の日以前1年間に、被保険者期間が通算して6か月以上ある場合(特定受給資格者・特定理由離職者については、2(4)・2(6)をご覧ください。 就職促進給付 3. 教育訓練給付 4. 失業保険(基本手当)がもらえる期間と受給者の分類 2-1. 人によって受給できる時期や期間が異なる 失業保険は受給者(失業者の方)の分類によって、いつから受給できるかや、受給できる期間に大きな差があります。 受給者の分類には下記の4つがあります。 2-2. いつから失業保険を受給できるか 2-1. で記載したように、失業保険(基本手当)は受給者の分類によって、受給ができるようになるまでの期間が異なります。 以下の表は、受給者の分類別にいつから受給ができるかまとめものです。 受給者の分類 いつから受給できるか 一般離職者(自己都合退職) 7日間の待期期間と3か月の給付制限期間の後から 特定受給資格者(会社都合退職) 待期期間7日間の後から 特定理由離職者 待期期間7日間の後から 就職困難者 待期期間7日間の後から 上の表からわかるように、自己都合による一般離職者については、7日間の待期期間に加えて3か月の給付制限があります。 他方で、その他3つの分類の受給者は、待期期間7日間が経過したら基本手当の受給をすることが出来ます。 これは、離職の理由等にかかわらず、一律に適用されます。 2-3. 失業保険がもらえる期間 前述したように、雇用保険の基本手当の給付日数は、受給者の分類と、年齢、雇用保険に加入していた期間(被保険者であった期間)によって決まります。 これを所定給付日数といいます。 受給者の分類ごとの基本手当がもらえる期間については、下の表をご覧ください。 2-4. 特定受給資格者(会社都合退職)とは 特定受給資格者とは、大まかにいうと、倒産や解雇などの理由により、再就職をするための準備をする余裕なしに、離職を余儀なくされた人のことをいいます。 特定受給資格者の詳しい範囲については、 で確認できます。 2-5. 残業時間が長いと特定受給資格者(会社都合退職)扱いになる 2-4. つまり、上記のいずれかの条件に該当する、長時間の残業が原因で離職した方は、特定受給資格者(会社都合退職)として分類されるということです。 特定受給資格者に選定されれば、一般離職者よりも有利な給付を受けることが出来ます。 しかし、 特定受給資格者として認められるためには、(会社が長時間の残業を認めていない場合) 残業の証拠が必要です。 悪質な会社の場合は、タイムカード等で残業時間を実際より短く記録させる、あるいは残業していないかのように記録させて、残業の証拠を残さないようにしている場合もあります。 そんなときに、是非活用していただきたいのが という無料のスマホアプリです。 このアプリは、GPSを用いて残業の証拠を自動で残すことができるアプリです。 また、それだけでなく、残業代の計算も自動で行ってくれるので、未払い残業代の請求をする際にも使えます。 ザンレコを使って、残業の証拠を残しておけば、あなたが離職した際、特定受給資格者と認定してもらうのに大いに役立つでしょう。 2-6. 特定理由離職者とは 特定理由離職者には があります。 一つは、期間の定めのある労働契約の期間が満了し、かつ、当該労働契約の更新がないことにより、離職した方(いわゆる雇い止め)。 ただし、これは離職者が更新を希望したにもかかわらず、会社との間で更新についての合意が成立しなかった場合に限ります。 もう一つは、以下のような、正当な理由のある自己都合により離職した方のことです。 失業保険(基本手当)の金額とはどれくらいなのか 今度は、実際にどれくらいのお金がもらえるかについて説明していきます。 3-1. 基本手当日額とは 基本手当日額とは、 雇用保険で受給できる1日当たりの金額を指します。 この「基本手当日額」は原則として、離職した日の直前の6か月に、毎月きまって支払われた賃金(つまり、賞与等は除く)の合計を180で割って算出した金額(これを「賃金日額」という。 )のおよそ50~80%(60歳~64歳については45~80%)となっており、賃金の低い人ほど高い率となっています。 ただし、基本手当日額は年齢区分ごとに上限額と下限額が定められており、次の表のようになっています。 下記に記載の金額は2018年8月1日から適用の額です。 30歳未満 上限 6750円 下限 1984円 30歳以上45歳未満 上限 7495円 下限 1984円 45歳以上60歳未満 上限 8250円 下限 1984円 60歳以上65歳未満 上限 7083円 下限 1984円 3-2. 退職前の残業との関係性 この、基本手当日額の計算には、先ほど記述した賞与のように計算に含まれないものと、含まれるものがあります。 この、含まれるものの中に、 通勤手当や残業代があります。 つまり、離職の日直前の6か月間の残業代が多いほど、基本手当日額がたくさんもらえるということです。 また、先述しましたように、 離職前に残業時間が一定時間以上に及ぶと特定受給資格者(会社都合退職)とみなされ、一般離職者(自己都合退職)よりも手厚い給付を受けることができます。 だから、離職する前に残業の記録をとっておくことは大事なことなのです。 損をしないためにも、先ほども紹介しました はもちろん、タイムカードや労働時間が記載された業務日報、残業中に送った業務に関するメール等の送信履歴など、残業の証拠として有効な記録は、日ごろからきちんととっておきましょう。 まとめ ・失業保険(基本手当)を受給できる時期やもらえる期間は、受給者の分類によって異なる。 ・残業時間が長いと特定受給資格者(会社都合退職)扱いになり、待期期間7日間の後から失業保険(失業手当)が受給できる。 ・失業保険(基本手当)の金額は残業代等も含めた賃金の50~80%(60歳~64歳については45~80%)で、賃金の低い人ほど高い率になる。 また、退職した会社でサービス残業があった方にとっては、失業保険と同じくらい未払い残業代請求にも関心があるかもしれません。 残業代請求は自分で行うこともできますが、残業代を正しく計算したり、会社と交渉したり、残業代請求のための書類を作成したり、実際には自分で行うのが難しいことも多いです。 そんな時は弁護士に依頼すれば、あなたの代理人として全て行ってくれるので自分で対応する必要はありませんし、自分で請求する場合よりも残業代を払ってもらえる確率も払ってもらえる金額もぐんと上がります。 ただし弁護士に依頼する場合、残業代請求の成功/不成功にかかわらず、最初に依頼するための着手金が必要な場合が多々あります。 残業代請求が通るか分からない中で、弁護士に数十万円を最初に渡すのは抵抗がある方も多いかもしれません。 そんな方におすすめなのが です。 残業代請求をするときのリスクは、最初の着手金を支払うことで敗訴したときに収支がマイナスになってしまうことですが、『アテラ 残業代』を利用することでそのリスクがなくなります。 着手金にお困りの方、残業代請求のリスクをゼロにしたい方は、ぜひ をご利用ください。 なお、着手金支払いの負担・リスクではなく、どの弁護士に頼むかでお悩みの方は、ぜひ株式会社日本リーガルネットワークが運営するWebサイト の弁護士検索機能をご利用ください。 おすすめの記事•

次の