オバマ ノーベル 賞。 バラク・オバマのノーベル賞受賞演説

トランプ大統領にノーベル平和賞を

オバマ ノーベル 賞

「2009年のバラク・オバマの受賞の時ほどノーベル平和賞が注目されたことはなかった。 今やオバマ支持派でさえ受賞は間違いだったと考えている。 委員会の期待は外れた」 オバマ氏はオスロの授賞式への出席に尻込みしていたという。 オバマ政権の代表者が、式典に受賞者が出席しないことはしばしばあるのかと照会してきた。 調べてみると、受賞者が反体制活動家で収監中だとかといった場合を除き、欠席はきわめて稀であることが分かった。 オバマ大統領はノルウェーに来ざるを得なくなった。 こうした証言は、ノーベル賞受賞者の選定に関する詳細を公表することを禁じたノーベル委員会規定に違反している。 ルンデスタド氏は1990年から2015年まで同委員会の書記を務め、投票権は持っていなかった。 オバマ大統領は2009年、「国際外交および人々の間の協力を強化」する努力が認められ、ノーベル平和賞を贈られた。 セオドア・ルーズベルトおよびウッドロー・ウィルソンに続く、米大統領として3人目のノーベル賞受賞者となった。 ジミー・カーター元大統領は退任後に同賞を受賞している。

次の

kokorononaka: オバマ大統領のノーベル平和賞受賞

オバマ ノーベル 賞

【ロンドン=土佐茂生】ノルウェーのノーベル賞委員会は9日、09年のノーベル平和賞を、バラク・オバマ米大統領(48)に授与すると発表した。 就任して1年にも満たない首脳への授賞は異例だが、同委員会は「人びとによりよき未来への希望を与えた」と称賛。 国際平和や地球環境などの問題に対話と協調を行動原則として取り組む意志を明確に表明したオバマ氏に、大きな期待を寄せた。 オバマ氏は同日、ホワイトハウスで「驚き、深く謙虚に受け止めている」と授賞を知った時の心境を語った。 委員会は授賞理由を「国際的な外交と諸国民の協力を強めることに対して並はずれた努力をした。 特に『核なき世界』を目指すとする理念と取り組みを重視する」とした。 そのうえで、多国間外交、「核なき世界」、気候変動問題でオバマ氏は国際政治の新しい状況を生み出したと評価。 多国間外交では「国連やほかの国際機関の役割の重要性を主張し、多国間の協調を再び世界の外交の中心に取り戻させた」ことや、問題解決の手段として対話と交渉に重きを置く姿勢をたたえた。 「核なき世界」の理念と行動については「軍縮交渉の流れに力強い刺激を与えた」とし、気候変動問題では「オバマ氏の指導力によって、世界が直面する気候変動問題で、米国がより建設的な役割を果たすようになった」と評価した。 委員会は最後に「ノーベル賞委員会は『今こそ私たち全員が、グローバルな課題に対してグローバルな対応をとる責任を共有する時だ』とのオバマ氏のアピールを支持する」と締めくくった。 8年間続いたブッシュ政権の後、民主党のオバマ氏は今年1月にアフリカ系としては初の米大統領になった。 ブッシュ政権の単独行動主義を改め、多国間協調を重視する姿勢を打ち出した。 就任間もない4月、チェコ・プラハでの演説で「核兵器を使用した唯一の国」としての米国の道義的責任に触れ、「核なき世界」を目指す考えを表明した。 その後、ロシアとの核軍縮交渉に着手する一方、9月には「核不拡散と核軍縮」をテーマにした国連安全保障理事会の首脳会合を主宰し、「核兵器のない世界」を目指す歴史的な決議を全会一致で採択に導いた。 気候変動問題では、京都議定書から離脱して国際的な信用を失ったブッシュ政権とは反対に、温暖化対策に乗り出して国際交渉にも復帰し、国際社会から歓迎された。 今年の平和賞は全世界から推薦された計205の個人・団体の中から選ばれた。 授賞式は12月10日にオスロである。 賞金は1千万スウェーデンクローナ(約1億3千万円)。 PR情報 検索フォーム.

次の

ノーベル賞、なぜ私でない?=トランプ氏が不満表明

オバマ ノーベル 賞

立憲民主党 長妻代表代行: 総理 どうなんですか?推薦はされたんですか?されていないんですか? 安倍首相: ここでそういうことは申し上げない… 18日の国会で安倍首相がたびたび問いただされた問題。 それは15日のトランプ大統領のこの発言だ。 『日本を代表して敬意を表し、あなた(トランプ大統領)にノーベル平和賞を送るよう求めた。 』と、彼は言っていた… トランプ大統領は15日の記者会見で、安倍首相がノーベル委員会に自らを平和賞に推す推薦状を送ったと語ったのだ。 国会で事実関係を問われた安倍首相はこう述べた。 安倍首相: トランプ大統領は、北朝鮮の核ミサイル問題の解決に向けて、果断に対応されておられます。 昨年、歴史的な米朝首脳会談を行いました。 また、その際には、拉致問題について私の考え方を直接、金正恩委員長に伝えていただいたわけでございます。 ホワイトハウスをあげて積極的に協力をしていただいているのは事実であります… トランプ大統領の異例の暴露に対し安倍総理は推薦者と被推薦者は50年間明らかにしないというノーベル委員会のルールを踏まえるとして推薦状を出したことを否定も肯定もしなかった。 国民民主党 玉木代表: 拉致も核もなんら解決していません。 総理の北朝鮮に対する認識があまいと言わざるをえない… アメリカ側からの要請? 日本政府関係者はトランプ大統領の受賞はあり得ないとみている。 日本政府関係者: もし、米朝会談を通じて非核化が実現できればすごいことですよ。 まぁ、今の状態だと絶対もらえないでしょうけど…(笑) トランプ大統領自身はこれまで何度も平和賞受賞者たちの功績を否定する決定を下してきた。 INF・中距離核戦力の全廃条約を締結し米ソの冷戦を終結に導いたゴルバチョフ元大統領は1900年平和賞を受賞したが、トランプ大統領は2月1日この条約から離脱を表明した。 また、1994年に平和賞の対象となった中東和平にも逆行する形で、アメリカ大使館をエルサレムに移転させる決断を下した。 平和賞を受賞したオバマ前大統領の核政策もトランプ大統領は就任以来否定している。 さらに度重なる差別的発言や国境の壁建設など、世界から厳しい目が注がれている中、なぜトランプ大統領を「ノーベル平和賞」に推薦したのだろうか? 背景にはアメリカ側からの推薦要請があったとみられる。 毎年、平和賞候補者の推薦を依頼されているという国際政治経済学者の浜田和幸氏はこう指摘する。 国際政治経済学者 浜田和幸氏: 安倍首相からすると、懸案の拉致問題にもいい結果が生まれるように、そういうことも織り込んだ上での推薦だったと思う。 トランプ大統領が推薦されたことを公にしたのはは過去に前例がないこと。 トランプ大統領の受賞に影響があるかというと、それは考えられない。 (「プライムニュース イブニング」2月18日放送分より).

次の