ぶん きつ 六本木。 文喫(六本木)に実際に行ってみた体験レビュー。喫煙スペースはある?

入場料のある本屋「文喫」をコワーキングスペースとして使ってみた所感

ぶん きつ 六本木

箱庭キュレーターのKIMIです。 2018年12月11日 火 、とても馴染みのある場所に、「文喫(ぶんきつ)」と言う本屋がオープンしました。 ここは、惜しまれつつも今年6月に38年の幕を閉じた青山ブックセンター六本木店の跡地。 (青山ブックセンターの看板の跡がうっすら残っているのが、歴史を感じてグッとくる。 ) あれ?また本屋ができたの?と思うでしょう。 いえいえ「文喫」は、ただの本屋ではありません。 3万冊の中から意中の一冊と出会うための時間を提供する、これまでにない新しい本屋。 「文喫」は、六本木の土地にマッチしたアート、デザイン、ビジネスを中心に、食、人文科学や自然科学、文学、他にも雑誌、コミックなどが揃っています。 1日中本に浸って、意中の1冊に出会うための時間を提供してくれる場所です。 運営するのは「リブロ」や「オリオン書房」といった書店を展開している株式会社リブロプラス。 また、ブックディレクションを「箱根本箱」などを手掛ける日本出版販売株式会社のYOURS BOOK STORE、インテリアデザインなどクリエイティブ全般を「Soup Stock Tokyo」 や「PASS THE BATON」を運営する株式会社スマイルズが担当しています。 「文喫」という名前は、スマイルズの遠山正道さんが名付け親。 「これからどういうことをしたら本屋は楽しいんだろう?」というお題を、日販の方々、森岡書店・森岡督行さん、遠山正道さんで語り合っている時にこのネーミングが誕生したんだとか。 名前を聞いた瞬間、森岡さんは『これは何かが立ち上がった!始まった!』と感じたそう。 ここにある本は、全部で3万冊。 なんと1冊として同じものがないんですって!一見、図書館みたいだと感じるかもしれませんが、図書館と違って気に入った本があれば、もちろんその場で購入できるのが嬉しいポイントです。 約90種類の雑誌が勢ぞろい!本の世界に入り込みたくなるエントランスフロア 先ほど、えーーーってなった皆さん。 ご安心ください。 エントランスのこちらの雑誌スペースは、誰でも利用できる場所になっています。 約90種類の雑誌がランダムに並んでいるのですが、よく見かける物から、マニアックな専門雑誌もあって興味をそそります。 以前、箱庭でも紹介したことのあるオーストラリアのファッションカルチャー雑誌を発見しました!黄色い表紙がカワイイ!このスペース、ただ雑誌が並べられている棚かと思いきや、 コレ、開くんです。 しかも、バックナンバーでも入っているのかなーって思ったら、 黄色い本がズラリ!なんという嬉しい裏切り(笑)。 黄色縛りでセレクトされているなんて、こんな粋なことされたら思わず手に取りたくなりますよね。 入り口すぐには、企画展示を定期的に行うスペースもあり、現在は、10年ぶりに復刊する雑誌『hinism(ヒニスム)』を特集した「雑誌の力展」が開催中です。 (1月31日まで) 階段を上ると広がる有料スペースへ。 さて、入場料が発生するのは、階段を上ったこの先の2階スペース。 入場料を支払うと、番号がついたバッチがもらえます(当日限り有効)。 このバッチの裏には、wifiのパスワードが書いてありました。 電源・wifiがあるのは嬉しいですね! 本とどっぷり向き合うのに最適なこちらの「閲覧室」は、全部で12席。 その他にも、グループでも利用できる「研究室」、会話も食事も楽しめる「喫茶室」など、席数は全部で90席あります。 1人1人の滞在時間を豊かにしてもらいたいと、入場制限がされる場合もあるそうですが、それもお客さんが快適に過ごせるようにするため。 本との偶然の出会いを楽しんでほしい!と考えられた陳列方法。 1冊として同じ本がないので、このランダムに重ねられた本の下には、サイズもバラバラで、全く違う本が重なっていて、なんとなく気になるものと偶然出会えます。 売れ筋だから表にあるのではなく、こんな本があったんだと気づいてもらうのが狙いだったり、とことん本と向き合ってもらいたいからと、ついつい欲しくなる雑貨などを置かないようにしたり、手に取れる高さの本棚になっているところも憎い演出ですね。 そして、たまらなく可愛くて目を引いたのは「文喫」のテーマカラーのこの淡いピンク。 通称『初恋ピンク』と言われていて、本に恋をしよう!というコンセプトなのだそう。 いたるところに使われているのですが、床まで初恋ピンク色でキュンとしちゃいました。 珈琲と煎茶がおかわり自由!豊富な食事メニューも魅力的。 文喫のBのロゴがかわいいドリンクカップ。 嬉しいことに珈琲と煎茶はおかわり自由なんです。 無料のドリンク以外にも、食事からデザートまで様々なメニューが揃っています。 看板メニューの牛ほほ肉のハヤシライスは見るからに美味しそう! サラダやデザートも数種類あり、本を読みながら頂くことが出来ます(「選書室」のみ、飲食NG)。 営業時間が23時まであるので、実は、アルコールもあるんですよ。 「文喫」のオススメな過ごし方は? (文喫六本木店、店長の伊藤晃さん) 店長の伊藤晃さんに「文喫」のオススメな過ごし方をお聞きすることが出来ました。 「文喫は、本と人と、1対1で向き合える時間と環境を提供できる場だと思います。 僕のオススメは、窓側の見える席に自分のキャパシティを超える本を積んでもらって、本を読んでいたらいつの間にか眠ってしまうほど、1日中文喫で、本と向き合って頂きたい。 そして、本と恋に落ちて、あの階段(有料の入り口)がバージンロードになってもらえたらと思うんです。 」 本と恋して結婚する。 なんだか素敵な響きでウットリしちゃいますね。 (ギフト包装も用意されています。 本と結婚する時には、ぜひ利用したいですね。 ) 『本と本屋をあきらめたくない。 本を買うことが、日常ではなく非日常になってきている。 検索とは違った本との出会い方。 ゆっくりと過ごすことのできる空間作りや本の見立て方に工夫を施すことで、本屋の体験価値を拡充する場所を作りたい。 』 そんな思いから、スタートした「文喫」。 検索して本を選ぶ時代に、偶発的な本との出会いが演出されていて、予期せぬ発見があったり、自分じゃなかなか探しにいかないものが偶然見つかったり。 みなさんそれぞれの特別な時間を過ごせるはずです。 ぜひ本とじっくり向き合って、本と恋に落ちる瞬間を味わって頂きたいと思います。 文喫(ぶんきつ) 住所:東京都港区六本木6-1-20六本木電気ビル1F 時間:9:00~23:00(L. 22:30) 定休日:不定休 入場料:1,500円(税抜) URL:• Follow Me! heart.

次の

【意外なグルメ】入場料1500円の本屋「文喫」に行ったら、本屋なのにカスタードプリンが激ウマだった!

ぶん きつ 六本木

六本木の青山ブックセンター跡地になります。 地下鉄の六本木駅からのアクセスも良いです。 運営会社は青山ブックセンターとは関係なく、リブロやオリオン書房を展開するリブロプラスです。 バッチの裏にはWi-FiのSSIDとパスワードが記載されています。 人文科学や自然科学からデザイン・アートに至るまで 約30,000冊の蔵書が読み放題です。 買うこともできます。 写真に見えるような通りが5列ほどある程度で、すごく沢山本があるというワケではありません。 図書館みたいなのを期待すると肩透かしを食らうかと思います。 本の品揃えがとても良いぐらいだと思って頂ければと。 混雑具合 2018年12月オープンで私が利用したのは2019年2月、平日の9時半近くに入場しましたが、バッジの番号が2番で、おそらく2人目の入店。 朝イチはガラガラです。 時間を追って以下のような混み具合でした。 平日9時〜12時:ガラガラ 平日12時〜17時:徐々に席が埋まるが6〜7割ぐらい 平日17時〜18時:段々お客さんが増えてくる、パソコンが使えるデスクは9割がた埋まる。 席が埋まると入場制限をかけるようです。 公式Twitterを見る限り、休日午後あたりから入場制限がかかる日がありますが、平日は入場制限がかかった日は無いようです。 ただいま店内満席につき、入場規制を行っております。 1Fフロアでお待ちいただけるお客様にのみ、整理券をお渡ししております。 入場規制が解除になりましたら、お知らせいたします。 雰囲気的には図書館と同じです。 客層が似ているからでしょうか。 十分仕事・作業に集中できます。 電源は1席に1つコンセントが備え付けられています。 また Wi-Fiも完備してます。 入館証として受け取ったバッチの裏にSSIDとパスワードが記載されています。 コワーキングスペースとして考えた場合どうか? 都内の コワーキングスペースの相場は、月会費1〜2万円、1日のみ利用(ドロップイン1日料金)だと 1,000円〜2,000円となっており、 「文喫」の料金はコワーキングスペースの料金と価格帯的にまったく同じです。 以下ポイントを踏まえることで「文喫」をコワーキングスペースやノマドワークの場所と捉えるのは「アリ」だと考えます。 自分がメリットに感じたところ:• 料金1,500円はコワーキングスペースの1日利用と考えると平均的な価格帯。 ユニークな選書が揃っていて新たなインプットや気づきの場にもなる。 コンパクトな図書館風の環境の中で、飲み物や食事も摂れる快適な環境で作業ができる。 自分がデメリットに感じたところ:• 長期的に使う場合、「文喫」には月額料金プランが無いので価格面では不利。 「文喫」での食事 無料で飲めるコーヒー・煎茶以外にも、ハヤシライス、スパゲティ、ケーキ、アルコール等の軽食類が用意されているので、ある程度の長時間の利用にも耐えられます。 カップは無料のコーヒーです。

次の

1,500円で極上ブログ執筆 六本木『文喫(ぶんきつ)』-さくらこ先生の先手必勝ブログ

ぶん きつ 六本木

「つぶれない店」文喫(ぶんきつ)とは? 六本木駅と、六本木ヒルズの間くらいの場所には、かつて1980年(昭和55年)オープンした「青山ブックセンター」がありました。 今、その青山ブックセンターの跡には、2018年12月より、「文喫」(ぶんきつ)という、日本初の「入場料をとる」のに大人気の本屋さんがあります。 外観は、青山ブックセンター当時と変わりませんが、中に入ると、突き当り奥の階段より上のエリアは「有料エリア」です。 入場料は、平日で1500円(税抜)、土日祝は、1800円(税抜)と、ちょっとお高めです。 本離れが叫ばれ、閉店する本屋さんも多いなか、文喫では、休日には入場制限がかかるほどの人気です。 文喫のギフトチケットがご自宅で購入できるようになりました。 大切な方へのプレゼントとして、お届けすることもできます。 また、手軽に使える電子チケットもご用意しております。 例えば 「すし技術教科書」など、専門性が高く、なかなか普段、書店で常時置いているところはないような本です。 リンク 「つぶれない店」文喫(ぶんきつ)の特徴は? 普通の書店では、売れ筋の本や、新刊が積みあがって販売されているのが普通です。 しかし、文喫では、なんと 同じ本は2冊おいていません。 多くの人に、たくさんの本と出逢って欲しい、との思いから、コンセプトは 「本と出会って恋に落ちる本屋」です。 お客さんと本の、一期一会を大切にするために、有料エリアにある本は、すべて1冊ずつなのです。 また、 店内の窓際などのスペースには、 人をだめにするクッションが置かれ、店内にある本を持ち込んで、くつろぎながら読書して過ごすことができます。 有料エリアは、入場料さえ払えば、 コーヒーや煎茶など、ドリンク飲み放題で、 何時間でも過ごすことができます。 また電源やWifiも使い放題なので、机の並んだスペースでは、ゆっくり仕事や勉強をすることもできます。 お腹がすいたら、「喫茶室」のコーナーで、 食事をすることも可能です。 スープストック東京の運営会社が提供する食事が大人気です。 一番人気の 「牛ほほ肉のハヤシライス」1080円はじめ、本格的な食事をすることも可能なのです。 普通の本屋さんの平均滞在時間は、20~30分。 文喫は、入場料を取ることで、滞在時間を長くし、本への購買意欲を高めています。 そのかいがあり、 本の購入平均客単価は、通常の書店の1000円~1200円のところ、 文喫では、3000円以上です。 また、文喫では、「選書サービス」というものがあります。 来店する3日前までに、自分の読みたいテーマや好みを伝えておくと、来店までに、文喫のスタッフが本を選んでおいてくれるというものです。 またイベントなども時折行っています。 ぜひ行ってみてください!.

次の