進撃の巨人ネタバレ 126。 【進撃の巨人ネタバレ最新話131話速報】生きていたフロックが一波乱起こす?|ワンピースネタバレ漫画考察

進撃の巨人ネタバレ126話「矜持」最新あらすじ感想考察まとめ!

進撃の巨人ネタバレ 126

Contents• アニと再会するヒッチ ストヘス区 壁の硬質化が解け、瓦礫の下敷きになった民衆を救出するヒッチ達。 皆、エレンの声を聞いてますが、自分の息子が死んでしまったことを怒る親達。 対して、多少の犠牲がなんだと言い返す民衆。 エレン・イェーガーは自国の民を殺したと言う者達と、エレンが壁の巨人を呼び起こさなければ、この島のエルディア人は外の奴らに皆殺しにされていたと反論する者達。 いまにも住民同士で衝突が起きかねない状況に、マズイとヒッチは言います。 別の兵士はヒッチに、装備を整えるため新兵達と本部から武器を運んでくるよう言います。 ヒッチは、暴徒対策の装備を運ぶため、新兵達に命令します。 本部に入ったヒッチ。 地面に濡れた足跡があるのに気付きます。 足跡は地下室から続いており、足跡が入った部屋の扉を開け中に入った瞬間、ヒッチの口を背後から左手で塞ぎ、足で部屋の扉を閉めるアニ。 右手の人差し指には針の付いた指輪をしており、ヒッチの首元に近づけ、叫んだら喉を切り裂くと言います。 アニは、まずは上着を脱ぐよう言いますが、アニを背負投するヒッチ。 アニの力が弱すぎて、おばあちゃんかと思ったとヒッチは言います。 ヒッチに気づいたアニは、よりによって・・・あんたかと言います。 ヒッチはアニを拘束するため、床に押し付け誰かを呼びますが、無駄だよとアニは言います。 ヒッチの手に切り傷を入れていたアニは、ヒッチをいつでも巨人化できるため、自分に従うしか無いと。 そんなに弱ってるのに、巨人化する体力なんて無いでしょとヒッチは言い、アニも、そうかもね・・・一か八かで試してみないとと答えます。 扉の前に新兵が到着します。 ヒッチを心配する新兵は、扉を開けますよ?と聞きますが、結局、アニを庇ったヒッチ。 アニの過去と父親との関係 ヒッチはアニと共に厩舎へ行き馬の準備をします。 思ったより賢いじゃないとアニは言いますが、アニが街を出るなら拒む理由はないと答えるヒッチ。 何より、地下室であんたの顔を眺める仕事から解放されるしねと。 アニはヒッチに、くだらない男の愚痴を聞かされるのも、これでようやく終わりと言い、驚くヒッチ。 硬質化していた4年以上、ずっと意識があったのかとヒッチはアニに聞き、ずっとぼんやりと夢を見ているようだったとアニは答えます。 アニはヒッチに言います。 あんたの話し声とアルミンの声だけが遠くから聞こえて・・・そうじゃない時は・・・ずっと同じ・・・闇の中・・・。 だから・・・あんた達の話で外の状況は大体わかっていた。 そして・・・突然、私は外に放り出され・・・エレンの声を聞いた。 世界を滅ぼすって・・・アレ本気で言ってんの? ヒッチはアニを後ろに乗せ馬を走らせます。 ここではじめて壁の巨人が動き出していることを信じるアニ。 ヒッチはアニに言います。 私が兵士になって、やった意味がある仕事は、死体と瓦礫の後始末。 あんたとエレンが暴れたあとのね。 そしてヒッチはアニに聞きます。 今なら答えてくれる? あんた達の大層な目的のために踏み潰された人々の死体を見て、どう思うのか。 結晶の中でヒッチに何度も聞かれた質問。 あまりにも何度も聞かれたから、考えたとアニは言います。 アニはヒッチの質問に答えます。 人を殺すことは褒められることだった・・・国境を越えれば戦闘員も民間人も区別なく殺していいと教わった。 私達エルディア人の贖罪と世界を救う使命のため、全ての行いは正当化された。 アニ達の事情をアルミンから聞いているヒッチは、要はアレを止めたかったんでしょ?と壁の巨人たちの行進を指差します。 つまり、瓦礫の死体は多少の犠牲だったって言いたいわけ?と聞くヒッチに、いいや・・・世界を救うとかどうでもよかったと答えるアニ。 全てが・・・どうでもよかった・・・と言い、自分の生い立ちを語り始めます。 生まれて間もない時に親に捨てられた。 「母親の浮気相手がエルディア人だった」ってことで、私の血液検査で判明したとかでね。 そんな私を収容所で引き取ったのは、外国から来たエルディア人の血を持つ男だった。 私と似たような理由で収容所に入れられたらしい。 男の目的は、私をマーレの戦士に鍛え上げて、自分の生活を豊かにすることだった。 私は物心つく前から男の生まれた国の格闘術を叩き込まれた。 男にとって私は、戦士になれるかどうかの価値しか無かった。 時が経って・・・私は男が望んだように強くなり、そうなるまでに痛めつけられた分を男に返した。 二度とまともに歩けない体にしてやった・・・けど、男は喜んだ。 「これなら武器がなくても敵を殺せる」って・・・。 だから私は・・・どうなってもよかった。 どこの国の何人が死のうが、生きようが、自分を含めて命というものに価値があるとは思えなかった。 そう・・・あの時までは・・・。 あれは・・・始祖奪還作戦のために島へ向かう朝だった・・・。 男は・・・膝をついて私に謝った。 教えたことはすべて間違っていたと・・・私に言い、泣きながら懇願した、帰ってきてくれと・・・。 戦士隊の地位も名誉マーレ人の称号もすべて捨てていいから帰ってきてくれと・・・。 男は・・・私の父親だった。 私を・・・自分の娘だと思っていた。 私には帰りを待つ父親がいる。 そして・・・私と同じように、他の人にも大事な人がいる・・・もうすべてがどうでもいいとは思わない、私はこれまでに取り返しのつかない罪を犯したと思ってる。 でも、父の元へ帰るためなら、また同じことをやる。 アニの話を聞いたヒッチは、それが聞けてよかった・・・と答えます。 でも、あんたが父親のもとに帰っても、瓦礫と死体しかないと思うと言うヒッチに、「・・・そうね」と答えるアニ。 アルミンではなくエルヴィンが助かるべきだった? レベリオ収容区 大勢のエルディア人がマーレ兵に詰め寄ります。 集団で口裏を合わせて逃げるつもりなんだろうとマーレ兵は言います。 世界中のエルディア人が収容所で同じことを訴えているはず、それも口裏合わせだと言うつもりかとアニの父親は言いますが、不可能ではないと言い切るマーレ兵。 貴様らはもうこの時点で共謀罪が確定だと言い、全員拘束すると言います。 マーレ兵はエルディア人達に手を頭の後ろにまわし、両膝を地面につくよう命令し銃口を向けます。 アニのことを思い出すアニの父親。 (・・・だから、約束してくれ、帰ってくるって・・・) (わかった・・・約束する) アニの父親はマーレ兵に飛びつき銃を奪おうとします。 場面は変わり、訓練兵から怪我の治療をうけるキース教官。 イエーガー派が集結してこの砦を仕切っているため、早く逃げましょうと訓練兵は言いますが、もう自分の居場所はどこにも無いとキース。 キースは、イエーガー派は民衆に支持され、この島の主権を握るだろうと言います。 自分のような旧体制は払拭される他ないと。 訓練兵は、自分達はキース教官の助けがなければ数時間前に死んでいた・・・何があっても自分達が教官を守りますと言いますが、自分が何のためにしょんべん小僧共の足蹴を大人しく受けたと思っておるのだと言います。 キースは訓練兵達に、イェーガー派に従い決して背くなと伝えます。 せいぜいお前達が守れるのは自分の身くらいだ、このまま体制の中にいろと。 ただし、いつか立ち上がるべき日が来る・・・それまで・・・決して自分を見失うなとキース。 再び場面は変わり、ラガコ村へ向かったコニーを止めるため、出発の準備をするアルミン。 ミカサは、今からではコニーには追いつけないし、追いつけたとしても母親を人間に戻すことを諦めろって言うの?と聞き、言うよと答えるアルミン。 アルミンは言います。 ダメだったとしても・・・できる限りのことを行動で示さなきゃいけない。 じゃないと・・・ガビの信用を得られない、あの子が頼りだ。 まだどこかに潜んでるライナーや車力の巨人を大人しくさせられるかどうかが懸かってる。 九つの巨人の継承を懸けた問題が消えるわけじゃないから・・・最悪なのは・・・この巨人の力を巡って争い続けた2000年の歴史を繰り返すことだ・・・この小さい島の中で。 とにかく、今できるだけのことをしなくちゃ・・・こじんまりした今後の人類史に大きく影響するだろうから! さらにアルミンは力を込めて言います。 コニーに言うよ! お母さんはひっくり返った巨人のままでもいいんじゃないかって!! 行こうとするアルミンに、ミカサは聞きます。 私はどうしたらいいの? ジャンの手助けをしなよ・・・少しは自分で考えて・・・と答えるアルミンに、エレンのこと・・・どうするの?と聞くミカサ。 アルミンは苛立ち叫びます。 わからないよ! それに・・・!どうしようもないだろ!? ハンジさんと兵長は殺されたかもしれないし! フロック達が僕らにも銃口を向けるかもしれない! それに・・・!アニが復活したかもしれない! もう兵団の指揮系統も機能していない! 無秩序だ! そうだ・・・ヒストリアも危険になるかもしれない・・・義勇兵やアズマビト、ニコロの立場も危ういことになる・・・。 だから!もうどうしようもない、エレンのことなんか考える余裕はないよ! そのくらいわかるだろ!? ごめん・・・と謝るミカサ。 アルミンも冷静になります。 エルヴィン団長がこの場にいたら・・・こんな不様に当たり散らしたりしなかったのにね・・・とアルミン。 今、答えが出た、生き返るべきだったのは、僕じゃなかったとアルミンは言い、部屋を出ます。 無言のミカサ。 ここでミカサはマフラーが無いことに気付きます。 フロックが義勇兵を制圧する 砦を占拠しているイェーガー派。 その中心人物がフロック。 義勇兵の腕を撃ったフロックを止めるジャン。 ジャンは、一体誰がお前にお山の大将を気取って欲しいと頼んだ?と聞き、よく聞いてくれたなジャンとフロック。 フロックは集めた義勇兵達へ向けて言います。 フロックは続けます。 それでもこの島で、エルディア帝国のために力を貸してくれる者がいるなら声を上げよ! 我々は歓迎し、エルディア人として迎える! フロックに腕を撃たれた義勇兵は、ふざけるなクソ野郎!と叫びますが、フロックは「彼に敬意を」と言い義勇兵の頭を撃ち抜きます。 彼は鉛玉に屈することなく義勇兵の誇りを貫いたとフロックは言いますが、でも・・・誇りに死ぬことはない、いいじゃないか屈したって・・・と。 こんな死に方をするより、生きてたほうが・・・とフロック。 フロックは義勇兵達に、考える時間を与えると言い、全員を牢へ入れるよう命令します。 両膝を地面につくジャン。 そこへミカサがやってきます。 何があったのかをジャンに聞くミカサですが、無言のジャン。 フロックはジャンに言います。 さっきの質問だが、俺はエレンの代弁者だ。 エレンが島の外の問題を完全解決するなら、俺も島の中の遺恨を完全に消し去る。 おれ達は4年間・・・あの地獄を生き残ってようやくこれを手にしたんだ・・・。 これがなにかわかるか? 自由だよ! もうお前らは戦わなくていい、好きに生きていい。 なぁジャン、お前は憲兵になって内地で快適に暮らしたかったんだろ? そうしろよ、お前は英雄の一人なんだから。 フロックの話を聞き、「終わった・・・のか?」と聞くジャン。 終わったと答えるフロック。 だからもう昔のジャンに戻れよ、いい加減でムカつく生意気なヤローにと。 ミカサはフロックに、リヴァイ兵長とハンジ団長はどうしたのか聞き、残念ながらジークに殺されたと答えるフロック。 リヴァイが生きてたけど瀕死の状態 再び場面は変わり、ファルコを後ろに乗せラガコ村へ向かうコニー。 ファルコはコニーに、助けてもらったお礼を述べますが、ずっと北に進んでいる理由を聞きます。 記憶喪失のファルコを安全な病院まで送るため、危険な南から離れたほうがいいとコニーは答えます。 さらに、自分は兵士だからそのくらいのことをやって当然だと、自分に言い聞かせるように話すコニー。 コニーは家族のことを思い出します。 (コニー、みんなを守る立派な兵士になっておくれ) 俺は兵士になった。 父ちゃんも、サニーもマーティンももう・・・戻ってこないけど、母ちゃんだけは取り戻せる。 もう少しだけ待ってくれ、母ちゃん・・・俺は兵士になって・・・そして・・・。 再度コニーに感謝するファルコ。 自分ひとりのためにここまでしてくれるなんて・・・と。 ファルコは心の中で、コニーがいい人で良かったと考えます。 なんとかして南に戻らなきゃ、兄貴とガビに合流したところまでは覚えてる・・・。 でも・・・その後は一体、何があったんだ? 記憶がないなんて、俺の中の脊髄液・・・。 兄貴とガビ・・・マーレ軍の戦闘はどうなった・・・? もう・・・飛行船で撤退したのかもしれない・・・。 それに・・・コニーさん、俺は・・・どこかで見たことがある気がするんだけど、コニーさんが俺を知らないなら・・・気のせいか・・・。 上空の飛行船を見ながら、あの進路と速度から考えると、撤退船はあのままマーレに戻るようですねと、車力の巨人の上で話すピークとマガト。 マガトは、これでいち早く本国に事態を知らせることができるため、賢明だと言います。 ピークは、アレ(地ならし)を止める策は何かお有りでしょうか?とマガトに聞き、「・・・無い」と断言するマガト。 ただ・・・最後までみっともなくもがくまでだとマガトが言った瞬間、後ろから「あの・・・」との声が。 車力の巨人を動かし、臨戦態勢になるピークとマガト。 声の主はハンジで、とりあえず食べないで!とハンジは両手を上げます。 こちらには何の武器もありませんと説明するハンジ。 ハンジの後ろには馬と、馬が引いている荷台があり、あっちにいる人間は人畜無害の死にぞこないなのでご安心下さいとハンジは言います。 ハンジが言う人畜無害の死にぞこないとは、リヴァイのことで、顔中を包帯で巻かれ意識がない様子のリヴァイ。 すでに瀕死の状態に見えます。 最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。 進撃の巨人125話の感想 進撃の巨人125話ですが、場面が変わりまくって怒涛の展開でした。 アニとヒッチ、アニの過去と父親、エルヴィン団長ではなく自分が生き返ったことを気にするアルミン、フロックによる制圧、ファルコを連れてラガコ村へ向かうコニー、そして最後に登場したハンジとリヴァイ。 昨年末に、諫山先生が2020年の連載完了を明言されてましたが、今回の125話を読むとなんか一気に現実味がわいてきます。 あまりにも展開が早すぎて、今後がどうなるのか全くわからないのですが、驚きの連続が待っていそうな予感だけはします。 最後まで目が離せなそうで今から楽しみですね。 進撃の巨人126話のネタバレはコチラになります。

次の

進撃の巨人ネタバレ最新127話確定【物語は一気に展開する】

進撃の巨人ネタバレ 126

2020年8月7日 土 発売の別冊少年マガジンに掲載予定の進撃の巨人本誌131話のネタバレ最新確定速報をお届けします。 進撃の巨人の では、故郷を助ける方法がないと判明し、絶望するアニ。 父親に会えないと知ったアニは生きる希望を失ってしまいます。 さらに、エレンの回想からイェレナ、フロック、ヒストリアと密会していた内容が明らかに。 ついに超大型巨人はマーレに上陸しますが、その背後には骨だけになったエレンの姿が…。 このまま人類は滅ぼされてしまうのでしょうか? 今回は「【進撃の巨人本誌ネタバレ131話最新話確定速報】生きていたフロックが一波乱起こす?」と題し紹介していきます。 現在進撃の巨人は131話となっていますが、これまでの進撃の巨人の話を読み返したいと思われる場合は、進撃の巨人の単行本を 電子書籍でお得に読みましょう。 更には2020年秋に進撃の巨人アニメFinalSeasonも始まりますので、アニメも一緒にイッキ見してみませんか? 今すぐ読み直したいと思ったら下のリンク先で、おすすめのサイトを紹介していますのでチェックしてください。 進撃の巨人ネタバレ最新話131話考察 はい、みんなフロックにごめんなさいはw? — ちとん mageyaha 進撃の巨人前話130では、ついに超大型巨人が到着してしまいました。 さらに、超大型巨人の後ろには、禍々しい姿となったエレンも確認できます。 今後どうなるのでしょうか? 進撃の巨人の考えられる展開を紹介していきたいと思います。 進撃の巨人ネタバレ最新話131話考察 ミカサを遠ざけるため? 時折ミカサに現れる、突発性の頭痛。 今回、この頭痛はアッカーマン特有のものではないことが判明しました。 以前エレンが言っていたアッカーマンの特性で、正しいのは以下の4つ。 長い歴史の中で出来た偶然の産物• 人のまま巨人の力を引きだせる• 条件が揃うと 極限状態になると 高い身体能力を発揮する• 過去のアッカーマン一族の戦闘経験が得られる 以上の4点をミカサに伝えつつ、「宿主を認識すると修正が発動する」という嘘を織り交ぜて話していたのです。 つまり、「ミカサがエレンに執着するのはアッカーマンの習性によるもの」こそが全くの嘘。 では、なぜエレンはミカサに嘘をついたのでしょうか。 それは、大切なミカサを守るため。 エレンは、自分のためにどんな危険なこともやってのけるミカサを、この戦いから遠ざけたかったのではないでしょうか。 進撃の巨人ネタバレ最新話131話考察 アルミンがアニに告白する? これまで怒涛の伏線回収が行われていますが、まだ回収されていない伏線も多く存在します。 その中で、近いうち回収されると考えられるのが「アニに対するアルミンの想い」です。 現在のアニは故郷が助からないと聞き、戦う理由がなくなったと絶望しています。 目標としていた「生きて父親と会うこと」が出来なくなり、アニは生きる意味を失ったように見えますね。 そこで語られるのが、アニに対するアルミンの想いではないでしょうか。 ここからアルミンがアニの希望になってくれれば、再びアニに生きる希望が湧くかもしれません。 クライマックスに向けて怒涛の伏線回収回が続いていますが、早めにアルミンとアニの関係をはっきりさせてほしいですね。 進撃の巨人ネタバレ最新話131話考察 フロックは本当に死んだのか? 海に落ちたフロックですが、このまま死んでしまうのでしょうか? 以前、死んだと思われた人物が実は生きていたという展開がありましたよね そう、あのリヴァイも、一度は死んだと見せかけて、数か月後に生きて登場したのです。 今回のフロックも確実に死んだという確証は持てません。 進撃の巨人では死ぬ瞬間まで描かれることが多いので、フロックの死の瞬間があいまいになっている今、この先再登場する可能性が高いでしょう。 進撃の巨人ネタバレ最新話131話考察 船にいる謎の人物は? これフロック?? — 陰テリ interinnn 進撃の巨人130話で描かれた、上空から見た船の図。 よく見ると後ろ側の方に誰か立っていますよね。 実はこれ、海に落ちたはずのフロックなのではないでしょうか? 上記でも説明しましたが、フロックの死の瞬間は描かれず、まだ生きている可能性は十分にあります。 さらに、ようやくエレンとフロックの交わした言葉が明らかになった今、このままフロックが死んでしまうのはあっけない気がします。 そのため、ここに描かれているのはフロックで、船上でもう一波乱起こしてくれるかもしれません。 進撃の巨人ネタバレ最新話131話考察 ファルコは空を飛ぶ能力を持っている? 巨人化したファルコですが、その姿はこれまでの顎の巨人と似て非なる不思議な姿をしていました。 一番の特徴は、体中に生えたふわふわの体毛と、鳥のような手 足?。 また、鼻から下は嘴のような部分に覆われています。 本来、顎の巨人の力だけを継承すれば、このような姿にはならないはず。 となると、獣の巨人であるジークの脊髄液を取り込んでいることが大きく作用しているのではないでしょうか。 もしそうだとすれば、23巻の1ページのファルコの言葉と93話での元帥の言葉は伏線だったという可能性が…。 また、130話では空を飛ぶ鳥が印象的に描かれており、こちらも鳥=ファルコの能力を示唆しているのかもしれません。 ハンジたちの間では飛行船を整備して使うという計画になっていますが、ファルコが飛行能力を持っているなら話が変わってきますね。 進撃の巨人ネタバレ最新話131話考察 感想・予想ネタバレツイート 効果音、効果線がない。 これらの多様で迫力を出していたが、今回は逆に使わないことで人類史上最大の惨劇、大きな嵐の前の静けさを表現している。 エレンは牢獄の檻のような肋骨、操り人形や吊るされた男のような状態。 怒りと憎しみの奴隷ということであろうか。 兵長がぐるぐる巻きのまま最終回を迎える進撃の巨人はかなり嫌ですね… ジークを誰が討つかとか、13年ルールがどうなるかとか、気になることがいっぱいです。 あっちこっちでクソデカ感情が… アニ可愛い 艦隊のシーンはゾクっとした 始祖の巨人が進撃の巨人を傀儡の様に吊るしているデザインやばい ヒストリアの想いがすごい エレンの想いも。 どうなるのこれ。

次の

最新ネタバレ『進撃の巨人』125

進撃の巨人ネタバレ 126

スポンサーリンク 進撃の巨人ネタバレ最新127話「ミカサたちが合流?」 ミカサが進撃の巨人世界をループしてる説、幼少エレンがミカサを救うシーンの窓の数が怪しい — MARS. TV【テラフォーマーズ研究所】YouTube垢🌏ゴキブリ駆除 l2H2md74QS3RjID 森の中からイェーガー派兵士を撃っていた人は、生き残ったハンジでした。 なんとか、追手がいなくなったのを確認して、草むらに横たわるリヴァイに話しかけています。 ただ、話しかけられた傷だらけのリヴァイは返事をすることはありません。 ハンジは自分たちじゃジークを止められないと感じており、アルミンやピクシスに任せるのか? これまで、正しいことをしてきた自負はあるものの、時代が終われば牢屋行きだと感じてるようで、ハンジはこれからのことを悲観しています。 悩んでいたハンジにエレンの声が聞こえてきます。 意識を取り戻すリヴァイ エレンの声をリヴァイも聴いたのではないかと思ってハンジが振り向くと、リヴァイの意識の戻っていました! ハンジはリヴァイに何があったのかと尋ねると、自分の失態でジークを取り逃してしまったと言います。 そして、リヴァイの目的はジークを殺すことだとリヴァイは言って、ハンジと共に行動することになります。 お互いの利害が一致するということで、ハンジはリヴァイと協力しすべきだと言います。 マガトはというと、リヴァイとハンジに何か裏があるのでは?と警戒しています・・・ しかし、リヴァイのケガ具合を見たマガトは、ハンジとリヴァイが捨て身の覚悟でこの場にいるのだとを感じます。 そして、ハンジは大きくて太刀打ち出来そうもない始祖の巨人に立ち向かうためには、みんなで力を合わせるしかないと。 コニーの葛藤 コニーはというと、母親にファルコを食べさせるにはどうしたらよいか悩んでいます。 そもそも、自分を信じてくれている、こんないい子を食べさせていいだろうか・・・ サシャであればこの葛藤を理解してくれるだろうと、コニーとファルコはラガコ村へ向かっていました。 ファルコはコニーの独り言を聞いていて、ここがラガコ村であることや、コニーがサシャの友人であることも知っているようです。 コニーが面白いものを見せてやるといって、ファルコを母親のもとへ誘導し、巨人の歯磨きを手伝うことになります。 コニーとしては、歯を磨かせる隙にファルコを母親の口の中に落とす算段のようです。 そこに到着したアルミンとガビは、何とかコニーを止めようと説得しています。 アルミンは正論ばかり言っており、バカの考えることはわからないだろうと。 さらにファルコは、顎の巨人の力を継承していることを知らなかったようです。 その時、アルミンはコニーの母親のもとへ行って自分を食べさせようとします! 何とか、危機一髪のところでアルミンはコニーによってなんとか助けられ、ガビとファルコが再会に涙する場所から少し離れると、言葉少なに会話するコニーとアルミン。 コニーは母親に「立派な兵士になれ」と言われていたにも関わらず、子供や友人を殺すところだったと後悔していました。 アルミンも、自分は団長のようにはなれないと落ち込んでいるようです。 こうしてコニーは改めて「自分は立派な兵士になりたい、そのために困っている人を助けに行こう」と決意し、その目にはもう迷いや葛藤はありませんでした。 アニとの再会 ミカサは病院にいるルイーゼのもとへ向かうと、マフラーはやはりルイーゼが持っていました。 ルイーゼは自分の腹には雷槍の破片が入り込んでもう取り出せないと言い、エレンの作る自由な世界に生きることが出来ないと落胆しています。 そして、このマフラーはエレンに捨ててほしいと言われたと。 ルイーゼは捨てるくらいならと言いますが、ミカサはルイーゼの言葉を遮ってマフラーを取り返します。 ライナーのもとへ急いでいたのは、アルミン、コニー、ガビ、ファルコ。 アルミンとコニーは、アニの硬質化がとけたかもしれないと話していると、フードを被った横にいる女性が盛大に吹き出します。 なんと、そこにいたのはパイを貪り食うアニだったのです 笑 まさかの再会と、4年ぶりのパイを貪り食うアニの姿を見たコニーは笑っています。 パイを取りに行っていたヒッチがテーブルに戻る頃には、そこにはアニの姿はありませんでした。 同期の決意とは? 世界を収めるフロッグ。 エレンの意思を継いで、イェーガー派がパラディン島を統治することになったようです。 そして、イェレナとオニャンポコンの罪状を読み上げて、今まさに処刑されようとしています。 すでにイェレナは諦めているのか、罪状に対して何も言い返しませんでした。 オニャンポコンだけは、この罪状に反論しています。 反論しようとオニャンポコンが後ろを向いたその時、後ろにいたジャンの手元が狂って2人を撃ち損ねます・・・ フロッグは「何のつもりだ!」とジャンに尋ねていると、民衆の後方から車力の巨人が現れジャン、イェレナ、オニャンポコンの3人は車力の巨人の口の中へ飲み込まれてしまったのです! フロッグはすぐにミカサを呼びますが姿はありません。 3人は車力の巨人によって食べられたと思いましたが、実はジャンがハンジ、リヴァイ、ピーク、マガトと協力していたようです。 オニャンポコンは、イェーガー派にいればそれなりの地位約束されていただろうと言います。 しかし、ジャンとしては自分でもそうしていたかったが、それだと自分で自分が許せなくなるのだと言います。 どうやら、4年前のマルコの死を今でも気にしているようですね。 そして、イェレナはどうして自分まで助かったのか気になっていましたが、どうやらイェレナを生きたまま引き渡すことが、車力の巨人の力を借りるための条件だったようです。 その条件を強く望んだのは他ならぬマガトだったのです。 アニは眠っているライナーを蹴り上げます! 起き上がるとその周りにはコニー、アルミン、ミカサ、ガビ、ファルコが勢ぞろいです。 ガビとファルコは、みんな味方だから安心しろと言いますが寝起きのライナーはこの状況を理解できていません。 コニーは冷たい目でライナーを見ながら、時間がないから早くしろと。 やはりコニーとしては、まだライナーのことを許していませんでした。 ライナーはどこに行くのかと尋ねますが、コニーは世界を救いに行くだけ言います スポンサーリンク 進撃の巨人ネタバレ最新127話「物語は一気に展開する?」 寝不足長とスッキリ長。 アルミンと一緒に困っている人を助けようと決意したようです! これからの展開はかなりスピード感を感じられるような展開になっていきそうですね。 主要キャラクターが勢ぞろい? ハンジと協力したピークは車力の力を借りることによって、ジャンとイェレナ、オニャンコポンを連れ去りました。 マガドはイェレナを連れ去って欲しいと条件を出しますが、イェレナに何の用事があるのでしょうか? アルミン達は無事ライナーと合流し世界を救いに行くようですが、コニーが中心になっていくのでしょうか? アニ、リヴァイ、ハンジとこれまで離脱していた、主要キャラも物語に本格的に合流してきたので、一気に展開していくことでしょう! エレンは止められない? エレンを止めるには、エレンを倒すかジークを奪うしかないと思います。 追いつく方法については、超大型巨人の列を立体機動装置を使う方法が一番でしょうね。 エレンに追いついたところで、首の後ろを雷槍で爆破するのが一番だと思います。 ただ、そうすんなり上手くは行かないでしょう・・・ スポンサーリンク 「進撃の巨人 ネタバレ 最新 確定」まとめ 進撃の巨人 -126- 『 このまま逃げ隠れて 何が残る.. 』 かろうじて 生き延びたリヴァイ 人差し指と中指を失い 刃を握れる 力は到底残っていない ライナーを継承させるとかして もう1回リヴァイの戦闘を見たいな.. 人類最強の兵士としての 次回が楽しみすぎる。

次の