結婚指輪 静岡。 静岡店|結婚指輪・婚約指輪

静岡店|結婚指輪・婚約指輪

結婚指輪 静岡

種類が多く自分の好みのデザインに必ず出会えると思います。 接客していただいた方もとても良い方で、信頼できると思いました。 値段はリーズナブルですが、充実の保証内容、店舗数も多いので今後のメンテナンスも安心できるところが魅力に感じました。 ー 20代女性様(2020年2月ご成約) 店員さんの接客がとても丁寧でした。 色々迷ったり考え込んだりした時にも急かされることなく、時間をかけて納得して購入することができました。 指輪についても、デザインが良いものが多く、たくさんの種類から吟味することができました。 指輪にストーリーが… ー 30代男性様(2020年3月ご成約) 指輪の良さは勿論のこと、コーディネーターの方が、私達の雰囲気を見て私達に1番合うオススメの指輪を選んでくださいました。 それが本当に素敵で。 色々な店を見て回りましたが、結局最終的にアイプリモさんに戻りました。 私達だけではとても選びきれないもの… ー 40代女性様(2020年2月ご成約) 私どもがお伺いした際に対応してくださった方が大変丁寧で心のこもった接客をしてくださり、大変嬉しかった為です。 お店自体のご説明、アフターフォロー、指輪のデザインの意味合いなど、とても丁寧にご説明くださいました。 下調べもせずに飛びこんだのです… ー 30代女性様(2019年12月ご成約) アフターサービスがしっかりしており、永久保証はかなり魅力でした。 対応して下さった店員の方がとても好印象でした。 相談もしやすく、こちらの要望も快く聞いていただけたところに感謝しました。 ー 20代女性様(2019年11月ご成約) 派手にはしたくない、でも自分たちらしいデザインにしたいと我儘を伝えたところ、ぴったりのリングを薦めてくれました。 指輪選びの1店舗目として伺いましたが、即決してしまいました。 たまたま買物に行った静岡店で購入したため、最寄りの店舗受取に変更した… ー 30代女性様(2019年9月ご成約) 指輪の紹介、説明など対応がとても親切丁寧でした。 アフターフォローもしっかりしていて、指輪を長く付けていく上でも安心感があります。 店内も高級感と落ちついた雰囲気で居心地が良かったです。 ー 30代女性様(2019年6月ご成約) 丁寧かつ分かりやすく指輪の説明をしていただいたのと、長い時間の滞在だったにも関わらず最後まで笑顔で対応していただきました。 ー 30代男性様(2019年5月ご成約) 店員さんもすごく優しくて、色々知識も丁寧に教えてくれて、仕草が綺麗だったり、商品も丁寧に扱っていたり、高いお買い物だけど接客も含めてアイプリモで買って良かったと自分が感じられたから。 ー 20代女性様(2018年8月ご成約) デザインが豊富であり、選択の幅があるのが良いと感じた。 また、応対いただいた担当者の方に親しみが持てると同時に、説明もわかりやすく丁寧であった。 ー 30代男性様(2018年7月ご成約) お店の雰囲気、接客、身だしなみが良く、品揃え、デザイン、価格、その後のサポートが充実しているので安心して購入できた。 ー 30代男性様(2018年6月ご成約) 担当して頂いた静岡店にいらっしゃった吉村さんの、親切な接客がとても心に響いたからです。 指輪の提案や説明がとても丁寧で、楽しい時間を過ごすことができました。 最終的にデザインに迷ったところで、気持ちよく背中を押して下さり、心から満足いく形で選… ー 20代女性様(2018年3月ご成約) QUESTION ご来店に関するよくあるご質問 ブライダルジュエリーについての知識がまったくなくて不安です。 店舗で詳しい説明をしてもらえますか? ジュエリーコーディネーターの資格を持つ専門スタッフがお客様一人ひとりの運命のリング選びをサポートいたします。 わからないことや不安なことがあれば、お気軽にご質問ください。 店舗に行く前に、予約をした方が良いですか? ご予約なしでもご覧いただけますが、事前にご予約をいただけるとお待たせすることなくスムーズにご案内させていただきます。 下見での来店を考えていますが、一通り見るにあたりどの位時間がかかりますか? お客様により様々ですが、ゆっくりご覧いただきますと、だいたい1時間半~2時間くらいお時間をいただく場合が多いです。 お急ぎの場合は、予めお伝え頂ければご都合に合わせてご案内いたします。 納期はどのくらいかかりますか? 出来上がりまでは4週間程度お時間を頂戴いたします。 お急ぎの場合は店舗にてご相談ください。 価格帯はどのくらいですか? 一般的な平均価格は婚約指輪が30~40万、結婚指輪は20~25万です。 様々なラインナップの中から、ご予算にあわせてご提案いたしますのでお気軽にご相談ください。

次の

杢目金屋の静岡本店店舗

結婚指輪 静岡

コンシェルジュからのご挨拶 徳川家康ゆかりの地として知られる駿府(静岡市)の城下町において、商業中心の歴史を積み重ねてきた呉服町通りに静岡本店はあります。 新しいものを一早く取り入れる気質に飛んだこの街で、イノベイティブなジュエリー「つながるカタチ」をお客さまに真心こめてお届けいたします。 住所 〒420-0031 静岡県静岡市葵区呉服町2-7-5• 営業時間 11:00~19:00• 定休日 当面の間 火・水曜日(祝日は営業)• TEL 054-275-1808• FAX 054-252-5037• MAIL• アクセス JR 東海道線/静岡駅「北口」より徒歩6分• 行き方• 駐車券をご用意しております。 取扱商品 婚約指輪(さくらダイヤモンドをご覧いただけます) 結婚指輪(つながるカタチの商品をご購入できます) その他「記念日」のジュエリーをオーダーいただけます• WEBからの来店予約で特典をご用意しております。 静岡本店に関するBLOGはこちらをご覧ください。 特別展示のご案内• 杢目金屋では伝統技術や文化を大切にし、「木目金」の研究のため関連作品を収蔵しています。 お客様にご覧になっていただけるように店舗にディスプレイもしております。 木目金小柄 江戸時代後期~明治時代 表:金色絵 裏:銀、銅(日本杢目金研究所収蔵) 『「浜モノ」の華やかさを支える木目金』 同じ仕様で数種類の違うデザインが存在します。 いずれも武士や雷神などがモチーフの日本のデザインが多く、いわゆる「浜モノ」(横浜から輸出された海外向けの品)という目的でつくられていたものと思われます。 表の彫刻は鋳造で作られ、裏には木目金が貼ってあります。 表の華やかさをしっかりと受け留める木目金の個性。 木目金の制作技術が安定し、量産の装飾にも使用できるようになったことを裏付けるものです。 この小柄の表の題材は「一条戻橋」。 京都の一条通堀川に架かっているこの橋にまつわる伝説は数多くあり、その一つ。 源頼光の四天王の一人、渡辺綱がこの橋で美女に逢い共に歩いていると、五条辺りで鬼の正体を現し愛宕山へ連れ去ろうと襲ってきた。 綱は主人頼光から預かっていた名剣「髪切丸」にて鬼の片腕を切り落とし難を逃れたというものです。 江戸時代の歌舞伎作者河竹黙阿弥はこの伝説を舞踏劇にしていて、当時の人々には馴染みの深い題材だったのでしょう。 グリ彫り鐔 銘 高橋興次 江戸時代後期 赤銅、銅(日本杢目金研究所収蔵) 『グリ彫りの名手としての高橋興次』 均整のとれたグリ彫りの装飾文様からは柔軟で豊かなデザインセンスを感じ取ることができます。 興次は江戸赤尾派と呼ばれる鐔工の流れをくむ高橋派の二代目です。 現在の新橋辺りに住んでいた記録が残っています。 初代の正次はグリ彫りを得意としましたが、興次もまた木目金と共にさまざまな興味深いグリ彫りの作品を残しました。 「吉野川図鐔」等に見られる木目金によるイメージの表現を極めた興次は、グリ彫りにおいてもその技術を完成させた名手と言えるでしょう。 繊細な木象嵌 もくぞうがん により富士山が描かれた百人一首を収めた箱です。 木象嵌とは、寄木細工(よせぎざいく)と並ぶ箱根の伝統工芸であり、「富士山」「箱根」とゆかりのある静岡店でお客様にご覧いただいています。 木目金の研究活動を品質向上に繋げています•

次の

静岡・浜松に密着した結婚式場・結婚指輪・婚約指輪の情報サイト

結婚指輪 静岡

コンシェルジュからのご挨拶 徳川家康ゆかりの地として知られる駿府(静岡市)の城下町において、商業中心の歴史を積み重ねてきた呉服町通りに静岡本店はあります。 新しいものを一早く取り入れる気質に飛んだこの街で、イノベイティブなジュエリー「つながるカタチ」をお客さまに真心こめてお届けいたします。 住所 〒420-0031 静岡県静岡市葵区呉服町2-7-5• 営業時間 11:00~19:00• 定休日 当面の間 火・水曜日(祝日は営業)• TEL 054-275-1808• FAX 054-252-5037• MAIL• アクセス JR 東海道線/静岡駅「北口」より徒歩6分• 行き方• 駐車券をご用意しております。 取扱商品 婚約指輪(さくらダイヤモンドをご覧いただけます) 結婚指輪(つながるカタチの商品をご購入できます) その他「記念日」のジュエリーをオーダーいただけます• WEBからの来店予約で特典をご用意しております。 静岡本店に関するBLOGはこちらをご覧ください。 特別展示のご案内• 杢目金屋では伝統技術や文化を大切にし、「木目金」の研究のため関連作品を収蔵しています。 お客様にご覧になっていただけるように店舗にディスプレイもしております。 木目金小柄 江戸時代後期~明治時代 表:金色絵 裏:銀、銅(日本杢目金研究所収蔵) 『「浜モノ」の華やかさを支える木目金』 同じ仕様で数種類の違うデザインが存在します。 いずれも武士や雷神などがモチーフの日本のデザインが多く、いわゆる「浜モノ」(横浜から輸出された海外向けの品)という目的でつくられていたものと思われます。 表の彫刻は鋳造で作られ、裏には木目金が貼ってあります。 表の華やかさをしっかりと受け留める木目金の個性。 木目金の制作技術が安定し、量産の装飾にも使用できるようになったことを裏付けるものです。 この小柄の表の題材は「一条戻橋」。 京都の一条通堀川に架かっているこの橋にまつわる伝説は数多くあり、その一つ。 源頼光の四天王の一人、渡辺綱がこの橋で美女に逢い共に歩いていると、五条辺りで鬼の正体を現し愛宕山へ連れ去ろうと襲ってきた。 綱は主人頼光から預かっていた名剣「髪切丸」にて鬼の片腕を切り落とし難を逃れたというものです。 江戸時代の歌舞伎作者河竹黙阿弥はこの伝説を舞踏劇にしていて、当時の人々には馴染みの深い題材だったのでしょう。 グリ彫り鐔 銘 高橋興次 江戸時代後期 赤銅、銅(日本杢目金研究所収蔵) 『グリ彫りの名手としての高橋興次』 均整のとれたグリ彫りの装飾文様からは柔軟で豊かなデザインセンスを感じ取ることができます。 興次は江戸赤尾派と呼ばれる鐔工の流れをくむ高橋派の二代目です。 現在の新橋辺りに住んでいた記録が残っています。 初代の正次はグリ彫りを得意としましたが、興次もまた木目金と共にさまざまな興味深いグリ彫りの作品を残しました。 「吉野川図鐔」等に見られる木目金によるイメージの表現を極めた興次は、グリ彫りにおいてもその技術を完成させた名手と言えるでしょう。 繊細な木象嵌 もくぞうがん により富士山が描かれた百人一首を収めた箱です。 木象嵌とは、寄木細工(よせぎざいく)と並ぶ箱根の伝統工芸であり、「富士山」「箱根」とゆかりのある静岡店でお客様にご覧いただいています。 木目金の研究活動を品質向上に繋げています•

次の