高温期10日。 高温期10日目の症状について解説!フライング検査や基礎体温の変化と体調なども紹介

高温期10日目についての考察

高温期10日

初めての人工授精なのでソワソワすごいです。 記事は書かなかったですが、早くから検査薬を試していました。 検査薬でも陽性が出れば妊娠の可能性が高いとネットにあったので早くから試してしていました。 高温期9日目 海外製検査薬 薄く陽性 高温期10日目 海外製検査薬 薄く陽性 茶オリ 高温期11日目 海外製検査薬 薄く陽性 茶オリ 海外製妊娠検査薬 陰性 11日目の妊娠検査薬は陰性…。 私は検査薬はいつでも薄い陽性が出るタイプですが、特に濃くもならず切ない日々でした…。 検索魔になっていました。 検索の結果を総合すると、私のようなパターンは望み薄。 がっかり。 しかも、高温期11日目にガクッとが下がり、茶オリもあったので、もう生理かと。 こんなに早く生理になるのかと絶望。 あきらめて病院の予約をしました。 ですが、高温期12日目の今日。 が復活。 朝6時のクリアブルーで薄く陽性が出ました。 クリアブルーは蒸発線が出るとネットにあったので ドゥーテストが欲しくて薬局へ。 必要らしいと最近知りました。 最近、新幹線にハマってます。 で、こちら。 嬉しい~!! ちゃんと写真にも写ってます。 検査薬も今朝のです。 全然濃くないです。 フーナーテスト0は伊達じゃなかった…。 人工授精すごいです。 高温期11日目で陰性でガックリされてる方。 検査薬が陽性にならないとガックリされてる方。 化学流産しました。 だから陽性が出るのが遅かった可能性もあります…。 胎嚢確認できず初期流産の経験もあります。 このままがんばって欲しい。 検査薬が濃くなりますように。 s-yuyu.

次の

高温期10日目の症状について解説!フライング検査や基礎体温の変化と体調なども紹介

高温期10日

後半の高温期10日目くらいにインディップがあったり生理前or妊娠症状が少なくなったりすることについて考えてみました。 高温期10日目の今日、がガクンと下がり、日中の体のほてりもありません。 いつの間にか乳首痛もなくなっています。 胸の張りはあります。 昨日に比べると眠気はありません なんとなくぼんやりというか、思考停止気味な感じはあります。 わたしの周期の傾向は、高温期が14日続き生理当日に体温が下がる感じで、生理が来てから下がるパターンもあります。 でも、高温期10日目に下がってそのまま生理のパターンはないので今回の変化もおそらくリセット前ではないと思いました。 体温を高くするのは女性ホルモンのです。 いろんな資料を見ていたら、は高温期6〜9日目くらいにマックスになりそれから少なくなっていくようです。 数日高く維持されていたの分泌が少なくなってくるために体温が下がったり、症状の程度が軽くなるのかなと思いました。 もしかするとインディップはの減少によるものなのかもしれないですね。 妊娠していない場合はが減少しても体は慌てません。 でも妊娠している場合は、は乳房にも子宮にもたくさん働きかけないといけないし、なのにそこで減少されたら体温の上昇まで手が回らなくて一端下がるのかなと予想しました。 妊娠している場合は再びが増えるので、再度体温を上げることができます。 妊娠していないとが少なくなっても体の需要も小さいから体温は下がらず、妊娠している場合でもが充分に分泌されている人は体温上昇作用までしっかりと行き届くからインディップはないのかなぁと思いました。 今周期妊娠していると仮定すると、高温期7〜9日目にかけてが増加しかつhCGが分泌されたことでこの3日間に大きな変化があり、が減少し始めた今日、眠気などの症状が少しおさまったということかしら。 昨日hCG注射をしてもらったのに?と思いましたが、調べるとhCG自体に体温を上げる働きはないようですね。 hCGは、がなくならないように黄体を維持してくれるホルモンなんですね。 昨日18時に注射をしてもらい、6時間後の今日0時にhCGが血中に行き渡ったはずなので明日は今日より高い体温が期待できるということです。 hCG注射をしてもらわなくて、明日体温が上がった場合は妊娠していると判定できたわけですね。 したがって、の分泌が減少し始める高温期10日目あたりに体温が下がったり症状がなくなっても、次の日から上がったり再び症状が出てきたらが増加しだしたということになり、妊娠している可能性があるということです。 が充分分泌されている人は体温や症状は変化なしで、妊娠している場合更にが分泌されるわけですから、体温の二段階上がりもあり得るわけですね。 勝手に推察してみたことなので確証はありません。 人間の体っておもしろい。 hrnzm.

次の

D23【高温期11日目妊検画像アリ】福さん式で妊娠してる時の子宮口ってこんな感じなのねと実感【妊活2周期目】の記録

高温期10日

後半の高温期10日目くらいにインディップがあったり生理前or妊娠症状が少なくなったりすることについて考えてみました。 高温期10日目の今日、がガクンと下がり、日中の体のほてりもありません。 いつの間にか乳首痛もなくなっています。 胸の張りはあります。 昨日に比べると眠気はありません なんとなくぼんやりというか、思考停止気味な感じはあります。 わたしの周期の傾向は、高温期が14日続き生理当日に体温が下がる感じで、生理が来てから下がるパターンもあります。 でも、高温期10日目に下がってそのまま生理のパターンはないので今回の変化もおそらくリセット前ではないと思いました。 体温を高くするのは女性ホルモンのです。 いろんな資料を見ていたら、は高温期6〜9日目くらいにマックスになりそれから少なくなっていくようです。 数日高く維持されていたの分泌が少なくなってくるために体温が下がったり、症状の程度が軽くなるのかなと思いました。 もしかするとインディップはの減少によるものなのかもしれないですね。 妊娠していない場合はが減少しても体は慌てません。 でも妊娠している場合は、は乳房にも子宮にもたくさん働きかけないといけないし、なのにそこで減少されたら体温の上昇まで手が回らなくて一端下がるのかなと予想しました。 妊娠している場合は再びが増えるので、再度体温を上げることができます。 妊娠していないとが少なくなっても体の需要も小さいから体温は下がらず、妊娠している場合でもが充分に分泌されている人は体温上昇作用までしっかりと行き届くからインディップはないのかなぁと思いました。 今周期妊娠していると仮定すると、高温期7〜9日目にかけてが増加しかつhCGが分泌されたことでこの3日間に大きな変化があり、が減少し始めた今日、眠気などの症状が少しおさまったということかしら。 昨日hCG注射をしてもらったのに?と思いましたが、調べるとhCG自体に体温を上げる働きはないようですね。 hCGは、がなくならないように黄体を維持してくれるホルモンなんですね。 昨日18時に注射をしてもらい、6時間後の今日0時にhCGが血中に行き渡ったはずなので明日は今日より高い体温が期待できるということです。 hCG注射をしてもらわなくて、明日体温が上がった場合は妊娠していると判定できたわけですね。 したがって、の分泌が減少し始める高温期10日目あたりに体温が下がったり症状がなくなっても、次の日から上がったり再び症状が出てきたらが増加しだしたということになり、妊娠している可能性があるということです。 が充分分泌されている人は体温や症状は変化なしで、妊娠している場合更にが分泌されるわけですから、体温の二段階上がりもあり得るわけですね。 勝手に推察してみたことなので確証はありません。 人間の体っておもしろい。 hrnzm.

次の