ペネトレーション テスト ツール。 ペネトレーションテスト(通称;ペンテスト)

ペネトレーションテストツール「Metasploit 5.0」が公開

ペネトレーション テスト ツール

これより、AWS のお客様は、8 つのサービスを事前に承認することなく、AWS インフラストラクチャに対するセキュリティ評価または侵入テスト 次のセクションの「許可されたサービス」に一覧表示しています を実施できるようになります。 これらのアクティビティが、以下に述べるポリシーに適合していることを確認してください。 注: お客様が AWS インフラストラクチャまたは AWS のサービス自体のセキュリティ評価を実施することは許可されていません。 セキュリティ評価の実施中に AWS のサービス内でセキュリティ問題を発見した場合は、すぐに ください。 AWS がお客様のセキュリティテストに関連するアクティビティについての不正使用レポートを受け取った場合、お客様にそのレポートを転送します。 回答する際には、報告されたアクティビティの根本的な原因と、報告された問題の再発を防ぐために実施した内容の詳細を記入してください。 詳細は をご覧ください。 AWS のサービスのリセラーは、顧客のセキュリティテストアクティビティに関する責任を負います。 AWS では、迅速に応答し、進捗状況をお伝えすることに努めます。 まで直接 E メールでご連絡ください。 日付、関係するアカウント、関係するアセット、連絡先情報 電話番号や予定されているイベントの詳細な説明など を必ず含めてください。 最初にご連絡を受けてから 2 営業日以内に、申請を受け取った旨を非自動返信でご連絡いたします。 お客様がリクエストと一緒に提出された情報は、確認後に適切なチームに引き渡され、評価されます。 このようなリクエストの性質から各申請は手作業で確認されるため、返信には最長で 7 日かかります。 評価の完了に追加情報が必要であるかどうかに応じて、最終決定にはさらに長い期間がかかる可能性があります。 テスト結果 AWS のセキュリティ評価ツールおよびサービスの使用に関するポリシーによって、他の AWS ユーザーの保護と AWS 全体のサービス品質を確保しながら、AWS アセットのセキュリティ評価を実施する優れた柔軟性が得られます。 AWS アセットのセキュリティ評価を実施するという目的を満たす、公共、プライベート、商用、オープンソースのさまざまなツールやサービスがあるということを AWS は理解しています。 「セキュリティ評価」という用語は、AWS アセットでセキュリティ管理の有効性または存在を判断する目的で行われているすべてのアクティビティを指します。 これには、AWS アセットに対して、AWS アセット内またはアセット間でリモート実行されている、あるいは仮想化されたアセット自体の中でローカルに実行されているポートスキャニング、脆弱性のスキャニングとチェック、侵入テスト、エクスプロイト、ウェブアプリケーションスキャニング、さらにあらゆる挿入、偽造、ファジング行為などが含まれます。 AWS アセットのセキュリティ評価を実行するためのツールやサービスの選択に制限はありません。 ただし、お客様所有の、あるいは他のユーザーの AWS アセットに対するサービス妨害 DoS 攻撃や攻撃をシミュレートしたものを実行するためのツールやサービスの利用は固く禁止されています。 禁止されるアクティビティには、以下が含まれます ただしこれに限定されません。 プロトコルフラッディング 例: SYN フラッディング、ICMP フラッディング、UDP フラッディング• リソースリクエストフラッディング 例: HTTP リクエストフラッディング、ログインリクエストフラッディング、API リクエストフラッディング DoS に対して脆弱であることが知られているバージョンのリストと比較する目的で、「banner grabbing」などのソフトウェア名とバージョンを判断するための AWS アセットのリモートクエリのみを実行するセキュリティツールは、このポリシーに違反していません。 また、リモートまたはローカルのエクスプロイトのために、セキュリティ評価の一環として、必要に応じて一時的にあるいは永続的に AWS アセットをクラッシュさせるのみのツールやサービスはこのポリシーに違反しません。 ただし、前述のように、このツールはプロトコルフラッディングやリソースリクエストフラッディングには関与しない可能性があります。 シミュレートされたものも含み、他の方法において DoS 状態を作成したり、存在を決定したり、実行したりするセキュリティツールは、明示的に禁止されています。 前述のように、いくつかのツールやサービスには、不適切に使用された場合や、明示的なテストやチェック、ツールやサービスの機能として使用された場合に、本質的にあるいは隠れて、実際の DoS 機能が含まれます。 そのような DoS 機能を持つセキュリティツールやサービスには、Dos 機能の無効化、解除、あるいは無害化できる明示的な能力が備わっている必要があります。 そうでない場合、そのツールやサービスはセキュリティ評価のいかなるファセットにも採用されない可能性があります。 AWS のお客様は、以下の責任を負うものとします。 1 セキュリティ評価を実行するために使用されるツールとサービスが適切に設定され、DoS 攻撃やそのようなシミュレーションを実行しない方法で正常に動作していることを確認する。 2 AWS アセットのセキュリティ評価の前に、使用したツールまたはサービスが DoS 攻撃またはそのようなシミュレーションを実行していないことを独自で検証する。 AWS のお客様の責任には、契約したサードパーティがこのポリシーに違反しない方法でセキュリティ評価を実施することを保証することが含まれています。 さらに、お客様のテストやセキュリティ評価によって発生した AWS や他の AWS のユーザーへのすべての損害において、お客様が責任を負うものとします。

次の

Metasploitable3 & Kali Linux 導入

ペネトレーション テスト ツール

2019年3月15日 常識を疑え!ハッカー視点のセキュリティ 筆者)株式会社トライコーダ 上野宣 第13回 脆弱性診断とペネトレーションテストの違い 本連載でもたびたび登場する「ペネトレーションテスト」ですが、セキュリティのテストである「脆弱性診断」とは何が違うのでしょうか。 両者はどちらもセキュリティのテストですが、目的や手法、得られる結果などが異なります。 Webアプリケーション脆弱性診断ガイドラインなどを作成している「脆弱性診断士スキルマッププロジェクト()」の代表も務める筆者がこの2つの違いを解説します。 脆弱性診断とペネトレーションテストの違い 「脆弱性診断」と「ペネトレーションテスト」は何が違うのでしょうか。 事業者によっては「脆弱性診断」を「セキュリティ診断」や「セキュリティ検査」、「脆弱性検査」と言っているところもあります。 「ペネトレーションテスト」は「侵入テスト」と呼ばれていることもあります。 脆弱性診断 目的:脆弱性とセキュリティ機能の不足を網羅的に調査 手法:ガイドラインなどに従って定型的な手法で調査を行う 調査対象:指定されたWebアプリケーションやIPアドレスごと 結果:発見された脆弱性やセキュリティ機能の不足の一覧(リスクの高いものから低いものまですべて) ペネトレーションテスト 目的:明確な意図を持った攻撃者にその目的が達成されてしまうかを検証 手法:実際の攻撃者が使用しているツールや脆弱性、ソーシャルエンジニアリングなどを利用して一定期間内で目的を達成できるかの調査を行う(網羅的に脆弱性の調査を行うわけではない) 調査対象:その組織が持つすべてのシステム、もしくは指定されたシステム全体 結果:目的達成までの侵入経路や行った攻撃シナリオ まず、大きく違う点としては、脆弱性診断は網羅的に脆弱性を探すサービスなのに対して、ペネトレーションテストは網羅的な脆弱性の調査を積極的には行いません。 ペネトレーションテストの場合は、目的達成につながる脆弱性や問題点を1つでも利用できることがわかればいいのです。 つまり、脆弱性診断は発見された脆弱性やセキュリティ機能の不足をリスクの高いものから低いものまですべて報告するのに対して、ペネトレーションテストはそうではありません。 場合によっては、発見はしたけど、目的達成に関係がなくリスクの低い脆弱性であると報告書には記載されないこともあります。 ペネトレーションテストでは、作成した攻撃シナリオに合わせてマルウェア的なプログラムを作成し、ソーシャルエンジニアリングの手法によって従業員を狙ったりすることもあります。 また、マルウェアに感染した従業員がいて、すでに侵入されているという前提で、内部ネットワークのどこかからかテストを開始することもあります。 攻撃者が行うように、内部ネットワークの他のコンピューターを攻撃して乗っ取る横展開をしたり、Active Directoryがある場合にはドメイン管理者を乗っ取ったりすることで目的の遂行に近づきます。 貴社のセキュリティ対策は総合的に機能しているか? ペネトレーションテストが国内で話題になり始めたのは、金融庁が2018年5月に公開した『諸外国の「脅威ベースのペネトレーションテスト TLPT 」に関する報告書の公表について』という報告書が出た頃でしょう。 「脅威ベースのペネトレーションテスト(TLPT)」とは、対象企業ごとに脅威分析を行い、個別にカスタマイズした攻撃シナリオに基づいて現実の脅威を再現する実戦的な評価手法です。 ここで想定している「脅威」とは、明確な意図を持った攻撃者によってもたらされるものです。 攻撃者には動機があり、その動機によって組織の資産が脅かされます。 TLPTの目的として「現実世界をまねたサイバーインシデントに対する金融機関のレジリエンス能力を評価し、気づきを与えることにある」とあります。 「レジリエンス」とは「回復力」と言った意味ですが、サイバーの世界でのレジリエンスとは事故が起きることを前提として、被害からどう復旧するかであるとか、安全に運用されるための技術を整備するといったことを指します。 つまり、レジリエンス能力とは組織の被害を最小限に留める力です。 脆弱性診断は脆弱性診断士によって一方的にシステムの調査が行われますが、ペネトレーションテストでは攻撃側と防御側に分かれることもあります。 攻撃側を「Red Team」、防御側を「Blue Team」と呼びます。 攻撃側は実際に攻撃者が使っている手法を駆使して、目撃達成に向けて攻撃を仕掛ける一方、防御側はそれらを検知したり防御したりということをリアルタイムに行います。 通常、防御側はその組織のCSIRTなどがその役割を担います。 テスト実施後には、双方で議論を行う「Purple Teaming」が行われることもあります。 ペネトレーションテストを行うことは、貴社が導入しているセキュリティ対策や施策などが総合的に機能しているかを確かめることです。 ペネトレーションテストによって、技術的に弱い箇所や、プロセス的に問題のある箇所が浮き彫りになります。 もし、個別のセキュリティ対策には自信はあるが、総合力を知りたいという場合にはペネトレーションテストを依頼してみるとよいでしょう。

次の

ペネトレーションテスト(通称;ペンテスト)

ペネトレーション テスト ツール

ペネトレーションテスト(侵入テスト)とは? 「ペネトレーションテスト」とは、コンピュータシステムやネットワークなどのセキュリティホールを発見するために行うテストです。 実際に自社のシステムやネットワークに侵入し、さまざまなサイバー攻撃手法を講じます。 発見した脆弱性に対して実際に攻撃を行うため、システムの脆弱性によって起こりうる不正アクセスや情報漏洩のリスクが明らかになります。 またペネトレーションテストは、攻撃者がシステムの外部から攻撃してくることを想定した「外部ペネトレーションテスト」と、システムの内部にすでに攻撃者が侵入していることを想定した「内部ペネトレーションテスト」に分類されます。 どちらか一方のペネトレーションテストを採用しているツールもあれば、複合的に組み合わせているツールもあります。 自社のセキュリティのどこに脆弱性がありそうか事前に洗い出しておくと良いでしょう。 脆弱性診断(セキュリティ診断)との違い 脆弱性診断は、専用のツールで自社のシステムをスキャンして、潜在的あるいは既知の脆弱性を調査します。 ペネトレーションテストのように欠陥の突破を目的としておらず、脆弱性の検出に焦点を当てているのが特徴です。 検出されたシステムの脆弱性をもとに対策措置を実施し、安全性の向上を図ります。 脆弱性診断ではシステムに模擬攻撃を実施しないため、発見された脆弱性がどの程度のリスクを伴うのか、危険度を判断するのが難しいです。 ペネトレーションテスト 脆弱性診断 目的 明確な意図を持った攻撃者にその目的が達成されてしまうかを検証 システムの脆弱性を広範囲にわたって洗い出し、修正する 方法 ハッキングでシステムに侵入、被害範囲の想定・対策をする OS、ミドルウェア、Webアプリケーション等に対し、規定の診断項目を実施する アプローチの仕方 リスクベースアプローチ データベースアプローチ メリット 侵害リスクの把握、必要な防御方法を構築できる より広い範囲の脆弱性を発見できる デメリット ネットワーク全体の安全性を確保できない 脆弱性を悪用された時に、どの程度影響があるのか分からない 脆弱性診断もホワイトボックステストとブラックボックステストの2種類に分類されます。 ホワイトボックステストはシステム内部の論理構造を把握し、プログラムが想定通りに動いているかを確認するテストです。 プログラムの外部仕様には着目せず、システム内部の命令や、分岐が正しく動作するかをテストします。 一方でブラックボックステストは、入力データと出力データの結果だけに着眼し、それらが正しく処理されているかを調べるテストです。 システムの内部構造は考慮せずに、欲しい値が出力できているかのみを確認します。 ペネトレーションテスト実施までの流れ 企業のサービスを利用する場合 ペネトレーションテストサービスは企業によって異なりますが、一般的に以下のフローで実施されます。 ヒアリングと診断準備(約1ヶ月) ネットワーク環境構成、個人情報・機密情報の保管状況、ログの取得状況などをヒアリングし、最適な診断範囲と疑似攻撃のシナリオを決定します。 おおむねの費用もこの段階でわかるでしょう。 企業によるペネトレーションテストサービスの費用は50万円〜2000万円を超えるものまでと幅広いです。 事前に出せる予算を決めておくことをおすすめします。 疑似攻撃診断の実施(1ヶ月~2ヶ月) シナリオに沿って疑似攻撃による診断を実施し、結果が記録されます。 主にホストやデバイスの不安全な設定、暗号化や認証の不備、コードおよびコマンドインジェクション、セッション管理などに内在する脆弱性に対してサイバー攻撃が行われます。 データ分析(約1ヶ月) 診断結果および顧客の環境のログをもとに攻撃に対する問題点を分析し、評価がなされます。 報告(1〜2時間) 問題点を報告書にまとめ、報告会で発見した問題点について解説されます。 報告書のサンプルをWebサイトに載せている企業もあるので、事前に確認してみると良いでしょう。 アフターサポート 納品日から一定期間、報告書や診断結果に関する疑問を解消するためのサービスです。 セキュリティ対策は、継続的に実施していく必要があります。 電話サービスの他にも再診断、定期診断、その他セキュリティソリューションの提案をしてくれる企業もあります。 アフターサポートの実施有無や内容はは企業によって異なるので、必要な場合は事前に確認してみてください。 ペネトレーションテストを行えるツール&サービス20選 個人でペネトレーションテストができる無料ツール 1. OWASP Zed Attack Proxy ZAP Webアプリケーション診断ツールの王道。 無料にもかかわらず、45,000個以上の診断項目を自動でレポート形式にしてくれます。 初心者にも使いやすく、脆弱性の検知度が高いのが魅力です。 指定したURLから脆弱性診断対象のリンクを辿る機能や、その結果取得したURLに対し自動で脆弱性診断を行う機能などがあります。 メニューの日本語対応、シンプルな操作での自動実行機能などが備わっているため、ペネトレーションテストに不慣れな初心者でも比較的容易に利用できます。 Metasploit 攻撃コードの作成、実行を行うオープンソースのペネトレーションテストツールです。 無料版(Metasploit Community)と有料版(Metasploit Pro)があります。 『Metasploit Community』はネットワーク攻撃を安全にシミュレートしたり、システムの基本的な悪用を確認したい学生や中小企業向けです。 一方『Metasploit Pro』は、ソーシャルエンジニアリング機能やネットワークセグメンテーションテストなど、高度なペネトレーションテスト機能を利用したいITセキュリティチーム向けとなっています。 それぞれ搭載されている機能が異なるので 、 で確認してから利用してください。 Kali Linux ペネトレーションテストツールや解析ツールを備えた無料のディストリビューションです。 公開中のポートやサーバーを調べる「Nmap」、パケットを解析する「Wireshark」、Webサイトに潜む脆弱性を調べる「Brup Suite」といったツールが無料で充実しています。 多機能であるがゆえに、使いこなすのはやや難度高めです。 skipfish 『skipfish』はWebアプリケーションに特化した無料のペネトレーションテストツールです。 クローリングでアクセス可能なURLに対してさまざまなパターンで侵入を行ったり、特定のキーワードや拡張子を組み合わせて問題の発生しそうなURLを生成、そこにアクセスをすることで安全性をテストします。 対象とするWebサイトにHTTPでアクセスして調査するため、対象を特定のWebアプリケーションに限定せず、どんなWebサイトに対しても利用で来ます。 調査結果がHTML形式のレポートとして出力されるのも便利です。 ペネトレーションテストサービスを提供する企業 5. IERAE SECURITY(イエラエセキュリティ) 『IERAE SECURITY(イエラエセキュリティ)』はWebアプリケーション、iOS・Androidアプリなどのセキュリティ診断を行うセキュリティ企業です。 経産省主催の「CTFチャレンジジャパン」や、世界最大のハッキングイベントである「DEFCON CTF」にて好成績を残したホワイトハッカーチームのメンバーが在籍しています。 その高精度のハッカー技術は、多くの大企業がペネトレーションテストを依頼するほどです。 診断は攻撃者の視点で実際に通信を行うブラックボックステスト方式で行われます。 費用 要問い合わせ 6. Core Impact 『Core Impact』は組織に対し強力な侵入攻撃を実施することにより、最も緊急性が高いサイバーリスクを特定するペネトレーションテストツールです。 『Core Impact』で提供されているペネトレーションテスト機能は以下の5つ。 ネットワークペネトレーションテスト• ウェブアプリケーションテスト• モバイルデバイスペネトレーションテスト• ワイヤレスネットワークペネトレーションテスト• エンドユーザーへのフィッシングメールテスト 『Core Impact』に搭載されている「Rapid Penetration Test (RPT)」 を利用すれば、ペネトレーションテスト経験の少ない技術者でも、サイバー攻撃テストが可能。 事前調査から攻撃実行までが自動化されているため、包括的なペネトレーションテストを容易に実施できます。 時間をかけずにペネトレーションテストを行いたい人におすすめのツールです。 FireEye(ファイア・アイ) 『FireEye』は実際のサイバー攻撃者と同じツール、戦術、手順(TTP)を用いてペネトレーションテストを実施します。 APT攻撃(Advanced Persistent Threat: 高度で持続的な標的型攻撃)グループの行動パターンを熟知した専門家がヒアリングから実行、分析まで携わります。 最新のサイバー攻撃者の動向を踏まえてペネトレーションテストを実施してくれるのが魅力です。 外部・内部ペネトレーションテストの他にも、Web・モバイルアプリケーション診断や組み込み機器およびIoT診断など、豊富なセキュリティ対策が提供されています。 費用 要問い合わせ 15. NetAgent(ネットエージェント) 『NetAgent』はIoT製品専門のペネトレーションテストサービスを提供しています。 所属するホワイトハッカーは、CTFチャレンジジャパン2012全国大会優勝をはじめ、数々のハッキング技術コンテストで優秀な成績を納めているため、高い技術力や豊富なノウハウが期待できます。 IoT機器のセキュリティに不安がある方におすすめです。 SKY ARCH(スカイアーチ) 複数の脆弱性を組み合わせて攻撃シナリオを構成し、システムへの直接アクセスや権限昇格、データベースからの情報取得などの脆弱性を診断します。 その後、フィルタリング回避・パスワード解析・辞書攻撃などの攻撃ツールを駆使してペネトレーションテストを行います。 日数を限定し実施するため、サイトの構成(リクエスト数)には関係なく一律の費用で実施できるのが魅力です。

次の