インスタ ストーリー リンク。 インスタとUber eats(ウーバーイーツ)が連携!注文ボタンやストーリーリンクが使用可能に!方法も書いてます!

インスタのストーリーにリンクマークない!?一般人でも出来る方法は?

インスタ ストーリー リンク

ただ、フォロワーが増えるとどうしても インスタグラムでの乗っ取り被害がちらほら出てきてしまいます。 乗っ取り被害を無くすためにも、まだ2段階認証を設定していない場合はインスタグラムの二段階認証は必ず設定しておきましょう。 関連記事 インスタのストーリーURLリンクの貼り方 では、インスタストーリーへURLリンクを貼り付ける方法を紹介します。 インスタストーリーへのURLリンク貼り付け手順はとっても簡単で、まず初めにストーリーを投稿する画面を開き、 URLリンクを貼り付けて投稿したい写真を選びます。 次に「鎖(くさり)マーク」をタップします。 「 +ウェブリンク」ボタンをタップし、最後にリンクさせたいURLをコピーして貼り付けます。 右下に表示されてある「 リンクをプレビュー」をタップするとブラウザ(Safari、Chrome等)が起動し、入力したURLにきちんと飛ぶのかを確認できます。 どちらの方法でも大丈夫ですよ! ストーリーのスワイプ機能を使うメリット• 簡単にアクセスできるので自社アピールに効果的!• 自分のYoutube動画にリンクさせたい• ホームページを見てもらいたい• おすすめできる商品やを紹介したい など、色々な使い方ができると思います。 他のSNSでも実装してもらいたい機能ですし、気軽に観れるストーリーだからこそ効果的なのではないかと思います。 インスタストーリーの背景を変える事で 相手への印象は大きく変わります。 おすすめ記事 ストーリーに貼り付けたリンクに飛んでもらいたい時に使いたい方法 ストーリーにURLを貼り付けたら出来るだけWEBサイトに来て欲しいですよね。 特に企業アカウントのアピールであれば、なおさらです。 そんな時は スタンプやストーリーを加工する事で効果的にWEBサイトに来てくれるはずですよ。 まとめ 今回はインスタストーリーへURLを貼り付ける方法とできない時の理由について紹介しました。 後者の方が現実的だと思いますので、ぜひ日頃からインスタグラムを利用してフォロワーを増やしてみて下さいね。 フォローを増やす際、あなたは無言フォローしていますか? 無言フォローに対するみんなの声を次の記事では集めてみましたので参考にしてみてください。

次の

インスタのストーリーにリンクマークない!?一般人でも出来る方法は?

インスタ ストーリー リンク

YouTubeで活動を始めて3ヶ月が経ちましたが、知名度ゼロからのスタートなので無名中の無名。 【動画アップする】の他にもやるべきことがあります。 それは「知ってもらうこと」。 一人でも多くの人の目に引っかかること。 どんなことでもそうですけど、何かを作ったとして、クリエイターはそれを見つけてもらいやすくする責任があると思います。 その重要性を日頃からひしひしと感じておりまして、僕はYouTube以外の入り口として、Facebook・twitter・Instagramを使って、毎回動画を更新する度にこれらSNSアカウントの方でも告知をしております。 地味だけど、なかなか大変。 この三つの中で、 一番クセがあるのがInstagram。 投稿ページにURLを貼っても、 リンクとして認識されず、ただのアルファベットの文字列扱いになり、見た目が良くありません。 怪しい。 唯一外部URL リンク に飛ばせるのは、プロフィール画面から。 フォロワー1万人超えたらストリーズから飛ばせるらしですが で、制約がある中で色々試してみて、ようやく「これでいいか」という方法に落ち着いたので、それを紹介します。 インスタの投稿でURLを貼り付けて、「動画はリンクからどうぞ」的な原始的な告知のやり方よりだいぶ見た目はマシになります。 スポンサーリンク 【投稿】「 ユーザーネーム」でシンプルにプロフ画面に飛ばす 【プロフィールの「ウェブサイト」に、リンク先を設定してる前提】になるので、そのへんよろしくお願いします。 で、どんな方法なのかというと、超簡単。 インスタの投稿は 「 ユーザーネーム」と入力すると、そのユーザーのプロフィールに飛ぶので、その技を利用します。 VLOG用に作ったアカウントのウェブサイトには、自分のチャンネルページのURLを貼ってるんですが、このリンクをタップしてくれたら、インスタのブラウザが起動してYouTubeに飛びます。 動画はこちら>> matsukennvlog• 続きはこちら>> matsukennvlog• 動画はプロフィールのリンクからどうぞ>> matsukennvlog ユーザー名の前のフレーズは、誘導したいものによって最適なものを考えるとして、 これが一番シンプルで、かつ親切な方法だと思います。 現時点で 左が現在の投稿で、右が3ヶ月前の投稿。 せっかく「気になるな」「見てみようかな」と、興味を持ってくれた人がいたとしても わざわざながーいアルファベットの文字列を手動でなぞってコピーして、safariで開いたりしないし 「動画はプロフィールのリンクから」と、誘導を促すフレーズ書いてたとしても、果たして何人が実際に行動してくれるのか、不明です。 たぶんゼロに近いんじゃないかな。 スポンサーリンク この方法の欠点 YouTubeの告知で使う場合ですが、この方法はあくまで 「チャンネルページに飛んでもらう」にすぎず、直で動画再生ページまで誘導できるわけではありません。 インスタでの告知投稿が増えると、最新の投稿だったものが、次々に過去の投稿になっていくので、個別の動画URLを「ウェブサイト」に毎回設定するのはちょっとアレ そもそも設定できるのかは知らん。 先々管理することを考えても、結局【インスタ投稿からチャンネルページへの誘導】が限界だと思うし、それで十分かなーと思います。 プロフィールページのURLも、チャンネルページのURLの方がスッキリしてて、一発で「あ、YouTubeのリンクだ」と分かってもらえそうだし。 スポンサーリンク まとめ インスタを活用して、YouTubeとかウェブサイトに飛んで欲しい場合、これ以外にいい方法が思いつきません。 なので当分これで行きます。 「 ユーザーネーム」の機能は地味に便利なので、告知だけじゃなく日常的に使いこなすべき技の一つだと思います。 お店のアカウントがあれば、@つけてユーザーネームを入れるだけで、 インスタ内で リンクすることができるし、投稿画面もかなりスッキリできるし。 とにかくおすすめなので、過去にインスタに投稿した分を編集したいと思います。 あと、もしよかったら、チャンネル登録お願いします 宣伝。

次の

【インスタ】ストーリーにリンク(URL)を貼る方法 その条件とは!!

インスタ ストーリー リンク

YouTubeで活動を始めて3ヶ月が経ちましたが、知名度ゼロからのスタートなので無名中の無名。 【動画アップする】の他にもやるべきことがあります。 それは「知ってもらうこと」。 一人でも多くの人の目に引っかかること。 どんなことでもそうですけど、何かを作ったとして、クリエイターはそれを見つけてもらいやすくする責任があると思います。 その重要性を日頃からひしひしと感じておりまして、僕はYouTube以外の入り口として、Facebook・twitter・Instagramを使って、毎回動画を更新する度にこれらSNSアカウントの方でも告知をしております。 地味だけど、なかなか大変。 この三つの中で、 一番クセがあるのがInstagram。 投稿ページにURLを貼っても、 リンクとして認識されず、ただのアルファベットの文字列扱いになり、見た目が良くありません。 怪しい。 唯一外部URL リンク に飛ばせるのは、プロフィール画面から。 フォロワー1万人超えたらストリーズから飛ばせるらしですが で、制約がある中で色々試してみて、ようやく「これでいいか」という方法に落ち着いたので、それを紹介します。 インスタの投稿でURLを貼り付けて、「動画はリンクからどうぞ」的な原始的な告知のやり方よりだいぶ見た目はマシになります。 スポンサーリンク 【投稿】「 ユーザーネーム」でシンプルにプロフ画面に飛ばす 【プロフィールの「ウェブサイト」に、リンク先を設定してる前提】になるので、そのへんよろしくお願いします。 で、どんな方法なのかというと、超簡単。 インスタの投稿は 「 ユーザーネーム」と入力すると、そのユーザーのプロフィールに飛ぶので、その技を利用します。 VLOG用に作ったアカウントのウェブサイトには、自分のチャンネルページのURLを貼ってるんですが、このリンクをタップしてくれたら、インスタのブラウザが起動してYouTubeに飛びます。 動画はこちら>> matsukennvlog• 続きはこちら>> matsukennvlog• 動画はプロフィールのリンクからどうぞ>> matsukennvlog ユーザー名の前のフレーズは、誘導したいものによって最適なものを考えるとして、 これが一番シンプルで、かつ親切な方法だと思います。 現時点で 左が現在の投稿で、右が3ヶ月前の投稿。 せっかく「気になるな」「見てみようかな」と、興味を持ってくれた人がいたとしても わざわざながーいアルファベットの文字列を手動でなぞってコピーして、safariで開いたりしないし 「動画はプロフィールのリンクから」と、誘導を促すフレーズ書いてたとしても、果たして何人が実際に行動してくれるのか、不明です。 たぶんゼロに近いんじゃないかな。 スポンサーリンク この方法の欠点 YouTubeの告知で使う場合ですが、この方法はあくまで 「チャンネルページに飛んでもらう」にすぎず、直で動画再生ページまで誘導できるわけではありません。 インスタでの告知投稿が増えると、最新の投稿だったものが、次々に過去の投稿になっていくので、個別の動画URLを「ウェブサイト」に毎回設定するのはちょっとアレ そもそも設定できるのかは知らん。 先々管理することを考えても、結局【インスタ投稿からチャンネルページへの誘導】が限界だと思うし、それで十分かなーと思います。 プロフィールページのURLも、チャンネルページのURLの方がスッキリしてて、一発で「あ、YouTubeのリンクだ」と分かってもらえそうだし。 スポンサーリンク まとめ インスタを活用して、YouTubeとかウェブサイトに飛んで欲しい場合、これ以外にいい方法が思いつきません。 なので当分これで行きます。 「 ユーザーネーム」の機能は地味に便利なので、告知だけじゃなく日常的に使いこなすべき技の一つだと思います。 お店のアカウントがあれば、@つけてユーザーネームを入れるだけで、 インスタ内で リンクすることができるし、投稿画面もかなりスッキリできるし。 とにかくおすすめなので、過去にインスタに投稿した分を編集したいと思います。 あと、もしよかったら、チャンネル登録お願いします 宣伝。

次の