オービル レス ポール。 レスポールを改造するならここをチェック![Gibson LesPaul Reissue編]

エピフォンのレスポールは、モノとしてはどうなんでしょうか【エレキギター博士】

オービル レス ポール

こんにちは、かいちょーです。 今回はOrville by Gibsonのギターについて話したいと思います。 Orville by Gibson(オービルバイギブソン)とは、Gibsonから正式にライセンス契約をして1988年から1990年代後半まで生産されたギターブランドのことです。 主に日本の寺田楽器とフジゲンで製造されていたそうです。 (1988年のブランド開始時から1990年代前半までは寺田楽器のみで製造、フジゲン製は1990年代前半から登場。 ) 2019年現在ではオービルブランドでは既に生産されておらず、中古市場でたまに見かけるぐらいですね。 ただ、生産が終了している現在でも非常に人気があり、そこそこの価格で中古品が取引されるほどのギターです。 特に1988年から1990年代中盤までに生産されたOrvilleのロゴの下にby Gibsonのロゴがあるものは通称バイギブと呼ばれ、非常に中古市場で人気があります。 Fender USAに対するFender JAPANの関係に似ているかもしれませんね。 この記事のもくじ• Orvilleの楽器としての評価は? 結論から言うと、 値段の割によくできたギターというのが私の感想です。 中古の実売価格が5万~10万円の価格帯のギターだと考えればなかなか良いギターだと思います。 機種によってはさらに高額で取引されていますね。 特に当時のOrville by Gibsonの最上位機種のLPS-QMやLPS-FMは幻と言えるレベルのギターで、滅多に市場に出てこないです。 当時の販売価格が20万近く、ラッカー塗装でハードケース付きというまさに本家Gibsonと同等スペックのギターでした。 また、現在販売されているエピフォンなどと比べてヘッドの形状がギブソンと全く同じ形状なのもオービルに惹かれるポイントだと思います。 (エピフォンも日本製はギブソンと同じ形状) 私も今までに何本かオービルのギターを所有したことがありますが、とても楽器として良い個体もあれば、微妙な個体もありました。 バイギブだから絶対に良い楽器ということもなく、普通のオービルでも素晴らしいものもありましたよ。 普通のオービルとバイギブの違いは? 普通のオービルはピックアップが国産のOEMで作られたオリジナルピックアップですが、バイギブには本家Gibsonと同じピックアップが載っています。 このGibson製ピックアップ、基本的にはHB-R、HB-Tといういわゆる 「基盤ピックアップ」という種類のものが搭載されています。 しかし、ごくわずかですが初期のオービルには 「57クラシック」が搭載されている場合もあったみたいです。 その中にもPATのステカーの貼られていない 「プレ57クラシック」と呼ばれたりもするピックアップもあったという噂も。 また、諸説あるので後述しますが、バイギブは完全に日本製のギターですが、普通のオービルには時期によって韓国製が混ざっているという噂もあります。 Orville by Gibsonの塗装はポリ?ラッカー? オービルのギターはごく一部のモデルのみラッカー塗装ですが、 基本的に全てポリ塗装です。 この塗装の違いが本家Gibsonとの違いと言ってもよいでしょう。 おそらく本家ギブソンとの差別化とコストダウンのためでしょう。 ただ、ポリ塗装だからダメというわけではなく、ラッカー塗装ほどデリケートではないためガンガン使ってあげられるし、手入れや管理が楽というメリットがありますよね。 Orville by Gibsonのシリアルナンバーについて オービルのシリアルナンバーについては諸説あります。 まずバイギブのギターには全てアルファベットのGがシリアルナンバーに付いています。 このGがGibsonピックアップ搭載機種を表していたそうです。 次に普通の数字6ケタのスタンプされたシリアルナンバー。 こちらが普通のオービルのシリアルナンバーになります。 よく議論されるのが、オービル末期に登場したアルファベットのKから始まるシリアルナンバーについてです。 こちらはシリアルナンバーがスタンプではなく、シールで貼られています。 もしシリアルナンバーのないオービルがあれば、ほぼ間違いなくシールがはがされた個体だと思います。 そしてこのKシリアルのオービルは 日本製ではなく韓国製だという噂があります。 パーツや木工が韓国産で組み込みだけ日本で行っていたなど、KはKORIAの頭文字で完全に韓国で作っていたなど、Kシリアルのレスポールはサミックのレスポールそっくりだとか、諸説あります。 オービルブランドが消滅した今となっては確認のしようがないですが、実際のところはどうだったんでしょうかね。 以前、当時のオービルの販売代理店である山野楽器にメールで問い合わせした人がいて、その人の話が本当であればKシリアルのオービルは日本製という回答をもらったそうです。 ただ、真実はどうであれKシリアルのオービルでも素晴らしい個体はありますし、バイギブのギターでも全然良くない個体もたくさん見てきました。 結局はその個体を自分が気に入るかどうかですね。 ギブソン GIBSON• Orville by GibsonとEpiphoneの関係 よくオービルと一緒に語られるのがEpiphone(エピフォン)です。 オービルブランドが消滅した後に、その代わりとして生産・販売されたのが日本製のエピフォンです。 (日本製エピフォン自体はオービル以前から存在したが、一部の箱物ギターの製造しかしていなかった。 ) この頃の日本製エピフォンも素晴らしい出来のギターが多く、オービルと同じく中古市場で人気となっていますね。 日本製エピフォンのレスポールやSGなどのソリッドギターは富士弦工場で、カジノやシェラトンなどの箱物は寺田楽器で製造されていたのではないでしょうか。 現在は日本製のエピフォンはEpiphone ELITEIST(エピフォン エリーティスト)として存続しており、カジノなどの一部の箱物が定期的に限定生産されています。 (現在はレスポールやSGなどは作られていません)• Orville特有のトラブル・症状 ポジションマークの剥がれ オービルのギター、特にレスポールタイプに多いトラブルとして、ポジションマークの剥がれがあります。 このポジションマークの剥がれているオービルのギターをたくさん見てきました。 使われていた接着剤の劣化、もしくはポジションマークの素材のせいだと思いますが、オービル、バイギブ関係なくポジションマークのはがれているオービルが多いこと。 あまりGibsonでは見かけない症状なんですけどねー。 パーツの互換性の問題 オービルは国産のギターなので、パーツを交換する際はミリサイズのパーツを用意してあげる必要があるのですが、なぜか合わないことが多い。 かといってインチサイズのパーツでも合わない(笑) とくに、レスポールタイプのピックガードが顕著で、Gibson純正のピックガードだろうがオービルには合わないです。 オービルのパーツはもしかして独自規格なのかな? 新しくボディにネジ穴を開ければ装着することができるのですが、 無加工で取り付けられるケースはあまりないです。 中古のオービルを購入してピックガードを交換、もしくは装着を考えている人は要注意ですよ。 機材紹介 ここで私の所有しているオービルのギターを紹介します。 結局私の手元に残っているオービルのギターは、この1988年製のバイギブのレスポールジュニアDCのみです。 他のオービルのギターは全て売却してしまいました。 シリアルナンバーから、このレスポールジュニアは1988年製の個体ということがわかります。 カラーはTVイエローですが、どちらかというとライムドマホガニーに近いです。 このジュニアの特筆すべき点は、とにかく軽いこと。 重量はたったの2. 7kgしかありません。 とにかく取り回しがよく、長い間愛用しているギターの1本です。 ストラップピンをシャーラーのロックピンに交換してから位置をカッタウェイ部分に変更。 いつかブリッジをバダスブリッジに交換したいなーと思いつつもまだノーマルのままです。 木工の造りもよく、フレットの処理も素晴らしい個体。 ピックアップもGibson製のP-90が載っており、太くて歯切れの良い音です。 リードギターでもリズムギターでもこなせ良いピックアップだと思います。 おそらく当時の価格で8万円程度のギターだと思いますが、個人的にはかなりお気に入りのギターです。 以前、ヒスコレのジュニアのDCも所有していましたが、断然こっちのほうが好みでした。 そのため、ヒスコレは売却してしまいましたが、このギターだけはまだ手元に残していますね。 ヘッドに小さくby Gibsonと書かれているロゴもお気に入りのポイントです。 なんかカッコ良くないですか? Orville by Gibson(オービルバイギブソン)のまとめ 日本版GibsonともいえるOrville by Gibson。 未だに根強いファンがいるのも納得できるギターだと個人的には思います。 もう新品で購入することはできないので、中古で探すしかないですが、オービルのギターが気になっている人は一度購入して弾いてみるといいですよ。 おっ!と思えるような個体がたまに見つかるので面白いです。 オービルのギターもシリアル関係なく年々値上がりしてる気がしますが、Gibsonよりはかなり安く入手できますし、十分にGibson系ギターのサウンドを楽しむことができます。 ただ、中古で購入することになるので、楽器の状態を見極められる人じゃないと選ぶのが大変かもしれません。 そういった意味では初心者にはあまりオススメできないギターかもしれませんね。 いずれにせよ個体差の大きなギターブランドだと思うので、購入の際はよく考えてから購入しましょう。 それではまた。

次の

ギターが好きだから2 : Kenvoの音業務日誌

オービル レス ポール

エレキベースの場合はサンダーバードやSGベースの方のイメージが先行してしまいがちです。 中にはレスポールベースの存在すら知らない、という方もいらっしゃるかもしれません。 ギターと比較すると、あまり認知度は高くはないレスポール・ベースですが、その完成度は非常に高く、多くのベーシストの間で評価され続けています。 そんなレスポールベースについてお話したいと思います。 レスポール・ベースの特徴 最初にレスポールベースとはどのようなものなのかをご紹介してみたいと思います。 レスポール・ベースの誕生 ギターとしてのレスポールは1950年代に登場したのに対して、ベースがラインナップされたのは1969年のことでした。 この時期のギブソンの動きとして、真っ先に思い出されるのが1968年のレスポール・ギターの再生産開始でしょう。 SGデザインへの大幅なモデルチェンジが原因で、レス・ポールとの契約が打ち切られたのが1961年のことでした。 それから7年間もの間、ギブソンは代表モデルを失った状態となっていました。 これが原因でギブソン人気が低下してしまったことを受け、1968年にレス・ポールとの再契約、そしてレスポールモデルの再生産がスタートします。 この時、同時に開発がスタートしたのがレスポール・ベースでした。 これまでにギブソンはEBシリーズやサンダーバードなどのベースをすでにラインナップしていましたが、ライバルであるフェンダーのプレシジョンベースやジャズベースほどの人気を獲得することができずにいました。 そこで、ベーシストではありませんが、稀代のアイデアマンであるレス・ポール氏にアイデアを求めることになったのです。 レス・ポールのアイデアと、ギブソンのこれまでのベース製作のノウハウによって初代レスポール・べースが1969年に満を持して発売されました。 初代レスポール・ベース 1969 Gibson Les Paul Bass 1969年に登場した初代モデルの特徴をご紹介しましょう。 ボディシェイプはギターと同様にシングルカッタウェイが採用されています。 ただし、ボディ材はギターとは異なり、マホガニーのみで、ネックにもマホガニーが採用されました。 スケールはギブソン・ベースのスタンダードである30. 5インチが採用されています。 このスペックは後のマイナーチェンジモデルにも継承されており、レスポール・ベースの基本となっています。 初代モデルの最大の特徴は、この時期から晩年にいたるまでレス・ポールのメインギターとなっていたレスポール・レコーディングモデルのサーキットが採用されている、という点でしょう。 低インピーダンスピックアップを搭載することによって、非常にノイズに強く、クリアなサウンドを実現することに成功しました。 ただし、低インピーダンスピックアップは多くのローノイズという大きなメリットを持っているものの、そのままではエレキ・ベースに使用することはできません。 そこで、専用回路も同時に搭載されています。 結果として、この回路を搭載することによって、これまでにない幅広いサウンドを生み出すことに成功したのです。 この初代モデルは「レスポール・ベース・レコーディングモデル」と呼ばれ、現在でも非常に高い人気を集めています。 マイナーチェンジ 発売からわずか2年後の1971年には、早くもマイナーチェンジが行われました。 ボディシェイプや材質、スケールなどには変更はありませんが、回路がリニューアルされ、スイッチによって高インピーダンスと低インピーダンスを切り替えることが可能となっています。 これによって、さらにレスポール・ベースは幅広い場面で活躍することのできるサウンドを得ることに成功しています。 もっとも大きな特徴はホロー構造のダブルカッタウェイボディの採用でしょう。 これによって、より温かみのあるウッディなサウンドと、ハイポジションの優れた演奏性を実現することができました。 さらに、フェンダーベースと同様の34インチスケールが採用されたことによって、よりタイトなテンション感での演奏も可能となりました。 1990年代のレスポール・ベース 1979年に一度すべてのレスポール・ベースの生産は終了してしまうことになります。 ハードロックやへヴィメタルといった新しいジャンルの音楽に対応するために、大幅なラインナップの見直しが必要になったのです。 しかし、1990年代に入ると、クラッシックロックが再評価されるようになります。 それに合わせてレスポールモデルが10数年ぶりに再生産されました。 再生産とはいっても初期のモデルの復刻ではなく、よりギターに近いデザインが採用されました。 さらに、現在主流となっているアクティブイコライザーを搭載したモデルや5弦仕様のものもラインナップされています。 このように一言で「レスポール・ベース」と言っても時代に合わせてさまざまな形に変化し続けています。 レスポール・ベースを使用するベーシスト ギブソン・レスポール・ベースはどのようなベーシストに愛用されているのでしょう? スージー・クアトロ 元祖ロッククイーンとの呼び声の高いスージー・クアトロは初期のレスポール・ベースを愛用しています。 ときにはゴリゴリと、そしてまたときには繊細に、とレスポールベースならではの繊細なサウンドを聞かせてくれます。 レスポール・ベースのラインナップ それでは、レスポールのラインナップをご紹介しましょう。 レスポール・スタンダードベース マホガニーバックにメイプルトップという、ギターとまったく同じ構造のボディを採用しているのがレスポール・スタンダードベースです。 高出力ピックアップに、パッシブとアクティブの切り替えが可能なサーキットが搭載されていますので、さまざまなサウンドメイクが可能となっています。 2006〜2007年にレギュラーラインとしての生産は終了してしまいましたが、数年おきに日本限定モデルとしてや、記念モデル、特別モデルとしてスポット生産がされています。 レスポール・スタンダードベースを… A R Y 石 レスポール・スペシャルベース Epiphone Les Paul Special Bass スタンダードベースからトップ材のメイプルを廃したシンプルなモデルとなっています。 そのおかげで、見た目のゴージャスさはなくなってしまいましたが、軽量で取り回しやすいベースとなりました。 また、スチューデントモデル的な位置づけですので、比較的安価で購入することができる、という点も魅力的です。 残念ながら、スタンダードベースと同様にレギュラーラインでの生産は終了しています。 ただ、生産数が非常に多いことから、中古市場などでの入手は難しくないでしょう。 レスポール・スペシャルベースを… A R Y 石 ギブソンが起死回生をかけて原点回帰を果たした1960年代の末。 再びレス・ポールとタッグを組んで生み出したレスポール・ベースは時代に合わせて形を変えながら、今日でも多くのベーシストを、そして音楽ファンを魅了し続けています。 — エレキギター博士.

次の

ギタリストよ!今こそゴールドトップを狙え!の巻

オービル レス ポール

経歴 [編集 ] レスター・ウィリアム・ポルスファスは1915年、で系のジョージ・ポルスファスおよびイヴリン・ポルスファス夫妻の間に生まれる。 ファミリーネームは母親によってポルファス Polfuss と簡略化された。 彼は後にという芸名を使用することとなり、また「 Red Hot Red」というニックネームを使用した。 ポールは8歳のときに初めて音楽に関心を持ち、の演奏を始める。 を習った後、を弾き始める。 エディ・ラングやなどに影響を受け、13歳までにのセミプロ・ギタリストとして演奏活動を行っていた。 17歳の時にルーブ・トロンソンのテキサス・カウボーイズと共に活動し、間もなく高校を落第する。 彼はのラジオ局 KMOX のバンド、ウォルバートンズ・レディオ・バンドに加入した。 シカゴ中心に人気を得る。 に解散。 この頃昼はルバーブ・レッドとしてラジオショーなどに出演、夜は本名でジャズグループに参加していた。 、ジム・アトキンスとアーニー・ニュートンとトリオを組み初めてのレコードをリリース。 、レス・ポールは新しいエレキギター「ログ(角材の意味)」をの工房を借りて作成した。 このギターは4x4の角材の両端にサウンドホールを持ったボディ材を留め、ネックを角材に取り付けたもので、今で言うセンターブロックを持ったギターである。 ソリッドボディのエレキギターの原型とも言える代物である。 他にもヘッドのないアルミニウムボディの「ヘッドレスワンダー」を開発している。 、ログのアイディアを社に持ち込んだが一蹴される。 この頃自宅に録音スタジオを建設し様々な発明をする。 レコードのカッティングマシーンを自作したり、を可能にしたり、アナログディレイマシンの原型などである。 これらの施設は当時最先端の技術を擁していた。 1月26日に交通事故であわや右腕を切断かという大怪我を負うが、1年のリハビリ生活の後奇跡的に復帰(リハビリ中にもリード・パートを除いた全てをレコーディングしリリースするという離れ業を見せている)。 、12月、メリー・フォードと3度目の結婚をする。 、メリー・フォードとのデュオ「How High the Moon」が全米1位を獲得。 、ギブソン社初のソリッドギターが発売される。 からレスが開発した世界初の8トラック・テープレコーダーが発売される。 、「」が世界的にヒット。 9週連続でチャートトップを記録する。 しかし50年代半ばからロックン・ロールが爆発的に普及し徐々に人気を失う。 経営が悪化し、低迷していたの救済をギブソンのテッド・マッカーティ社長に提言。 これを受け、にギブソンによりエピフォンは買収された。 、ギブソン社との契約が切れる。 人気の低迷と共にメリー・フォードとの仲も上手くいかなくなりやがて離婚する。 、友人の悪戯により耳の鼓膜が破れ、治療に3年を要する。 、現役復帰。 半ばからまで、ニューヨークのファット・チューズデイというクラブでトリオを率いて毎週演奏した。 参加メンバーは、、、、、、、、、、等々。 、レスポールの経歴を描くドキュメンタリー映画「」が2007年に公開される。 米 日本での公開は、2008年 2009年8月12日、によりの病院にて94歳で死去。 エピソード [編集 ]• から、死去したまで、毎週月曜日に、ニューヨーク市のにて「レス・ポールナイト」と称したライブを行っていた。 このイベントでは、、、、、、、、など、多くの有名アーティストが飛び入り参加して、レスと競演した。 また普段のステージでも自身のバンドに若手のミュージシャンやダンサーなどを招き発表の場を与えるなどしていた。 イベントの盛況ぶりは最後まで衰えることなく、ライブ後の店内にはレスにサインを求める人々の列がいつもあった。 に放送されたBSの番組『世紀を刻んだ歌「」』の中で、レスはこの曲を演奏し、最初にこの曲を歌ったの思い出を語っている。 レス・ポールが晩年使用していたギターはギブソン社のレス・ポール・レコーディングである。 今までに5度を受賞しているほか、1988年には、後世のロックアーティストに影響を与えた人物に贈られる、のアーリー・インフルエンス部門に殿堂入りしている。 また、前述の8トラック・テープレコーダーやギブソン・レスポールの功労により、ミュージシャンとして唯一「発明家の殿堂 」入りを果たしている。 、レス・ポール生誕96周年を記念して、のホームページのロゴが特別バージョンとなった()。 脚注 [編集 ] []• 参考文献 [編集 ]• 『レス・ポール読本:ヴィンテージ・エレクトリック・ギターの最高峰レス・ポールを饒舌なまでに語り尽くす!』〈エイ文庫〉、2002年。 ロブ・ローレンス『レスポール大名鑑 1915~1963 写真でたどるギブゾン・ギター開発全史』、2011年。 ロブ・ローレンス『レスポール大名鑑 1968~2009 写真でたどるギブソン・ギター開発全史 [後編]』ロッキン・エノッキー監修、小川公貴訳、スペースシャワーネットワーク、2011年。 トニー・ベーコン『世界で一番美しいアメリカン・ギター大名鑑 ヴィジュアルでたどるヴィンテージ・ギターの歴史』、ロッキン・エノッキー監修、川村まゆみ訳、2013年。 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 ウィキニュースに関連記事があります。 外部リンク [編集 ]•

次の