ロトム 育成。 ロトム(基本)の育成論・調整|ポケモン育成論サンムーン|ポケモン徹底攻略

ウォッシュロトム

ロトム 育成

*はじめに こんにちは、初めまして。 青林檎と申します。 初投稿なので至らない部分も多々あるとは思いますが、よろしくお願いします。 また、BとDの種族値も共に107と高水準のため、ボルトチェンジで相手に負荷をかけつつサイクルを回していく、いわゆる「受け構築」のパーツとしても使われています。 その強化点を2個程上げて説明させて頂きます。 1、 ダイマックスする事による、「吹雪」の命中不安の解消。 また、追加効果で天候を「あられ」にすることで、相手の襷を貫通して倒すことができるようになったのも強いと思います。 2、 対戦環境でのドラゴンタイプの増加による相対的な強 化。 剣舞後陽気A252命の珠ミミッキュのシャドークロー確 定2。 H・・・・臆病C特化ドラパルトの流星群が乱数3発 99. 臆病C252眼鏡サザンドラの大文字確定耐え。 自身がダイマックスしていれば確定3発 上2つはチョッキ込の耐久です。 C・・・・極振り。 S・・・・ロトムミラーで相手素早さ無振りなら先制。 この技の最大のメリットは、H4振りギャラドスをダイマックスしないでも倒すことができることです。 ただ、命中が70と不安要素も大きいので注意が必要です。 個人的には、この3つの技の中だと相手を麻痺にできる確率が最も高い放電が1番良いのではないかと思います。 これがあると、攻撃upを積んでくる相手に対して強く出ることが出来ます。 申し訳ありませんが、後はご自身で計算の方をよろしくお願いします。 また、氷ロトムがダイマックスすること前提で計算させて頂きます。 *終わりに 乱文失礼致しました。 次回からはより良い育成論を投稿できるように精進していきたいと思います。 疑問点やアドバイスなどがありましたら、コメント欄に書いて頂けると幸いです。 フロストロトムを使ってみたくなりました。 今の記載だとH4振り相手に確1なことしかわかりませんが、%があることでH252振りなどに対してどの程度対抗できるのかがわかりますので。 ごめんなさい🙏 改めて説明文を修正させて頂きました。 まずこの育成論は、氷ロトムがダイマックスする事前提で書かせて頂いています。 なのでHが2倍となると考え、臆病C252振り眼鏡サザンドラの大文字は確定3発となり、2発耐えることが出来ます。 また相手のサザンドラがダイマックスを使用してきたとしてもダイマックスの仕様上、眼鏡による技ロックが外れると同時に、特攻の眼鏡補正も外れてしまう事になるため、ダイバーンの実質的な威力はダイマックス前の大文字よりも低いものとなり、2発耐えることが可能となります。 また、天候を「晴れ」にされても、こちらは後攻でダイアイスを打って天候を「あられ」にすることができるため、ダイバーンに天候補正がかかることはありません。 よって相手のサザンドラに対して、攻撃を2回耐えつつ、ダイアイス2回を打ち込むことができ、突破することが可能となります。 アドバイスを参考に、改行、記入ミス及びダメージ計算の方にパーセンテージを入れさせて頂きました。 正しくは陽気A252振り命の珠持ちミミッキュでした。 訂正させて頂きます。 HCフロストロトムとの差別化を示してほしい。 まずBに努力値を回した意図についてです。 今回考察させて頂いた氷ロトムの役割対象の中に、臆病C252眼鏡サザンドラの大文字以上の火力の技を打ってくるポケモンはほぼ居ないので、チョッキを持たせておけば特殊耐久の面は充分だと考え、逆に現環境では、特殊アタッカーよりも物理アタッカーの方が多く出回っているので、Hに252振るよりもHBに振った方が良いのではないかと考えました。 次にHC252振り氷ロトムとの差別化についてですが、正直な所、差別化と言っていいほどの差別化は出来ていません。 しかし、もう一度よく考えてみると、H252振りにする事でHの実数値が157となり、サニーゴのナイトヘッドを3発耐えることが可能となる上、性格補正をかけたC特化サザンドラの大文字も確定で耐えることが可能になるため、HC252振り氷ロトムの方が強いのかも知れません。 ありがとうございます。 mc長光さん コメント返信遅くなってしまいごめんなさい。 お世話になっています。 先日改めてこの調整を見直したとき、いくつか気になる点に思い至りました。 (1)まず先述にもあるHB調整についてですが、もしや書きたかった配分はH132・B116のことはないでしょうか。 これなら物理耐久指数が最高値となります。 この論では数値がちょうど逆転したH116・B132に当たる配分になっているので、もしかしたらと思いました。 そうでないにしろ、最も高指数になるのはH132・B116です。 (2)次に、以上を踏まえても、他の方がおっしゃっている通りHは252振ってもいいと思いました。 実際に使用して感じたこのロトムの魅力の一つに、ギャラドスへの後出し性能があります。 もちろんHに比例して特殊耐久も高くなり、一挙両得です。 (3)とはいえBにも振ったほうが ほんの少しですが 物理耐久指数は高くなります。 もしそちらを選択する場合には、努力値が4余るはずです この論ではBが136となっており4が余分。 これをDに振ることで、特殊耐久が少しだけ高くなるので、確実に振るべきだと思います。 (4)最後に技候補について。 シャドーボールorイカサマ枠に、あくのはどうはいかがでしょうか。 威力および環境に多いゴーストタイプへの打点となることはそのままに、ダイアークになれば追加効果のDダウンが特殊アタッカーであるロトムとのシナジーにもなり得ます。 以上4点です。 まとめると、 (1)物理耐久指数はH132・B116のときが最高値。 (2)H252でもギャラドスへの後出しが可能。 加えて特殊耐久も高くなる。 (3)Bにも振るなら努力値が4余るのでDに振れる。 (4)あくのはどうも技候補になり得る。 やたら長くなりましたが、お役に立てば幸いです。

次の

【ポケモン剣盾】水ロトムの型・調整・育成論まとめ

ロトム 育成

こんにちは、ポケモットです。 カットロトムはタイプと特性によって、環境で多く見かけるポケモンに対して強く出ることができます。 ウォッシュロトムやカバルドン、バンギラスなどが使用率上位にいますが、これらに対してカットロトムは非常に強いです。 これらを相手にできる様にSには最低限努力値振り、残りはHPに努力値を厚く振っています。 先に具体的な調整だけ知りたい人は、目次のリンクから飛んでみてください。 記事後半では、カットロトムを逆に相手に使われた時の対策と弱点についても解説しています。 また、技『どくびし』『まきびし』『ねばねばネット』や特性『ありじごく』の効果を受けない。 とつげきチョッキなども持ち物候補。 また個体値については補足説明が書いてない限り、個体値最高として扱います。 H=Sに最低限振った後の余り全てをHに• C=252最大まで振る• S=最速バンギラス抜き。 Sに少ししか振っていないウォッシュロトム対応用。 ) ウォッシュロトムとカバルドン、バンギラスなどに対して強く出れる様に、カットロトムを育成しました。 リーフストームは使用後に特攻が2段階下がってしまうのがデメリットですが、「だっしゅつパック」を持たせているので、リーフスームを使用後は控えに戻ることが可能。 しかもHPに努力値を厚く振っているので耐久力も高く、「おにび」を覚えさせているので、相手の物理ポケモンに対しても非常に強いです。 だっしゅつパックの良さ だっしゅつパックは、自身の能力値が下がってしまった時に、自身と控えを強制交換できるアイテムです。 リーフストームで能力値が下がってしまった場合でも、控えと交換することができます。 通常リーフストーム後は特攻が2段階下がってしまうため、相手を倒せても、次に出てきた相手に起点にされてしまうことも珍しくありません。 しかし、だっしゅつパックを採用することで、相手に起点にされることなく、次に繋げることが可能です。 ただ、威嚇や「がんせきふうじ」を受けても「だっしゅつパック」が発動してしまうので、ご注意を。 今回のカットロトムの立ち回り・役割 主に、ウォッシュロトム、バンギラス、カバルドン に対して選出します。 それ以外にも、「おにび」を採用しているため、物理ポケモンに対して強いこと、ボルトチェンジを採用しているので、有利対面を作りやすいことから、どんな場面でも非常に使いやすいカットロトムとなっています。 バンギラスは砂状態での耐久力が化け物なので一撃では倒しきれませんが、ウォッシュロトムやカバルドンは確定1発、バンギラスも確定2発で倒せます。 ウォッシュロトムは非常に多くのポケモンを相手にできる優秀なポケモンで、そのウォッシュロトムの倒し方がなかなかありません。 しかしカットロトムであればウォッシュロトムに対して完全に有利対面になります。 ) 個人的にはCSブッパだと、カットロトムは少し使いにくいので、今回は耐久にも努力値を振ることにしました。 また、分かり切っていることですが、受けポケモンとしては非常に優秀で多く選出されているトリトドン、ヌオーに対してもカットロトムは一方的に倒すことができることも良い点です。 リーフストームで一撃ですし、相手が交換することを読んで、「おにび」で後続に負荷をかけても良いです。 相手がこちらの「おにび」を読んで居座ってきても、ヌオーやトリトドンからカットロトムへは有効打が少ないので焦ることはありません。 6%~52. 3%~125. 6%~50. 3%~121. 3%) 確定1発 相手にカットロトムを使われた時の対策としては、以下のことで対処可能です。 ドラゴンタイプで相手をする• 火力のある、ほのおタイプで相手をする ドラゴンもしくは、ほのおタイプで相手をすることをオススメします。 カットロトムは、草、電気、がメイン技でサブとして悪やゴースト技を覚えます。 それらに対してドラゴンタイプのポケモンは非常に強いです。 特にサザンドラがオススメで、ヒートロトム、カットロトム、ウォッシュロトム、どのロトムに対しても強く出ることができます。 上記3種類のロトムに対して、どのタイプも半減で受けることができるので、サザンドラはロトム系統に対して、非常に強いです。 もちろんヒートロトムやリザードンなどの特攻の強い、ほのおタイプのポケモンなら「だいもんじ、オーバーヒート」などで一撃でカットロトムを倒すことができることもあります。 ダメージ計算の該当欄に を引いているので参考にしてみてください。 ヒートロトムはウォッシュロトムに弱く、 ウォッシュロトムはカットロトムに弱く、 カットロトムはヒートロトムに弱いので、 ロトムは数種類作っておいた方がパーティでロトム系統が重い時に対応できることが増えます。 カットロトムの考察・まとめ 育成論と、相手に使われた際の対策方法(弱点)をお話ししました。 今回はHPにも努力値を振った耐久型のカットロトムの紹介でした。 特に最速バンギラス抜き調整もしているので、確実にバンギラスよりも早く動くことができるのも嬉しいところです。 「おにび」で機能停止させても良いし、「リーフストーム」で一気に勝負をかけても良いです。 ウォッシュロトム、カバルドン、バンギラスだけでなく、ヌオーやトリトドンなどの受けポケモン、そして物理アタッカーに対しても強く出ることができるので、非常に使いやすいカットロトムとなっています。 是非カットロトムを使ってみてください。 それでは、また.

次の

フロストロトム育成論 : HBCチョッキ氷ロトム|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ロトム 育成

持ち物は技の威力を上げるためにこだわりメガネを選択しましたが、耐久を上げるチョッキなどもおすすめです。 自分の用途によって変えていきましょう。 HPと特攻以外の努力値は物理受けのウォッシュロトムを抜くことを考えて素早さに振ってあります。 おすすめ技構成 10まんボルト or かみなり 確定枠 命中をとるなら10まんボルト、威力をとるならかみなりを選択しましょう。 安定性という点では10まんボルトの方が無難です。 ボルトチェンジ 確定枠 とがった性能をしているので苦手な相手に対して当て逃げすることができるため便利です。 リーフストーム 確定枠 タイプ一致技としての採用です。 ウォッシュ・ヒートロトム対策のポケモンに刺さります。 シャドーボール or あくのはどう 選択技 シャドーボールとあくのはどうはどちらもドラパルトに対して有効です。 威力はどちらも同じですが、シャドーボールはノーマルにダメージが通らず、あくのはどうはフェアリーに半減されてしまいます。 努力値を耐久に振ることで、 現環境に多い物理アタッカーを弱体化させることができます。 おにびでやけどを付与すればほぼ機能を停止させることができるので、後に続くポケモンも有利に戦うことができます。 おすすめ技構成 10まんボルト or かみなり 確定枠 命中をとるなら10まんボルト、威力をとるならかみなりを選択しましょう。 安定性という点では10まんボルトの方が無難です。 おにび 確定枠 物理アタッカーの機能を停止させることができます。 物理耐久には必須の技になります。 ボルトチェンジ 確定枠 おにびを付与した後、後続のポケモンに変更する場合に便利です。 選択技 リーフストーム あくのはどう シャドーボール カットロトムの弱点・対策 ボルトチェンジに注意しよう ポケモンを交換できるボルトチェンジは使い勝手がよく、カットロトムに採用している場合が多いです。 ボルトチェンジはでんき技であるため、でんき技を半減できるポケモンを選びましょう。 ほのお技で攻めよう カットロトムはほのおタイプに対して不利であるため、ほのおポケモンやほのお技を採用したポケモンを選ぶようにしましょう。 現環境ではほのお技が有効なポケモンが多いので、カットロトム用にポケモンを選出したとしても技が無駄になりにくいです。 おすすめポケモン ポケモン 概要 ナットレイ ・でんき、くさを半減できる ・トリックには注意が必要 ヒートロトム ・でんき、くさを半減できる ・カットロトムの弱点を突ける ・おにびを無効化できる サザンドラ ・でんき、くさを半減できる ・だいもんじなどのほのお技で弱点を突ける カットロトムの与ダメージ計算 10まんボルト ひかえめ、特攻252のカットロトムが10まんボルトを使った場合、相手のポケモンを何発で落とせるのかどうかを掲載しています。 リーフストーム ひかえめ、特攻252のカットロトムがリーフストームを使った場合、相手のポケモンを何発で落とせるのかどうかを掲載しています。 関連スレッド.

次の