そう ろう ぼうし りん ぐ。 「早漏を克服するトレーニング」早漏は脳から治せる

「はやい」早漏の悩みと原因について

そう ろう ぼうし りん ぐ

早漏と女性が求める理想の そもそも早漏とはあなたのペニスではなく、あなたの脳が引き起こすものです。 早漏の原因は何でしょう? まず早漏の定義ですが、第103回米国泌尿器科学会(AUA)の年次総会(2008年5月)で、男性における性機能障害で、性行為時、毎回または、ほぼ毎回、女性器への男性器挿入後1分以内に射精してしまう、もしくは挿入前に射精してしまうこと。 射精をコントロールできないことによるストレス、悩み、いらいらなど精神的な負担を感じていること。 あるいは、性行為自体を避けていること。 という定義がなされました。 東邦大学講師の永尾光一さんの調査報告によると、女性が希望する平均性交時間は16. 7分でした。 小学館の雑誌が日本人女性 1,000人(平均年齢 24. 7歳)を対象に行った、希望する性交時間のアンケートでも平均で15. 7分となっています。 16分って、早漏の人には、結構な長さですよね。 普通にガンガンとピストン運動してたら、とても無理です。 実は、この女性が望16分というのは、激しいピストン運動を16分間ずっと続けて欲しいというものではありません。 男性のエクスタシーが射精に凝縮されているのに対して、女性のエクスタシーはキスから始まり、クリトリスをはじめ体全体への前戯で徐々に高まり、そしていよいよ膣への挿入で、最高潮のオーガズムへと至ります。 例えば、男性からたっぷり愛撫されて、体も心もコンディションが良くて、しかも焦らされて焦らされて待ち焦がれた挿入であれば、挿入から1分もたたないうちにオーガズムに達する事もあるでしょう。 逆に、オーガズムを感じた事がない女性や、体調が悪い時、気分がのらない時のセックスでは、どんなに男性が長い時間頑張ったとしても達する事はできませんよね。 大切なのは、パートナーの女性とあなたが性的に心も身体も満足できること。 早漏を克服していくには、この点もとても大切になってきます。 早漏の原因とは? セックスの時は、まず副交感神経が優位に立って、勃起を促します。 セックスにはまず副交感神経の働きが強くならなくてはいけません。 そして十分にセックスを満喫した後に射精です。 この時に副交感神経から、交感神経にスイッチが切り替わり、射精します。 副交感神経から交感神経へのスイッチが早く切り替わってしまって、交感神経が優位になり、射精命令が出てしまう。 これが早漏なのです。 そして、この交感神経と副交感神経の切り替えには、脳内ホルモンが深く関わっています。 勃起と射精に関わる脳内ホルモンには次の2つがあります。 ノルアドレナリン ノルアドレナリンは覚醒や興奮に大きく関係している神経伝達物質です。 何らかの原因でノルアドレナリンが多く分泌されると、脳内で過剰な興奮や活性が生じ、情報の混乱がおこります。 そのため、射精命令が異常に早く伝達され、早漏という症状を引き起こします。 セロトニン セロトニンは、1秒間に2、3回の周期で、常に分泌されている物質です。 そして、このセロトニンは、ノルアドレナリンの分泌を抑制する働きがあります。 そのため、ノルアドレナリンによる交感神経や脳への作用が抑制され、早漏や勃起障害も改善されます。 精力絶倫の人は、セロトニンの分泌が活発であるためノルアドレナリンの分泌を未然に抑制するので、勃起も正常で早漏もないと考えられます。 そして、早漏の人は、セロトニンの分泌量が少ないためノルアドレナリンが多く分泌し、結果、交感神経が過敏に働きすぎて早漏になるのです。 射精が早い遅いの差は、セロトニンの分泌量と関係があります。 では、なぜセロトニン量が少なくなってしまうのでしょうか。 早漏には、心理的なものと機能的なものの大きく分けて2つの原因となるものがありますが、ほとんどの場合、多くの男性は心理的な作用によって 早漏となってします。 心理面では、実際のセックスでのマイナスの心理状態だけでなく、セックス以外でのマイナスの心理状態も作用します。 セックスに対する心理状態のマイナス要因として、セックスに対しての劣等感、セックスへの不安、緊張があげられ、セックス以外では人間関係の トラブル、職場・仕事のストレスなどです。 様々なストレスが、早漏の原因となるのです。 ストレスはセロトニンの分泌を減少させます。 そのことが大きな問題です。 私たちが過去に経験したことは、すべてこの潜在意識のデータベースに蓄積されていて、また似たようなことが起こると、私たちの体は無意識のうちにその反応の例を潜在意識のデータベースから引き出してきます。 早漏で悩んでいる人は、必ずと言っていいほど「今日もまたダメかもしれない」という不安がセックスをするたびに頭の中によぎっています。 早漏克服に必要な脳のトレーニング パートナーがオーガズムにたっする前に射精してしまい、彼女を満足させられなかったという事実は、精神的ストレスが強く、このような精神的ストレスを伴う出来事は、潜在意識に強く刻み込まれてしまいます。 また、子供の頃にセックスに対して、罪の意識を植え付けられたりすると、それが潜在意識として、成人になっても心の奥底に残り、早漏の原因になることがあります。 思春期の頃にオナニーをしている現場を親に見つかってしまったり、見つからないまでもしていることがバレてしまった経験があると、見つからないうちに早く射精するように自然と自分自身を暗示にかけてしまっているのです。 潜在意識は、すでに記憶されている情報を参考に応答します。 また、現実と想像を区別できないので、潜在意識の力は、顕在意識の意志の力よりも優先します。 ですから、あなたの潜在意識に刻み込まれた「また早かった」という記憶は、あなたが「またダメかもしれない」と思うたびに、あなたの体がそう反応してしまっているのです。 そういった場合、過去の否定パターンを、肯定的なものに書き変えることによって、その影響で作り出される現実が変わってくるのです。 潜在意識に新しい情報を刻むことが非常に大切な作業です。 この、とても素直な潜在意識の力を有効的に使うことが、早漏克服のためにはとても大切なのです。 残念ながら過去の失敗、辛い情報を潜在意識から消し去ることはできません。 ただし、新しい成功のイメージを植えつけることは可能なのです。 このプラスのイメージなしでは、これから紹介するどんな早漏克服法を使っても、あなたが早漏を克服することは不可能です。 その新しいプラスのイメージを潜在意識に刻み込むには、自己暗示により副交感神経を活性化する必要があります。 簡単にできるトレーニングなのでまずは脳の潜在意識を変えましょう! 【早漏克服トレーニング】まずは正しいマスターベーションを 早漏を克服するのに一番大事なのは、射精をコントロールする感覚を養うことです。 そのためには普段のマスターベーションに「寸止め」というトレーニング要素を取り入れます。 マスターベーションをしている途中で、イキそうになったら、パッとペニスから手を離す、俗にいう「寸止め」を繰り返し行うことで脳は鍛えられます。 つまり「15分こすってイク」という時間を設定すると、その15分をクリアするまで、10回でも0回でも寸止めを繰り返さねばならないのである。 この射精ラインは寸止めトレーニングを繰り返すたびに、よりはっきり見えるようになるので、くじけずに繰り返し行うようにしましょう。 あなたが手でペニスを刺激しているときにそろそろ射精しそうかも。 と思ったら刺激を緩めて、自分の射精感が引いていく程度に刺激を与えてあげてください。 本当に射精する! という直前でパッと手を放してしまうのは体への負担が大きいのでやめましょう。 このトレーニングで養うのは自分の限界を伸ばし、また見極める力です。 そして脳を「このくらいの刺激なら大丈夫という」風に少しずつ手の感覚に慣れさせることによって、徐々に早漏を改善方向に向かわせることができます。 【正しいマスターベーションとは? 】亀頭への刺激 あなたはマスターベーションを行うときペニスのどの部分に刺激を与えているでしょうか? 竿の部分を持って亀頭を皮と一緒に擦るように刺激していますか? これは多くの人が行っているマスターベーションではあるのですが早漏を克服するトレーニングとしての効果は望めません。 考えてもみてください。 行為のときに一番刺激を受けるのはどこでしょうか。 そう、むき出しの亀頭です。 であれば、当然早漏を改善するトレーニングとしてはその部分を中心に刺激を与えなければなりません。 もしあなたが竿部分に大きな刺激を与えるマスターベーションをしているのであれば、すぐに亀頭中心のものに変えましょう。 これだけでも早漏改善トレーニングとしては大きな効果が期待できます。 【行為のときにペニスに集中しすぎない】意識から変える早漏 早漏を気にしている人の多くは行為のときに不必要なほどに集中し緊張しています。 もしもあなたが今までのトレーニングをきっちり行ってきたのであれば、もう早漏改善の下準備はできているはずですので、後は精神的なテクニックを駆使していきましょう。 もしあなたが本番中早くも射精をしてしまいそうになったら、一度ペニスを抜き、体位を変える振りをしながら息を整え、そして「足の指を動かしてください」。 ペニスの勃起や射精というのはあなたの意思に半ば関係なく起こるものです。 ですが、足の指を動かすという行為は完全にあなたの意思で行われます。 簡単に言うとこのときには脳からの命令で使われる神経が変わってきますので、足の指を動かす神経に気を集中させることによって、勃起を少し鎮め、射精感を抑えることができます。 これも普段のトレーニングに取り入れておくと効果的です。 早漏改善は一人で悩まずパートナーと協力を 編集部 オススメ もしもあなたのパートナーが早漏に理解のある人であったなら、あなたにとってこんなに幸せなことはありません。 素直に早漏であることを打ち明け、トレーニングに付き合ってもらいましょう。 早漏の改善で一番重要なのはいかに本番と同じトレーニング環境を作るか。 ということですから、まさに本番に勝るトレーニングはありません。 脳から早漏を改善するために、良い成功体験を記憶に上書きすることは非常に大切なプロセスになってきます。 さらにそうして行為を重ねていくことによって、最初に言ったように脳が刺激に慣れ、そしてパートナーとの行為にも慣れが出てきます。 そうして、あなたの中から「自分は早漏」という意識を完全に消し去ることで、早漏はいつの間にか改善方向に向かっていきます。 もしも関係が良好なパートナーであれば思い切って打ち明け、素敵な夜の生活を楽しんでください。

次の

しまじろう らむりんが消えた理由が気になる!声優もチェック!

そう ろう ぼうし りん ぐ

中国の南北朝時代の架空の時代設定で、 宮廷&戦闘時代劇としてだけでなく人物描写や心情、心理戦がうまく合わさって見る側をあきさせない、さらに何度みても違った見方ができるドラマとなっています。 架空の時代設定なので、中国の歴史がわからなくてもストーリー展開を十分に楽しめるドラマなのでエンタテイメントとして純粋におもしろいおすすめ作品です。 1回目はストーリーと心理作戦を楽しむ、2回目は人物関係をプラスして展開を楽しむなど知ればしるほどドラマの見方が変わる楽しみもあります。 でもわざわざ各チャンネルを契約する必要があるので、不便な上にコストもかかります。 便利にお得に視聴するには動画配信サービスをおすすめします。 動画配信サービスのU-NEXTはすでに配信を開始しています。 U-NEXTは、さらに 最新作も豊富。 今なら「 30日間無料お試しサービス」で 他の華流/韓流ドラマもイッキに無料で見放題です。 その梅長蘇は蘇哲という名で都入りし、別の目的のためにすでに動いていた。 赤えん軍の名誉と一族の復讐のために満期を持して都に乗り込んだ蘇哲は、正体を明かすことなくかつて盟友だった靖王の策士となり宮廷や朝廷を巻き込み着々と復讐への脇固めをしていく。 反逆の罪を着せられた赤えん軍に父と従軍していた。 死んだと思われている。 梁帝の娘。 南の国境を守る穆王府を任されている。 かつて林殊の婚約者だった。 今も林殊が忘れられない。 梁帝の第7皇子。 実直な性格で政治の謀は苦手。 長兄の祁(き)王を慕っていた。 梁帝に疎まれている 禁軍大統領。 林殊と一緒に赤えん軍に従事した。 梅長蘇が林殊と知るひとり。 梅長蘇の護衛。 空を飛ぶのが好き。 身のこなしが早く梅長蘇の言うことだけは聞く。 ビクター・ホアン リウ・ミンタオ ディン・ヨンダイ チャン・リンシン ジン・ドン 誉(よ)王 静妃 梁帝 夏冬(かとう) 藺晨 蕭景桓。 梁帝の第5皇子。 野心家で常に皇太子の座をねらい画策している。 靖王の母。 思慮深く謙虚。 かつて林家で医女として働いていた。 梁の皇帝。 疑い深く、後継者に頭を悩ます。 赤えん軍を反逆罪で処罰し、長子の祁王を死罪にした。 皇帝直属の懸鏡司の掌鏡使。 夫が赤えん軍に従事し死亡した。 夫の死を林将軍のせいだと思っている。 瑯琊閣閣主。 梅長蘇の友人で、医者。 林殊を死の淵から救った。 神出鬼没。

次の

「早漏を克服するトレーニング」早漏は脳から治せる

そう ろう ぼうし りん ぐ

早漏と女性が求める理想の そもそも早漏とはあなたのペニスではなく、あなたの脳が引き起こすものです。 早漏の原因は何でしょう? まず早漏の定義ですが、第103回米国泌尿器科学会(AUA)の年次総会(2008年5月)で、男性における性機能障害で、性行為時、毎回または、ほぼ毎回、女性器への男性器挿入後1分以内に射精してしまう、もしくは挿入前に射精してしまうこと。 射精をコントロールできないことによるストレス、悩み、いらいらなど精神的な負担を感じていること。 あるいは、性行為自体を避けていること。 という定義がなされました。 東邦大学講師の永尾光一さんの調査報告によると、女性が希望する平均性交時間は16. 7分でした。 小学館の雑誌が日本人女性 1,000人(平均年齢 24. 7歳)を対象に行った、希望する性交時間のアンケートでも平均で15. 7分となっています。 16分って、早漏の人には、結構な長さですよね。 普通にガンガンとピストン運動してたら、とても無理です。 実は、この女性が望16分というのは、激しいピストン運動を16分間ずっと続けて欲しいというものではありません。 男性のエクスタシーが射精に凝縮されているのに対して、女性のエクスタシーはキスから始まり、クリトリスをはじめ体全体への前戯で徐々に高まり、そしていよいよ膣への挿入で、最高潮のオーガズムへと至ります。 例えば、男性からたっぷり愛撫されて、体も心もコンディションが良くて、しかも焦らされて焦らされて待ち焦がれた挿入であれば、挿入から1分もたたないうちにオーガズムに達する事もあるでしょう。 逆に、オーガズムを感じた事がない女性や、体調が悪い時、気分がのらない時のセックスでは、どんなに男性が長い時間頑張ったとしても達する事はできませんよね。 大切なのは、パートナーの女性とあなたが性的に心も身体も満足できること。 早漏を克服していくには、この点もとても大切になってきます。 早漏の原因とは? セックスの時は、まず副交感神経が優位に立って、勃起を促します。 セックスにはまず副交感神経の働きが強くならなくてはいけません。 そして十分にセックスを満喫した後に射精です。 この時に副交感神経から、交感神経にスイッチが切り替わり、射精します。 副交感神経から交感神経へのスイッチが早く切り替わってしまって、交感神経が優位になり、射精命令が出てしまう。 これが早漏なのです。 そして、この交感神経と副交感神経の切り替えには、脳内ホルモンが深く関わっています。 勃起と射精に関わる脳内ホルモンには次の2つがあります。 ノルアドレナリン ノルアドレナリンは覚醒や興奮に大きく関係している神経伝達物質です。 何らかの原因でノルアドレナリンが多く分泌されると、脳内で過剰な興奮や活性が生じ、情報の混乱がおこります。 そのため、射精命令が異常に早く伝達され、早漏という症状を引き起こします。 セロトニン セロトニンは、1秒間に2、3回の周期で、常に分泌されている物質です。 そして、このセロトニンは、ノルアドレナリンの分泌を抑制する働きがあります。 そのため、ノルアドレナリンによる交感神経や脳への作用が抑制され、早漏や勃起障害も改善されます。 精力絶倫の人は、セロトニンの分泌が活発であるためノルアドレナリンの分泌を未然に抑制するので、勃起も正常で早漏もないと考えられます。 そして、早漏の人は、セロトニンの分泌量が少ないためノルアドレナリンが多く分泌し、結果、交感神経が過敏に働きすぎて早漏になるのです。 射精が早い遅いの差は、セロトニンの分泌量と関係があります。 では、なぜセロトニン量が少なくなってしまうのでしょうか。 早漏には、心理的なものと機能的なものの大きく分けて2つの原因となるものがありますが、ほとんどの場合、多くの男性は心理的な作用によって 早漏となってします。 心理面では、実際のセックスでのマイナスの心理状態だけでなく、セックス以外でのマイナスの心理状態も作用します。 セックスに対する心理状態のマイナス要因として、セックスに対しての劣等感、セックスへの不安、緊張があげられ、セックス以外では人間関係の トラブル、職場・仕事のストレスなどです。 様々なストレスが、早漏の原因となるのです。 ストレスはセロトニンの分泌を減少させます。 そのことが大きな問題です。 私たちが過去に経験したことは、すべてこの潜在意識のデータベースに蓄積されていて、また似たようなことが起こると、私たちの体は無意識のうちにその反応の例を潜在意識のデータベースから引き出してきます。 早漏で悩んでいる人は、必ずと言っていいほど「今日もまたダメかもしれない」という不安がセックスをするたびに頭の中によぎっています。 早漏克服に必要な脳のトレーニング パートナーがオーガズムにたっする前に射精してしまい、彼女を満足させられなかったという事実は、精神的ストレスが強く、このような精神的ストレスを伴う出来事は、潜在意識に強く刻み込まれてしまいます。 また、子供の頃にセックスに対して、罪の意識を植え付けられたりすると、それが潜在意識として、成人になっても心の奥底に残り、早漏の原因になることがあります。 思春期の頃にオナニーをしている現場を親に見つかってしまったり、見つからないまでもしていることがバレてしまった経験があると、見つからないうちに早く射精するように自然と自分自身を暗示にかけてしまっているのです。 潜在意識は、すでに記憶されている情報を参考に応答します。 また、現実と想像を区別できないので、潜在意識の力は、顕在意識の意志の力よりも優先します。 ですから、あなたの潜在意識に刻み込まれた「また早かった」という記憶は、あなたが「またダメかもしれない」と思うたびに、あなたの体がそう反応してしまっているのです。 そういった場合、過去の否定パターンを、肯定的なものに書き変えることによって、その影響で作り出される現実が変わってくるのです。 潜在意識に新しい情報を刻むことが非常に大切な作業です。 この、とても素直な潜在意識の力を有効的に使うことが、早漏克服のためにはとても大切なのです。 残念ながら過去の失敗、辛い情報を潜在意識から消し去ることはできません。 ただし、新しい成功のイメージを植えつけることは可能なのです。 このプラスのイメージなしでは、これから紹介するどんな早漏克服法を使っても、あなたが早漏を克服することは不可能です。 その新しいプラスのイメージを潜在意識に刻み込むには、自己暗示により副交感神経を活性化する必要があります。 簡単にできるトレーニングなのでまずは脳の潜在意識を変えましょう! 【早漏克服トレーニング】まずは正しいマスターベーションを 早漏を克服するのに一番大事なのは、射精をコントロールする感覚を養うことです。 そのためには普段のマスターベーションに「寸止め」というトレーニング要素を取り入れます。 マスターベーションをしている途中で、イキそうになったら、パッとペニスから手を離す、俗にいう「寸止め」を繰り返し行うことで脳は鍛えられます。 つまり「15分こすってイク」という時間を設定すると、その15分をクリアするまで、10回でも0回でも寸止めを繰り返さねばならないのである。 この射精ラインは寸止めトレーニングを繰り返すたびに、よりはっきり見えるようになるので、くじけずに繰り返し行うようにしましょう。 あなたが手でペニスを刺激しているときにそろそろ射精しそうかも。 と思ったら刺激を緩めて、自分の射精感が引いていく程度に刺激を与えてあげてください。 本当に射精する! という直前でパッと手を放してしまうのは体への負担が大きいのでやめましょう。 このトレーニングで養うのは自分の限界を伸ばし、また見極める力です。 そして脳を「このくらいの刺激なら大丈夫という」風に少しずつ手の感覚に慣れさせることによって、徐々に早漏を改善方向に向かわせることができます。 【正しいマスターベーションとは? 】亀頭への刺激 あなたはマスターベーションを行うときペニスのどの部分に刺激を与えているでしょうか? 竿の部分を持って亀頭を皮と一緒に擦るように刺激していますか? これは多くの人が行っているマスターベーションではあるのですが早漏を克服するトレーニングとしての効果は望めません。 考えてもみてください。 行為のときに一番刺激を受けるのはどこでしょうか。 そう、むき出しの亀頭です。 であれば、当然早漏を改善するトレーニングとしてはその部分を中心に刺激を与えなければなりません。 もしあなたが竿部分に大きな刺激を与えるマスターベーションをしているのであれば、すぐに亀頭中心のものに変えましょう。 これだけでも早漏改善トレーニングとしては大きな効果が期待できます。 【行為のときにペニスに集中しすぎない】意識から変える早漏 早漏を気にしている人の多くは行為のときに不必要なほどに集中し緊張しています。 もしもあなたが今までのトレーニングをきっちり行ってきたのであれば、もう早漏改善の下準備はできているはずですので、後は精神的なテクニックを駆使していきましょう。 もしあなたが本番中早くも射精をしてしまいそうになったら、一度ペニスを抜き、体位を変える振りをしながら息を整え、そして「足の指を動かしてください」。 ペニスの勃起や射精というのはあなたの意思に半ば関係なく起こるものです。 ですが、足の指を動かすという行為は完全にあなたの意思で行われます。 簡単に言うとこのときには脳からの命令で使われる神経が変わってきますので、足の指を動かす神経に気を集中させることによって、勃起を少し鎮め、射精感を抑えることができます。 これも普段のトレーニングに取り入れておくと効果的です。 早漏改善は一人で悩まずパートナーと協力を 編集部 オススメ もしもあなたのパートナーが早漏に理解のある人であったなら、あなたにとってこんなに幸せなことはありません。 素直に早漏であることを打ち明け、トレーニングに付き合ってもらいましょう。 早漏の改善で一番重要なのはいかに本番と同じトレーニング環境を作るか。 ということですから、まさに本番に勝るトレーニングはありません。 脳から早漏を改善するために、良い成功体験を記憶に上書きすることは非常に大切なプロセスになってきます。 さらにそうして行為を重ねていくことによって、最初に言ったように脳が刺激に慣れ、そしてパートナーとの行為にも慣れが出てきます。 そうして、あなたの中から「自分は早漏」という意識を完全に消し去ることで、早漏はいつの間にか改善方向に向かっていきます。 もしも関係が良好なパートナーであれば思い切って打ち明け、素敵な夜の生活を楽しんでください。

次の