コーヒー が 冷め ない うち に テレビ。 映画「コーヒーが冷めないうちに」|TBSテレビ

映画『コーヒーが冷めないうちに』あらすじネタバレと感想。ラストと結末も

コーヒー が 冷め ない うち に テレビ

女優の有村架純が主演を務めた映画『コーヒーが冷めないうちに』が、11日 26:05~28:15 にTBSで地上波初放送される。 主演の有村架純 2015年の発売以降「とにかく泣ける! 」と口コミで広がり、17年には本屋大賞にもノミネートされた同名小説を、シリーズ続編の『この嘘がばれないうちに』とともに映画化。 興行収入15億円を記録した。 舞台は、とある街のとある喫茶店。 ただ、そのためには守らなければならないいくつかのルールがあった。 誰もが一度は経験のある「もしも、あの時に戻ることができたら…」という後悔の思い。 様々な思いを抱えた客たちが店を訪れる。 従兄で店主の時田流 深水元基 と喫茶店を切り盛りする時田数を有村架純が演じ、彼女が淹れるコーヒーがきっかけでタイムスリップが起こり、登場人物それぞれのストーリーが始まってゆく。 脇を固めるキャストには、石田ゆり子、薬師丸ひろ子、吉田羊、松重豊など演技派かつ人気俳優陣、さらには波瑠、伊藤健太郎、林遣都、深水元基、松本若菜などのフレッシュな実力派俳優が集結した。 監督は『リバース』、『重版出来! 』、『Nのために』、『夜行観覧車』などTBSで幅広いジャンルのヒットドラマの演出を多数手掛け、2018年には『アンナチュラル』、『中学聖日記』、2019年には『グランメゾン東京』で高い評価を得た塚原あゆ子氏。 今作が映画監督デビュー作となった。 予めご了承ください。 関連記事•

次の

コーヒーが冷めないうちに見逃し配信や無料動画!あらすじも!|トニーのお部屋

コーヒー が 冷め ない うち に テレビ

原作本はシリーズ累計120万部を突破。 舞台の脚本家兼、演出家として活躍する川口俊和の小説デビュー作となる本作が、シリーズ続編の「この嘘がばれないうちに」とともに映画化! <内容> 主人公にはどの世代からも圧倒的な支持をもつ人気女優・有村架純。 今作では、かわいらしさの中にも凛とした美しさ・意思の強さを持つ女性像を瑞々しく演じています。 彼女が淹れるコーヒーがきっかけで、タイムスリップが起こり、ストーリーが始まります。 脇を固めるキャストには、石田ゆり子、薬師丸ひろ子、吉田羊、松重豊などの超豪華な演技派且つ人気俳優陣、更には波瑠、伊藤健太郎、林遣都、深水元基、松本若菜などのフレッシュな実力派俳優が集結。 <あらすじ> 時田数(有村架純)が従兄(いとこ)で店主の時田流(深水元基)と切り盛りする、とある街のとある喫茶店「フニクリフニクラ」。 そこには、不思議な都市伝説があった。 それは店内の【ある席】に座ると、望んだとおりの時間に戻ることができるというもの。 ただし、そこにはめんどくさい……非常に面倒くさいいくつかのルールがあった。 コーヒーが冷めないうちに飲み干さなければならない。 席に座れるのは、その先客が席を立った時だけ。 「ここに来れば過去に戻れるってほんとうですか?」 今日も不思議な噂を聞いた客がこの喫茶店に訪れる。 アメリカに行ってしまった幼馴染の賀田多五郎(林遣都)とケンカ別れをしてしまった三十路直前の独身キャリアウーマン清川二美子(波瑠)。 若年性アルツハイマーに侵された妻・高竹佳代(薬師丸ひろ子)と、そんな高竹を優しく見守る夫・房木康徳(松重豊)。 故郷の妹(松本若菜)を裏切って、一人スナックを営む喫茶店の常連客・平井八絵子(吉田羊)。 数に次第に惹かれていく常連客の大学生・新谷亮介(伊藤健太郎)。 過去に戻れるという【ある席】にいつも座っている謎の女(石田ゆり子)……。 どんなことをしても現実は決して変わらない。 それでも過去に戻り、会いたかった人との再会を望む客たち。 そこで彼らを待っていたものとは? そして、主人公・時田数に隠された真実とは? -1杯のコーヒーが冷めるまでの、ほんの短い時間でも、人生は変わる- <キャスト> 有村架純 伊藤健太郎 波瑠 林遣都 深水元基 松本若菜 薬師丸ひろ子 / 吉田羊 松重豊 石田ゆり子 <スタッフ> 原作/川口俊和 「コーヒーが冷めないうちに」「この嘘がばれないうちに」 サンマーク出版刊 監督/塚原あゆ子 「アンナチュラル」「Nのために」 脚本/奥寺佐渡子 「サマーウォーズ」「おおかみこどもの雨と雪」 音楽/横山克 主題歌:YUKI 『トロイメライ』 EPICレコードジャパン.

次の

映画『コーヒーが冷めないうちに』あらすじネタバレと感想。ラストと結末も

コーヒー が 冷め ない うち に テレビ

本屋大賞にノミネートされたシリーズ累計120万部突破のベストセラー小説を、有村架純を主演に映画化したのBlu-ray&DVDが3月8日(金)よりリリース。 有村さん演じる主人公・時田数(ときた かず)が入れるコーヒーがきっかけで、タイムスリップが起こり、登場人物それぞれのストーリーが始まっていく本作。 脇を固めるキャストには、石田ゆり子、薬師丸ひろ子、吉田羊、松重豊、さらには波瑠、林遣都、深水元基、松本若菜など幅広い世代の実力派俳優が集結した。 Blu-rayとDVD豪華版は、主演・有村さんの見どころナビゲートや、クランクインからクランクアップまでを追ったメイキング映像、完成披露、初日舞台挨拶映像など、2時間を超える特典映像を収録。 ブックレットや、初回限定では「コーヒーが冷めないうちに」脚本の封入と、まさにファン必携の豪華版となりっている。 今回公開された映像は、Blu-ray&DVD豪華版に収録される、クランクイン当日からクランクアップまでを追った貴重なメイキング映像の一部。 舞台は、時田数が従兄で店主の時田流(深水元基)と切り盛りする、とある町のとある喫茶店「フニクリフニクラ」。 有村さんが店の看板猫を抱っこして移動させるシーンでは、猫が腕の中からするりと逃げてしまい苦笑い。 TAKE2を撮り終え、映像を塚原あゆ子監督とチェックする1コマも。 また、数に思いを寄せる大学生の新谷亮介(伊藤健太郎)に数から抱きつくシーンでは、塚原監督の演出を受けて、飛びつき気味に抱きつく有村さんの姿が。 さらに監督があるアクションを指示すると、伊藤さんは勢いよく抱きついてきた有村さんを「おっとっと」と言いながらもギュッと抱きしめ、手を頭に添えており、キュンとする素敵なシーンの裏側が明かされている。 『コーヒーが冷めないうちに』Blu-ray&DVDは3月8日(金)より発売。 net》.

次の