堅実 英語。 急がばまわれ式・堅実で一番効率的な英語の勉強法

「堅実」とは?意味や使い方を解説!

堅実 英語

さて、ここまでは堅実な人の特徴・性格・心理・堅実な人が就く仕事について紹介してきましたが、この見出しではあなたが堅実かどうかを診断してみましょう。 下にあなたが堅実かどうかを診断する、10この質問で構成された「堅実度診断」を作成致しました。 10個当てはまる人は「堅実」、9〜7個当てはまる人は「比較的堅実」、6〜5こ当てはまる人は「やや堅実」となります。 1、人生設計がしっかりと組まれている。 2、仕事に取り掛かる前に計画を組む癖がある。 3、お金の無駄遣いをしない。 4、投資などお金を失うリスクのあることには手を出さない。 5、安請け合いしない。 6、連絡は比較的マメにする方だ。 7、無駄が嫌い。 8、周りの人から「いつも冷静」と言われたことがある。 9、リターンの大きい方法よりもリスクが少ない方法を選ぶことが多い。 10、普段から意識的に感情をコントロールするようにしている。

次の

「謙虚」と「堅実・誠実・素直」の違い・謙虚な人の特徴・名言

堅実 英語

謙虚な人に憧れ、謙虚になりたくて、自分なりにいろいろと頑張った経験はありませんか。 一度は人から「謙虚」だと言われたいと願ったこともです。 見えてきそうでいて、見えないのが「謙虚」という言葉です。 ちょっとやそっとでは手に入らない憧れの「謙虚さ」ですが、いろいろな言葉と比較することで、何か違うものを掴むことができるはずです。 そこで一見、同じ響きをもつ「謙虚」と「堅実・誠実・素直」ですが、その正確な意味を把握し、違いを再確認することで、「謙虚さ」を再発見し、あなたがその「謙虚」の本質と魅力に少しでも迫れる手助けとして、この記事を参考にしてください。 「謙虚」の意味 「謙虚」の意味は控えめで慎ましやかなことで、自分の地位・能力などに驕る事がなく、素直な態度で人に接するさまです。 相対する人にへりくだり、相手の意見を聞き入れます。 まとめると、偉ぶらず、相手を敬い、素直に学ぶことです。 「堅実」の意味と「謙虚」との違い 「堅実」とは手堅くしっかりしていて確実なことで、確かで危なげがなく不安を感じさせるところがないという意味です。 確実を得るための手段や、それを行う性格の人に使うことが多く、それに即した冒険をしない、リスクを冒さないといった意味にもなります。 「謙虚」と「堅実」の何が一番違うかというと「相手か自分か」の立ち位置の違いです「謙虚」の意味で一番重要なのは相手を敬いへりくだることです。 相手に遠慮し、相手の行動を立てます。 一方「堅実」は、確実に行動するため、相手に遠慮せず自分の意志を曲げない場合があり、「謙虚」とは全く正反対の意味となります。 「誠実」の意味と「謙虚」との違い 「誠実」とはまじめで真心がある、人や事物に対する姿勢に真心が感じられ、真面目で偽りがなく、私利私欲をまじえず、真心をもって人や物事に対することや、そのさまです。 重要なのは「真心」で、簡単にいうと言葉や行動に嘘がなく、心がこもっていることです。 「謙虚」は相手を敬い、へりくだり遠慮するので、どうしても相手に対して深く踏み込めません。 一方「誠実」は、真心で人と接することなので「謙虚」とは反対で、真心をもって相手の心に深く踏み込み、ひたすら真摯に接します。 「謙虚」と「誠実」では相手の心への踏み込み方、接し方の姿勢という意味では正反対だということが分かります。 「素直」の意味と「謙虚」との違い 「素直」とは考え、動作、態度が真っ直ぐなことで、ひがんだ所がなく、人に逆らわない、心が純真さを失っていないことです。 それ以外に技芸などに癖がないこともいいます。 「素」は、わだかまりなく物事を観る、捉えるという心の態度で、「直」はまっすぐを表し、基本的には「素」と同じ意味です。 2つで「まっすぐに物事を捉える」となります。 「素直」は、自分の考えている事、感じていることを正直にまっすぐに表すことです。 それに対して「謙虚」は相手を敬いへりくだるので、相手に対して一歩引いてしまう正反対の意味となります。 「謙虚」と「堅実・誠実・素直」の違い 「謙虚」と「堅実・誠実・素直」の違いは、「相手ありき」か「自分ありき」かであり、まったく正反対の意味となります。 「謙虚」は「相手ありき」で、相手を敬い、へりくだり、相手に遠慮し、相手を立て、心の中には踏み込まず、自分の意志を決して表には出しません。 まずは「相手」です。 「堅実・誠実・素直」は「自分ありき」で、相手には遠慮せず、自分の意志を貫く事があり、自分の真心を持って深く踏み込み、真っ直ぐに表現します。 「自分が」という言葉が真っ先にきます。 「相手」か「自分」か、この立ち位置の圧倒的な違いこそが「謙虚」と「堅実・誠実・素直」との正反対の意味を表す原因となります。 謙虚な人の特徴 「謙虚な人」はいつも何を考え、どう感じているのかを知ることが「謙虚」を理解するための最大の近道です。 この謙虚な人の内側である「心の内面」を深く掘り下げていきます。 真面目で控え目である 謙虚な人はとにかく真面目で、怠けたり、隙を見つけては休憩したりはしません。 いつも何かに真剣に向き合っています。 そして低姿勢であり、自己主張はせず控え目であり、自分の事はいつも後回しです。 自分の事はいつでも最後にしてしまうのは謙虚な人にとっては当たり前のことです。 そこまでできなくても少しでも近付く意志が大切です。 我慢強い 謙虚な人は、人から中傷されたり、邪魔をされても決して怒る事はなく、一度これと決めた事は障害や挫折が降りかかっても、途中で中断する事が起きても、へこたれることなく最後までやり遂げます。 この我慢強さは謙虚な人の独特の持ち味のひとつで、誰しもが少なからず見習わなければならないことです。 傲慢にならず理性的である 自慢せず、余計なプライドを持たないので傲慢にもならない。 これも謙虚な人の特徴のひとつです。 一歩引いたところに自分を置き、いつも冷静に全体を見渡し分析しています。 そのために何があっても感情的になる事がなく、あくまで理性的です。 いつも感謝の心をもつ この世の物事が、上手くいくのは周りのおかげだと感謝し、常に自覚を持って生きているのも、謙虚な人の持つ大きな特徴です。 謙虚な人は、周りの人達にいつも感謝の気持ちを忘れません。 それが自然に感謝の気持ちを言葉に乗せて発信していける力となり、人を幸せな気持ちにさせることになります。 心の外側とは日常生活動作や、心と直結する純粋な行動を表します。 心と体、内と外はいつも直結し連動しています。 心の外を知ることで内側も理解できるといえます。 周りの気配りとサポート役に回る いつも、相手のために何ができるかを念頭に置き、周りに気を配り、行動し続けているため、自然と周りのサポート役に回ることが多くなります。 しかもその方が、物事が円滑に進むため、ついついその役をし続けることになってしまいます。 それだけ卒なく何でもこなしてしまうのも謙虚な人の行動の特徴だといえます。 何があっても自己責任を貫く どんな事があろうと他人や環境のせいにせず、すべてにおいて自己責任を貫きます。 謙虚な人の心の中心には自己責任が核として存在し、それに従って行動を起こします。 その行動には自分の信念と、大いなる責任が伴うと常に自覚しているために、何が起きても自分だけでそれを受け止めて、解決してしまいます。 謙虚な姿勢に対して頑固である 謙虚である事に対して頑ななまでに頑固であり、そこだけは譲ろうとしない面が出てしまう事があります。 そのため周りの人達からは、損な性格だと誤解を受けてしまう事がよくあります。 それでも、謙虚な人はどこ吹く風で、何も気にしません。 いつも努力を怠らない 「謙虚」になるには、常に意識し、長い時間をかけて心を変えていくことが必要です。 ここでは少しでも「謙虚」になれるよう、直ぐに実践できて効果抜群で、毎日でも繰り返すことができる「謙虚になれる簡単な方法」を紹介していきます。 「ありがとう」をいつも言う 自分の周りの人たちや起こる物事に対していつも感謝して、ありがとうを言ってみましょう。 一日最低10回は口に出すことを意識します。 言い慣れてくると周りの景色が輝き、いつもと違った気持ちになれます。 そして、周りの人達の気持ちも変化させることもできます。 3つの「口」を禁止する 「悪口」「陰口」「愚痴」これがネガティブな心を生み出す3つの口で、口に出すたびにドンドン「謙虚さ」から遠ざかっていきます。 そうならいために思い切って3つ口を禁止しましょう。 もし思わず口に出てしまった時は、直ぐに肯定語を口にして打ち消しましょう。 少しづつ謙虚が近づいて来てくれます。 「ごめんなさい」を素直に言う この世のすべての事柄は自己責任によって成り立っていると強く意識し、自分に非がある時は逃げたり、言い訳や、ましてや他人のせいにせず、素直にごめんなさいを言います。 これはできていそうで、できていないことが案外あります。 この一言が人間関係を潤滑にしていき、謙虚さも鍛えてもくれます。 笑顔と相手の言葉を大切にする 『人の言に耳を傾けない態度は、自ら求めて心を貧困にするようなものである』『半分は先輩から教えてもらう、半分は部下から教えてもらう』『感謝の心が高まれば高まるほど、それに正比例して幸福感が高まっていく』 これらの言葉は、自分に驕らず素直にしっかり相手の意見を聞くという「謙虚さ」をシンプルに表しています。 相手を敬い学ぶ姿勢を持つことの大切さを教えてくれます。 『誠実に謙虚に、そして熱心にやることである』 『謙虚さを失った確信は、これはもう確信とはいえず、慢心になってしまいます』 これらの言葉は前述した「謙虚さ」の本質を踏まえたうえで理解すると、心の奥深くまでじんわりと沁み込んでくる含蓄ある言葉に変化します。 その他の名言・格言 次に松下幸之助以外のさまざまな人物の「謙虚」に関する名言・格言を紹介していきます。 ジャン・パウルの名言 『常に謙虚であるならば、褒められた時もけなされた時にも間違いをしない』 これぞ誰もが謙虚になりたい大きな要素の一つであります。 間違いたくなくても間違えてしまう人間の心を鷲掴みにします。 ポール・セザンヌの名言 『自分の強さを実感している人は謙虚になる』 自分の内面をしっかり内観できる人は謙虚である、というこの言葉は、自分はまだまだ「謙虚になれていない」という事を言われているようで、直接胸に突き刺さります。 老子の格言 『知るものは言わず、言うものは知らず』 謙虚な人は、決して「自分から出しゃばらない」というストレートな言葉です。 その納得の真理が心に沁みます。 王貞治の名言 『幸運の女神は笑顔と謙虚な人のところに近寄ってくる』 「謙虚」さには常に笑顔が在るという大切な事を、分かりやすい言葉ででしっかりと伝えてくれます。 やはり笑顔は謙虚さを語るうえでは欠かせな重要な要素だと実感します。 江原啓之の名言 『自分の小ささを知っている人間が、実は一番強いのです。 自分はこの程度だからと笑える謙虚さがある人は、実はそれほど傷付かないものです』 自分がどんな存在であるかをしっかりと見据えて生きている人が、誰よりも一番強い存在となります。 それだけ周りに流されることが無いからです。 自分を知り、自分の足場をしっかり持って生きていくことの大切さを教えてくれます。 謙虚か診断するチェック項目 自分が「謙虚」かそうでないかが、日常生活におけるちょっとした動作で簡単に理解できるチェック事項がありますので、ここで細かくそれを見ていきます。 相手に何事も譲ることができているかどうか エレヴェーターの乗り降りの際や、車の進入時、食事やトイレ、会計でレジに同時に並んだ時などに、直ぐに相手に譲れているかをチェックします。 そんなちょっとした譲り合いの時に、いつも一歩引いて、相手の事を優先して行動できていれば、そこに謙虚さの一端が出ているといえます。 会話の始まりを待てるかどうか 楽しく会話しているとき、相手にイニシアチブを譲り、相手の言葉を先に聞くことができているかを確認します。 相手の言葉に常に耳を傾けることに徹する「聞き上手」になる事が、謙虚になる近道となります。 公共のどんな場所でも端の方へ行くかどうか 映画館や、飲み会、イヴェントでの席の取り方が真ん中寄りではなく、いつも端の方を選択しているかをチェックします。 この場合は、センターで目立つことを嫌い、いつも隅の心地良さを感じる「謙虚さ」の一種の現れです。 応援する事は大好きだがその他の事に拘らない 応援するのが好きですが、その後は何も拘らないかどうかをチェックします。 人のことを応援するのが大好きで真摯にエールを送るのですが、それに対しての結果や、その後のことには何の拘りも見せず、負けず嫌いの要素がありません。 この事も「謙虚さ」がしっかりと表に現れている行動です。 いつも自分を地味にみせようとする とにかく、目立つことが嫌いで、周りの事のサポート役に回ろうとします。 競争事も好んで参加せず、もし出ても必ず一位は狙いません。 この事が自覚できる人は謙虚な要素がかなり強く表れています。 「謙虚」が花言葉の花 数ある花言葉の中で、「謙虚」という花言葉の花々は存在します。 しかし調べれば調べるほど「謙虚」という言葉の存在自体が少なく、人間の世界だけではなく、植物界においても、謙虚な植物、謙虚な言葉が少ないという事が分かります。 ここでは「謙虚」が花言葉の花を、「謙虚」そのものが花言葉となる花と、複数ある花言葉の中に「謙虚」が含まれる花とに分けて紹介していきます。 「謙虚」そのものが花言葉の花 花言葉がズバリ、「謙虚」そのものである花にはスミレ、キンモクセイ、ガクアジサイ、アベリア、エビネなどがあります。 キンモクセイは香りが良いのに地味な花をつけるという由来があります。 9月から10月が開花期となります。 ガクイアジサイは装飾花の数が少なく、謙虚に見える事に因んでできた花言葉です。 5月から7月に花が咲きます。 エビネ(海老根)は欄の一種で他のランと比べ控え目な印象を与えることに由来ます。 開花時期は4月から5月です。 アベリアは小さく慎ましい花の姿が由来です。 6月から11月と長期間に渡り花が咲きます。 これらの花々は「謙虚」そのものを直接表します。 複数ある花言葉の一つに「謙虚」が含まれる花 その花に複数ある花言葉の中の1つに「謙虚」が含まれるモノがあります。 有名なところで、コスモスやライラック、ツバキの「謙虚な美徳」などがあります。 その他にエニシダ、オジギソウなどの花々は数ある花言葉の中の一つとして「謙虚」という言葉が含まれます。 自分の謙虚を磨きあげる 今まで見てきたように「謙虚」は、自分自信を見つめ、感情をコントロールし、周りのできごとを冷静に分析して、なおかつ適切な対処を行うという幾つもの良い要素を兼ね備えた素晴らしいモノだという事を改めて実感しました。 相手を敬い、感謝を忘れないことは、きっと自分自身にもプラスになります。 「謙虚」にただ憧れ続けるのではなく、しっかりと自分のモノにし、時間をかけて磨き上げていくことに邁進するのも良い人生の歩み方です。 ただ注意しなくてはいけないのは、謙虚は素晴らしいことばかりの反面、自分を縛る足枷になることもあります。 謙虚になり過ぎて、下手にひとの心の中に入ることができず、満足なコミュニケーションを取ることが難しくなるからです。 それが自分自身の成長を妨げてしまい、却って自分の心の悩みの種となります。 ですので、謙虚は決して100パーセント完璧な存在ではありません。 自分だけのオリジナルな「謙虚」な人になろう 憧れの謙虚さを手に入れるためにはもう一工夫の努力がいります。 それは自分だけの「謙虚」さを身につけることです。 普通に言われる「謙虚さ」を破り、新しい自分だけの謙虚さを作ります。 そして、自分独自の新しい謙虚さを生み出して進化させます。 その中には、相手の懐にしっかりと入っていける「謙虚さ」もあります。 まずは「堅実」に人生を歩みながら、「誠意」で相手の心に近づき、「素直さ」で相手の心の扉を開きます。 その心の中で初めて、精一杯の「謙虚さ」を表します。 こういう新しい自分だけの「謙虚さ」を作りあげる事で、これからの人生を、もう一段階上へと押し上げることが可能となります。 あなたも、自分自身の「謙虚さ」を見つけ、オリジナルの「謙虚さ」を創り上げて、今までとはひと味違うステージへと進んでみてはいかがでしょう。 ドライバーの仕事情報を探す 現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!.

次の

「謙虚」と「堅実・誠実・素直」の違い・謙虚な人の特徴・名言

堅実 英語

さて、ここまでは堅実な人の特徴・性格・心理・堅実な人が就く仕事について紹介してきましたが、この見出しではあなたが堅実かどうかを診断してみましょう。 下にあなたが堅実かどうかを診断する、10この質問で構成された「堅実度診断」を作成致しました。 10個当てはまる人は「堅実」、9〜7個当てはまる人は「比較的堅実」、6〜5こ当てはまる人は「やや堅実」となります。 1、人生設計がしっかりと組まれている。 2、仕事に取り掛かる前に計画を組む癖がある。 3、お金の無駄遣いをしない。 4、投資などお金を失うリスクのあることには手を出さない。 5、安請け合いしない。 6、連絡は比較的マメにする方だ。 7、無駄が嫌い。 8、周りの人から「いつも冷静」と言われたことがある。 9、リターンの大きい方法よりもリスクが少ない方法を選ぶことが多い。 10、普段から意識的に感情をコントロールするようにしている。

次の