ボンジュール 意味。 たぶんフランス語です。綴りもわからなくて調べようがありません・・・・ 【OKWAVE】

イタリア語の挨拶!おはよう・こんにちは・こんばんはを使い分けよう!

ボンジュール 意味

A ベストアンサー もともとは「すみません」ですが、「すいません」と発音しやすく変えたものもたくさん使います。 話す時はどちらでもいいですよ。 ただ、私個人の語感で言うと、公式的な場では「すみません」の方がいいような気もします。 「すいません」はちょっとくだけた感じかな。 でも、これはあくまで私個人の語感。 人によって、あるいは地方によっても感じ方は違うだろうと思います。 書くときはもちろん「すみません」にしましょう。 これも、話す時にはどちらでもいいです。 「しじつ」「せんたっき」と書いてはいけませんが。 A ベストアンサー 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。 リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。 seesaa. html 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義 右派リバタリアン で、それ以後を新保守主義 ネオコン といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン 左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法 戦争など過激な改革を許容する を執ると言う主義 です。 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで 高福祉政策 」などが有ります。 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。 そして変える方向 変えない方向 が自由か統制かで分類できます。 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。 自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。 リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。 seesaa. html 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共... A ベストアンサー 「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。 しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。 これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。 あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。 私もにた様な経験があります。 美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。 といったら「だから、木曜以降って! 聞いてました? 木曜は駄目なんですよぉ 怒。 と言われたことがあります。 しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。 「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。 goo. php3? もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。 広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく 不親切です。 朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。 解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、 ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。 目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です) A ベストアンサー はじめまして。 ご質問: <もうこの言葉はあまり使われていないのでしょうか。 > そんなことないですよ。 たまに耳にしますし、使うこともあります。 1.確かに、仕事などの公的な場面でもBonjourで事足りるようになっています。 ビジネスでは、あまり堅苦しくなく気を許しあってビジネスしましょう、という一種の見せかけのポーズの役割にもなっています。 ビジネスがアメリカナイズされてきた影響があるのかもしれません。 2.ただ、Enchanteを使う人がいても、こちらが使ったとしても、正しい仏語を使っていると思いこそすれ、誰も「古い」「時代遅れ」などと思いません。 3.もちろん状況によりけりで、パーティなどのプライベートな紹介場面では、あまりenchanteは使いません。 若者の間では初対面の相手でも、気軽にBonjour!、Salut!などが粋な挨拶になります。 4.一方、相手に敬意を表したい場合は、ちょっときざなニュアンスで使われたりします。 例えば、プライベートな紹介場面でも、男性が初めて会う女性に惹かれたり、自分を印象づけたい時は、キザっぽくEnchanteと言ったりします。 しながら手の甲にキスしたり、キザを演出している感じです。 5.外国人がフランスでEnchanteを使って、笑われたり眉をしかめられたりすることはまずありません。 「礼儀正しい」というプラス評価があるだけです。 日本でも、初対面でも「はじめまして」を使うことも少なくなりましたが、外国人がプライベートな場面で「初めまして」を使ったとしても、「正しい言葉遣い」と感心すれど、「変」と思う日本人はいないと思います。 6.ちなみに、フランス人でも、厳格できっちりしたフランス語を話す人は、Enchanteを好む人が多いように感じます。 7.また、敬意を必要とする場面や、大事なビジネスシーンでは、「初めまして」をEnchanteの代わりに、Tres heureux se 「お会いできて光栄です」を使う人もよく見かけます。 個人的には、仕事ではEnchanteよりもTres heureuseの方を多用しています。 が、通常はやはりBonjourで済ませることが多いです。 8.以上から、EnchanteやBonjourは、相手との距離感や状況によって、フランスでは主観的に使い分けている、と言えます。 9.そのフランス語の講師の方は、Bonjour派か、あまりEnchanteやTres heureux se を使う機会のない方なのだと思います。 以上ご参考までに。 はじめまして。 ご質問: <もうこの言葉はあまり使われていないのでしょうか。 > そんなことないですよ。 たまに耳にしますし、使うこともあります。 1.確かに、仕事などの公的な場面でもBonjourで事足りるようになっています。 ビジネスでは、あまり堅苦しくなく気を許しあってビジネスしましょう、という一種の見せかけのポーズの役割にもなっています。 ビジネスがアメリカナイズされてきた影響があるのかもしれません。 2.ただ、Enchanteを使う人がいても、こちらが使ったとしても、正しい... Q 皆様、こんにちは。 最近何かとよく耳にする『更迭』と『罷免』ですが、意味が同じように思えてなりません。 他にも『解任』などもあったりして どちらも、『人を辞めさす』という意味で間違いないと思いますが。 gooの国語辞典で調べると、『罷免』は単に辞めさす事。 『更迭』は他の人に変える事とでてきます。 これは単にメディアがきちんとした使い方をしていないという事なのでしょうか? なんだかうまくまとまりませんが、『更迭』と『罷免』について分かりやすい用法や明確な違いをご存知の方がいらっしゃれば是非教えて下さい。 よろしくお願い致します。 A ベストアンサー 中傷だけで終わるのも何なので補足します。 Nagatosさんは、英米人なら絶対しないような間違いと、する間違いの区別ができてないようです。 質問者さんは、「Can you celebrate? 」はどっちですか?と聞いているみたいですが、それを理解されてないので、議論が平行線になってるみたいですね。 例えば日本の黒板消しの商品名で「Clean Elaser」というのがありました。 これは明らかに米英人はしない間違いです。 意味不明です(「きれいに消せる黒板消し」と言いたいのだろうが、「黒板消し自体がきれい」という意味にしか聞こえない)。 こんな間違いは英語の歌詞にもないでしょう。 結論を言うと、「Can you celebrate? 」は微妙なところだと思います。 「Clean Elaser」ほどひどくはないけど、英米人は言わないでしょう。 でも、歌詞になら使ってもおかしくはない・・かな??という感じです。 聞くひとも、意味はかろうじて推測できるかなという程度だと思います。 賢いひとなら、こんな詩は書かないでしょうね。 慣用だからとあきらめずに、正しい英語を使おうと努力する姿勢を評価したいですね。 中傷だけで終わるのも何なので補足します。 Nagatosさんは、英米人なら絶対しないような間違いと、する間違いの区別ができてないようです。 質問者さんは、「Can you celebrate? 」はどっちですか?と聞いているみたいですが、それを理解されてないので、議論が平行線になってるみたいですね。 例えば日本の黒板消しの商品名で「Clean Elaser」というのがありました。 これは明らかに米英人はしない間違いです。 意味不明です(「きれいに消せる黒板消し」と言いたいのだろうが、「黒板消し自体がきれい」という... A ベストアンサー そもそも【十分】と【充分】は別のことばです。 国語辞典では「十分」も「充分」も同じこと、を踏まえてのご質問と見うけます。 私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。 情緒的な差という人もいますが、語の本来の意味は異なります。 ・旧かな遣いの時期は区別がし易かったが、新かな遣いになり混同を助長。 ・漢字の学習の底が浅く安易になった、即ち本来の意味に注意を払わない。 原意:古代に枝や縄の結節で数字を示した方法の延長が現在の字形。 九が数の窮まった値として縁起よく、重視されてきた。 【充】:満ちる、満たす、余すところなく、担当する、埋める。 【分】:実は、発音も意味も一意でないのです。 【十分】の発音はshi2fen1 【分】fen1の意味は 部分、分割したもの など。 【十分】の発音はchong1fen4 【分】fen4の意味は 成分、本分、職責 など。 さて、お尋ねのこと「私はじゅうぶん満足した」はどう書くか。 ・単純に量的に満たされたならば【十分】。 ・心または腹が充足感を以って(徐々に内部から)満たされた場合は【充分】。 としたいところです。 【充】については以下の用法で感覚をつかんで下さい。 充電・充填・充足・充実・充溢・充血・充ちる(潮が、悪意に、月が、刑期がetc) ついでに、 「十分ご説明をいただいて、充分満足いたしました」のごとき用法も。 いまや、【十分】【充分】を使い分けるか否かは個人の好みです、読む人の感性に合わなければそれまでのこと、自己満足の域を出ません。 いずれにせよ、公式文書や事務的文書では、好悪を捨てて、国語辞典を標準とするに越したことはありません。 そもそも【十分】と【充分】は別のことばです。 国語辞典では「十分」も「充分」も同じこと、を踏まえてのご質問と見うけます。 私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。 情緒的な差という人もいますが、語の本来の意味は異なります。 ・旧かな遣いの時期は区別がし易かったが、新かな遣いになり混同を助長。

次の

たぶんフランス語です。綴りもわからなくて調べようがありません・・・・ 【OKWAVE】

ボンジュール 意味

ポンジュースの由来・意味 ポンジュースという商品名は発売当時の愛媛県知事・久松定武氏が名づけた。 日本一(ニッポンイチ)になるようにという願いを込めて 日本一から「ポン」を取ってポンジュースと名付けられた。 「ポン」は日本一以外にも、オランダ語で 柑橘果汁を意味する「pons」、英語で 果樹栽培法を意味する「pomology」、柑橘類の一種である 文旦(ぶんたん)の英名「pomelo」なども由来となっている。 ポンの英綴りが「pom」であるのも「pomology」や「pomelo」に由来する。 惹句師は今でいうところのコピーライターのような仕事で、「日本(ニッポン)」の「ポン」からポンジュースという名称が提案された。 しかし、「ポン」というのは愛媛の方言で「糞(大便)」を意味するためなかなか決定に至らなかった。 そこで当時、愛媛知事を務めていた久松定武氏に決めてもらおうという話になり、久松知事はフランス語で「こんにちわ」を意味する「 Bonjour(ボンジュール)」や「良い、おいしい」を意味する「 bon(ボン)」 に似ているので良い名前ではないかと推したため、ポンジュースに決定した。 提案したのは惹句師であるが、久松氏の発言によりポンジュースに決定したため久松氏が名付け親とされている。 参考: 愛媛では蛇口からポンジュースが出る? 愛媛県はみかんが特産品として知られているためか、「 愛媛では蛇口からポンジュースが出る」という都市伝説的な噂がある。 青い蛇口からは水、赤い蛇口からはお湯、オレンジの蛇口からはポンジュースが出るといった話まで出回っている。 この話は昭和50年代頃からある話で、各地方から人が集まる大学でお国自慢話をする際、愛媛県人が「愛媛では蛇口からポンジュースが出る」と冗談で言ったのが始まりであるとされている。 この話は冗談から生まれた都市伝説だが、ポンジュースの販売元であるえひめ飲料は「 ポンジュース蛇口」を実際に作って公開している。 現在、「ポンジュース蛇口」は 松山空港2階の出発ロビーに設置されており、毎月第3日曜日の10時から14時まで無料で「ポンジュース蛇口」を体験することができる。 蛇口をひねるとオレンジ色のポンジュースが出てくる。 松山空港の「ポンジュース蛇口」はポンジュースにかぎらず、みかんジュースやいよかんジュースが出るとのこと。

次の

ボンジュール鈴木

ボンジュール 意味

「ボンジュール(bonjour)」と言ってみる X 出典文献 これはフランス語の一般的な挨拶で、「おはよう」、「こんにちは」、「さようなら」、「ハロー」、の全ての場面に使える表現です。 「おはよう」と言う時は、一般的にこの表現を使います。 フランス語圏の国で広く通用する挨拶のフレーズです。 フランス語で「良い」を意味する「ボン(bon)」と「日」を意味する「ジュール(jour)」の二語をあわせたフレーズで、文字通り「良い日」を意味します。 「ボンジュー」と発音してみましょう。 「ボン」はやや鼻にかかる音で、また最後に日本語の「ル」ではなく、喉でうがいするように出すフランス語独特の発音です。 「マダム(madame)」、「マドモワゼル(mademoiselle)」、「ムッシュー(monsieur)」を最後に付ける 「ボンジュール」の後に相手に応じた敬称を付けると、丁寧な表現になります。 X 出典文献• 敬称の前に必ず「ボンジュール」と言いましょう。 フランス語の「マダム(madame)」は、英語の「ミセス(mrs)」に当たり、既婚の女性に対して使います。 フランス語の「マドモワゼル(mademoiselle)」は、英語の「ミス(miss)」に当たり、未婚の女性に対して使います。 X 出典文献• フランス語の「ムッシュー(monsieur)」は、英語の「サー(sir)」あるいは「ミスター(mister)」に当たり、既婚・未婚に関係なく、男性に対して使います。

次の