ゔぃっぱーそくほう。 赤い協働ロボット「Sawyer」について住友重機械とQBITが共同ウェビナー 国内販売累計は200台

安住アナ「私史上、最大痛い」、爪切りでトラブル発生「あーーって10秒、凄かった」(スポニチアネックス)

ゔぃっぱーそくほう

1 住友重機械工業株式会社 メカトロニクス事業部が日本国内販売代理店をつとめる協働ロボット「Sawyer」(ソーヤー)に関する30分ウェビナーが6月22日、7月13日の2回連続で開催された。 ウェビナーでは「Sawyer」など協働ロボットを活用してサービスロボットソリューションを展開中のQBIT Robotics(キュービット・ロボティックス)社の活動紹介も行われた。 二回分をまとめてレポートする。 協働ロボット「Sawyer」 国内販売累計は200台 「」については、住友重機械工業メカトロニクス事業部営業部の山岡直輝氏が紹介した。 「Sawyer」は赤いボディの協働ロボット。 開発・展開したRethink Roboticsは2018年にいったん事業をクローズしたが、その後、HAHNグループがRethink社の資産を全て取得し、新規に設立したRethink Robotics GmbH が事業を継続している。 「Sawyer」については住友重機械工業が国内販売権を持っており、技術アドバイス、保守、購入後のサービスを一貫して提供している。 ロボットを使ったサービスソリューションを開発している。 代表取締役社長兼CEOの中野浩也氏は「SIer(システムインテグレーター)」ではなく「ロボティクスサービスプロバイダー」と名乗っている理由について「ロボットを入れるだけではサービス業ではうまくいかない、企画段階から運用に至るまで手がけけないとサービスが提供できないと考えているため」だと紹介した。 中野氏は、以前は長崎のハウステンボス株式会社情報システムの責任者として「変なホテル」のロボット関連の取り組み、「変なバー」「変なカフェ」などを手がけてきた。 QBIT社の強みは企画設計から加工、組み立て、運用支援までできる技術と体制だという。 ロボットは不安定な環境は苦手だ。 しかしサービス業における現場は工場ほど安定した環境は望めない。 そのため、安定した環境も含めて作る必要がある。 QBITは今までの様々な知見から比較的高速に立ち上げることができるという。 ソフトウェア面でもロボット制御技術は画像認識発話エンジンなどを持ち、低コストで素早い立ち上げが可能だと述べた。 「Sawyer」を選んだ理由は「ティーチング操作のしやすさ」。 中野氏は、アームに操作ボタンが付いていて、アームを持ったままダイヤル操作するだけでティーチングができるため非常に直感的に操作ができることと、また「顔」が表示されているパネルが良いと述べた。 またアームに7自由度があり、取り回しが容易な点もよかったという。 いっぽう、動作音が大きい点はマイナスだと指摘した。 工場では気にならなくても、サービス業においては静音性も重要だ。 中野氏は、アームロボットでコーヒーを入れるということについては、一緒に開発するSIerはなかなか理解してくれなかったと紹介した。 当時を振り返りつつ「サービス業向けロボットSIer(システムインテグレーター)は探してもいなかった。 今でもあまりいない。 サービス業に普及させるにはサービスロボットのSIerがもっと必要だ」と語った。 ちなみにロボットカフェの完成は記者意見の40分前だったそうだが、その後2年間は、大きなトラブルもなく運営できているという。 サービス開始当時はドリンクのみの提供だったが今は物販を追加している。 ドーナツをアクリルケースに入れて利用者に提供するほか、スムージーも追加した。 各種機械をソウヤーがボタンを押して提供する。 様々な業務を「Sawyer」がこなしている。 では、ロボットカフェは儲かるのか。 中野氏は売り上げるコーヒーが同じだったととすれば、ロボットを使ったほうが設備投資・維持管理費は高いが人件費・地代家賃が安くすみ、ロボットカフェのほうが営業利益が高くなると述べた。 「変なカフェ」 関連記事「」より アームロボットを使った飲食サービスは、人が多く集まる場所、人に待ち時間がある場所、兼任で人が保守できる場所、最低限の家賃で運営できる場所などに向いているという。 課題は、ロボットはまだ薄利のサービス業にとってはコストが高いこと、多岐にわたる飲食業の仕事全てをこなせるわけではないこと。 ただし繰り返し作業などはロボットに適している。 いっぽう、インフラや設置場所、また食品衛生法などの問題は残っている。 たとえば給湯器付きのカップ麺自動販売機の設置には飲食店営業の許可が必要だ。 食品衛生安全を担保するのは人だという前提があるからだ。 つまり今の飲食業はロボットだけが行うことは認められておらず、ロボットと人との共存においては法律が追いついていない側面もある。 QBIT社では、2019年11月に経済産業省が立ち上げた「ロボット実装モデル構築推進タスクフォース」にも参画して、ロボットの社会実装を進めていきたいと考えているという。 中野氏は、国内の飲食業むけのサービスも複数の会社が手がけ始めているが、海外に比べると盛り上がりに欠けると述べ、海外の飲食向けロボットやデリバリーロボットなど数社の取り組みを紹介した。 新型コロナ禍によってロボットには非接触という新たな価値も生まれ始めている。 QBITもサラダを運ぶ搬送ロボットを二子玉川の玉川高島屋S.

次の

丸シール貼り台紙

ゔぃっぱーそくほう

事の始まりは一通の手紙でした。 僕がなぜ今回のような記事を書こうかと思ったのか? 事の始まりは、自宅に届いた一通の手紙でした。 ある日、自宅に帰るとうちの奥さんから 「法律事務所から手紙来てるけど、なんかやった?」 と聞かれ、嫌な予感がしつつも手紙を開封してみると、 上記のような 「警告書」という全くうれしくない手紙でした。 画像がモザイクばかりでわかりにくいと思うので、 警告書の内容を要約すると、 「お前がAmazonで売った商品は 悪質なコピー品だから、すぐに販売を中止しろ」 「お前のやったことは、刑事事件として〇〇警察にすでに相談してるから、 もし販売中止しなかったり、1週間以内に誠意のある対応をしない場合は… 逮捕されても文句言うなよ?」 というような内容でした。 僕が正規品だと思って販売したものは、知らない間に掴まされた悪質なコピー品だったようです。 (とはいっても、 コピー品だという証拠は今のところありません) さすがの僕も初めてのことだったので、ぶっちゃけパニックになりました。 だって、すでに警察に相談してるって言われたら…逮捕直前じゃないですか(大汗) 逮捕なんてなったら、奥さんや家族に迷惑がかかるのでそれだけは避けたい! ということで、他の作業を全部いったん中止し、今回の問題に迅速に対応することにしました。 せどらーが販売しないほうがいい商品とは? で、その問題の「せどらーが販売しない方がいい商品」とはどんなものなのか? 早速その正体をお教えいたします。 それは… 「水素水生成器」 です。 文字どおり、水素水という水を作る為の機械です。 Amazonで「水素水生成器」と検索してみると、いろいろなものが出てきます。 ボトルタイプのものから、サーバータイプのものまで、多種多様なラインナップです。 そして、このような水素水生成器は コピー品が出回っていることが問題とされています。 実際にAmazonのレビューなどを見てみると、ニセモノを掴まされている人もいます。 コピー品も気づかない程精巧に作られているものもあるので、 正規品だという保証がなければ、 販売しないのがベターです。 それに、メーカーによっては「販売ライセンス契約」というものを交わす必要があります。 メーカーと直接販売契約を結んでいない場合は、例えAmazonでの出品だとしても 速攻で警告が入ります。 ちなみに、以前別の水素水生成器をAmazonで販売した時は、 出品が反映された瞬間に電話がかかってきて、かなり強い口調で販売を中止するように言われました… (あれは怖かった…) ・コピー品、ニセモノが多く出回っている ・販売ライセンス契約を結ばないといけない場合がある ということから、僕の結論としては、 水素水生成器は販売しないほうがいい ということになりました。 もし警告書が届いたら何をするべきか? もしも、今回の僕のように警告書が届いてしまったらどうしたらいいか? 書面の内容にもよりますが、まず最初にやらなければいけないのは、 出品の中止です。 どういう警告書の内容であれ、 商品をそれ以上出品することは、よりメーカーや法律事務所にさらなる疑惑を与えてしまいますし、 相手に有利な証拠となってしまいます。 商品名を入れたら該当の商品が出てきますので、 チェックボックスにチェックを入れてください。 チェックを入れたら、 「選択中の〇商品を一括変更」 の部分をクリックすると、 「商品と出品を一括削除」を選ぶと、 「操作を進めてよろしいですか?」と聞かれるのでOKを押せば、出品は削除されます。 あなたの在庫から出品が削除されたら、次に行うのは 専門家への相談です。 警告書が届いてしまった場合の専門家とはだれか?というと、 多くの場合は 弁護士に相談するのが一番いいと思います。 とはいえ、弁護料が高そう…とか弁護士ってなんか怖そう…と 弁護士に慣れていない場合は、ちょっと抵抗ありますよね。 そういう場合は、各都道府県にある 弁護士会や法律事務所の「無料相談」で相談してみましょう。 それなら弁護料もかからないので、気軽に相談できますよね。 もし、無料相談を探しているのであれば、 「あなたのお住まいの地域 弁護士 無料相談」 で検索してみることをお勧めします。 (例えば、「神奈川 弁護士 無料相談」とか…) ちなみに、今回僕は弁護士会の無料相談で弁護士の先生に相談に乗ってもらいました。 そこで今後の対応についてアドバイスとしては、 「警告書に準じて、誠意のある回答書を作成して送付する」 ということだったので、すぐに回答書を作成しました。 ちなみに回答書はどうやって作ったかというと、 警告書に書いてある、相手が求める事項についてきちんと回答しただけです。 特に様式の決まり等もなかったので、wordで作りました。 ちなみに相手が回答を求めてきた事項は以下のとおりです。 ・本件商品の販売を企画した経緯 ・本件商品の販売を開始した日 ・本件商品の販売先及び販売数量 ・本件商品の原価 ・本件商品の販売額 ・本件商品の仕入れ先 です。 (ここでいう本件商品は、問題の水素水生成器のことです) これらに対して、事実をそのまま記入し、封筒に入れて普通郵便で相手の法律事務所にお送りしました。 送ってから1週間ほど経ちますが、特に何もありません。 残った在庫はどうするか? 今回、僕は売り切ってから警告書が届いたのですでに在庫は持っていなかったのですが、 もし、まだあなたが在庫を持っている場合はどうしたらいいか? とりあえず、在庫は全部 ヤフオク! やメルカリなどで赤字にならない程度の値段で売り切ってしまいましょう。 個人出品であれば、メーカーも何も言ってこない可能性が高いです。 で、とっとと売っぱらって現金にして、また別の仕入れに使うのが一番いいと思います。 ただ、それが偽物だと判明している場合は、残念ですが廃棄したほうがいいでしょう。 偽物だとわかってて販売すると、また別のせどらーが買って、Amazonで販売して、そのせどらーが万が一逮捕などされた場合、あなたも 「偽物を売ったアカウント」として巻き添えを食う可能性があります。 僕としては、安全サイドで考えるなら、廃棄するときは損してると感じるかもしれませんが アカウントの健全性を守るという意味では、長い目で見れば得だと思います。 あとがき 正直、警告書が届いて内容を見たときは、血の気が引きました。。。 Amazonアカウント停止のおそれもあるし、 最悪の場合は逮捕ということにもなりかねません。 今回の件で、いろいろなせどらーの方にも相談させていただきましたが、 皆さんの意見は真っ二つに割れました。 「警告書に準じて、早急に対応したほうがいい」 「出品を中止さえすれば、特に何もしなくてよし」 確かに今回ではなく、以前販売した水素水生成器のときは 出品を中止して、それ以降は何もありませんでした。 しかし、今回は相手の法律事務所は、「内容証明」で手紙を送ってきたこともあり、 ある程度コストを使って手紙を送ってきてるので、そこそこ本気なんだということがわかりました。 こういう場合は、警告書に準じて、とにかく超速で対応をしたほうがいいと僕は思います。 せどりには今回のようなリスクもときにはありますが、 真っ当にやっていれば、ここまで危ないことはそうそうありません。 今回の僕のケースもかなりレアなケースらしく、僕のせどりのお師匠さんも経験がないと言っていました 笑 っていうか、偽物を掴まされたという点でいえば、僕もある意味被害者です。 まーそれなりに腹は立ちますが 笑 ずっと引きずってても仕方ないので、また気持ちを新たに頑張っていこうと思います。 今回の件で質問等あれば、 ブログのコメント欄か、お問い合わせまでご連絡いただければ 僕の経験でお話できることは全てお話いたします。 是非お気軽にどうぞ。 それでは、ありがとうございました! 佐藤さん、コメントありがとうございます!! 今回の僕のケースは、 購入者様はAmazonではなく、販売元のメーカーに「Amazonで偽物を買ってしまった!」と直接問い合わせたようなんですね。 なので、僕の元にメーカーの顧問法律事務所から警告書が届いた次第です。 もし、購入者様がAmazonに「〇〇というお店が偽物を販売している」と問い合わせた場合は、 Amazonのアカウントスペシャリストから調査が入り、最悪の場合はアカウントが閉鎖されてしまうこともあります。 なので、今回僕が助かったと思ったのは、 「購入者様がAmazonには問い合わせなかった」 ということです。 もし、Amazonにクレームを入れていたら、今頃僕のアカウントは吹っ飛んでいたと思います。 ただ、アカウントが吹っ飛ぶよりも、逮捕されるほうが明らかに問題ですので、 メーカーと直接取引していない限りは、水素水生成器は販売しない方が身のためです。 また水素水生成器の問題やせどりのことでわからないこと等があれば、いつでも質問くださいね!! 週5日フルタイムでサラリーマンとして働きながら、仕事終わりの一日1~2時間の作業で月収20万円をコンスタントに稼いでいる、「てっく」と申します。 28歳までフリーター、元ギャンブル依存症の僕でも副業で月収20万円以上稼げるせどりや情報発信で稼ぐ方法をこちらのブログやメルマガでお伝えしております。 2014年3月にネットビジネスの世界に飛び込み、1か月で挫折するも、2014年11月にせどりを開始。 せどり開始から3か月後に10万円を稼ぐ。 紆余曲折ありながら、2016年6月には最高月商110万円を達成。 現在はせどり+情報発信で月収20万円をコンスタントに稼いでます。 自分で稼ぐ力を身に付けて、毎月会社員の給料並みに稼ぐことでお金に対する不安をなくし、家族や仲間と、より楽しく人生を送りたいというあなたと一緒に稼いでいきたいと思います。

次の

ゴールドバーグが王座戦を前に“ザ・フィーンド”にスピアー炸裂【2・22 WWE】

ゔぃっぱーそくほう

1 住友重機械工業株式会社 メカトロニクス事業部が日本国内販売代理店をつとめる協働ロボット「Sawyer」(ソーヤー)に関する30分ウェビナーが6月22日、7月13日の2回連続で開催された。 ウェビナーでは「Sawyer」など協働ロボットを活用してサービスロボットソリューションを展開中のQBIT Robotics(キュービット・ロボティックス)社の活動紹介も行われた。 二回分をまとめてレポートする。 協働ロボット「Sawyer」 国内販売累計は200台 「」については、住友重機械工業メカトロニクス事業部営業部の山岡直輝氏が紹介した。 「Sawyer」は赤いボディの協働ロボット。 開発・展開したRethink Roboticsは2018年にいったん事業をクローズしたが、その後、HAHNグループがRethink社の資産を全て取得し、新規に設立したRethink Robotics GmbH が事業を継続している。 「Sawyer」については住友重機械工業が国内販売権を持っており、技術アドバイス、保守、購入後のサービスを一貫して提供している。 ロボットを使ったサービスソリューションを開発している。 代表取締役社長兼CEOの中野浩也氏は「SIer(システムインテグレーター)」ではなく「ロボティクスサービスプロバイダー」と名乗っている理由について「ロボットを入れるだけではサービス業ではうまくいかない、企画段階から運用に至るまで手がけけないとサービスが提供できないと考えているため」だと紹介した。 中野氏は、以前は長崎のハウステンボス株式会社情報システムの責任者として「変なホテル」のロボット関連の取り組み、「変なバー」「変なカフェ」などを手がけてきた。 QBIT社の強みは企画設計から加工、組み立て、運用支援までできる技術と体制だという。 ロボットは不安定な環境は苦手だ。 しかしサービス業における現場は工場ほど安定した環境は望めない。 そのため、安定した環境も含めて作る必要がある。 QBITは今までの様々な知見から比較的高速に立ち上げることができるという。 ソフトウェア面でもロボット制御技術は画像認識発話エンジンなどを持ち、低コストで素早い立ち上げが可能だと述べた。 「Sawyer」を選んだ理由は「ティーチング操作のしやすさ」。 中野氏は、アームに操作ボタンが付いていて、アームを持ったままダイヤル操作するだけでティーチングができるため非常に直感的に操作ができることと、また「顔」が表示されているパネルが良いと述べた。 またアームに7自由度があり、取り回しが容易な点もよかったという。 いっぽう、動作音が大きい点はマイナスだと指摘した。 工場では気にならなくても、サービス業においては静音性も重要だ。 中野氏は、アームロボットでコーヒーを入れるということについては、一緒に開発するSIerはなかなか理解してくれなかったと紹介した。 当時を振り返りつつ「サービス業向けロボットSIer(システムインテグレーター)は探してもいなかった。 今でもあまりいない。 サービス業に普及させるにはサービスロボットのSIerがもっと必要だ」と語った。 ちなみにロボットカフェの完成は記者意見の40分前だったそうだが、その後2年間は、大きなトラブルもなく運営できているという。 サービス開始当時はドリンクのみの提供だったが今は物販を追加している。 ドーナツをアクリルケースに入れて利用者に提供するほか、スムージーも追加した。 各種機械をソウヤーがボタンを押して提供する。 様々な業務を「Sawyer」がこなしている。 では、ロボットカフェは儲かるのか。 中野氏は売り上げるコーヒーが同じだったととすれば、ロボットを使ったほうが設備投資・維持管理費は高いが人件費・地代家賃が安くすみ、ロボットカフェのほうが営業利益が高くなると述べた。 「変なカフェ」 関連記事「」より アームロボットを使った飲食サービスは、人が多く集まる場所、人に待ち時間がある場所、兼任で人が保守できる場所、最低限の家賃で運営できる場所などに向いているという。 課題は、ロボットはまだ薄利のサービス業にとってはコストが高いこと、多岐にわたる飲食業の仕事全てをこなせるわけではないこと。 ただし繰り返し作業などはロボットに適している。 いっぽう、インフラや設置場所、また食品衛生法などの問題は残っている。 たとえば給湯器付きのカップ麺自動販売機の設置には飲食店営業の許可が必要だ。 食品衛生安全を担保するのは人だという前提があるからだ。 つまり今の飲食業はロボットだけが行うことは認められておらず、ロボットと人との共存においては法律が追いついていない側面もある。 QBIT社では、2019年11月に経済産業省が立ち上げた「ロボット実装モデル構築推進タスクフォース」にも参画して、ロボットの社会実装を進めていきたいと考えているという。 中野氏は、国内の飲食業むけのサービスも複数の会社が手がけ始めているが、海外に比べると盛り上がりに欠けると述べ、海外の飲食向けロボットやデリバリーロボットなど数社の取り組みを紹介した。 新型コロナ禍によってロボットには非接触という新たな価値も生まれ始めている。 QBITもサラダを運ぶ搬送ロボットを二子玉川の玉川高島屋S.

次の