リース 作り方 簡単。 折り紙 クリスマスリースの簡単な作り方~How to make an easy origami christmas wreath~|簡単折り紙教室

簡単! ローズマリーリースの作り方〜 ガーデンセラピー実践レシピ 〜

リース 作り方 簡単

・・・ ・クリスマスやハロウィンなどの季節感の演出に・・ ナチュラル雑貨でお家を可愛く飾る定番のリース。 実はお家にあるものでも意外と簡単に作れちゃうのです。 おしゃれなインテリアとして欠かせないですね。 ハンギングだけでなく、テーブルに置いて、キャンドルベースにしたり、髪飾りのように冠としてウエディングアイテムとして使うこともあります。 ボールバード 生花 のキャンドルミニリース 古くから、クリスマスリースにはパーツの素材や色1つ1つに宗教的意味があるそうです。 また秋の豊穣を祈るとか、円を描くので永遠を表すとか、魔除け、そんな意味も込められています。 春の訪れを祝うリース、暑い夏を涼しげに過ごせるように目に爽やかなリース、秋の実りを楽しむリース、クリスマスのリース、お正月のリース、冬を楽しむリース。 季節ごと、イベントごとに様々なタイプ、様々な素材が年中街にあふれています。 そんな四季折々のリースを自分で手作りして飾ることができたら、愛着もひとしおです。 リースベース 円形の土台 の素材は? リースベースには次のような種類があります。 最近は100円ショップや花材店でも簡単に入手できます。 ドア飾り、特に玄関飾りのリースは大きい方が豪華ですが、直径が大きいほどベース材料や必要とするデコレーションパーツ素材が大量に必要となります。 お庭や家の周りが花木にあふれ、容易に資材を調達できると理想的ですが、花材を選別していくと半分の量になってしまうことも。 気軽に手作りをするには直径が20~30cmぐらいがお手頃です。 リースの作り方! -デコレーション素材の留め方 お手元にある素材で、扱いやすいものでデコレーションパーツを止めていくのが良いですが、見えない土台の裏もすっきりときれいに仕上げたいものです。 結び目や留めた資材をうまくデコレーションの下に隠せるように工夫します。 結び紐そのものや結び目もデザインの1つになります。 細さや長さにバリエーションがあり、入手も簡単で強度もあるのでとても重宝します。 細いもので花材を束ねて、長いもので素材を土台に留めます。 仮止め時は緩くしておき、全倍のバランスを確認して配置が決まったら、しっかり締めて固定できます。 分解するときもバンドを切るだけなので作業効率がいいです。 余分なバンドは切り落として、ロック部分はデコレーションの下にうまく隠します。 何年も同じものをずっと飾っていると飽きてしまうので、ベースからパーツを着脱可能になるように工夫しておくと、季節ごと、イベントごとに少しずつリメイクして長く楽しむことができます。 リースづくりのおすすめのデコレーション素材 デコレーション用の素材パーツにはお好きな物、入手しやすいものを用意しましょう。 これといったルールはありません。 フレッシュグリーンにフェイクグリーンや造花を取り混ぜてもかまいません。 香りも楽しめます。 自然にドライになる素材はそのまま楽しめますが、枯れたものは変色したり、カビたりするので注意しましょう。 よく乾燥している実ものにはスプレーニスを吹きかけておくと、数年たって少し退色しても、つやがあるので落ち着いた色合いになります。 いずれは枯れたり退色したりはやむを得ないので、ひと時を楽しむリースとなります。 最近のフェイクグリーンはとてもよくできていて、遠目には本物と見間違うほどのリアルなものがたくさんあります。 すべてフェイク 造花 でも素敵に仕上がります。 左右対称、一方向に揃えて並べるなど、素材の形状により工夫します。 素材が少なくてもこんな飾り方があります。 お庭を目にしたときに、視線が真っ先に集まるところです。 シンボルツリーやガーデンオブジェや華やかな色の植物を配置します。 日本伝統の生け花にも形式にとらわれず自由に活けるアレンジフラワーの要素の濃い自由花というジャンルがあります。 そこでもこのフォーカルポイントを生かすいけ方が大切とされています。 訪れた人が最初に目にしたときに、はっと思わす目を止めるポイントです。 初心者は均等にパーツをアレンジしていくのが無難ですが、上級者はフォーカルポイントを決めて、リースにテーマを持たせてはいかがでしょう。 リースベース 円形の土台・リースの土台 のつくり方 ここでは、身のまわりのもので簡単にリースベースをつくる手順をご紹介します。 で土台の段ボールをくるくる巻いていきます。 巻はじめと巻き終わりはグルーガンでしっかり留めておきます。 素材はジャージ布、コットンのバイヤス布、グリーンテープ 園芸用麻布テープ 、ラッピングペーパー 不織布 が最適です。 その短辺サイズの幅いっぱいで作るサイズがお手頃です。 薄い場合や、デコレーション素材が重いときは2~3枚ボンドで重ね貼りします。 芯の段ボールに斜めにくるくると巻いていきます。 結びこぶは隠れるようにしましょう。 写真は革ひもを使用しています。 リースの作り方-基本のパーツの配置手順 段ボールベースにをコットンのベビーピンクのジャージー布でくるんだものを土台に、オーガンジーリボンを飾るリースのつくり方をご紹介します。 グルーガンで留めやすいようにワイヤーを数回巻きつけます。 たたむときに長さをランダムにしたり、ひねってから束ねると動きが出ます。 少し間をあけて、大きなリボンを一定方向で均等に並べます。 今回はグルーガンで留めていきます。 細いサーモンピンクのリボンをプラス 基本のリースのアレンジアラカルト 上記のリースにいろいろな素材を加えて、同じベースなのにいろいろなテイストのリースにアレンジすることができます。 手作りならではの醍醐味ですね。 パールのペップやビーズ、がーらんどを絡めてプリンセスのためのロマンティックなリースに。 特別な日のためにいかがでしょう。 使用しているリボンは上記の物と全く同じ種類・数です。 リースは身近なベースと素材で簡単に作れることがお分かりいただけたでしょうか。 まずは市販の小さい手のひらサイズの柳やツルのベースを使って、ちいさなリースから チャレンジしてみてはいかがでしょう? 合わせて読みたい!

次の

リースの作り方 100均造花で春夏秋冬いつでもオシャレに手作り♪

リース 作り方 簡単

クリスマス くりすますが 近 ちかづくと、 家 いえの 玄関 げんかんをはじめ、 街中 まちなかの アパレルショップ あぱれるしょっぷや レストラン れすとらんなど 様々 さまざまな 場所 ばしょに クリスマスリース くりすますりーすが 飾 かざられ、 クリスマスムード くりすますむーどが 高 たかまってきます。 そんなクリスマス 気分 きぶんを 盛 もり 上 あげてくれる クリスマスリース くりすますりーすを 折 おり 紙 がみで 簡単 かんたんに 作 つくることができるんです! 今回紹介 こんかいしょうかいする 基本 きほんの リース りーすに 折 おり 紙 がみで 作 つくった 小物 こものを 飾 かざりつけていけば、 華 はなやかな クリスマス くりすますが 楽 たのしめますよ! それでは 早速 さっそく クリスマスリースの 簡単 かんたん な 作 つく り 方 かた を 紹介 しょうかい していきます。 楽 たのしみながら 作 つく っていきましょう! 用意(ようい)するもの 折 おり 紙 がみ 8 枚 まい 今回 こんかいは 赤 あか4 枚 まい、 緑 みどり4 枚 まいで 作 つくっていきます。 クリスマスリースの折り方(くりすますりーすのおりかた) 1. 真 まん 中 なかを 横方向 よこほうこうに 谷折 たにおりして 折 おり 目 めをつけます。 2.このように 谷折 たにおりしたら 広 ひろげます。 3. 広 ひろげたら 真 ま ん 中 なか の 折 おり 目 めに 合 あわせて 点線 てんせんの 位置 いちで 谷折 たにお りし ます。 4. 真 ま ん 中 なか で 谷折 たにお りし ます。 5. 折 おり 紙 がみ8 枚 まいを 全部 ぜんぶこの 形 かたちに 折 おります。 スポンサーリンク のりを使ったクリスマスリースの組み立て方(のりをつかったくりすますりーすのくみたてかた) ここではのりを 使 つかって クリスマスリース くりすますりーすを 組 くみ 立 たてる 方法 ほうほうを 紹介 しょうかいします。 貼 はり 付 つけてもすぐには 固 かたまらず、 位置 いちを 調整 ちょうせいしやすいので、 簡単 かんたんで 作 つくりやすい 方法 ほうほうです。 ただ、のりで 折 おり 紙 がみにしわができてしまうことがあるので、この 後 あとで 見 みた 目 めが 綺麗 きれいにできる 方法 ほうほうも 紹介 しょうかいします。 では、 最初 さいしょにのりを 使 つかって 組 くみ 立 たてる 方法 ほうほうを 紹介 しょうかいします。 1. 点線 てんせんの 内側 うちがわにのりを 塗 ぬり、 次 つぎの パーツ ぱーつを 重 かさねていきます。 2. 次 つぎの 赤 あかい パーツ ぱーつを 写真 しゃしんの 位置 いちで 貼 はり 付 つけます。 次 つぎに 点線 てんせんの 内側 うちがわにのりを 塗 ぬり、 緑 みどりの パーツ ぱーつを 閉 とじて 貼 はり 付 つけます。 3. 赤 あかい パーツ ぱーつを 広 ひろげて 点線 てんせんの 内側 うちがわにのりを 塗 ぬり、 次 つぎの 緑 みどりの パーツ ぱーつを 差 さし 込 こみます。 4. 差 さし 込 こんだ 緑 みどりの パーツ ぱーつの 点線 てんせんの 内側 うちがわにのりを 塗 ぬり、 赤 あかの パーツ ぱーつを 閉 とじて 貼 はり 付 つけます。 5. 同 おなじようにして8 枚 まい 全部 ぜんぶを 貼 はり 付 つけます。 6.これで「 クリスマスリース くりすますりーす」の 完成 かんせいです。 のりで 貼 はり 付 つけるのは 作 つくりやすくて 簡単 かんたんなのでおすすめですが、 上 うえの 写真 しゃしんのようにしわができてしまうことがあります。 次 つぎにしわができにくい テープ てーぷのりを 使 つかった 組 くみ 立 たて 方 かたを 紹介 しょうかいします。 テープのりを使ったクリスマスリースの組み立て方(てーぷのりをつかったくりすますりーすのくみたてかた) 1. 点線 てんせんの 内側 うちがわに テープ てーぷのりを 塗 ぬり、 次 つぎの パーツ ぱーつを 重 かさねていきます。 2. 次 つぎの 赤 あかい パーツ ぱーつを 写真 しゃしんの 位置 いちで 貼 はり 付 つけます。 のりの 時 ときと 違 ちがい、 貼 はり 付 つけてから 位置 いちの 微調整 びちょうせいはできないので 慎重 しんちょうに 貼 はってください。 貼 はり 付 つけたら 赤 あかい パーツ ぱーつを 開 ひらきます。 3. 点線 てんせんの 内側 うちがわに テープ てーぷのりを 塗 ぬり、 次 つぎの パーツ ぱーつを 重 かさねていきます。 4.8つの パーツ ぱーつ 全部 ぜんぶを 同 おなじように 貼 はり 付 つけます。 貼 はり 付 つけたら 全部 ぜんぶの パーツ ぱーつを 点線 てんせんの 位置 いちの 折 おり 目 めに 合 あわせて 谷折 たにおりします。 5.このように 折 おったら、 次 つぎは テープ てーぷのりで 貼 はり 付 つけていきます。 6. 点線 てんせんの 内側 うちがわに テープ てーぷのりを 塗 ぬり、 上 うえの パーツ ぱーつを 貼 はり 付 つけます。 7. 次 つぎの パーツ ぱーつも 同 おなじように 貼 はり 付 つけていき、これを8 枚 まい 全部 ぜんぶに 行 おこないます。 8.これで テープ てーぷのりで 組 くみ 立 たてた「 クリスマスリース くりすますりーす」の 完成 かんせいです。 上側 うえがわが テープ てーぷのりで 作 つくった リース りーす。 下側 したがわはのりで 作 つくった リース りーす。 しわの 出来具合 できぐあいが 全然 ぜんぜん 違 ちがいます! スポンサーリンク 小物でリースに飾りをつけよう!(こものでりーすにかざりをつけよう!) クリスマスリース くりすますりーすに 折 おり 紙 がみで 作 つくった 小物 こものを 飾 かざると、さらに 華 はなやかな 雰囲気 ふんいきになります! 飾付 かざりつけをした 例 れいを 紹介 しょうかいします。 今回 こんかい クリスマスリース くりすますりーすにつけてみた 小物 こものの 折 おり 方 かたを 紹介 しょうかいします。 5cmの 折 おり 紙 がみで 作 つくっています。 5cmの 折 おり 紙 がみで 作 つくっています。 まとめ クリスマスリース くりすますりーすの 簡単 かんたんな 折 おり 方 かたについて 紹介 しょうかいしました。 クリスマスリース くりすますりーすを 作 つくる 参考 さんこうになったら 嬉 うれしいです! さらに 折 おり 紙 がみで 作 つくった 小物 こものなどを 貼 はり 付 つけて、 オリジナル おりじなるの クリスマスリース くりすますりーすも 楽 たのしんでみてくださいね。

次の

ローズマリーを玄関やお部屋に飾ろう!簡単なリースの作り方

リース 作り方 簡単

簡単で低コスト!スタンダードなリースの作り方 まずは、ローズマリーの枝と簡単な材料で制作できるスタンダードなリースの作り方です。 <材料> ・ローズマリー:2〜3本(直径20cm程度の輪ができる長さ) ・ラフィア:1本(100円ショップなどで購入可能、またはリボンでの代用も可。 ) ・まつぼっくりやリボンなど、好みの装飾品:適量 <作り方> ・ローズマリーをぐるぐると輪にしていく ・ラフィアを巻き、全体の形を整える ・ラフィアを巻いたところに、さらにローズマリーを差し込んでいく(ボリュームを出すため) ・飾るときのヒモが必要な場合にはラフィアを輪っかにして制作し、リース全体に統一感をもたせる ・まつぼっくりやリボンをなどお好みで装飾したら完成 以上がローズマリーを用いた基本的かつ簡単なリースの作り方になります。 リースに使用する材料は100円ショップなどで手に入るものがほとんどであることに加えて、家庭にあるもので代用することも可能ですので、はじめてのリースづくりにはとても適しているといえます。 自分だけのオリジナル!観葉植物でアレンジをきかせたリースの作り方 次に、基本的な作り方にさらにアレンジをきかせたリースの例として、観葉植物を用いて制作するリースの作り方を解説していきます。 お気に入りの観葉植物をふんだんに使用して全体をグリーンで統一してもきれいですし、さらに色鮮やかなお花をワンポイントで追加してみてもかわいらしいのではないでしょうか。 <材料> ・25〜30cm程度のローズマリー:6〜7本 ・ワイヤー:200cm程度 ・糸:少量 (土台にローズマリーを固定する際に使用) ・観葉植物や好みのハーブの葉:適量 <作り方> ・ワイヤーを3回ほど巻き、リースの土台をつくる ・土台にしたワイヤーに、ローズマリーを巻くように絡めていく ・ローズマリーを絡めた部分を、糸で数箇所ほど固定する ・ワイヤーやローズマリーの隙間にお好みの観葉植物や花を挿して全体のバランスを調整する 基本的なリースの作り方と比べて土台を制作する工程などが増えますが、観葉植物を使うぶん色味はシンプルでも全体的にボリュームのあるリースをつくることが可能です。 誰でもきれいに!市販されている自然素材の土台を使ったリースの作り方 また、リースの土台は手作りで制作する方法のほかに、市販されている自然素材のリース土台を代用する方法もあります。 <材料> ・市販されているリース土台(自然素材のものが望ましい) ・ローズマリー(短いものでも可):適量 ・装飾品(リボンやハーブなど好みのもの):適量 <作り方> ・リース土台の編み目に、ローズマリーの枝を好みのボリュームになるまで挿す ・全体のバランスを見ながら、隙間ができないように土台を埋める ・リボンやハーブなどの好みのアイテムで装飾する このように、市販されている土台を用いることで、誰でも簡単にきれいなリースをつくることが可能です。 上記に加えて、ラベンダーやコモンセージといった花を好みで足してアレンジを施してみるのもいいですね。 さらに、あらかじめ編んである市販の土台を使用するため、剪定などで短くなってしまったローズマリーを挿すことができる点も魅力的です。 キャンドルに最適!針葉樹でアレンジをきかせたミニリースの作り方 キャンドルと一緒に飾って楽しむキャンドルリースには、葉っぱが小さめの針葉樹がぴったり。 キャンドルのサイズや色に合わせて大きさや装飾品を変えてみるなど、さまざまなアレンジをきかせて楽しむことができます。 <材料> ・葉が小さめな針葉樹の枝:適量 ・ローズマリー:適量 ・短めの糸またはワイヤー:適量(土台に絡めた葉を固定させるために使用) ・キャンドルの円周よりも大きめにカットしたワイヤー(土台に使用) <作り方> ・ワイヤーで土台となる輪を作る ・針葉樹とローズマリーを5〜10cm程度にカットし、土台の輪に絡める ・絡めた葉を糸やワイヤーで固定しながら一周させる ・キャンドルと合わせて、キャンドルスタンドに添える ミニリースを制作する際は大きな葉を使用するよりも、小さめでリースに使用しやすいコニファーなどを使用して制作してみましょう。 自然素材のリースを飾って日常にさらなる彩りを ローズマリーはスーッとするさわやかな香りが特徴的で、料理だけでなくアロマやハーブティー、さらにはスキンケアなどにも幅広く利用されている人気の高いハーブです。 また、ローズマリーは手入れが難しくなく虫も付きづらいため、未経験でハーブ栽培にトライしてみたいという場合にも非常に育てやすくおすすめだといえます。 そんなローズマリーをふんだんに使用した自然素材の手作りリースは、スーッとする特徴的な香りに加えて視覚においてもあなたの暮らしをより楽しませてくれることでしょう。 あなたが自由に飾り付けをしてアレンジをきかせたオリジナルのリースを、玄関やお部屋などのお気に入りの場所に飾り、日々の暮らしにさらなる彩りを加えてみるのもいいですね。 IN NATURALで開催しているワークショップに参加してさまざまなアレンジを楽しんでみてはいかがでしょうか。

次の