消毒 スプレー。 無水エタノールを使った「アルコール除菌スプレー」の作り方!手指に使える消毒液!

【日本製】原価「薬用ハンド消毒スプレー/130ml」が発売開始

消毒 スプレー

100均のプラスチックの「スプレーボトル」はアルコール消毒液を入れても大丈夫?• 100均に「消毒液対応」の容器はある?• ボトルで買った「 消毒用エタノール」や「 無水エタノール」で手作りした消毒液。 「100均のスプレーボトルに詰め替えて使えるかなぁ?」と考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。 「 代わりの容器」についても書いています。 ぜひ参考になさってください。 家にある「100均のスプレー容器」にアルコール消毒液を入れてもいいのか? 家に常備している100均のスプレー(プラスチック)。 使えるのか知りたくても、「材質表示がなく確認できない物」もありますよね。 ということで、「100均スプレーはアルコール消毒液を入れてもいい材質か?」調べてみました。 100均のほとんどはPETのスプレーだった 調べた結果、100均商品のほとんどが、写真のような材質「 PET」でした。 PETとは?アルコールNGな材質(プラスチック) PETとは、ポリエチレンテレフタラートといい、アルコールに弱い材質。 残念ながら、アルコール消毒液には不向きでした。 アルコールに耐久できる材質(プラスチック)は? ちなみに、アルコールに耐久できる材質は、主にPE(ポリエチレン)、PP(ポリプロピレン)、PVC(ポリ塩化ビニル)などがあります。 しかし 「PE・PP」とあっても、注意事項には「 水以外は使えない。 アルコール不可」と書いてあったり、「 アルコール可でも、高濃度はNG」の商品もあったりしました。 消毒液を入れてもいいか見分ける時は、材質だけでなく「注意事項」もチェックした方がよさそうです。 アルコール対応外の容器にいれると「なぜいけないのか?」 NGな理由は、「 破損などトラブルの恐れがある」から。 【容器の異変】• ひび割れる• 変色する• 溶ける アルコールに弱い材質だと、「ひび割れてしまったり、色が変わったり、溶けだしたり」などの問題が生じるようです。 どれくらいの期間で劣化するのかは分かりません。 短期間なら大丈夫かも?しれません。 でも、もしプラスチックが溶けた液で、手の消毒をしたとしたらと想像すると、、、「 健康への影響」が懸念されます。 結論:アルコール対応か分からないときは控えた方がいいかも 「破損や変形」は目に見えるからすぐやめれる。 でも、もし「溶けた」場合は目に見えないから気づかず使ってしまいそう。 どんなリスクがあるか分からない。 高濃度のアルコール対応か確認できないときは、「手の消毒用に使うのは、なるべく控えた方がいいのかな」と個人的には思いました。 100均には「アルコール消毒液」に使えるスプレー容器もある! 中には、「アルコール消毒液」に対応しているスプレー容器もあります! こちらはダイソーの商品です。 注意書きに「アルコールなど揮発性が高いものに対応しているが、構造上100%ではない。 」と記載あり。 飛行機など気圧の低い場所以外なら、問題なく使えると思います。 今は需要が高まっているので、入荷してもすぐ売り切れてしまうみたい。 欲しい方は、こまめにチェックしてみるといいですよ。 化粧水やシャンプーなど「詰め替え容器」のコーナーにありました。 「何に入れたらいいの?代わりにできる容器はある?」メーカーに聞いてみた もしアルコール対応のプラ容器が手に入らない場合、「 何に入れたらいいのか」困ってしまいますよね。 「代わりにできる容器はある?」 消毒液を製造販売している会社に、問い合わせてみました。 <関連記事> メーカーの方によると、専用のプラ容器がないときは「 ガラス容器」に入れるとよいそうです。 蓋は ステンレスがいいとのこと。 アルミの蓋の場合は、「長時間浸水させなければ、大丈夫でしょう」とのことでした。 ガラスの瓶なら、100均に沢山あるので助かりますね。 消毒する際には、「 ガーゼやコットン」に含ませるとGOOD。 消毒綿にすれば使いやすいかなと思います。 携帯用に便利な100均の「ガラスアトマイザー(香水スプレー)」 私は携帯用として、100均のガラスアトマイザー(香水スプレー)を活用しています。 小さいもので5ml、大きいもので30mlくらいの容量。 (写真左・大きいのは、セリアの商品) 量が少ないと気休めにはなりますが、買い出しなど、ちょっとの外出にはいい感じです。 落下対策に「 マステイングテープ」をひと巻きしています。 昔、2回ほど落として割りました。 職場でしたので、ささっと片付けできたけど、もし別の出先だったらと思うとヒヤッとします。 保護しておけば、「ガラスの飛び散り」を防止できるので安心。 もしもの時のために、ひと手間加えておくといいですよ。

次の

使い捨てマスクを再利用!消毒スプレーや洗って使うのはアリ?

消毒 スプレー

100均のプラスチックの「スプレーボトル」はアルコール消毒液を入れても大丈夫?• 100均に「消毒液対応」の容器はある?• ボトルで買った「 消毒用エタノール」や「 無水エタノール」で手作りした消毒液。 「100均のスプレーボトルに詰め替えて使えるかなぁ?」と考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。 「 代わりの容器」についても書いています。 ぜひ参考になさってください。 家にある「100均のスプレー容器」にアルコール消毒液を入れてもいいのか? 家に常備している100均のスプレー(プラスチック)。 使えるのか知りたくても、「材質表示がなく確認できない物」もありますよね。 ということで、「100均スプレーはアルコール消毒液を入れてもいい材質か?」調べてみました。 100均のほとんどはPETのスプレーだった 調べた結果、100均商品のほとんどが、写真のような材質「 PET」でした。 PETとは?アルコールNGな材質(プラスチック) PETとは、ポリエチレンテレフタラートといい、アルコールに弱い材質。 残念ながら、アルコール消毒液には不向きでした。 アルコールに耐久できる材質(プラスチック)は? ちなみに、アルコールに耐久できる材質は、主にPE(ポリエチレン)、PP(ポリプロピレン)、PVC(ポリ塩化ビニル)などがあります。 しかし 「PE・PP」とあっても、注意事項には「 水以外は使えない。 アルコール不可」と書いてあったり、「 アルコール可でも、高濃度はNG」の商品もあったりしました。 消毒液を入れてもいいか見分ける時は、材質だけでなく「注意事項」もチェックした方がよさそうです。 アルコール対応外の容器にいれると「なぜいけないのか?」 NGな理由は、「 破損などトラブルの恐れがある」から。 【容器の異変】• ひび割れる• 変色する• 溶ける アルコールに弱い材質だと、「ひび割れてしまったり、色が変わったり、溶けだしたり」などの問題が生じるようです。 どれくらいの期間で劣化するのかは分かりません。 短期間なら大丈夫かも?しれません。 でも、もしプラスチックが溶けた液で、手の消毒をしたとしたらと想像すると、、、「 健康への影響」が懸念されます。 結論:アルコール対応か分からないときは控えた方がいいかも 「破損や変形」は目に見えるからすぐやめれる。 でも、もし「溶けた」場合は目に見えないから気づかず使ってしまいそう。 どんなリスクがあるか分からない。 高濃度のアルコール対応か確認できないときは、「手の消毒用に使うのは、なるべく控えた方がいいのかな」と個人的には思いました。 100均には「アルコール消毒液」に使えるスプレー容器もある! 中には、「アルコール消毒液」に対応しているスプレー容器もあります! こちらはダイソーの商品です。 注意書きに「アルコールなど揮発性が高いものに対応しているが、構造上100%ではない。 」と記載あり。 飛行機など気圧の低い場所以外なら、問題なく使えると思います。 今は需要が高まっているので、入荷してもすぐ売り切れてしまうみたい。 欲しい方は、こまめにチェックしてみるといいですよ。 化粧水やシャンプーなど「詰め替え容器」のコーナーにありました。 「何に入れたらいいの?代わりにできる容器はある?」メーカーに聞いてみた もしアルコール対応のプラ容器が手に入らない場合、「 何に入れたらいいのか」困ってしまいますよね。 「代わりにできる容器はある?」 消毒液を製造販売している会社に、問い合わせてみました。 <関連記事> メーカーの方によると、専用のプラ容器がないときは「 ガラス容器」に入れるとよいそうです。 蓋は ステンレスがいいとのこと。 アルミの蓋の場合は、「長時間浸水させなければ、大丈夫でしょう」とのことでした。 ガラスの瓶なら、100均に沢山あるので助かりますね。 消毒する際には、「 ガーゼやコットン」に含ませるとGOOD。 消毒綿にすれば使いやすいかなと思います。 携帯用に便利な100均の「ガラスアトマイザー(香水スプレー)」 私は携帯用として、100均のガラスアトマイザー(香水スプレー)を活用しています。 小さいもので5ml、大きいもので30mlくらいの容量。 (写真左・大きいのは、セリアの商品) 量が少ないと気休めにはなりますが、買い出しなど、ちょっとの外出にはいい感じです。 落下対策に「 マステイングテープ」をひと巻きしています。 昔、2回ほど落として割りました。 職場でしたので、ささっと片付けできたけど、もし別の出先だったらと思うとヒヤッとします。 保護しておけば、「ガラスの飛び散り」を防止できるので安心。 もしもの時のために、ひと手間加えておくといいですよ。

次の

アルコール消毒液・除菌スプレー入荷速報!ドン・キホーテのアルコール消毒液・除菌スプレー在庫情報や入荷時間は?ツイッタークチコミやネット通販も紹介

消毒 スプレー

100均のプラスチックの「スプレーボトル」はアルコール消毒液を入れても大丈夫?• 100均に「消毒液対応」の容器はある?• ボトルで買った「 消毒用エタノール」や「 無水エタノール」で手作りした消毒液。 「100均のスプレーボトルに詰め替えて使えるかなぁ?」と考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。 「 代わりの容器」についても書いています。 ぜひ参考になさってください。 家にある「100均のスプレー容器」にアルコール消毒液を入れてもいいのか? 家に常備している100均のスプレー(プラスチック)。 使えるのか知りたくても、「材質表示がなく確認できない物」もありますよね。 ということで、「100均スプレーはアルコール消毒液を入れてもいい材質か?」調べてみました。 100均のほとんどはPETのスプレーだった 調べた結果、100均商品のほとんどが、写真のような材質「 PET」でした。 PETとは?アルコールNGな材質(プラスチック) PETとは、ポリエチレンテレフタラートといい、アルコールに弱い材質。 残念ながら、アルコール消毒液には不向きでした。 アルコールに耐久できる材質(プラスチック)は? ちなみに、アルコールに耐久できる材質は、主にPE(ポリエチレン)、PP(ポリプロピレン)、PVC(ポリ塩化ビニル)などがあります。 しかし 「PE・PP」とあっても、注意事項には「 水以外は使えない。 アルコール不可」と書いてあったり、「 アルコール可でも、高濃度はNG」の商品もあったりしました。 消毒液を入れてもいいか見分ける時は、材質だけでなく「注意事項」もチェックした方がよさそうです。 アルコール対応外の容器にいれると「なぜいけないのか?」 NGな理由は、「 破損などトラブルの恐れがある」から。 【容器の異変】• ひび割れる• 変色する• 溶ける アルコールに弱い材質だと、「ひび割れてしまったり、色が変わったり、溶けだしたり」などの問題が生じるようです。 どれくらいの期間で劣化するのかは分かりません。 短期間なら大丈夫かも?しれません。 でも、もしプラスチックが溶けた液で、手の消毒をしたとしたらと想像すると、、、「 健康への影響」が懸念されます。 結論:アルコール対応か分からないときは控えた方がいいかも 「破損や変形」は目に見えるからすぐやめれる。 でも、もし「溶けた」場合は目に見えないから気づかず使ってしまいそう。 どんなリスクがあるか分からない。 高濃度のアルコール対応か確認できないときは、「手の消毒用に使うのは、なるべく控えた方がいいのかな」と個人的には思いました。 100均には「アルコール消毒液」に使えるスプレー容器もある! 中には、「アルコール消毒液」に対応しているスプレー容器もあります! こちらはダイソーの商品です。 注意書きに「アルコールなど揮発性が高いものに対応しているが、構造上100%ではない。 」と記載あり。 飛行機など気圧の低い場所以外なら、問題なく使えると思います。 今は需要が高まっているので、入荷してもすぐ売り切れてしまうみたい。 欲しい方は、こまめにチェックしてみるといいですよ。 化粧水やシャンプーなど「詰め替え容器」のコーナーにありました。 「何に入れたらいいの?代わりにできる容器はある?」メーカーに聞いてみた もしアルコール対応のプラ容器が手に入らない場合、「 何に入れたらいいのか」困ってしまいますよね。 「代わりにできる容器はある?」 消毒液を製造販売している会社に、問い合わせてみました。 <関連記事> メーカーの方によると、専用のプラ容器がないときは「 ガラス容器」に入れるとよいそうです。 蓋は ステンレスがいいとのこと。 アルミの蓋の場合は、「長時間浸水させなければ、大丈夫でしょう」とのことでした。 ガラスの瓶なら、100均に沢山あるので助かりますね。 消毒する際には、「 ガーゼやコットン」に含ませるとGOOD。 消毒綿にすれば使いやすいかなと思います。 携帯用に便利な100均の「ガラスアトマイザー(香水スプレー)」 私は携帯用として、100均のガラスアトマイザー(香水スプレー)を活用しています。 小さいもので5ml、大きいもので30mlくらいの容量。 (写真左・大きいのは、セリアの商品) 量が少ないと気休めにはなりますが、買い出しなど、ちょっとの外出にはいい感じです。 落下対策に「 マステイングテープ」をひと巻きしています。 昔、2回ほど落として割りました。 職場でしたので、ささっと片付けできたけど、もし別の出先だったらと思うとヒヤッとします。 保護しておけば、「ガラスの飛び散り」を防止できるので安心。 もしもの時のために、ひと手間加えておくといいですよ。

次の