川崎 で 有名 に なるには 人 殺す か。 【音楽】BAD HOP、ライブ中止で多額の負債 配信で投げ銭システム導入&クラウドファンディング実施

BAD HOP「クレイジージャーニー」出演 川崎発ヒップホップクルーのルーツとは

川崎 で 有名 に なるには 人 殺す か

川崎市幸区で高校1年の男子生徒が罰ゲームで川に飛び込み、死亡しました• 男子生徒は飛び込む直前に同級生5人で、いわゆる「ラップバトル」をしていた• 橋から5メートル下流で高校1年・太田羅月さん(16)が沈んでいるのが見つかりました このニュースに対するみんなの反応 問題なのは罰ゲームの内容であってなぜわざわざラップバトルって出す必要があるのか分からない。 わざわざラップバトルって出すだけで関係ない方々に迷惑をかけるのだけはやめて欲しい。 ついでにそこのバイクも盗難車で捨てられたのかそれともいらなくなったから捨てたんか?? てか毎朝嫌なニュース見たくないんやけどw あ、おはようございます。 — ちえ僧 ryuzin1220 中学時代の友人5人と河川敷でラップバトルをするという発想がもうナンセンス。 しかし暴力を振るわないために生まれたものが、逆にそれで勝ち負け決めて、川に飛び込ませるとか逆転現象じゃん。 負けたら飛び込む伝統でもあったんかな? — しょりさっく shorisac この男子高生が5人でラップバトルやって負けた人が罰ゲームで建物3階くらいの高さから多摩川に飛び込んで死亡した事件。 死亡したのはもちろん残念で悲しい。 でもそれとこうゆう事件が起こる事によってラップ、HIPHOPに偏見を持つ人や抵抗を感じる人が増えると思う。 その2点で本当に残念だ。 — MCけんちゃん IKEMENSUPERGOD ラップバトルで負けた罰ゲームで 橋から真冬の川に飛び込まされた16歳の高校生が溺死 バカをやるのは若さの特権だし 若いうちしかできないバカもあるが 自ずと限度というものがあろう 学習した時には取り返しがつかないこともあると 煙たがられようと大人が教えねばなるまい — 吉岡 平@日々是口実w torinakisa.

次の

「川崎」にある、多文化共生の姿──若者たちは何を夢見るのか|特集|三田評論ONLINE

川崎 で 有名 に なるには 人 殺す か

川崎市幸区で高校1年の男子生徒が罰ゲームで川に飛び込み、死亡しました• 男子生徒は飛び込む直前に同級生5人で、いわゆる「ラップバトル」をしていた• 橋から5メートル下流で高校1年・太田羅月さん(16)が沈んでいるのが見つかりました このニュースに対するみんなの反応 問題なのは罰ゲームの内容であってなぜわざわざラップバトルって出す必要があるのか分からない。 わざわざラップバトルって出すだけで関係ない方々に迷惑をかけるのだけはやめて欲しい。 ついでにそこのバイクも盗難車で捨てられたのかそれともいらなくなったから捨てたんか?? てか毎朝嫌なニュース見たくないんやけどw あ、おはようございます。 — ちえ僧 ryuzin1220 中学時代の友人5人と河川敷でラップバトルをするという発想がもうナンセンス。 しかし暴力を振るわないために生まれたものが、逆にそれで勝ち負け決めて、川に飛び込ませるとか逆転現象じゃん。 負けたら飛び込む伝統でもあったんかな? — しょりさっく shorisac この男子高生が5人でラップバトルやって負けた人が罰ゲームで建物3階くらいの高さから多摩川に飛び込んで死亡した事件。 死亡したのはもちろん残念で悲しい。 でもそれとこうゆう事件が起こる事によってラップ、HIPHOPに偏見を持つ人や抵抗を感じる人が増えると思う。 その2点で本当に残念だ。 — MCけんちゃん IKEMENSUPERGOD ラップバトルで負けた罰ゲームで 橋から真冬の川に飛び込まされた16歳の高校生が溺死 バカをやるのは若さの特権だし 若いうちしかできないバカもあるが 自ずと限度というものがあろう 学習した時には取り返しがつかないこともあると 煙たがられようと大人が教えねばなるまい — 吉岡 平@日々是口実w torinakisa.

次の

ZEEBRAと宇多丸 トラップとBAD HOP『Kawasaki Drift』を語る

川崎 で 有名 に なるには 人 殺す か

pinterest. 先日、そこで取り上げられたのが、今回ご紹介する ヒップホップ集団・BADHOP。 まずはともかく、四の五の言わずに 彼らのパフォーマンスを見ていただきましょう。 挑発的なサウンドに次々と攻撃的なリリックが繰り出される、その名も 「Kawasaki Drift」。 彼らの生まれ故郷・神奈川県川崎の「リアル」が語られるリリックは、番組でも大きく取り上げられました。 中でも話題になったリリックは、 「川崎区で有名になりたきゃ 人殺すかラッパーになるかだ」。 「まさか、そんな…?」と思うようなリリックですが、番組で実際にBADHOPから語られたのは、 貧困、犯罪、暴力が常に隣り合わせという誇張もないリリック通りの川崎の姿。 日々の安全が保障された平和の国・日本とはかけ離れた スラム街さながらの川崎に、視聴者の間に賛否両論を巻き起こすほどの話題になりました。 クレイジージャーニーのBADHOP、自分たちの環境を淡々と語る。 これが東欧や南米の貧困の話ならみんな遠い国の話として受け入れられるが、自分の住んでる日本でこんな海外みたいな環境があると認めたくない人たちもいる。 そんな人達は良い国日本という自分の世界を守るため、環境ではなくBADHOPを叩く — 遼 rywgari まさに、現代日本の闇の部分が露になってしまった瞬間といった感じでしょうか…。 常にギリギリを生きてきたBADHOPの、 あまりにも刺激的でリアリティのあるリリックは10代の若者を中心に人気が大沸騰。 昨年、 2018年には武道館ライブも成功しています。 こうした、 令和時代にはもはや真新しさすら感じる彼らの生き様が今大注目となっているわけです。 そのカリスマ性や貫禄からはわかりませんが、BADHOPの メンバーの年齢は現在全員23歳~24歳という驚きの若さです。 そんな彼らが育ったのは、 神奈川県でも治安の悪さで有名な神奈川県川崎市池上町。 sankei. そんな環境で、BADHOPのメンバーたちは幼少期を過ごしました。 貧困にあえぐ池上町では、そんな 日常に不満を持った若者による犯罪が乱発。 学校では警察の集団検挙が行われ、町では強盗が頻発。 BADHOPのメンバーはその中でも特に名を馳せる不良でした。 幼少期から危険に晒されてきたメンバーたちは、 悪さを繰り返さないと生きていけなかった、とも語っています。 あまりにも壮絶すぎる環境に、声も出ませんね。 犯罪はいけないことですが、それしか生きる術がないという状況…。 自分が置かれた事のない環境だけに、難しいです。 そんな メンバーが音楽と出会い、更生するきっかけとなったのはYEZZERが逮捕され、少年院から出てきた時だそう。 荒れた地元から抜け出す為…彼らは、本気で 音楽で有名になることを志したのです。 川崎以外でも地方で鬱屈した日々を送る子どもたちは全国にたくさんいます。 そんな彼らにとっても、 BADHOPの生き様は勇気を与えることでしょう。 世の中に型にはまった生き方はない、それを体現したBADHOPだからこそが、多くの若者から支持されるのかもしれません。 gqjapan. 本文をまとめますと、以下のようになりました。 クレイジージャーニー出演で話題のヒップホップ集団・BADHOPはリアリティあるリリックで若者から支持を集めており、武道館ライブも成功させるほど• メンバーには少年院上がりもいるほどの強烈で壮絶な経歴を持つが、仲間や音楽に対しては熱いハートを持つ• BADHOPの育った川崎市池上町は治安の悪さで有名。 本人たちも名を馳せる不良だったが、音楽に出会い更生、今や悩める若者たちのヒーローに BADHOPの由来は、野球用語で不規則な跳ね方をするイレギュラーバウンドが語源です。 どんなにイレギュラーな人生を送ろうとも、仲間と共に前向きに音楽を愛している、BADHOPのこれからの活躍に期待しましょう。

次の