ビットコイン 2018。 ビットコインの価格推移で振り返る2018年の仮想通貨ニュース

2018年はノブコブ吉村が「ビットコイン」で億万長者になる!?

ビットコイン 2018

横ばいです。 トップ10通貨の動きはどうでしょうか? 基本的には 赤字(マイナス)が目立ちますね。 小幅下落といえそうです。 また、アルトコインを含む複数の通貨を網羅するETFの台頭の重要性も説いた。 同氏はこの見解を、有名ニュースメディア「ブルームバーグ」で発表しました。 とはいえ、この業界でとても有名な有識者の発言なので、 ビットコインETFがますます注目されることになるでしょう。 そうした意味では好材料! 2018年の最大のビッグイベントになるかもしれないETF誕生に期待です。 ヨーロッパ圏の仮想通貨事情に変化が期待される。 世界でも間違いなく最大クラスの取引所です。 そんなCoinbaseは2018年8月2日、 イギリスの法定通貨の「ポンド」への対応を発表しました。 ポンドに対応することで、直接、自国通貨にて購入できるようになるため、 投資の拡大が期待されますね。 ビットコイン BTC• ビットコインキャッシュ BCH• イーサリアム ETH• ライトコイン LTC など 15通貨ペアに対応する予定です。 しかし地合いさえ整えば、リップルの相場環境もかなりよくなる可能性があります。 CEZAとはカガヤン経済特区のことで、 アメリカにはシリコンバレーがありますが、そのフィリピン版・アジア版となることを目指している地域です。 こうした地域で成長を目指していくことは、ネムにとってもメリットです。 ただし、まだ契約が行われたばかりで何も動き出していないので、その点は見守っていく必要がありますね。 2018年8月3日のまとめ!•

次の

過去に起きたビットコインのハッキング事件!被害総額5,000億円以上!?

ビットコイン 2018

要因1:中国による仮想通貨取引取り締まり強化 2018年1月15日、Bloomberg社によって報じられた記事を紹介します。 China is escalating its clampdown on cryptocurrency trading, targeting online platforms and mobile apps that offer exchange-like services, according to people familiar with the matter. 関係者によると中国が仮想通貨取引に関する取り締まりを強化している。 対象となるのは、取引所のようなサービスを提供しているオンラインプラットフォームまたはモバイルアプリだ 参考: 中国はこれまで、ICOや国内での仮想通貨取引を禁止しており、いずれも市場価格に大きな影響を与えました。 今回の報道も、ビットコイン BTC 価格の下落に影響を与えたことが推察されます。 個人的には、中国はこれから先も仮想通貨への規制を強めていくと思います。 それは、FacebookやTwitter、Googleに対して、中国政府がどのように対応したのかを考えればわかるでしょう。 そのため、市場はそれほど中国の規制に対して、過敏に反応する必要はないのではないでしょうか? 要因2:韓国の仮想通貨全面禁止の噂 1月下旬にかけて、韓国が仮想通貨の全面禁止の噂が流れ始めました。 その根拠は、韓国政府による仮想通貨に関する発表でした。 The government is considering many options to regulate cryptocurrencies, including a complete shutdown of all cryptocurrency exchanges. 韓国政府は仮想通貨規制に対して複数の選択肢を議論している、それには仮想通貨取引所を完全に閉鎖することも含まれる 参考: しかし、その後発表された韓国政府のガイドラインは、実名登録を義務化する内容で、仮想通貨取引所を全面禁止する内容ではなかったため、投資家は一安心したといったところでしょうか。 この全面禁止の噂は、前述した中国による取締まり強化と同時期でしたので、相乗効果で投資家の不安を駆り立てたのでしょう。 中国と韓国は、仮想通貨を語る上でなくてはならない市場ですから尚更です。 要因3:コインチェックのNEM XEM ハッキング 2018年1月26日、コインチェックはハッキングされ、約600億円のNEM XEM が 不正に盗まれました。 MT GOX事件の被害額が「約114億円」だったことを考えると、今回のハッキング事件の規模を想像することができます。 これにより世界中で仮想通貨取引所のセキュリティに対する不安が蔓延しました。 さらに、その後も「金融庁の立ち入り捜査」や「不正取引疑惑」も疑われ、仮想通貨に対する信頼を失墜させるような事件となりました。 コインチェックは、システムがユーザーフレンドリーであることや、多数の銘柄を取扱っていたため、とても使いやすいサービスです。 識者は、取引所におけるカウンターパーティーリスクを唱えていましたが、正直、自分は大丈夫だろうという気持ちを持った投資家の方も多くいたのではないでしょうか。 今回の事件は、仮想通貨に対する投資を見直すいい機会になります。 失敗から学んで、次に生かしましょう。 ビットコイン BTC 価格の暴落劇のまとめ 2018年1月16日から現在 2月上旬 までのビットコインの暴落要因を3つあげました。 もちろん、これ以外の要因も多数存在すると考えられます。 参考:CryptoCompare ただ、コインチェックのハッキングは被害額が過去最大級であったことや、ビットコイン BTC 取引量の多くが日本で行われている現状を考えると、相場に与えた影響は大きかったのではないでしょうか。 最後に私の見解では、今回のビットコイン BTC 暴落はそれほど悲観する必要はないと思います。 なぜなら、価格水準としては2017年の11月ごろに戻っただけであり、むしろ2017年12月と2018年1月中旬までの相場が異常に高かっただけではないかと思います。 2018年は仮想通貨に対する規制や取締まり、税制など、法整備が世界中で行われていくと考えられます。 それらの発表によって、ビットコイン BTC 価格が上下する事はあると思います。 動向を注視しましょう。

次の

権威に質問「ビットコイン長者になれなかった自分を一生後悔しなければならないのですか」

ビットコイン 2018

ビットコインの指数関数的な上昇 今年2017年の1月1日に960ドル(10万円)だったが、12月8日にはついに20,000ドル(230万円)台にタッチしました。 1年で約20倍も値上がりしたことになります。 今年のビットコインの上げ相場を、特定の価格(2,000ドルごと)に到達するまでにかかった時間から見てみましょう。 このような表にしてみると、ものすごい指数関数的な上昇だということがわかります。 coindesk. そのなかで見事に予測を的中させたのが、未来予測プログラムのウェブボットです。 ウェブボット開発者であるクリフ・ハイ氏が、ビットコインは2018年2月には13,800ドルに到達すると未来予測をしたのですが、この予測は2カ月前倒しで現実のものとなりました。 8月以降もさまざまな権威たちがビットコインの将来価格を予想していますが、来年のビットコインはどこまで上がるのでしょうか。 来年以降の見通しも含めて、権威たちの予想を紹介します。 ビットコイン、どこまで上がる? 2018年の予想 予測1:20,000ドル〜40,000ドル スタンドポイント研究所の創設者でありアナリストのロニー・モース氏は、ビットコインが2018年に2万ドルに達すると予測。 10〜15年後には金(ゴールド)と同じだけの価値をもつだろうという考えも示しています。 また、資産の10%を仮想通貨に投資しているという億万長者の投資家マイケル・ノボグラッツ氏は、2018年末までに少なくとも4万ドルにはなると予想しています。 彼は、今年の10月13日の時点でビットコインが「10カ月以内に1万ドルに達する」と予言し的中させた人物です。 予測2:60,000ドルに到達した後に1,000ドルに下落 デンマークのネット銀行サクソバンクは、ビットコインが2018年に6万ドルの高値をつけ、時価総額1,000億ドル(約112兆円)になると予測。 しかしその後は1,000ドルにまで下落するとしています。 理由は、中国とロシアがマイニングを禁止し、自国政府の仮想通貨を発行し始めるからです。 銀行はその官製仮想通貨を受け入れるようになるため、ビットコイン利用の必要性がなくなるとしています。 中国共産党による一党独裁の中国と、プーチン大統領が強大な権力を振るうロシアにおいては、官製仮想通貨を流通させることは比較的容易なことでしょう。 そうすると中露の官製仮想通貨はそれ以外の国にも流通していき、いつしか世界の基軸仮想通貨となり、ビットコインが淘汰されることも考えられます。 つまり、この予想は十分考慮に値するものだということができます。 ビットコイン、どこまで上がる? 2019年以降の予想 では、もう少し長期的な視点として2019年以降の価格予測に目を向けてみましょう。 各方面の予測をみると、ビットコインへの期待がそれだけ大きいということがわかります。 2019年以降ビットコインの行方はどうなるのか。 世界的な権威者の意見が長期的な予想のヒントになるでしょう。 予測1:3年以内に500,000ドル ウイルス対策ソフトで有名なは、ビットコインが3年のうちに50万ドル(約5,600万円)になるとする予測をこの夏自身のツイッターで表明しました。 しかしその後の急激な値上がりを受けてか、新たな価格予測を発表しました。 今度は2020年までに100万ドルに達すると予測値を2倍に増やしたようです。 予測2:2020年までに250,000ドル BitGoのソフトウェアエンジニアのジェイムソン・ロップ氏は、ビットコインが2020年までに25万ドル(約2,800万円)に達すると予測しています。 2010年から7年間の日平均増加率を計算したところ、2014年のマウントゴックス事件を除く6年間すべてで値上がりしており、非線形となっています。 ここから計算すると、2020年までには25万ドルに到達するのだそうです。 予測3:10年後には100,000ドル サクソバンクのアナリストであるケイ・ヴァンピーターセン氏によると、ビットコインは今後10年間で、日平均5兆円の外貨為替市場の10%を占めると予測しています。 彼は2017年にビットコインが2,000ドルになると予測し的中させた人物です。 予測4:2030年までに50,000ドル Snap Chatに最初に投資した投資家であるジェレミー・レイ氏と、Block Chain社CEOであるピーター・スミス氏は、ビットコインはまだその潜在能力を発揮していないといいます。 そして2030年には5万ドル(約560万円)になると予測しています。 予測5:最終的にはいくらになる? アメリカ人ジャーナリストのマックス・カイザー氏は、具体的な時期は明示していないものの将来的にビットコインは10万ドルまで値上がりすると予測をしています。 また、企業の資本マネジメントなども行う投資家マーク・ユースコ氏は、「ビットコインは最終的に40万ドル(約4,500万円)に達するだろう。 ビットコインに代表されるブロックチェーン技術は、現在の金融に関わる体制を大きく覆すものであるから、銀行にとっては脅威となると思う」と述べています。 ユースコ氏は、ブロックチェーン技術やビットコインを30年前のインターネット技術の登場と比較し、生活のあらゆるものを変える同じだけの能力を備えていると期待しているようです。 そしてアメリカ人投資家ジム・クリーマー氏は、将来的には100万ドル(1億1200万円)に達するとの見解を示しています。 ここまでの予測をまとめたのが下の表です。 実は最近、ビットコインを取り巻く環境に少しずつ変化が起きているのです。 ビットコイン先物 昨年12月頃、米国の大手取引所であるCMEとCBOEが、ビットコインの先物取引を開始しました。 ビットコイン価格が大きく上下したことを思い出す方も多いのではないでしょうか? bitFlyerやbitbank Tradeといった日本の取引所でも、ビットコイン先物は扱っています。 ビットコインの先物やその仕組み、影響、取引所についてはこちらで分かりやすく解説をしています。 ビットコインETF ビットコインを取り巻く環境の変化はまだあります。 ビットコイン先物取引に続き、ビットコインETFの承認も世界が注目しています。 なぜなら、こうした先物やETFが承認されて上場した場合、ビットコインは株式や債権同様に金融商品として扱われるため、信頼性が向上するからです。 そうすれば、機関投資家や大口投資家も参入するきっかけとなり得ます。 ビットコインETFについては、ETFの定義から詳しくこちらで解説しています。 こうした動きを経て、ビットコインが「詐欺」や「ただのマネーゲームの道具」ではないと認識されれば、今まで見てきた予測は現実のものとなるかもしれません。 銀行の対照的な見解 米ゴールドマンサックスCEO「これからに期待」 米大手投資銀行ゴールドマンサックスのCEOであるロイド・ブランクフェイン氏は、ビットコインについて「好みではないがオープンである」との見解を示しています。 「ビットコインに対して不信感をもっている、好みではないね。 でも、これからの新しい世界において、価値を決めるのは人々の総意だと思う。 人々がこれは価値があると認めたものが受け入れられていく。 金(ゴールド)も紙幣も最初は価値があるとは認識されていなかったが、今では価値があるとされて日々取引されている。 価値があるとみんなが思っているからだ」。 なお、ゴールドマンサックスとしてはビットコインへの参入に慎重な姿勢です。 英クーツ銀行「投機的なものに過ぎない」 英国王室御用達のクーツ銀行は、ビットコインに対して否定的です。 同行は、「投資資産としての仮想通貨は一過性のものと捉えている。 ビットコインは投機的なものに過ぎず、そこへ投資するつもりはない」との見解を発表しており、ビットコインの急激な上昇にかかわらず懐疑的な姿勢でいます。 その姿勢の根拠として、ビットコインなどの仮想通貨には大量の初期投資家が殺到している点、実体をもたない仮想通貨であるだけに政府や行政・金融機関が将来的な予測をすることが難しい点を挙げています。 ビットコインどこまで上がる? 2018年とその後を展望するについて、まとめ ビットコインについては肯定的・否定的な意見がともに多く、まさに賛否両論です。 ビットコイン市場で大きな影響力をもつ中国国内の動きは、ビットコインの値動きに大きく影響しそうです。 全体を通してみると、ビットコイン自体には懐疑的な姿勢でもブロックチェーン技術の応用に大きな期待をする声が多いことに気がつきます。 確かに、IoT事業やフィンテック事業が進む現在、ブロックチェーン技術はとても画期的かつ魅力的な技術です。 ブロックチェーン技術が普及して広く知られるようになれば、必然的にその技術を利用したビットコインもなじみ深いものとなり、通貨として利用される日もいつか来るかもしれません。 さまざまな見解があるビットコインは、金融関係者から一般人まで世界中から注目されている存在です。 ビットコインはこれからどのように成長するのでしょうか。 各専門家の見解や世界各国の動向をヒントにして、みなさんもご自身で考えて予想してみましょう。 初めてビットコインを買うときは、国内大手の取引所であるbitbank. cc(ビットバンク)がおすすめです。 登録は無料ですので、ぜひこの機会に登録してしまいましょう。 アプリが初心者にも使いやすいことや手数料の安さが人気です。 以下の記事で詳しくご説明していますので、こちらも合わせてご覧ください。 cnbc. cnbc. businessinsider. ccn. yahoo.

次の