ノーシン コロナ。 【医師直伝】間違いだらけの新型コロナウイルス〜いま日本人が知っておくべき6つのこと。|森田 洋之|note

【イブプロフェンに注意?】新型コロナ疑いでも飲める市販薬は?【アセトアミノフェン主剤】

ノーシン コロナ

前回、新型コロナウイルスの治療薬とワクチンについて取り上げました。 こうした中で、新型コロナウイルスについて、新たにわかってきたことも出てきて、さらに治療薬や新型コロナウイルスで重症化しやすい人の情報も出てきています。 そこで3月23日(月)松井宏夫の「日本全国8時です」(TBSラジオ、月曜あさ8時~)で、、新型コロナウイルスに関するここ最近の動きを取り上げました。 ただそんな中、この新型コロナウイルスの生存期間について1つの研究結果が発表されました。 それは新型コロナウイルスが「エアロゾル」状態でも、3時間以上生存する、ということです。 エアロゾルとは霧のように空気中を漂う状態のことです。 その状態でも、新型コロナウイルスは3時間たっても生きていられるということがわかったと、アメリカの国立衛生研究所が発表しました。 エアロゾル状態というのは、くしゃみなどの飛沫よりも、長時間空気中に漂うことになる。 ということは、ウイルスも3時間以上、空気中に漂っているということになる。 飛沫感染だけでなくて、今度はエアロゾル感染、というのも出てくる可能性がある。 今、誰もいない部屋でも、3時間前に感染者がいた所なら空気感染のリスクがある。 さらに、ウイルスが様々な素材に付着した場合の生存期間についての発表もありました。 それによりますと、10円玉などの銅は最長4時間、段ボール紙は24時間。 ステンレスは48時間(=2日間)、プラスチックでは最長72時間、生存していたということ。 感染者が72時間前に触ったプラスチックなどに触れると、ウイルスが付くリスクがある。 接触感染にも十分な注意が必要ですし、アルコール消毒が欠かせないこともわかります。 それは、炎症や痛みなどを抑え熱を下げるために使われるイブプロフェンという薬。 市販薬の「イブ」や「バファリン」などに入っていて、「成分」のところにイブプロフェンとあるものが、 これに当たります。 このイブプロフェンを服用すると、感染を悪化させる要因になる可能性があるとフランスの保健大臣が指摘したんです。 このイブプロフェンは抗炎症薬と呼ばれ、免疫が過剰反応して炎症を起こさないよう、免疫機能を低下させます。 免疫が低下すると新型コロナウイルスではリスクとなるから、というのが注意喚起の理由のよう。 そして、フランスの保健大臣は、発熱がある場合は「解熱・鎮痛薬のアセトアミノフェンを使うよう」呼びかけました。 こちらは市販薬では、「新セデス錠」や「ノーシン」などです。 ただ、WHOの対応が混乱しています。 当初は「イブプロフェン」の注意を呼びかけ、「アセトアミノフェン」服用が望ましいとしていました。 しかしその後、イブプロフェン服用について「控えることを求める勧告はしない」と表明。 治療に当たっている医師への調査の結果、通常の副作用以外に、症状を悪化させるという報告はなかったと説明しました。 これを受けてのフランスの保健大臣の発言はなく、世界中で議論になっている状況です。 新型コロナでは確定するまでまだ時間がかかる。 個人で判断する場合はより安全を意識したほうがいいかもしれません。 処方薬をもらっている方は、医師の指導に従えば大丈夫でしょう。 新型コロナウイルスの治療薬に「アビガン」という抗インフルエンザの薬が有効かもしれない、ということで注目されていることを取り上げました。 このアビガンが、中国で新型コロナウイルス感染症患者の治療薬として、臨床試験で有効性が確認され、中国は後発医薬品を量産することを、発表しました。 肺炎の症状を抑えるだけでなく、「感染予防」にもなると期待しています。 現在わかっているのは高齢者、糖尿病・高血圧・心不全、それからぜんそくや慢性閉塞性肺疾患などの呼吸器疾患がある人、人工透析を受けている人。 また、免疫抑制薬や抗がん剤などを使っている人です。 高齢者に関しては、免疫力の低下が影響するほか、新型コロナウイルスは、肺や気管支などにウイルスが感染して肺炎になるとされているため、それに関わる病気がある人は注意が必要。 加えて、日本禁煙学会が新型コロナウイルスと喫煙に対して、今回の臨床で分かったことを報告。 それによると、今、そして過去に喫煙歴のある人は、非喫煙者と比べて重症化リスクが 2・19倍もあったそうです。 さらに、人工呼吸器装着もしくは死亡リスクは、非喫煙者の3・24倍に跳ね上がっていました。 重症リスクの高い人は、より徹底した感染症予防に取り組んでください。 ただ、家に閉じこもってばかりいては、運動不足で免疫力は低下します。 ウォーキング程度の運動が免疫力アップには効果的です。 人の少ない道をウォーキングするのは問題ありません。 ぜひ実践してください。

次の

【医師薬剤師が推奨】コロナ疑い時のアセトアミノフェンの市販薬

ノーシン コロナ

全世界で感染拡大が続く新型コロナウイルス(COVIT-19)。 治療薬も見つかっていない中、飲んでよい薬・飲んではいけない薬はあるのでしょうか? 中国・武漢から始まり、日本や欧米でも感染拡大が続いている新型コロナウイルス・COVIT-19(以下、新型コロナ)。 私が営んでいる漢方薬局でも「抵抗力を上げる漢方に変更して欲しい」といった旨の相談が多くなっております。 同氏が挙げた新型コロナの感染者が避けるべき薬とは 「イブプロフェン」や「コルチゾン」と呼ばれる抗炎症薬です。 同氏は続けて、感染者がこれらの薬を服用すると症状を悪化させる恐れがあると記しています。 これは信頼できる情報なのか、実際にこれらの薬は避けるべきなのか、本記事では一般の方がドラッグストアなどでも入手可能な「イブプロフェン」に絞って解説いたします。 イブプロフェンとは……頭痛、生理痛、歯の痛みなどにも使われる抗炎症薬 イブプロフェンとは、炎症を鎮める代表的な薬です。 専門的にはNSAIDs(エヌセイズ:非ステロイド性抗炎症薬)と呼ばれるカテゴリーに含まれます。 イブプロフェンは炎症を抑える作用があることから、主に頭痛、生理痛、腰痛、関節痛、歯の痛み、そして発熱などに対してしばしば使用されます。 イブプロフェンは病院で医師が出す処方薬としてだけでなく、一般の方がドラッグストアなどで購入できる頭痛薬などにも含まれることが多い成分でもあります。 その分、今回のツイート内容が多くの方にも注目されているのでしょう。 新型コロナでイブプロフェンを避けるべき根拠はあるのか 大国の厚生大臣が発表するほどのことですので、根拠が薄いとも考えにくいのですが、同大臣のツイッターでも「新型コロナ感染者がイブプロフェンなどを服用していると症状が悪化する」と短く記されているのみです。 本記事を執筆している2020年3月18日の段階では、まだ新型コロナとイブプロフェンの明確なつながりはわかっておらず、科学的根拠は明らかにされていません。 まだ確実な情報とは断言できない中で、どのような薬を選ぶべきなのか、現状の薬は変更する必要があるのか、悩まれる方は少なくないと思います。 以下では、現状の新型コロナウイルスの脅威の中で、私たちがどのようにイブプロフェンに代表される抗炎症薬と付き合っていくべきかを解説します。 病院からイブプロフェンが処方されている場合……自己判断での安易な中止は避ける 腰痛や関節痛など何らかの症状があり、既に病院からイブプロフェンが処方されている場合、 自己判断での中止は避けるべきです。 急な服用停止により、抑えていた痛みなどが再燃してしまう可能性もありますので勧められません。 一方、病院受診時とは異なる症状が現れた場合は、処方医や調剤を受けた薬局に連絡を入れて指示を仰ぐのが良いでしょう。 具体的な「異なる症状」とは、 急な発熱、咳やのどの痛み、関節痛、寒気などといった、いわゆる「インフルエンザや風邪のような症状」です。 その理由については後述します。 市販薬のイブプロフェンを服用している場合……無症状なら過度な心配は不要 もし頭痛や生理痛などで市販薬のイブプロフェンを服用している場合も、上記で挙げたようなインフルエンザや風邪のような症状がなければ過度に心配する必要は少ないでしょう。 一方でそのような症状がある場合は薬剤師などに相談しつつ、NSAIDsとは異なるカテゴリーに含まれる 「アセトアミノフェン」という抗炎症成分が入った薬を選ぶのが良いでしょう。 冒頭で紹介した仏厚生大臣も発熱の際などはアセトアミノフェンの使用を推奨しています。 イブプロフェンによる「ライ症候群」とは……ウイルス感染症時の服用による副作用 ではなぜ「インフルエンザや風邪のような症状」が出たときは、まず専門家に相談するべきなのか。 その理由の一つに「 ライ症候群」の存在があります。 イブプロフェンに代表されるNSAIDsには、ライ症候群という副作用が知られています。 ライ症候群とは、インフルエンザなどのウイルス感染症を患っている際にNSAIDsを服用すると意識障害、嘔吐、けいれんなどが起こりやすくなるというものです。 特にライ症候群は小児に起こりやすいことが知られています。 つまり、新型コロナかどうかに関わらず、ウイルス感染症に対して、NSAIDsの使用には注意が必要なのです。 一般の方は、発熱があっても、その体調不良がただの風邪なのか、インフルエンザによるものなのか、新型コロナなのか、またはそれ以外のものなのか判断することは不可能でしょう。 したがって、インフルエンザや風邪っぽい症状がある場合、特に小児の場合は、市販薬で対応するのなら、アセトアミノフェンを含んだものが推奨されています。 イブプロフェンは「悪役」ではない……正しく理解して適切な使用を イブプロフェンに代表されるNSAIDsは決して怖い薬ではありません。 冒頭で挙げた通り、炎症を鎮める代表的な薬なので、頭痛、生理痛、関節痛など、幅広い症状の緩和に有効です。 一方で上記のように今回の新型コロナウイルス感染症に限らず、インフルエンザなどの感染症とは相性が悪いこともすでに知られている通りです。 繰り返しになりますが、 新型コロナに対してNSAIDsがどのように影響するのか、現段階では分からない点が多いです。 しかし、 新型コロナに限らず感染症による症状が疑われる場合、NSAIDsはより慎重な使用が求められます。 誤解やフェイクニュースに注意 本記事をご一読頂いた方は問題ないと思うのですが、他メディアにおいて見出しだけを見るとあたかも 「アセトアミノフェン(またはイブプロフェン)が新型コロナの撃退に有効」と勘違いしてしまいそうなものがあります。 SNSが発達した現代では素早く情報が世界中を駆け巡ります。 一方で誤解やフェイクニュースも新型コロナと同じように国境に関係なく拡散してしまいます。 その点にも気を付けながら日々の情報に接して頂きたいと思います。 本記事のまとめ• 仏厚生大臣が「新型コロナにかかった場合においてイブプロフェンなどの服用は症状を悪化させる」可能性に言及した• 一方でイブプロフェンを含むNSAIDsという抗炎症薬のグループは危険な薬などではない• しかし、インフルエンザを含む一部の感染症においてNSAIDsは慎重な使用が求められる• 感染症の可能性がある場合、抗炎症薬にはアセトアミノフェンが推奨されている 新型コロナ感染症騒動に思うこと……基本の手洗いと睡眠時間確保で体調管理を 最後に一薬剤師として、今回の新型コロナウイルスの感染拡大に、私たちはどう向き合うべきかについても触れたいと思います。 まず現時点で、 新型コロナに対する一番の対処法は、自身の免疫力を落とさないことに尽きると考えます。 新型であろうと旧型であろうと、ウイルスに対して私たちの身体に備わっている免疫はそれを排除し、さらに崩れた体調をもとに戻そうと働きます。 連日の報道を見ていると、ついその日の感染者数や死亡者数にばかり目が行って不安な気持ちになってしまうかもしれませんが、多くのケースでは感染後に回復しています。 詳しくは厚生労働省の「」をご参照ください。 したがって、西洋医学的な治療法が確立していない現段階においては、頻繁な手洗いと睡眠時間の確保が最も有効な対応法と考えられています。 最新の情報に接するのは良いことですが、情報過多になり睡眠不足になってしまっては本末転倒です。 本記事が新型コロナ、さらに感染症とNSAIDsに代表される抗炎症薬との正しい付き合い方の一助になれば幸いです。

次の

【医師直伝】間違いだらけの新型コロナウイルス〜いま日本人が知っておくべき6つのこと。|森田 洋之|note

ノーシン コロナ

【注!】慢性疾患で、医師の処方でイブプロフェンを服用している人は、勝手に中断せずに、必ず医者に相談してください。 あるいは、具合が悪くなってきているのに自己判断で飲み続けないで、必ず医者に相談して下さい。 これは注意です! 後編は、いよいよ本丸の「フランス医薬品・保健製品安全庁」である(ANSM。 以下、仏安全庁)。 もともとフランスでは、新型コロナウイルスが発生する前から、イブプロフェンやパラセタモール(別名:アセトアミノフェン)等を含む市販薬は、薬局でカウンターの後ろに起くことを提案してきた。 参照記事: 処方箋がなくても買えるが、薬剤師を通さないと販売できない方法である。 今年の1月から実施されており、そういえば年末に、薬局のレイアウトが変わったと思ったものだ。 3月17日に、仏安全庁は新しい指示を出している。 日本薬剤師会が「情報源の参照」としてリンクを張っているのは、そのページである。 以下に全訳する。 ーーーーーーーーー COVID-19の状況で、仏安全庁は、痛みと発熱(またはどちらか)がある場合、患者や医療従事者は、適切な使用の規則を尊重しながらパラセタモール(アセトアミノフェン)を使うことを優先すべきであることを忘れないようにと伝えます。 仏安全庁は、パラセタモール(アセトアミノフェン)が主成分の医薬品を、不必要に処方したり、調剤したり、保管したりしないように警告します。 必要なときに手に入ることを保証するために、2020年3月18日から、 薬剤師は、何の症状も現れていない場合、患者一人につきパラセタモール(アセトアミノフェン)は1箱(500 mgまたは1g)のみ、または症状(痛みと熱、あるいはどちらか)が現れている場合には、2箱(500 mgまたは1g)を、処方箋がない患者に販売することができます。 パラセタモール(アセトアミノフェン)、イブプロフェン、およびアスピリンが主成分の薬のネット販売は停止されています。 発熱に対する薬の適切な使用に関する規則を忘れないこと 痛みや発熱の場合、特に感染症の状況では、仏安全庁は、患者や医療従事者にパラセタモール(アセトアミノフェン)の使用を最優先するよう呼びかけています。 実際に、抗炎症薬(イブプロフェンを含む)は、感染を隠してしまい、特定の状況で悪化させる潜在的な可能性をもっています。 もしあなたが、現在、抗炎症薬またはコルチコステロイドを使って治療を受けている場合、治療を中止せず、必要に応じて医師に連絡してください。 賢明に使用すれば、パラセタモール(アセトアミノフェン)は、安全で効果的な薬です。 しかし、過剰服薬した場合、パラセタモール(アセトアミノフェン)は、特定の場合に、もう元に戻れない重篤な肝障害を引き起こす可能性があります。 パラセタモール(アセトアミノフェン)の不適切な使用は、フランスにおいて、薬のせいである肝臓移植の一番の原因です。 過剰服薬という用語は、不適切な用量の使用、1回あたり、または1日あたりの用量が多すぎること、および服薬の間の最小限の時間が守られていないことを意味します。 薬剤師への情報 ・患者が薬局のカウンターでパラセタモール(アセトアミノフェン)を求め、症状がない場合は、1箱(500 mgまたは1g)だけ渡します。 症状(痛みと発熱、あるいはどちらか)がある場合、患者一人あたり、最大2箱(500 mgまたは1g)を渡せます。 ・患者がパラセタモール(アセトアミノフェン)の処方箋を渡したら、医師が処方した量を尊重してください。 ・処方箋があろうとなかろうと、患者の薬剤記録に、調剤を記録してください。 (訳注:フランスでは、処方箋で薬を買った場合、薬剤師は情報をすべてオンラインで、各患者の国民保険の記録に登録する。 フランス中の薬局で、薬剤師は患者の薬情報を見ることができる。 ただし、通常の場合、市販の薬では記録されない。 今回は、市販薬であっても「パラセタモールの販売を記録しろ」という指示が出ているという意味。 また、日本のタイレノールAは1錠300mg。 フランスの一般的な薬よりも少ない)。 ーーーーーーーーー これで、薬そのものに関する筆者からの情報発信は、一区切りとしたい(また新たな情報が出れば、お伝えしていきたい)。 少しでも役に立てることを願っている。 今後は、この問題をめぐる社会・政治の話に関して、必要に応じて書いていきたいと思っている。 次回は、WHOの迷走と、欧米での波紋について書く予定である。

次の