グラメ シュラン クイズ。 グラメシュラン クイズ!!

グリーンピールメラサマー55アフターケア

グラメ シュラン クイズ

5、10. 10、10. 14、10. 20O. 10、10. 14、10. 20O. 5、10. 10、10. 14、10. 20O. 出演者たちは約5カ月わたって料理と向き合い、撮影を重ねてきたこともあり、最後の挨拶では涙ぐむ人も…。 寂しさを感じつつも充実感にあふれた、感動のクランクアップとなった。 夏の暑い盛りに パリでクランクインし、パリの三つ星レストラン 「ランブロワジー」での撮影や、 フランス大使館の撮影協力、東京で三つ星を取り続ける 岸田周三シェフの「カンテサンス」と、気鋭の話題のレストラン 「INUA」がドラマの料理を監修をするなど、その料理への本格的な取り組みも注目を集めてきた。 さらにドラマ放送中には ミシュランガイド東京2020の発表があり「カンテサンス」が 13年連続の三つ星、「INUA」は開店2年目にして 二つ星を獲得し、ドラマに関わる2店の快挙が話題を呼んだ。 作品は、10月20日の初回放送にて平均視聴率12. その後も12月15日の放送では番組最高14. 回を増すごとにその展開は好評を得ており、最終回への期待が高まっている。 ドラマ中では ミシュランの三つ星を目指す「グランメゾン東京」の行方が果たしてどうなるのか、いよいよ最終回を迎える12月29日 日 の放送が注目される。 最終回はよる9時から30分拡大で放送。 果たして グランメゾン東京は三つ星を獲得することはできるのか!? 是非、放送をお楽しみに! 暑い時期から始まってパリにも行かせていただいて。 実際にこの グランメゾン東京のセット 撮影が始まったら、ここはまだ全然完成されていないただの倉庫みたいなところから始まって、一人ずつ一人ずつ仲間が増えていって…。 この歳になってもこんなにいろんな刺激をもらえることがあるんだと驚きの毎日で、本当に素晴らしい現場だったと思います。 それはここにいるみんなのおかげだと思います。 京香さんとも何度も共演して夫婦もやらせてもらったりしてリラックスした空気のなかだったし、木村くんと連ドラをやるのは初めてでしたがこんなに刺激を受けるのは初めてでした。 一緒に仕事を出来て最高でした。 素晴らしかったです。 いつか、もしかしたらスペシャル放送があるかもしれない 笑! それまで一生懸命この仕事を頑張って、またみなさんとお会いできることを楽しみにしています。 このイベントに、平古祥平役の 玉森裕太、リンダ・真知子・リシャール役の 冨永愛が招待され、日本各地から取りそろえた日本酒とのペアリングで用意された特別料理を堪能した。 本作ではこれまでも、12年連続でミシュランの三つ星を獲得した 「カンテサンス」をはじめとする日本の名だたるレストランや、フランス・パリで最も予約が取れないことでも有名な超高級三つ星レストラン 「ランブロワジー」など、世界最高峰のレストランがこぞって協力・監修し制作されている。 キャスト、ストーリーだけでなく、料理の視覚的要素も抜群のクオリティーだと好評を得ているのは、これら全ての協力があるからこそだ。 11月10日 日 深夜配信の第4話に登場する。 このような会に参加する経験が全く無かったので、少し緊張しましたが 笑 、本当に全ての料理が素晴らしく、 感動しました。 日曜劇場『グランメゾン東京』でシェフ役をやらせていただき、料理のことを考えるようになっている今だからこそ感じたのは、「どれだけの労力、計り知れない苦労で一皿一皿を作り上げているのだろう」と。 想像もつかない努力の奥にある、深い味わいを感じました。 ミシュランの星を持つシェフの皆様が手掛ける料理は、こんなにも違うものなのかと圧倒されましたし、役の感覚を通しながら食べて楽しむことができました。 欲を言うと、厨房を覗いてみたかったです 笑。 きっと戦場のようになっていたのだろうなと思います。 今回の機会をいただけたことを、シェフ、スタッフの皆様に感謝します。 冨永愛さん コメント そしてこのたび、11月3日(日・祝)放送の第3話から、 石丸幹二と 大貫勇輔ら演技派俳優陣が新たに出演することが決定した。 石丸が演じるのは、 伝説のジビエハンターといわれている 猟師・峰岸剛志(みねぎし・つよし)。 尾花と同様、職人としての己の仕事と生きざまにプライドとこだわりを持つ彼は、「グランメゾン東京」にジビエ肉を卸して欲しいという倫子たちの要望に、なかなか首を縦に振らない。 そこで尾花は、峰岸より美味いジビエ料理を作ったら要望を聞いて欲しいと、一人の料理人として彼と真剣に向き合う。 石丸はTBS日曜劇場枠のドラマはこれまで『半沢直樹』(2013年)、『ルーズヴェルト・ゲーム』(2014年)に出演、いずれも抜群の存在感を発揮してきた。 そんな石丸が今作で見せる気骨あふれる演技に注目だ。 大貫が演じるのは、「グランメゾン東京」に 部門シェフ(=肉や魚など専門の料理人たちをそれぞれ取りまとめる役割のシェフ)として加わる、 柿谷光(かきたに・ひかる)。 ミュージカル俳優として数多くの作品に出演し、前クールで出演した『ルパンの娘』(CX)では彼の役どころが大きな話題となったばかり。 そんな大貫が、レストランというステージでどのような演技を見せてくれるのか、大いに期待がかかる。 主演の木村さんとのドラマ共演は初めてですので、オファーをいただき、うれしかったですね。 「プロの料理人として腕を奮う演技をするのか?」「山に入って動物を前に撮影するのか?」と、期待が高まりつつも、実はかなり緊張していました(笑)。 木村さんを初めとする料理人たちも、自らの腕を信じて突き進んでいる職人気質のスペシャリスト。 だから、感覚の部分で共感し合える者同士として対峙し、演じていきたいと思っています。 そんな想いが視聴者の皆様に伝わればと願っています。 大貫勇輔さん コメント 最初にお話をいただいた時、憧れの方々ばかりが出演される『グランメゾン東京』に僕も参加できるのが本当にうれしかったです! そして台本を読んでみて、僕自身料理を作ることも食べることも大好きだったので、シェフ役を演じられるなんてこれまたうれしい! とも思いました! 撮影前にフレンチ料理の練習をさせていただき、色々知らなかったことや、改めて気づくことなどがあり、本当に勉強になりました。 その練習で学んだことを、いかに慣れた手つきでシェフとしてお芝居の中でできるか、皆さんに見ていただけたらと思います。 人生初のフランベにも挑戦しています。 初めての日曜劇場、得意のダンスを封印して、お芝居できちんと魅せられるよう、気合を入れて「柿谷光」として生き抜きます! SNS 10月27日 日 放送の 第2話は 15分拡大スペシャルで放送。 そして第2話から、次世代を担う注目の お笑いコンビ・かが屋の二人 加賀翔・賀屋壮也 の出演が決定した。 彼らはドラマ初挑戦となる。 二人が演じるのは、 玉森演じる 平古祥平 ひらこ・しょうへい が料理長を務めるホテルのブッフェで働く厨房スタッフ。 二人はともに1993年生まれの26歳で、2015年にコンビ結成、今年の「キングオブコント」では ファイナリストとして決勝に進出した。 彼ら独特のこだわり溢れるコントが若年層を中心に支持されているだけでなく、同じくコントを得意とするバナナマン・設楽統からも高く評価されるなど、まさに新しい世代の注目株と言える。 普段二人がコントで描く、日常を切り取り独自の世界観に引き込むその演技力が、本作でどのよう発揮されるのか、注目してほしい。 SNS そしてこのたび、いよいよ 明日に迫った初回の放送に先がけ、10月27日 日 放送の第2話に 落語家・春風亭昇太のゲスト出演が決定。 さらに同じく第2話から 作家・岩下尚史の出演が決定した。 昇太が演じるのは、料理にまったく興味がなく「味」には融資しないと言い切る信用金庫の 融資担当・汐瀬智哉 しおせ・ともや。 尾花と倫子はレストラン「グランメゾン東京」をオープンするために必要な開店資金の融資を汐瀬に依頼する。 しかしそんな彼らの前に厳しく立ちはだかるという役どころだ。 これまでも『下町ロケット』『小さな巨人』『グッドワイフ』と度々日曜劇場に出演し、まさに日曜劇場の常連ともいえる昇太。 今年6月には落語芸術協会会長に就任、さらには自身の結婚を電撃発表するなど、公私ともに幸せに満ち溢れている昇太が、結婚後初ドラマで初共演となる木村と、どのような芝居を披露するのか期待してほしい。 また、岩下が演じるのは、 大物都議会議員の蛯名西堂 えびな・せいどう。 玉森裕太演じる一流ホテルのブッフェレストランのシェフ・平古祥平 ひらこ・しょうへい の恋人で、同じホテルで働くコンシェルジュ・蛯名美優 えびな・みゆ の父親役だ。 西堂は議会で大きな発言力を持つが、娘の美優にだけは甘い。 美優と祥平の交際を渋々認めるも、かつて尾花のもとで働いていた祥平の過去を調べ上げ、釘を刺すという抜け目のない人物だ。 情報番組のコメンテーターとしても活躍する岩下がドラマに出演するのは、2016年のNHK大河ドラマ『真田丸』以来3年ぶり。 威厳とクセを兼ね備えた政治家をどう演じるのか、こちらも注目だ。 初めて出た映画でも銀行員でしたし、日曜劇場 『下町ロケット』 に出演させていただいた際もそうでしたが、実は銀行員の役の経験は多いです。 自分は性格が細かくないし大雑把なので、銀行員の要素が一つも無いと思っているのですが、真反対のイメージから起用されているのではないのかと自分では思っています。 『グランメゾン東京』が今後どうなるか、そのための鍵となる銀行との話が描かれているのが、第2話です。 視聴者の皆様には、初回、さらに第2話を見ていただいて、今後のドラマに思いを馳せていただきたいと思います。 主演の木村さんは、すごく気を遣ってくださる方。 私は初共演だったのですが、凄く人見知りで緊張していたのをなんとなく察してくださっていたようで、緊張を和らげるように接していただきました。 その他のキャストの皆さんもスタイルが良すぎるので、もうちょっとスタイル良かったらな、と思いました。 —結婚後初のドラマ出演ですが、演技に貫禄などが増す? 確かに結婚後初ドラマ出演ですが、私は相変わらず薄っぺらい感じなので…。 それ 貫禄や男らしさ を表現するというのは大変です。 今回の役もしっかりとした、自分の世界を持っている人物で、普段の自分とは違うので大変です。 しかし、第2話は銀行の話がストーリーの大きな軸になっているので、しっかりしなければと思っています。 —薬指の指輪は自前ですか? これはお借りしたものです。 『小さな巨人』 2017年 のインタビューの際にも「指輪に違和感がある」と答えたのを覚えていますが、実は結婚した今も指輪は持っているけど普段はしていないので、やっぱり今も違和感があります 笑。 SNS このたび、 木村演じるシェフ・尾花の過去に深く関わる女性、現在は世界的な グルメ雑誌「マリ・クレール ダイニング」の編集長を務める、 リンダ・真知子 まちこ ・リシャール役で、モデルの 冨永愛がレギュラー出演することが決定した。 冨永が民放ゴールデンタイムの連続ドラマに出演するのは今回が初となる。 その一方で、3年前に尾花が起こした事件の真相をフードライターの 久住栞奈 中村アン と共に追い、尾花に接近する謎多き女性だ。 パリを拠点に活動するリンダだが、日本で三つ星レストランを作るべく奮闘する尾花らにどのように関わってくるのか。 その日本人離れした抜群のプロポーションと、エキゾチックな顔立ちで瞬く間にトップモデルとして世界的に活躍してきた冨永。 現在も、日本はもちろんのことパリでも多くの活動を行い、ファッション界の頂点を見てきたその生き様は、本作で演じるリンダと共通点が多く、まさにこれ以上ない適役といえるだろう。 冨永が、本作でどのような存在感を放つのか注目だ。 また、リンダが編集長を務める雑誌 「マリ・クレール ダイニング」。 その名のとおり、世界的に有名な フランスのファッション誌「マリ・クレール スタイル」が、名前を提供。 「マリ・クレール スタイル」が日本のドラマに名前を提供するのは極めて異例のこと。 フランス・パリで世界初の撮影協力を行った 三つ星フレンチレストラン「ランブロワジー」、本作で料理初監修をする 三つ星レストラン「カンテサンス」の岸田周三シェフ、そして今回の 「マリ・クレール スタイル」と、世界に名だたるトップネームが協力に名を連ねるドラマ、日曜劇場『グランメゾン東京』。 かつてないスケールでお届けする本作に、ぜひ期待していただきたい。 ご出演するにあたって このオファーをいただいた際は凄く驚きましたが、「やるからには全力で演じたい」と思って臨みます。 木村さんとはこれまで面識はありませんでしたが、どんなセッションをしていけるのか、凄く楽しみです。 また、出演者の皆様は、演技の世界で活躍される方々ばかりなので緊張していますが、共演させていただくことを本当に楽しみにしています。 どんなファッションで登場するのか、注目が集まると思いますが— リンダはパリ生まれパリ育ちなので、ファッションも大好きな人物だと思います。 パリの最前線で働く女性像を考えながら、そのあたり ファッション も工夫していければと思っていますし、私自身も楽しみながらやっていければと思っています。 実際にキャストの皆さんと共演して感じたこと それはやはりプロフェッショナルだということです。 どんなに和気藹々と和んだ雰囲気でも、カメラが回れば瞬時にその場の空気を変えることができる。 異世界の私にとって、キャストの皆さんの一挙一動が新鮮で、勉強になります。 素晴らしいキャストの皆さん、そしてスタッフの皆さんと最後まで駆け抜けたいと思いました。 視聴者へメッセージ この作品は、色々な要素が含まれていると思います。 一度夢を諦めたら、もう夢は見てはいけないのか? 何年経っても忘れることができない心の闇とどう向き合うのか、仲間とは? 人間味溢れる、個性豊かな役と、人生の豊かさを問う作品です。 これから物語がどう展開していくのか、私自身、大変楽しみです! 視聴者の皆さんにも同じように楽しんでいただけるように、頑張って演じたいと思います。 リンダ・真知子 まちこ ・リシャールが憑依した私を、ぜひ楽しみにご覧ください! SNS このドラマを支えるもう一人の主役とも言えるのが 「料理」。 このたび、 木村拓哉演じる 尾花夏樹(おばな・なつき)が作る料理の監修を、東京・品川の フレンチレストラン「カンテサンス」の 岸田周三シェフが務めることが決定した。 「カンテサンス」は2006年に開店し、その翌年の2007年に1年という 異例の早さでミシュランの三つ星を獲得。 以来12年連続でミシュランの三つ星を守り続けている。 岸田氏がドラマの料理監修を担当するのは本作が初めて。 岸田氏は「 フランス料理、およびレストランがテーマということで、ドラマを通じて飲食業界に活気が出てくれたらいいなと思って協力させていただきました」と語る。 木村をはじめ豪華俳優陣の競演を彩る、目にも鮮やかな料理の数々にも注目である。 また、 尾上菊之助演じる尾花のライバル、 丹後学 たんご・まなぶ がシェフを務めるフレンチレストラン「gaku」の料理を監修しているのは、東京・飯田橋の レストラン「INUA イヌア 」のシェフ、 トーマス・フレベル氏。 「世界のベストレストラン50」でナンバーワンに4度も輝き、アリを食材に使用するなど独創的なメニューで世界的に有名な、デンマークの レストラン「noma ノーマ 」の遺伝子を受け継ぎ2018年にオープンしたばかりの今、話題のレストランだ。 これら日本の名だたるレストランの協力や、フランス・パリで最も予約が取れないことでも有名な 超高級三つ星レストラン「ランブロワジー」など、世界最高峰のレストランがこぞって協力・監修することが実現したのは、同作に ミシュランガイドの全面協力があることにほかならない。 まさに世界に名だたる超一流レストランが協力するドラマ 『グランメゾン東京』。 キャスト、ストーリーに加えて、視覚的要素も抜群のクオリティーであることは間違いない本作を、ぜひ楽しみにして頂きたい。 『グランメゾン東京』で料理監修を担当することについて フランス料理、レストランをテーマにしたドラマということで、飲食業界にドラマを通じて活気が出てくれたらと思って協力させていただくことになりました。 監修は 初めてです。 「飲食業界に入ってみようかな、やってみようかな」という若い方たちが増えたらいいなという気持ちです。 今回はお客様の席じゃなく、キッチンの中の裏方の方が多く映されている番組なので「飲食店ではこういうことやっているんですよ」って皆さんに知っていただいて、「やってみようかな」と思う人が増えたら、と思って引き受けました。 自身の料理を背負った店を木村拓哉さんが演じることについて 本当に光栄だと思います。 食事にこだわりのある方なので、今まで料理のことを色々やって来られたと思うので、スムーズにこの役に入っていくんじゃないかなと思っています。 ミシュランの星とは フランス料理の料理人にとって、ミシュランの星はとても大事な意味を持っています。 東京にミシュランが来るようになってから、和食やお寿司のお店も星を取られていると思いますが、フランス料理の料理人にとって、昔から憧れているシェフたちが獲得していたものを、我々も獲得できるチャンスがいただけるようになるというのは、すごいことが起こったなと思いました。 カンテサンスが星を獲ったのは もう12年前になります。 感情が高まったのを覚えています。 星を守ることについて プレッシャーはあります。 星だけでなくお客様はたくさんの期待をして当店に来て下さいます。 毎日毎日プレッシャーもありますけど、それは期待の表れなので、それに応えたいなという気持ちで、それをモチベーションにスタッフとともに頑張っています。 料理は頑張ろうと思えばいくらでも頑張れますし、逆に時間が足りなくて手を抜こうと思えばいくらでも手を抜けるんです。 見た目は似た様な形でも、そこに美味しさだったりクオリティーを求めれば求めるほど、いくら時間があっても足りないくらい、いろんな仕事をすることになります。 その時に何が大事になるかというと、プロ意識と誠実さが大事になるんじゃないかと思います。 料理とは 難しいですね…僕は料理の世界に入って25年位経ちますが、生活の一部になっているので何かに例えるのはなかなか難しいですが、僕には料理しかないので。 ドラマへの期待 フランス料理の世界ってこういうことをしているんだと皆さんにお伝えできたら。 それを元に、フランス料理の世界にたくさんの方が来てくれたらありがたいなと思います。 「INUA」 トーマス・フレベル氏 コメント Q. 撮影に参加して とても面白かったです。 私自身にとってもチームの仲間たちにとっても、毎日働いているINUAという小さな世界から外へ出てこのような場所 ポール・ボキューズさん で仕事をするのは非常に良い経験で、勉強になりました。 今日の撮影の雰囲気が良かったので、今後の撮影も楽しみにしています。 ライバルレストランという設定で自分たちの名前を出すリスクもあると思うが、協力した理由は? まず、INUAを日本のお客様に知ってもらう良い機会になるのではと思い、協力依頼を受けることにしました。 ドラマで扱われる料理はフレンチで私たちのレストランとは異なりますが、それでも8〜9割は私たちの創造性を反映させてもらえるということでした。 それも参加を決めた大きな理由です。 やはり番組のために、料理や料理の出し方などを変えなければいけないこともありますが、私たちが良いと思うもの、INUAの核の部分は十分に出させていただけたので、良かったと思っています。 加えて、器やカトラリーを作ってくれている工芸家の方々、花を手掛けてくれている花屋さんなど、INUAに協力してくださっている方々の素晴らしさをこの番組を通して披露できるのも魅力でした。 ドラマのスタッフや役者から伝わる情熱 この番組を作るために、レストラン業界を本当に詳しく研究されているということが感じられました。 ミシュランの存在 私が知る限り、一番歴史のあるレストラン評価の仕組みだと思います。 ミシュランと言えば、誰もが知っています。 星をもらえるということは、私たちのレストラン、そして一緒に働いている仲間たちを世界の人に認めてもらえた証になりますし、料理とサービスが常に一定の水準に保たれている証にもなると思います。 誰が調査しているか明かされていませんが、そのような面でも、信頼できる評価の仕組みだと思います。 このドラマを観た人にどう思ってほしい? レストラン業界の実態を少しでも知っていただければと思います。 私たちが一皿一皿に込める思いやエネルギー、一人一人のお客様への心配り。 この業界の担い手たちが仕事にかける情熱や働きぶりを分かっていただければ思います。 毎週日曜、地上波ドラマ放送後の深夜に配信される。 また、TVer ではダイジェスト版が配信される。 一流ホテルのブッフェレストランの料理長として働く平古は、料理人として作りたい料理が作れず、ままならない思いを抱えている。 葛藤する中で思い出すのは、3年前にフランスで尾花の弟子として働いていた時のこと…。 そんな平古の胸中を描いていく。 美優との出会い、萌絵と心を通わせていく様子、そして両極端な性格の二人の女性の間で翻弄されていく平古の姿は見ものだ。 今年5月に公開された映画「パラレルワールド・ラブストーリー」では主演を務めるなど、俳優としても成長著しい玉森の演技に期待してほしい。 まさに放送と配信が二つ合わせて一つのメイン料理になる、 スペシャリテのような新たな試みだ。 コメディの要素をふんだんに盛り込みつつ、人間ドラマとして、思わずあるあると言いたくなるような場面を書き上げている。 今後は、 『グランメゾン東京』のキャストも随時出演していく予定で、誰が、どのようなシチュエーションで、このオリジナルストーリーに絡んでくるのか、その点もぜひ注目してもらいたい。 ぜひお楽しみに! 3年前、フランスの二つ星レストランにいた頃は、カリスマシェフ・尾花夏樹 木村拓哉 の指導に苦しみながらも料理人として充実していたからだ。 万人受けする料理と本当に自分が食べさせたい料理とのギャップに悩む祥平。 婚約者の蛯名美優 朝倉あき は、そんな祥平の思いに気づかない。 一方、祥平の表情に不満を読み取ったブッフェレストランのパティシエ・松井萌絵 古谷彩子 は、祥平に厳しい言葉を投げる。 」と思いました。 僕自身も、「祥平はこの間にこんなことを考えていたのか」と思ったシーンも沢山あります。 しかし、実際に演じるとなると難しいと感じる一面もあります。 この作品にはコメディの要素もありますが、『グランメゾン東京』の平古のキャラクターとかけ離れ過ぎないように、それを意識しながら演技しています。 毎回、監督と相談しながら撮影に臨んでいます。 仕事にも情熱的だからこそ、仕事に打ち込んでいる女性が気になり、恋人との間で心が揺れてしまう。 この配信を見て、さらに本編も見て、色々な想像を膨らませながら、楽しんで頂ければと思います。 ぜひご覧ください! プロデュース・東仲恵吾コメント このたび、 新たなキャスト、そして初回の放送(10月20日)は 25分拡大SPで放送することが決定した。 玉森裕太が演じる平古祥平(ひらこ・しょうへい)がシェフとして働く一流ホテルのコンシェルジュで、彼の婚約者でもある 蛯名美優(えびな・みゆ)役に、 朝倉あきの出演が決定した。 大物都議会議員を父に持つ美優は、祥平と結婚を夢見ている。 NHK朝の連続テレビ小説や大河ドラマ、昨年10月期放送の日曜劇場『下町ロケット』などに出演し、今後の活躍が期待される若手女優の一人である朝倉。 今作ではどのような存在感を見せるのか注目だ。 さらに、平古が働くブッフェレストランの パティシエ・松井萌絵(まつい・もえ)役には 吉谷彩子。 デザート部門を任されている萌絵は、若いながら誰にも負けない絶対的な自信を持っており、自分は世界一センスの良いパティシエだと信じている。 生意気で人を喰ったような言動をするが、実際にその能力は高く、尾花に才能を見出される。 吉谷は2017年10月期の日曜劇場『陸王』で老舗足袋業者「こはぜ屋」の最年少従業員・仲下美咲役で注目を集めた。 再び挑戦する日曜劇場で、個性的な萌絵という役をどのように演じるのか? 新たな魅力に期待したい。 そして、有名フードライターの 久住栞奈(くずみ・かんな)役で、 中村アンの出演が決定した。 中村は、今年4月期の日曜劇場『集団左遷!! 』で大手メガバンクの銀行員役を好演したのも記憶に新しい。 本作では3年前に尾花が起こした事件の真相を探る事情通のフードライターとして、物語にどう絡んでくるのか、そしてどのような演技を見せてくれるのか、非常に楽しみだ。 ほかにも、尾上菊之助演じるシェフ・丹後学(たんご・まなぶ)を擁し、ミシュランの「三つ星」獲得に執念を燃やす フレンチレストラン「gaku」のオーナー・江藤不三男(えとう・ふみお)役で、 手塚とおるの出演も決定。 日曜劇場には2017年4月期放送の『小さな巨人』以来約2年ぶりの出演となる手塚。 個性的な演技でどの作品でも強烈な存在感を放つ彼の存在にも注目である。 魅力的な俳優陣で送る 日曜劇場『グランメゾン東京』。 初回の 10月20日(日)は 25分拡大SPで放送! ぜひご期待ください! 今回演じる江藤の野望は、決して宇宙旅行などではなく「gaku」をミシュランの星付きレストランにする事。 そしてその夢の為には手段は選びません。 そんなとても面白いキャラクターとなっております。 僕自身がTBSの日曜劇場さんに出演させていただくのは、この『グランメゾン東京』で4回目になります。 出演させていただく度に、毎回初心に戻って演じさせていただける、故郷みたいな場所ですが、一方で、毎回緊張感のある現場を用意していただいており、とても大変ですが楽しんでおります。 そして、木村拓哉さん、鈴木京香さんのこのドラマに掛ける情熱は素晴らしく、役に入ったお二人の息の合った台詞の掛け合いは、まるで極上な格闘技を見ている様な、或いはまるで優雅なダンスを見ているのかと錯覚してしまう様な、そんな素晴らしさです。 さらに、飛び切りに美味しい料理達が毎回たくさん「出演」する予定です。 是非、友人知人、ご家族揃って御来店いただけます様に、心よりお待ち申し上げております。 SNS このたび、木村拓哉演じる尾花と鈴木京香演じる倫子が作るフレンチレストラン 「グランメゾン東京」の従業員、芹田公一 せりた・こういち 役で、 寛 一 郎の出演が決定した。 公一は居酒屋で半年間アルバイトとして働いていたが、尾花がネットに掲載した「グランメゾン東京」の従業員募集を見て、直感的に「面白そう」と思い、すぐさま応募。 その フットワークの軽さと、料理に対する 真っすぐでアツい気持ちを見抜いた尾花は、彼を即採用する。 様々な現場で尾花たちの料理にかける情熱を目の当たりにした公一は、やがて料理人として、そして一人の男としても成長していく。 公一を演じる寛 一 郎も、 2017年に俳優デビューしたばかり。 しかしながら映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」で第27回日本映画批評家大賞の新人男優賞を受賞。 その後も様々な賞を受賞し、演技力を認められている若手俳優の一人だ。 俳優として順調に経験を積む中、日曜劇場への出演は初となる。 俳優・佐藤浩市を父に持ち、同じく俳優・三國連太郎を祖父に持つ、現在23歳の寛一郎。 彼のフレッシュな演技に期待したい。 SNS 大好きな山下達郎さんに主題歌を書き下ろしていただくことができて、大変光栄に思っています。 しかも、山下達郎さんと、木村拓哉さんの16年ぶりのタッグがこの『グランメゾン東京』で実現できたことに大変嬉しく思います。 達郎さんとは、数度お食事をさせていただいたことがあるのですが、料理をおいしくいただくだけではなく、楽しく話も弾んで、居心地のいい時間を過ごさせていただきました。 レストランは、そんな素敵な空間を演出してくれる特別な場所なのだと、その時改めて教えてもいただきました。 そんな、素敵なレストランをドラマでも作っていきたいと思ったとき、主題歌を山下達郎さんに是非お願いしたいと、オファーをさせていただきました。 出来上がった曲は、私の想像力を掻き立ててくれて、味覚を刺激してくれながら、温かい気持ちにもなります。 料理の世界を描く本ドラマの世界観に最高にマッチしていて、皆様にも早く聞いていただきたい気持ちでいっぱいです。 キャストの皆さんとスタッフが、1シーン1シーン真摯に撮影に臨んでいるこのドラマに、山下達郎さんの素敵な曲が加わって、さらに多くの方の心に届けられたらと思っております。 ぜひご覧ください! SNS 「ランブロワジー」 にテレビドラマのカメラが入ったのは、なんと 『グランメゾン東京』 が世界初。 日本のドラマ史上初の快挙とも言えるこの撮影は、ミシュランガイドの全面協力により実現した。 そしてもちろん、撮影交渉の際にこのドラマが目指すものについて熱く語ったスタッフの熱意と、それを聞き入れた 「ランブロワジー」 のシェフ、 ベルナール・パコー氏の心意気も大きい。 パコー氏によると、今回の撮影を許可したのは、スタッフの話を直接聞いて 「 彼らは 信頼できるし、料理に対して真っ直ぐだ」 と納得したことが大きかったという。 その言葉からも、本作がどれほど真摯に 「料理」 というものに向き合っているかが伝わるのではないだろうか。 また、木村も 「ランブロワジー」 での撮影が、自身にとっても作品にとっても貴重な体験だったと語る。 中でも、「ランブロワジー」 で副料理長を務める日本人男性・ 吉冨力良氏との出会いは印象深かったという。 弱冠23歳で単身フランスに渡り、現在は世界最高峰の三つ星レストランで腕を磨く吉冨氏の生き様や料理に対する姿勢に感銘を受け、撮影の合間にも進んで厨房に立ち、料理の演技に関して手ほどきを受けるほか、料理に関するあらゆる知識の指導も受けた。 そして 『グランメゾン東京』 の10月20日放送スタートを記念し、 木村拓哉のこれまでの TBS ドラマ主演4作品を動画配信サービス「Paravi」で9月15日 日 より 「四つ星配信」 することが決定した!作品は 『Beautiful Life〜ふたりでいた日々〜』 2000年 、『GOOD LUCK!! 』 2003年 、『MR. BRAIN』 2009年 、『A LIFE〜愛しき人〜』 2017年。 さらに 「TVer」「TBS FREE」「GYAO! 」 でも期間限定で配信される。 なお、『Beautiful Life〜ふたりでいた日々〜』 と 『GOOD LUCK!! 』 が配信されるのは今回が初となる。 『グランメゾン東京』 の放送スタート前に、4つの輝く名作もこの秋ぜひご覧ください! 今回のストーリー上、どうしても必要なシチュエーションということでパリにお邪魔しているのですが、環境に本当に恵まれています。 連続ドラマの1シチュエーションにここまで時間と費用を割いてモノを作るって本当に久しぶりで、『GOOD LUCK!! 』 2003年 以来の感覚だなと思っています。 「ランブロワジー」 という三つ星レストランを貸し切りにしてロケをさせていただいて…。 こんなにいいことばかりクランクインから立て続けに起こると、この先悪いことばかりなんじゃないかと嫌な予感がするんですけど 笑 、本当にいい条件ばかりに恵まれています。 それで監督やスタッフに相談したら 「おもしろいね」 となりました。 たくさんのサポートを受けたうえでの撮影なので、時間を大切にして、その時できる一瞬一瞬を切り取っていけたらなと思います。 パリにいる間、京香さんや沢村さんや監督と、グランメゾンをいかに構築していくかってことを毎晩のように煮詰めることができました。 グランメゾンが出来上がっていくさまをみなさんにお届けしますが、レストランは単純に料理だけあれば良いのではなくて、人と人とが繋がってできるものだと思うんです。 そういった過程を僕自身も楽しみにしています。 絶対、面白いものにします!なので、食べてください!! 鈴木京香さん コメント 食の都であるパリに来て、初日に 「ランブロワジー」 をお借りしてロケができたというのは、夢のようです。 一度来てみたいと思っていたレストラン、その厨房で料理のシーンを撮影させてもらって、とても充実していました。 本当に頼りがいのある方です。 凄いんですよ。 良い画を撮るために工夫をしてくださって、そのバイタリティーとその場を引っ張ってくださる熱さも嬉しいです。 ついていこうと思います!尾花と倫子は仲間として夢に向かって歩き出す二人なのですが、今はまだ出会いの時。 ですが、どこか波長が合うという予感をさせるアイデアをいろいろ出してくださって楽しかったです。 しっかりタッグを組んで、これから進んでいこうと思います。 スタッフ・出演者みんなで言っている話ですが「翌日学校や会社に行ったりするエネルギーの源になるようなものにしたい」です。 真剣にやれば叶うとか、熱を持って取り組む、打ち込む… そういう表現を照れずに演じたいと思います。 楽しいドラマになるし、元気が出るドラマになると思います。 楽しみにしていてください。 沢村一樹さん コメント パリでの撮影初日、一日中フランス語のシーンでした。 2ページ半くらい、僕がずっとフランス語を話しているんですが、その日までずっとフランス語の準備をしていたので、やっと始まってやっと終わったという気持ちです 笑。 いい緊張感のなかで撮影できました。 そして、やっぱりパリは絵になりますよね。 空き時間にちょっと街で時間を過ごしましたが、東京ともヨーロッパのほかの国とも違う。 パリに来て木村くんと京香さんと一緒に食事も行きましたが、楽しいですよね。 それも日常とは違うし、パリという場所もそうだし。 ワクワクした気持ちと、これからここでドラマが始まるんだ、という緊張感も織り交ざって、今までにあまり経験したことのない雰囲気の中で楽しく過ごすことができました。 木村くんはどの引き出しを開けたらシーンが一番成立するのか、アイデアをたくさん持っている方。 見ている方に伝えたいことをしっかり決めていて、やるたびにどんどん明確になっていくので、見やすくなってより強く気持ちが伝わるんじゃないかと思います。 パリにしかないこの雰囲気を、そのまま画面を通して視聴者のみなさんにも届けられたらいいなと思います。 レストランを作る大変さとその中にある情熱を日曜の夜にみなさんに伝えていきたいです。 一生懸命、前向きに演じていきたいと思います。 「ランブロワジー」 ベルナール・パコー シェフ コメント 実は、ドラマではありませんがカメラが入る撮影には一度だけ協力をしたことがあります。 その撮影はあまり良いものではなかったので、それ以来撮影の協力はしていませんでした。 しかし今回は、作品を手がけるスタッフの皆さんと打合せをしているうちに、非常に信頼できるスタッフだと感じ、協力させていただきました。 実際に撮影を見て 音を立ててはいけないので遠くから見ていましたが、素晴らしい撮影だと思いました。 料理人にとって星は聖杯のようなものです。 私が初めて星を獲得したのは、店をオープンして8カ月の時だったのですが、当時若かった私にとって、すごく感動的な出来事でした。 ミシュランの星を獲得するという背景には、日々努力する中にストレスや緊張があります。 そしてなにより、毎日全員で良いものを提供し続けなければ成し遂げられない。 それを30年続けるのは本当に大変なことで、毎年全力をかけて臨んでいます。 しかしその先にある、店に足を運んでいただいた方に喜んでいただくこと、一緒に仕事に関わっている人たちと喜びを分かち合うことは、料理人にとって活力です。 さらに私はそのうえで、次の料理人の世界を担っていく若い世代にそれらを伝えていくことも使命でもあると感じています。 この作品を見る方々に 「料理人たちの努力」 と 「その中で得られる喜び」 の双方が伝わり、少しでも多くの若い世代の方々に、料理人の世界の門を叩いていただけたら幸いです。 プロデュース・伊與田英徳 コメント パリという最高のロケーションで、しかも本場パリの三つ星フレンチ・レストラン 「ランブロワジー」 でクランクインを迎えることができ、大変うれしく思います。 ご協力いただいた皆様に心から感謝しております。 パリならではの景色の素晴らしさと、格式高い雰囲気の中での撮影は、このドラマに奥行きの深さとリアリティーを加えることができたのではないかと思っております。 特に 「ランブロワジー」 のお店に入った時、パリの中でもさらに特別な空間に誘われた独特な雰囲気にぞくぞくしたのを昨日のことのように覚えています。 木村さんをはじめとしたキャストの皆さんやスタッフの皆さんが、現地でいろいろなコミュニケーションをとりながら、1シーン1シーン真摯に撮影に臨んでいる様子を見て、本当にワクワクしました。 その熱量が画面を通して伝わる映像を撮ることができたと確信しています。 これから日本での撮影も始まりますが、皆さんのご期待にお応えできるよう頑張って撮影していきたいと思っております。 ぜひご覧ください! SNS 木村拓哉が主演を務める、2019年10月期の TBS 日曜劇場 毎週日曜よる9時放送 のタイトルが 『グランメゾン東京』 に決定した。 木村が令和最初に出演するドラマで挑戦するのは、型破りなフランス料理のシェフ・ 尾花夏樹 おばな・なつき。 料理に人生をかけ、その天賦の才能でパリに自分の店を持ち、二つ星を獲得する。 しかし、己の慢心から招いた重大事件によってその座を追われ、店も仲間もすべて失ってしまった男だ。 どん底まで転落した尾花が 鈴木京香演じる女性シェフ・ 早見倫子 はやみ・りんこ と出会い、もう一度シェフとして生き直し、周囲と衝突しながらも世界最高の三つ星レストラン 「グランメゾン東京」 を作り上げようと奮闘する姿が描かれていく。 このたび、尾花と倫子を取り巻く重要なキャラクターたちに、 玉森裕太 Kis-My-Ft2 、 尾上菊之助、 及川光博、 沢村一樹ら豪華俳優陣が決定した。 玉森裕太 Kis-My-Ft2 が演じるのは、フランスで尾花の弟子として働いていた 平古祥平 ひらこ・しょうへい。 尾花に憧れてフランスに渡り、料理の腕は確かだがスタッフを蔑ろにする尾花の人間性に耐えながら修業していた。 現在は、日本で一流ホテルのブッフェレストランのシェフを最年少で務めている一方で、同じ料理を作る日々に物足りなさも感じている。 玉森は事務所の先輩でもある木村とは今作がドラマ初共演となる。 また、本作が木村と初共演となる 尾上菊之助が演じるのは、尾花の宿敵となるシェフ・ 丹後学 たんご・まなぶ。 東京で三つ星獲得が確実と目される、一つ星高級フレンチレストラン 「gaku」 のシェフだ。 修業時代、尾花と同期だった丹後は先に自分の店を持つが、後に出店した尾花が先にミシュランの星を獲得するという屈辱を味わう。 尾花に対して長年コンプレックスを抱えている反面、尾花の才能を良く知る人物でもある。 ことあるごとに尾花の前に立ちはだかる因縁のライバル・丹後は、「グランメゾン東京」 が三つ星を目指していくうえで、ストーリーの大きな鍵を握る存在となる。 菊之助は、名家に生まれた歌舞伎界のスターであり、新作歌舞伎にも積極的に挑戦する一方で、テレビや映画にも活躍の場を広げている。 最近では 『下町ロケット』 2018年10月期・TBS でのベンチャー企業の若手社長役の好演も記憶に新しい。 食へのこだわりが強いという菊之助が、どんな演技で尾花のライバルシェフ・丹後を演じるのか注目だ。 及川光博が演じるのは、平古と同じくパリ時代に尾花と共に働いていた 相沢瓶人 あいざわ・かめひと。 コミュニケーション能力が高く、誰とでも気軽に仲良くなれる男で、性格に難ありの尾花とウマが合い、尾花も相沢の料理人としての発想力と創造力には一目置いていた。 尾花の理解者であり腐れ縁である一方で、彼に対して少しの引っ掛かりを感じている。 現在は、レシピサイトに動画を投稿するなど、フリーの料理人として人気を博し幅広く活躍。 その傍らで、フランス人の妻との間にもうけた一人娘・アメリーをシングルファザーとして育てている。 歌に演技にマルチに活動しそのキャラクター性が愛される及川が、人気料理人でありながら尾花に屈託を抱く相沢をどう演じるのか期待が高まる。 そして、尾花と二人三脚でパリの店を二つ星レストランにした支配人・ 京野陸太郎 きょうの・りくたろう を 沢村一樹が演じる。 パリでの修業時代、尾花や丹後の兄弟子であった京野だったが、自身の才能の限界に気づき料理人を諦め、尾花がパリで店を立ち上げる際の共同経営者となる。 しかし尾花の失脚と閉店に伴い、店の借金を背負って帰国。 今では尾花のライバルである丹後がシェフを務める高級フレンチレストラン 「gaku」 でギャルソンとして働いている。 新しい店には京野の力が不可欠、と誘う尾花に対し割り切れない思いを抱えたままの京野は…。 沢村と木村はかつてスペシャルドラマ 『宮本武蔵』 2014年・EX で宮本武蔵 木村 と佐々木小次郎 沢村 として対決。 共演は 『アイムホーム』 2015年・EX 以来4年ぶりとなる。 尾花の才能を誰よりも理解し、かつて最高のパートナーだった京野が、どのように尾花の再生ストーリーに絡んでくるのか?二人の関係性にも惹きつけられるはずだ。 料理人役は一度やったことがありますが、ここまでしっかり料理を見せる役をやることがなかったので、今、料理の勉強や練習を必死に頑張っているところです。 今回出演させていただくにあたって、大先輩である木村さんとの初共演は、緊張と期待と素直にうれしいという気持ちです。 でも、楽しみな気持ちが一番大きいです。 木村さんとは現場に入ってからたくさんお話する機会があると思うので、いろいろとアドバイスをいただきたいと思います。 役柄としては、最初は木村さん演じる尾花に冷たく対応するので、その演技は緊張します 笑。 ですが、しっかりと演じきりたいと思います。 ドラマを撮っている最中には一流のシェフになっている予定なので、是非楽しんでいただけたらと思います。 尾上菊之助さん コメント 丹後は、木村さん演じる感覚的で才能あるシェフの尾花に対し、努力家です。 一流シェフというのは、人格的にも慕われている方が多いと伺いました。 尾花をライバル視はするものの、人間的には非常に豊かで、人の気持ちがわかり、シェフの規範とされる人物だと思っています。 表現方法は違えど料理人と役者は通ずるものがあると思っていますので、歌舞伎の舞台に向かうのと変わらない気持ちで、丹後学という役に向きあいたいと思います。 木村さんをはじめ素晴らしい方々と共演させていただけるので、撮影に入る日を心待ちにしています。 そして、今は食べることが専門ですが 笑 、以前は料理に凝って自分でもよく作っていました。 ドラマでどんな料理が出てくるのか、そちらもとても楽しみです。 昨年の 「下町ロケット」 から一年後にまたこの日曜劇場に帰ってくることが出来て嬉しく思います。 今回も、この作品をたくさんの視聴者の方々に楽しんでいただけたら幸いです。 及川光博さん コメント 私が演じる京野は努力家で、シェフという夢に真っすぐ歩んできた人物です。 ただ、そこで尾花という才能あるシェフを目の当たりにして、夢を諦め尾花のビジネスパートナーとして彼を支えるようになります。 きっとそれは 「才能に対する憧れ」 だと思います。 シェフ尾花と尾花の才能に恋している京野、その関係性も作品の見どころだと思っています。 木村さんは、どの引き出しを開けたらシーンが一番成立するのか、アイデアをたくさん持っている方。 今回の共演も非常に楽しみにしています。 星を狙うレストランの舞台裏というのは、皆さんが今まで感じたことのない視点なのではないかと思います。 レストランを作る大変さとその中にある情熱を、日曜の夜に皆さんに伝えられるよう、スタッフ・出演者一同、力を合わせて思い出に残るような作品にしたいです。 プロデュース・伊與田英徳 コメント 10月にスタートする日曜劇場『グランメゾン東京』に主演の木村拓哉さん、共演の鈴木京香さんに続き、また、豪華な出演者の方に出演していただくことが決まり大変うれしく思います。 今回、ニヒルな料理人を演じていただく玉森裕太さん。 いつもやさしさの中に芯の強さを感じる玉森さんがどんな演技をするのか楽しみです。 実は、食に対して造詣が深いことを存じ上げているのですが、そんな菊之助さんのシェフのお芝居が今から大変楽しみで仕方あり ません。 娘を男手ひとつで育てている料理人を演じていただく及川光博さん。 パリ時代の尾花の同僚でもあり、酸いも甘いも知り尽くした大人の料理人姿も楽しみです。 そして、今回のレストランの要の存在となる役どころを演じていただくのが、沢村一樹さん。 私は初めてお仕事させていただくのですが、役に向き合う真摯な姿勢に頭が下がる思いでいっぱいで、木村さん演じる尾花とどう絡んでいくのか大変楽しみです。 木 村さんを中心に、この素晴らしいキャストの皆さんと、三つ星を目指すレストランのドラマに全力で挑んでいきますので、是非楽しみにしていただければと思います。 SNS.

次の

お知らせ|TBSテレビ:日曜劇場『グランメゾン東京』

グラメ シュラン クイズ

の分析によると、 死んだあとどうなるか誰にもわからない。 わからないから怖い。 わからないから避けたい。 自分がそんな目に遭うのは不安だし、大事な誰かがいなくなってしまうのも嫌だ。 消えてなくなってしまうかもしれないし、大事な人と引き離されたまま二度と逢えなくなってしまったらどうしよう。 人々はそのように死を想い、死を恐れ、故に死後というものが有ってほしいと願う。 その疑問と恐怖と願いに対して、「答えをあげる。 心配要らない。 誰も離れ離れになんかさせない。 私は総てを愛している」という思考から、断崖の果て、死後を創造したものこそがこの世界に他ならない。 ひどく歪んではいるが、ラインハルトなりの愛と救済を形にしたものと言える。 つまり戦闘という観点において数百万の総和、地上に並ぶ者なき最高峰の経験値を有していることになる。 そのため、未来予知としか言えないレベルの予測を可能とする。 更に、単騎で自身の総軍を凌駕する王でもある。 指揮官でありながら、万分の一秒以下で五十を超える斬撃を繰り出す序曲時のとの白兵戦を互角以上に渡り合い、圧倒できたのはそうした理由も一部にある。 また、聖痕を刻んだ騎士団員達の能力を使用することもできるようになる。 前述した魂の共有化によって、彼は単一にして軍勢を有しているのと同義であり、すなわちラインハルトとはという総体に他ならない。 それゆえに団員のを使い分けることを可能としている。 魂を取り込めば取り込むほど強くなる覇道の性質を極限まで突き詰めたような能力といえる。 ラインハルトは魔的とすら言える指揮官の才能を持っているため二つのことが出来る。 総軍に陣形を組ませて負担を分散させることで、魂一つあたりの消費の削減。 総軍の戦意を昂揚させ、鼓舞し、導くことで、総ての雑兵を勇者に格上げして魂の質を向上。 これにより二ヶ月にわたって創造を維持し続け、かつ魂を一つも消費していない。 しかもの力でどんどん総軍が増えていっている状態にある。 というか作中ずっと創造しっぱなしで三ヶ月近く維持している。 戦場の死者が集まるため城は今も巨大になっていく。 もはやどれだけの数なのかも見当が付かない。 普通は、外への干渉規模が少ない求道型でも、せいぜい数時間が限界。 覇道型に至っては、数分から数十分。 力を吸収できるにしたところで、この枠から大きく外れているわけではない。 だというのに一向に薄れる兆候が見えやしない。 戦闘時にはが膨れ上がり、山をも超える巨大黄金骸骨に変形。 こちらが真の姿。 これ自体が一つの奈落、グラズヘイムと呼ばれる地獄の形態。 移動は二足歩行ではなく這うように移動する。 移動速度は速く、当時の如何なる手段も凌駕する高速の移動で、その巨体が移動し続けたことで生じたエネルギーの総量は歴史的な大地震にも匹敵する。 度外れた威容は無論数多の者に見られ大混乱どころではない騒ぎとなったが、ラインハルトは一切頓着しない。 口からはを吐き出す。 これは核を凌駕する超絶の熱量で、国を一つ灰燼と化すに足るものである。 ただしラインハルトにとっては小手調べ以下であり、総体は微塵も減じたりはしない、例えそれが跳ね返されて直撃しようとも。 ラインハルト本人がから放てば 地球の闇という概念が擬人化した存在 さえ吹き飛ばす。 我は終焉を望む者。 いくら固定化しているとは言え、創造では現神の流出に食い潰されると思うのだが、やっぱメルクリウスがその存在を認めているからこその永久展開なのかね? -- 名無しさん 2012-02-08 09:43:32• 俺も異界欲しい」 -- 名無しさん 2012-02-08 12:04:34• ホント何処でも湧くな波旬www -- 名無しさん 2012-02-08 12:48:54• どういう能力か理解するのは割と簡単なんだけど、言葉で表現するのは案外難しい…。 -- 名無しさん 2012-02-09 00:19:22• この神をも畏れぬ不遜さ溢れる詠唱が獣殿に一番あってる気がするわ。 もし波旬がやってたらキレてますた。 ま、それはそれでどんなふうに発動するのか見たい気もするけどねん -- 名無しさん 2012-02-10 23:20:51• 波旬が使ったら死後に蘇っても総軍みたいにならずみんな独立したボッチになりそうだが -- 名無しさん 2012-03-23 23:03:03• KKKやらないとなぜ第五宇宙なのか不明という。 第四天(既知感)の次に来る理だという自負なわけなんでしょう。 -- 名無しさん 2012-03-23 23:06:49• 追記、本文上で言ってる神話と絡めてって意味です。 -- 名無しさん 2012-03-23 23:07:36• 流出詠唱よりこっちの詠唱のほうが個人的には好き -- 名無しさん 2012-03-28 08:47:44• 何気に獣殿単体詠唱、イザーク単体詠唱、獣殿&三騎士による合同詠唱とパターンが多いよな。 -- 名無しさん 2012-03-28 10:06:30• 求道の内面世界とよく似ていると思うけどヴェヴェルクス城は特異点じゃないんだよな -- 名無しさん 2012-04-14 16:15:15• 総軍をひとつの獣と見れば特異点と言えなくもないけど、性質的には全てを覆う覇道の極地だからな -- 名無しさん 2012-04-14 17:47:29• 本編時点の魔城は永久展開させてるから特異点と言ってもまあ間違いではない -- 名無しさん 2012-04-14 17:51:40• 「我は御身の胸で焼かれたい」 ラブレター音読された赤騎士ェ… -- 名無しさん 2012-06-06 09:49:20• それを全世界へと流れ出させるのがテレジア先輩なんだろうと思う。 そう考えるとやってることはマリィの覇道神化と大差ないな。 立案者が同じ変質者なだけある -- 名無しさん 2012-06-06 15:14:18• ゾーネンキント二人の命掛けてやったことを、獣殿槍でちょっと刺した? だけでイケるんだ。 パネェ、マジパネェっす。 -- 名無しさん 2012-06-06 17:14:57• 練炭の創造が停滞に留まってるのに対してこれは創造の段階で世界として既に完成されてるんだよな -- 名無しさん 2012-06-14 00:21:54• 覇道の創造は獣殿やザミエルみたいに完全に別世界を作るタイプと練炭やヴィルヘルムみたいに他世界を侵食するタイプの2つあるっぽいな -- 名無しさん 2012-07-01 03:16:19• こうであるハズという現実からの乖離具合が大きいか小さいかの差だろう -- 名無しさん 2012-07-03 10:21:44• 第五宇宙ってのは、単純に第四天の次の宇宙(の候補)って意味でいいの? -- 名無しさん 2012-12-15 15:03:09• グランカムビはそこに住まう黄金の神鳥。 この神域を指して第五宇宙と言うってちゃんと説明されてるだろうが -- 名無しさん 2012-12-15 15:27:38• 三騎士は戦神館勢の中ぐらい。 正田作品の中では実はあんま大した事ない -- 名無しさん 2017-08-16 21:24:24• それはエインフィリア抜きでってことだよね?流石に -- 名無しさん 2017-08-16 22:18:01• 三騎士の攻撃が核爆発級だから核で殺せないキャラは三騎士と伍すると考えてくださいって正田が言ってる、三騎士は戦神館の終段の神抜きの盧生より強いから戦神館の殆どのキャラより強いよ。 -- 名無しさん 2017-08-16 22:26:56• 正田のニコ生での発言については正田に質問した人の話が2chの 神座万象シリーズ総合スレ 第29天の249~250に書いてあるよ -- 名無しさん 2017-08-16 22:30:07• あと区別ついてなさそうだから一応言っておくが、エインフェリア 不死になって獣殿の総軍の一部を貰える と軍勢変生 偽神化、つまり天魔達みたいに太極域に引き上げられる は別のものだからね。 エインフェリア化なら三騎士は本編開始時点で既になってるしなってるからこそ平団員との差が凄く大きくなってる。 -- 名無しさん 2017-08-16 22:49:24• とりあえずアヘンでも吸え -- 名無しさん 2017-08-17 02:55:38• 何の茶番だこれは」 -- 名無しさん 2017-08-25 01:21:05• なぜ神咒神威神楽はこの創造を超えずに流出 =太極 を名乗るのか -- 名無しさん 2017-09-01 18:41:34• 最終的に太極に至った時には超えられてるんだから良いだろ! -- 名無しさん 2017-09-01 22:26:05• 久しぶりに螢ルートのベアトリスの戦闘読んでみたが、ベアは自分以外の魂を全部失ってる。 半ばエインフェリア化してる。 イカベイと違い補給なし。 自分の魂を使っても摩耗してる気配なし。 【生前より強いって書いてある】……ハイドリヒ卿のチートバックアップ能力。 チートすぎるのでは? -- 名無しさん 2017-09-16 20:38:46• アニメで出てきたわけだが原作から思っていたがやっぱりぶっ飛んだデザインしてらっしゃるな獣殿お手製ヴェヴェルスブルグ城…w -- 名無しさん 2017-10-07 15:33:27• アニメより原作のほうが良いと思った。 別にアニメのグラズヘイムも凄いと思うが何か違う -- 名無しさん 2017-10-07 16:58:46• メルクリウスって稀にオーディンと同一視されることもあるらしいね 自滅因子たる獣殿の能力が北欧神話のモチーフなのもそのためか -- 名無しさん 2017-10-10 07:59:37• 四足歩行から二足歩行に進化したハイドリヒの動く城 -- 名無しさん 2017-11-18 02:01:31• 手も6つに増えてそこからもビームも出せるし、デザインもよりファンタジーになった骸骨ロボ(登場即敗北) -- 名無しさん 2017-11-18 02:08:16• 高速移動したわけじゃないから(震え声) -- 名無しさん 2017-11-18 02:08:55• なんかこのwikiのアニメ関係のページがグラズヘイムと化しとるなあ。 これもある種の爪牙の選別ってことかね? -- 名無しさん 2017-11-18 02:14:56• 爪牙は大抵アニオタであるゆえに、理想がovaやシーズン1・2を争う良作レベルと極端に高いのと、アニメ見続けてるからこそこれでも十分と思える人がいるから -- 名無しさん 2017-11-18 02:20:19• 城ってなんだっけ…… -- 名無しさん 2017-11-24 23:02:43• ユニバーサルにラインハルト城できたら嬉しいね。 -- 名無しさん 2017-11-24 23:44:49• シュピーネが死んだ! -- 名無しさん 2017-11-25 10:36:37• この創造、60年ちょっとの間展開しっぱなしだったけど、その間を維持するための燃料はイザークが賄っていたんだろうか? -- 名無しさん 2017-11-25 13:26:18• イカベイで城の兵士達は皆獣殿の卓越した指揮のおかげで60年間魂の消費が一切ないとか言われてた -- 名無しさん 2017-11-25 13:34:25• でも実際のとこ一般の犠牲者たちもエインフェリア化されて超強化されてるし、無損耗で六十年耐えきった可能性も普通にありげ -- 名無しさん 2017-11-25 17:46:49• 溢れないだけでベルリンスワスチカで消費の無い永久展開は完成してるから丁度流出と創造の中間点くらい -- 名無しさん 2017-11-25 17:54:32• ツイッターで公開されてた話によると6話の獣殿の黄金骸骨の溜めビームは「射線上にある太陽系外の星が全部消し飛んでる感じの威力」って設定らしい。 流出する前からこの強さとか本当獣殿は別格だな -- 名無しさん 2017-11-25 18:05:49• 作り手側が星消滅レベルって具体的な強さ設定を言ってるんだから音としてのイメージだからとか無理矢理否定するのはどうかと思うぞ。 獣殿は流出しなくてもメトシェラよりずっと強いんだから星消滅出来てもおかしくないし -- 名無しさん 2017-11-29 17:13:48• 獣殿が明確に惑星破壊級に至ったのは流出以降。 しかもそうした描写があるのはメルクリウスとの戦いと三つ巴のみ。 流出一歩手前とはいえ創造と流出には大きな差があり、どれだけ強くとも未だ創造の黄金では惑星破壊級の力はないと考える方が自然だ。 -- 名無しさん 2017-12-01 02:45:02• 創造獣殿はそのルートヴィヒの総体を一撃で消滅させる力があるから星消滅くらい楽勝だぞ。 何より作り手が星消滅くらいのイメージで作ってんだから星消滅レベルだよ -- 名無しさん 2017-12-01 10:29:20• 流出獣殿は星消滅どころか宇宙消滅レベル 神咒の波旬戦で明言されてる。 求道神でも宇宙破壊できるから流出獣殿なら出来て当然だが だから星消滅レベルの創造獣殿とはちゃんと凄い差があるし -- 名無しさん 2017-12-01 10:37:45• 座の水銀や流出獣殿 自滅因子 が多元宇宙破壊。 流出獣殿が宇宙破壊。 ルートヴィヒや反天使や創造獣殿 ATK7 が大陸破壊~星破壊。 形成獣殿 ATK6。 創造ザミエルと同じ が核兵器・都市破壊。 こんな感じ -- 名無しさん 2017-12-01 10:59:44• 宇宙破壊(ATK9)。 恒星〜銀河破壊(ATK8)みたいな感じかな。 あくまで妄想だけど -- 名無しさん 2017-12-01 13:35:26• メトシェラより強いことが=星を破壊できることの根拠にはならない メトシェラは世界を滅ぼす事が出来るとされているがそれは彼の特性上可能なことで彼自身が星を砕くような破壊力を持つとは言われていない かつ求道でもない覇道の術者が太陽系の以外の星を云々できる熱線を地球上で放ったらその時点で地球終わるw -- 名無しさん 2017-12-01 16:39:03• 」であり、その流れで「例えば~の威力で」といってるので文脈的に「そういうイメージで」というのが素直な解釈だ このツイートだけでは確かにわかり辛けど既存の設定を鑑みればわかると思うんだが -- 名無しさん 2017-12-01 16:54:43• 不完全な練炭に黄金骸骨の腕ぶった切られてるのに、そんな強いわけないわなぁ -- 名無しさん 2017-12-01 18:49:03• 覇道の術者が使ったら地球終わるからあり得ない?そんなもん規模絞ってるからで説明がつく、宇宙破壊できる流出獣殿vs流出蓮や夜刀vs覇吐でも地球無事だが、それは手を抜いてるんじゃなくて宇宙破壊できるけど規模絞ってるから被害が小さめって正田が神咒のVFBで説明してるし正田作品ではこんなのよくあることだよ -- 名無しさん 2017-12-01 18:58:56• 比喩で言ってるのとはわけが違う。 大陸~地球規模の力と総体持ってるメトシェラより強い創造獣殿が星破壊出来て何がおかしいんだよ、お前のやってることは公式設定にイチャモンつけてるレベルだぞ -- 名無しさん 2017-12-01 19:05:17• そういえばメトシェラを吹っ飛ばした黄金はかいこうせんって特に本気でもない一撃なんだよな… -- 名無しさん 2017-12-01 19:13:24• 創造獣殿は数万の夜を一撃で消滅させたんだから、100分の1以下の影でも星ぐらい消せるだろ -- 名無しさん 2017-12-01 19:16:08• ニコ生で正田は本物の神格を除いてぶっちぎり最強は天魔達偽神で、次点で反天使と戦神館の召喚神 空亡、マハラカーラ等 でこいつらが惑星破壊級、創造獣殿もそれと同じくらいって言ってたような -- 名無しさん 2017-12-01 19:16:46• まあ、星を消せるような攻撃を地球上で撃ったら、まず地球が消えるはずだというのは道理だよね。 -- 名無しさん 2017-12-01 19:46:53• フィクションに現実的な突っ込みいれても意味がない。 流出獣殿や夜刀が戦っても地球が無事だがだからといって彼らの力が地球破壊以下ということにはならない。 創造獣殿も同じ。 同じ覇道型のザミエルも戦略兵器級の火力で都市規模の破壊 ザミエルvsベアトリスで言及されてる をやるのも、任意の一点に凝縮させるのも プロローグで描写 自在にできるしね -- 名無しさん 2017-12-01 20:05:16• この任意の一点に凝縮させるのも現実的にはあり得ないことだと描写されてる。 エイヴィヒカイトは超常の力故に現実的にはあり得ないことでも可能にできるんだよ -- 名無しさん 2017-12-01 20:12:52• どっちにしろ正田が名言していない以上~かもしれない~でもおかしくない、と予想や推測或いは妄想の域を出ないな。 アニメ終了後、もしTwitterで質問コーナーしてくれたら実際のところどこまで出来るのか聞いてみるのもいいかもね。 -- 名無しさん 2017-12-01 20:55:56• アニメの黄金骸骨は創造ですらないじゃねーか -- 名無しさん 2017-12-15 23:04:20• 獣殿「今のはメラゾーマではない、メラとメラミの間くらいだ」 -- 名無しさん 2017-12-16 09:20:04• 獣殿の活動ってどんな能力何だろうな、下手したら活動で三騎士倒しそうだけど -- 名無しさん 2017-12-16 10:26:51• ヘリオスなら因果破壊とまだだ!で突破できるな -- 名無しさん 2017-12-16 18:08:49• 巨神兵ダサスギィ! -- 名無しさん 2017-12-16 18:31:31• 真面目な話、ヘリオスの因果破壊って光速突破による物理法則崩壊なわけだが、物理法則そのものを塗りつぶす神格に通用すんのかね? 神格はそれ自体が一つの世界みたいな扱いだから対世界に特化したヘリオスの特攻入りそうではあるが。 -- 名無しさん 2017-12-16 19:13:14• アニメの黄金ロボは活動と形成の中間だと判明したから惑星破壊クラスの威力は無いってことでいいのかな -- 名無しさん 2017-12-21 22:56:04• 個人的には、描写から考えるにイカベイでの小手調べビームくらいの戦闘力と見てる。 まあそれでも一発で国が消滅するけど -- 名無しさん 2017-12-22 01:10:11• そもそも創造ラインハルトが惑星破壊クラスってニコニコのどこソース?それって今でも見ることができるの? -- 名無しさん 2018-01-23 20:41:23• Happy light Cafe第3回の有料 324円 部分 -- 名無しさん 2018-01-23 21:15:05• サンクス! -- 名無しさん 2018-01-23 21:31:55• この世のありとあらゆる育毛剤全て 髪を抑える力を持たない ゆえ、神は問われた あきらめたら? -- 名無しさん 2019-06-23 22:08:42• 愚問なり 無駄毛根 生えぬならば堪えよう -- 名無しさん 2019-09-17 15:55:39• 世界中のエースとか士気の高い軍隊もスカウト 戦死 させれば…って想像したことあったけど、1. 聖痕を刻まなければならない 2. 城内で殺さなければならない、のどちらかの制約をクリアしなきゃいけないんだよな。 某漫画の盗賊を思い出しました。 -- 名無しさん 2019-10-09 00:41:50• 聖痕を刻まれた者に殺される。 が抜けてる -- 名無しさん 2019-10-09 00:48:21• イカベイで世界中の戦死者の魂が城に集まってくると描かれている -- 名無しさん 2019-10-09 01:01:42• 武装親衛隊の血液型の刺青が簡易聖痕として機能する下りって聖痕のページにしか記述ないのね -- 名無しさん 2019-10-09 01:21:27• 嘘情報? -- 名無しさん 2019-10-09 12:23:14• いんや単なるページごとの情報量の差、聖痕で総軍が広がってるのはイカベイとかでも触れられてるけど、綾瀬教授の話みたく旧版でしか出ない記述とかあるからとっちらかってるのよ -- 名無しさん 2019-10-09 12:37:07• 取り込んだ兵器の質は関係ないの?第二次大戦時には戦闘機あるけど、突撃槍で争ってた時代もあるし。 -- 名無しさん 2019-10-09 23:13:57• 髑髏の軍勢は獣殿の身体だから強いなので、極論本人が槍ブンブンした方が高火力で元の兵器的なスペックより同年代独逸人同士の同調率のが大事 -- 名無しさん 2019-10-10 21:41:41• レギオンの強弱は生じない、か。 けど総てを平等に愛するハイドリヒ卿自身に、同調率ってあるの?味覚音痴のシュライバーを除けば確かに他団員はありそうだけど。 -- 名無しさん 2019-10-11 02:10:30.

次の

【100均ずぼらシュラン】ダイソー「旅行に使える! 3WAYメッシュバッグ」そのまま洗濯できてズボラ女子に優しすぎる……(2020/04/08 13:00)|サイゾーウーマン

グラメ シュラン クイズ

『 VivaVivaV6』(ビバ ビバ ブイロク、通称・ VVV6) は、でからまで放送されていたが司会を務める・である。 また、V6のである。 新聞発表上は『 VVV6』、ナレーションでは『 ブイブイブイロク』、番組内容では「 東京Vシュラン2」として放送し、 VivaVivaV6と番組内で案内されることはない。 またフジテレビの公式では、『 VivaVivaV6』 という表記と『 VVV6』 、『 VERSUS VERSUS V6』 という表記が併存している。 からはとなる。 来歴 [ ] 初期 [ ] 4月 - 9月。 「ザ・マグロショー」「初めての生V6」「長野の五輪」「号泣歌謡ショー」「目分量アワー」「マギスキーのマジック」などのコーナーがあった。 第2期 [ ] 『』10月 - 9月。 V6のメンバーが毎回2対2でコンビを組み、毎回テーマに沿った料理を作り一般の人に販売しどちらが勝つか競う戦いだった。 2対2で競うため、毎回戦わない2人の出演はなかった。 この1年間で、2度チームの編成が行われた。 また現在のナレーターのはジャンクバトルから番組を担当している。 第3期 [ ] 『V6事業部』10月 -。 を事業部長に置き、第1弾はサーカスをテストで落ちたを除く全メンバーで行った。 第2弾はそのサーカスのテストに落ちた井ノ原がとともに2人3脚マラソンで、村の代表選手4名と元マラソン選手1名の計5名ずつ、井ノ原と森田の2人がそれぞれチームを作り競った。 第4期 [ ] 『東京Vシュラン計画』 -。 そして第4期が番組終了まで放送された企画、『東京Vシュラン計画』である、実はこの企画は第3期の『V6事業部』の第3弾として立ち上げたものである。 この企画から現在のグルメ番組に方向転換した。 毎回1人(もしくは1組)のゲストを招いて、リーダーであるを除く全メンバーがテーマに沿った料理の店を事前に聞いたアンケートのベスト3〜5の全ての店へ行って最終的に1番美味しかった店の主人へ電話し報告するという企画である(もともと坂本は試食を許されていなかったが、後にスプーンを使って1杯だけ食べることを許された)。 しかし『オムライス頂上決戦』でゲストにが来た時の1度だけ「理想と違う」という理由で選定しなかった。 第5期 [ ] 『東京Vシュラン2 ランキング予想バトル』 - 最終回。 が総合司会となりゲスト2組にそれぞれV6メンバー1人がつく。 事前に特定の人(OL、など)へある料理・地域のおいしい店をリサーチしランキングを作成。 そのベスト3の店に行き、実際に食べてランキングを予想する。 (4位、5位は移動中のVTRで紹介。 )各チームランキング予想を発表し、的中数の多いチームの勝利。 (同点の場合は上位を当てたチームの勝利。 両チームとも全て外せば両者罰ゲーム。 )また、両チーム同じ予想の場合は総合司会の井ノ原との対決となり、全的中なら井ノ原が、1軒でも外せば両チーム罰ゲームを受ける。 負けたチームには地獄の罰ゲーム(と言っても大抵は店の中の掃除と食器洗いなどが殆ど)が執行される。 このコーナーが始まってからは2度しか勝っていないこと(初対決から 15連敗、さらにその後 22連敗)から 「死神岡田」の異名を取ることとなる。 また、と(両者とも出演時はとにたとえられる。 )が出演する肉特集の時によく呼ばれ、2人の食べるペースについていけずボロボロになることが多い。 やらせ報道について [ ] 付のは、VivaVivaV6でが行われたと1面で報じた。 その内容は、前述の罰ゲームで腰越海岸のゴミの清掃を行うことが決定したが、ボランティアが既に清掃を終えていてゴミがなかったため、番組スタッフがゴミをばらまいた、というものであった。 そしてフジテレビはこの事実を認め、このシーンの放送自粛を決定した。 その後、他のマスコミ各社もこの問題について報道した。 それらによると、フジテレビは謝罪をした上で「いったん拾ったゴミを収録ポイントに置き直した」、「やらせではなく演出が過剰になったということです」と主張している。 金曜日に移動 [ ] 前身番組の『』『』『』から長らく木曜日に放送されていたが、の番組改編で、放送曜日が同年から『』や『』などを放送していた枠のの23:00 - 23:30(JST)に移動された。 空いた木曜23時枠には同年からV6の先輩グループ・が出演する『』が開始された。 移行してからは 番組が木曜夜11時での時代とこ2008年9月までの金曜夜11時の番組での形態と異なる の形態も変わり、前クレでは右下表示、後クレは全面表示となっている。 放送枠移転のため、金曜日にTBS系で10月からスタートした新番組『』により、V6の番組が2度放送されることになった。 番組開始から9年、前身番組の『V6の素』を含め10年半の歴史に幕を下ろした。 また、V6のフジテレビのレギュラー番組も同時に廃止となる。 後番組の『』には、のみが続投し、お笑いコンビのと共に司会を務めた。 放送リスト [ ] 第1期 [ ] この節のが望まれています。 回数 放送日 コーナー 第1回 2001年04月12日 ザ・マグロショー はじめての生V6 長野の五輪 号泣歌謡ショー 第2回 2001年04月19日 ザ・マグロショー はじめての生V6 長野の五輪 号泣歌謡ショー 第3回 2001年04月26日 ザ・マグロショー 弱そうなブラザーコンテスト はじめての生V6 号泣歌謡ショー 第4回 2001年05月03日 ザ・マグロショー 長野の五輪 はじめての生V6 第5回 2001年05月10日 ザ・マグロショー はじめての生V6 号泣歌謡ショー 第6回 2001年05月17日 ザ・マグロショー はじめての生V6 シブい素人芸コンテスト 第7回 2001年05月24日 長野の五輪 ザ・マグロショー 第8回 2001年05月31日 ザ・マグロショー はじめての生V6 号泣歌謡ショー 第9回 2001年06月07日 ザ・マグロショー 長野の五輪 第10回 2001年06月14日 ザ・マグロショー 長野の五輪 第11回 2001年06月21日 ザ・マグロショー はじめての生V6 第12回 2001年06月28日 ザ・マグロショー 長野の五輪 第13回 2001年07月05日 ザ・マグロショー 第14回 2001年07月12日 ザ・マグロショー 第15回 2001年07月19日 ザ・マグロショー 第16回 2001年07月26日 ザ・マグロショー 長野の五輪 第17回 2001年08月02日 ザ・マグロショー 長野の五輪 第18回 2001年08月09日 ザ・マグロショー ビバビバマジック 第19回 2001年08月16日 ザ・マグロショー ビバビバマジック 第20回 2001年08月23日 ザ・マグロショー 目分量アワー 第21回 2001年08月30日 ザ・マグロショー 第22回 2001年09月13日 ザ・マグロショー 第23回 2001年09月20日 目分量アワー キセキのはじまり 空手大バカ一代 第24回 2001年09月27日 美味しいものガッツリ食べちゃおうツアー 長野の五輪 第2期【ジャンクバトル】 [ ] この節のが望まれています。 回数 放送日 メニュー ゲスト 調査員 第1回 2002年12月12日 豚骨しょうゆラーメン 吉田秀彦 長野・三宅 第2回 2002年12月19日 タン塩 武蔵 長野・井ノ原 第3回 2002年12月26日 オムライス 掛布雅之 井ノ原・森田 回数 放送日 メニュー ゲスト 調査員 第4回 2003年01月09日 チゲ鍋 高島彩 長野・岡田 第5回 2003年01月16日 塩ラーメン 石井一久 井ノ原・三宅 第6回 2003年01月23日 ヒレカツ 畑山隆則 井ノ原・森田 第7回 2003年01月30日 骨付きカルビ 中村紀洋 長野・岡田 第8回 2003年02月06日 焼き餃子 松井稼頭央 長野・森田 第9回 2003年02月13日 ハンバーグ 曙親方 森田・岡田 第10回 2003年02月20日 天丼 TIM 井ノ原・三宅 第11回 2003年03月06日 お好み焼き 蝶野正洋 長野・岡田 第12回 2003年03月13日 シューマイ 青島幸男 井ノ原・三宅 第13回 2003年03月20日 ビビンバ 高田延彦 井ノ原・森田 第14回 2003年03月27日 総集編 第15回 2003年04月17日 豚骨ラーメン 中川家 長野・森田 第16回 2003年04月24日 焼きそば マギー審司 長野・森田 第17回 2003年05月01日 焼き鳥 宮本亜門 長野・三宅 第18回 2003年05月08日 カツ丼 石塚英彦 井ノ原・岡田 第19回 2003年05月15日 マグロ丼 KONISHIKI 井ノ原・岡田 第20回 2003年05月22日 ステーキ 武藤敬司 長野・三宅 第21回 2003年05月29日 杏仁豆腐 オセロ 5人 第22回 2003年06月05日 クリームコロッケ さまぁ~ず 長野・森田 第23回 2003年06月12日 ピザ 永島昭浩 長野・岡田 第24回 2003年06月19日 塩カルビ 千代大海関 井ノ原・三宅 第25回 2003年06月26日 カルボナーラ はしのえみ 長野・森田 第26回 2003年07月03日 カレーライス 綴山親方 井ノ原・三宅 第27回 2003年07月10日 うな丼 おすぎ 森田・三宅・岡田 第28回 2003年07月17日 冷やし中華 井筒和幸 長野・井ノ原・三宅まつもと 第29回 2003年07月24日 海鮮丼 松本明子 長野・森田・三宅 第30回 2003年07月31日 パフェ 磯野貴理子 5人 第31回 2003年08月07日 しゃぶしゃぶ 舞の海 井ノ原・岡田 第32回 2003年08月14日 お茶漬け セインカミュ 長野・岡田 第33回 2003年08月21日 チャーハン 花田勝 井ノ原・三宅 第34回 2003年08月28日 ハンバーガー 勝俣州和 長野・森田・岡田 第35回 2003年09月04日 釜飯 島崎和歌子 長野・三宅 第36回 2003年09月11日 プリン YOU 5人 第37回 2003年09月18日 おにぎり 假屋崎省吾 森田・三宅・岡田 第38回 2003年09月25日 総集編 坂本・三宅 第39回 2003年10月09日 しょうゆラーメン 渡辺正行 長野・森田・三宅 第40回 2003年10月16日 親子丼 中山秀征 長野・井ノ原・森田 第41回 2003年10月23日 チーズケーキ 千秋 5人 第42回 2003年10月30日 讃岐うどん 志村けん 長野・井ノ原・三宅 第43回 2003年11月06日 中華まん 角田信朗 井ノ原・三宅・岡田 第44回 2003年11月13日 とりの唐揚げ 恵俊彰 長野・森田・三宅 第45回 2003年11月20日 グラタン ベッキー 長野・井ノ原・岡田 第46回 2003年11月27日 おでん 江川卓 長野・井ノ原・三宅 第47回 2003年12月04日 クッパ KABA. ちゃん 森田・三宅・岡田 第48回 2003年12月11日 ビーフシチュー 篠原ともえ 森田・三宅 第49回 2003年12月18日 ショートケーキ 内田恭子 5人 第50回 2003年12月25日 鍋 武蔵丸親方 5人 2004年 [ ] この節のが望まれています。 回数 放送日 メニュー ゲスト 調査員 第51回 2004年01月08日 味噌ラーメン 北陽 長野森田三宅 第52回 2004年01月15日 コロッケ&メンチ MEGUMI 井ノ原森田三宅 第53回 2004年01月22日 タルト 篠原涼子 5人 第54回 2004年01月29日 担担麺 研ナオコ 長野井ノ原三宅 第55回 2004年02月05日 チヂミ はなわ 第56回 2004年02月12日 小籠包 櫻井敦子 第57回 2004年02月19日 オムレツ 辺見えみり 第58回 2004年02月26日 築地丼 石塚英彦 第59回 2004年03月12日 鎌倉和風スイーツ 杉田かおる 第60回 2004年03月18日 和風ハンバーグ 山瀬まみ 第61回 2004年03月25日 牛丼 東幹久 第62回 2004年04月01日 環七ラーメン 小池栄子 第63回 2004年04月15日 豆腐 横山めぐみ 第64回 2004年04月22日 オムライス 笑福亭鶴瓶 第65回 2004年04月29日 お台場スイーツ ユンソナ 第66回 2004年05月06日 餃子 華原朋美 第67回 2004年05月13日 カレーうどん 高田純次 第68回 2004年05月20日 銀座スパゲッティ 西村知美 第69回 2004年05月27日 春巻き 小林幸子 第70回 2004年06月03日 抹茶スイーツ ピーター 第71回 2004年06月10日 お好み焼&もんじゃ焼 磯野貴理子 第72回 2004年06月17日 天丼 相田翔子 第73回 2004年06月24日 京都スウィーツ 鈴木紗理奈 第74回 2004年07月01日 スペシャル 泉ピン子&石塚英彦&本上まなみ 第75回 2004年07月08日 カルビ ヒロミ 第76回 2004年07月15日 うな丼 泉ピン子 第77回 2004年07月22日 冷麺 麻木久仁子 第78回 2004年07月29日 串焼き 吉村由美 第79回 2004年08月05日 横浜シューマイ 雨上がり決死隊 第80回 2004年08月12日 冷やし中華 榊原郁恵 第81回 2004年08月19日 アジアンカレー マルシア 第82回 2004年09月02日 豚の角煮 デヴィ夫人 第83回 2004年09月09日 海鮮チャーハン 赤井英和 第84回 2004年09月16日 3大人気パン ビビアン・スー 第85回 2004年09月23日 シュークリーム 吉岡美穂&石塚英彦 第5期【東京Vシュラン2】 [ ] 2004年 [ ] この節のが望まれています。 回数 放送日 メニュー ゲスト&[V6] 第13回 2005年01月06日 カルビ 第14回 2005年01月13日 とんこつラーメン 第15回 2005年01月20日 親子丼 第16回 2005年01月27日 ハンバーグ 第17回 2005年02月03日 小籠包 第18回 2005年02月10日 オムライス 第19回 2005年02月17日 味噌ラーメン 第20回 2005年03月03日 海鮮丼 第21回 2005年03月10日 ステーキ 第22回 2005年03月17日 とんかつ 第23回 2005年03月24日 ハラミ 第24回 2005年03月31日 塩ラーメン 第25回 2005年04月14日 チャーハン 第26回 2005年04月21日 ピザ 第27回 2005年04月28日 焼きそば 第28回 2005年05月05日 かつ丼 第29回 2005年05月12日 オムレツ 第30回 2005年05月19日 つけ麺 第31回 2005年05月26日 シューマイ 第32回 2005年06月02日 築地丼 第33回 2005年06月09日 焼き餃子 第34回 2005年06月16日 池袋ラーメン 第35回 2005年06月23日 しゃぶしゃぶ 第36回 2005年07月07日 骨付きカルビ 第37回 2005年07月14日 杏仁豆腐 第38回 2005年07月21日 うな丼 第39回 2005年07月28日 豚焼肉 第40回 2005年08月04日 冷し中華 第41回 2005年08月11日 浅草天丼 第42回 2005年08月18日 塩カルビ 第43回 2005年08月25日 渋谷・恵比寿ラーメン 第44回 2005年09月01日 抹茶スウィーツ 第45回 2005年09月15日 ハンバーグ 第46回 2005年09月22日 お好み焼き 第47回 2005年10月13日 シュークリーム 第48回 2005年10月20日 親子丼 第49回 2005年10月27日 すき焼き 第50回 2005年11月03日 新宿ラーメン 第51回 2005年11月10日 タン塩 第52回 2005年11月17日 コロッケ&メンチ 第53回 2005年11月24日 石焼きビビンバ 第54回 2005年12月01日 焼き鳥 第55回 2005年12月08日 激辛ラーメン 第56回 2005年12月15日 釜飯 第57回 2005年12月22日 鍋 2006年 [ ] この節のが望まれています。 回数 放送日 メニュー ゲスト&[V6] 第58回 2006年01月12日 プリン 第59回 2006年01月19日 赤坂・六本木ラーメン 第60回 2006年01月26日 焼き餃子 第61回 2006年02月02日 ロース 第62回 2006年02月09日 オムライス 第63回 2006年02月16日 カレーうどん 第64回 2006年02月23日 おでん 第65回 2006年03月09日 かつ丼 第66回 2006年03月16日 焼きそば 第67回 2006年03月23日 総集編(丼) 第68回 2006年04月13日 日本一うまいラーメンSP 第69回 2006年04月20日 小籠包 第70回 2006年04月27日 お好み焼&もんじゃ 第71回 2006年05月04日 横浜中華街チャーハン 第72回 2006年05月11日 ラーメン&餃子 第73回 2006年05月18日 銀座天丼 第74回 2006年05月25日 カレーライス 第75回 2006年06月01日 骨付きカルビ 第76回 2006年06月08日 担担麺 第77回 2006年06月15日 六本木ホルモン 第78回 2006年06月29日 うな丼 第79回 2006年07月06日 ちゃんぽん 第80回 2006年07月13日 自由が丘スイーツ 第81回 2006年07月20日 宇都宮餃子 第82回 2006年07月27日 ホテル朝食 第83回 2006年08月03日 冷やし中華 第84回 2006年08月10日 しゃぶしゃぶ 第85回 2006年08月17日 ステーキ 第86回 2006年08月24日 横浜ラーメン 第87回 2006年08月31日 ハンバーグ 第88回 2006年09月07日 石焼きビビンバ 第89回 2006年09月14日 麻婆豆腐 第90回 2006年09月21日 総集編(スイーツ) 第91回 2006年09月22日 日本一うまい丼SP 第92回 2006年10月12日 焼肉 第93回 2006年10月19日 美肌コラーゲン 第94回 2006年10月26日 焼きそば 第95回 2006年11月02日 鎌倉ランチ 第96回 2006年11月09日 焼き鳥 第97回 2006年11月16日 お好み焼き 第98回 2006年11月23日 オムライス 第99回 2006年11月30日 下町コロッケ 第100回 2006年12月07日 鉄鍋餃子 第101回 2006年12月14日 激辛ラーメン 第102回 2006年12月21日 総集編(年間視聴率ランキング) 2007年 [ ] この節のが望まれています。 回数 放送日 メニュー ゲスト&[V6] 第103回 2007年01月11日 代官山スイーツ 第104回 2007年01月18日 コラーゲン料理 第105回 2007年01月25日 醤油ラーメン 第106回 2007年02月01日 東京駅ランチ 第107回 2007年02月08日 釜飯 第108回 2007年02月15日 最先端鍋 第109回 2007年02月22日 ハラミ 第110回 2007年03月08日 とんこつラーメン 第111回 2007年03月15日 親子丼 第112回 2007年03月22日 箱根朝食 第113回 2007年04月12日 総集編(築地) 第114回 2007年04月19日 塩カルビ 第115回 2007年04月26日 築地ランチ 第116回 2007年05月03日 中華街焼きそば 第117回 2007年05月10日 つけ麺 第118回 2007年05月17日 東京ミッドタウン 第119回 2007年05月24日 三崎マグロランチ 第120回 2007年05月31日 お好み&もんじゃ 第121回 2007年06月07日 担担麺 第122回 2007年06月14日 ハンバーグ 第123回 2007年06月21日 熱海ランチ 第124回 2007年06月28日 新丸ビルランチ 第125回 2007年07月05日 冷やし中華 第126回 2007年07月12日 青山スイーツ 第127回 2007年07月19日 うな丼 第128回 2007年07月26日 とんかつ 第129回 2007年08月02日 軽井沢ランチ 第130回 2007年08月09日 ホテル朝食 第131回 2007年08月16日 カレーライス 第132回 2007年08月23日 塩ラーメン 第133回 2007年08月30日 豚焼肉 第134回 2007年09月06日 焼き餃子 第135回 2007年09月16日 青山・原宿カフェごはん 第136回 2007年09月20日 湘南ランチ 第137回 2007年09月27日 総集編(ラーメン) 第138回 2007年10月04日 京都VシュランSP 第139回 2007年10月18日 焼きそば 第140回 2007年10月25日 和風スイーツ 第141回 2007年11月01日 かつ丼 第142回 2007年11月08日 しゃぶしゃぶ 第143回 2007年11月15日 オムライス 第144回 2007年11月22日 タン塩 第145回 2007年11月29日 銀座スイーツ 第146回 2007年12月06日 鍋 第147回 2007年12月13日 激辛ラーメン 第148回 2007年12月20日 総集編(年間視聴率ランキング) 2008年 [ ] この節のが望まれています。 回数 放送日 メニュー ゲスト&[V6] 第149回 2008年01月17日 餃子 第150回 2008年01月24日 とんこつラーメン 第151回 2008年01月31日 銀座・築地海鮮丼 第152回 2008年02月07日 ハンバーグ 第153回 2008年02月14日 とんかつ 第154回 2008年02月21日 麻婆豆腐 第155回 2008年03月06日 湘南ランチ(前編) 第156回 2008年03月13日 湘南ランチ(後編) 第157回 2008年03月20日 岡田が選ぶベスト10 第158回 2008年04月10日 B級グルメSP 第159回 2008年04月17日 石焼きビビンバ 第160回 2008年04月24日 恵比寿・広尾お好み焼き 第161回 2008年05月01日 目黒スイーツ 第162回 2008年05月08日 新宿ラーメン 第163回 2008年05月15日 有楽町・日比谷ランチ 第164回 2008年05月22日 ステーキ 第165回 2008年05月29日 中目黒焼き鳥 第166回 2008年06月05日 和風スイーツ 第167回 2008年06月12日 東京駅ランチ 第168回 2008年06月19日 箱根ランチ 第169回 2008年07月03日 麻布・六本木焼肉 第170回 2008年07月10日 湘南ランチ 第171回 2008年07月17日 うな丼 第172回 2008年07月24日 プリン 第173回 2008年07月31日 池袋限定つけ麺 第174回 2008年08月07日 ホテル朝食 第175回 2008年08月14日 カレーライス 第176回 2008年08月21日 しゃぶしゃぶ 第177回 2008年08月28日 銀座・築地海鮮丼 第178回 2008年09月04日 小籠包 第179回 2008年09月11日 長野が選ぶラーメン 第180回 2008年10月09日 B級グルメSP 第181回 2008年10月10日 カルビ 第182回 2008年10月17日 鎌倉ランチ 第183回 2008年10月24日 餃子 第184回 2008年10月31日 焼き鳥 第185回 2008年11月07日 熱海ランチ 第186回 2008年11月14日 横浜スイーツ 第187回 2008年11月21日 オムライス 第188回 2008年11月28日 担担麺 第189回 2008年12月05日 ハンバーグ 第190回 2008年12月12日 親子丼 第191回 2008年12月19日 総集編(スイーツ視聴率ランキング) 2009年 [ ] この節のが望まれています。 回数 放送日 メニュー ゲスト&[V6] 第192回 2009年01月09日 目黒ラーメン 第193回 2009年01月16日 最先端鍋 第194回 2009年01月23日 新宿お好み焼き 第195回 2009年01月30日 下町カルビ 第196回 2009年02月06日 しゃぶしゃぶ 第197回 2009年02月13日 釜飯 第198回 2009年02月20日 青山スイーツ 第199回 2009年03月06日 銀座コロッケ&メンチ 第200回 2009年03月13日 おでん 第201回 2009年03月20日 餃子 第202回 2009年03月27日 総集編 丼 第203回 2009年04月03日 海鮮丼 第204回 2009年04月10日 恵比寿・目黒焼肉ロース 第205回 2009年04月17日 下町焼きそば 第206回 2009年04月24日 味噌ラーメン 第207回 2009年05月01日 丸の内スイーツ 第208回 2009年05月08日 石焼ビビンバ 第209回 2009年05月15日 中野焼き鳥 第210回 2009年05月22日 串揚げ 第211回 2009年05月29日 築地・銀座親子丼 第212回 2009年06月05日 下町ハンバーグ 第213回 2009年06月12日 カツ丼 第214回 2009年06月19日 担々麺 第215回 2009年06月26日 つけ麺 第216回 2009年07月03日 銀座・日本橋オムライス 第217回 2009年07月17日 総集編 うなぎ 第218回 2009年07月24日 餃子 第219回 2009年07月31日 渋谷・青山タン塩 第220回 2009年08月07日 冷やし中華 第221回 2009年08月14日 天丼 第222回 2009年08月21日 アキバ・神田ラーメン 第223回 2009年08月28日 変わりとんかつ 第224回 2009年09月04日 麻婆豆腐 第225回 2009年09月11日 お好み焼き 第226回 2009年09月18日 恵比寿・代官山クリームパスタ 第227回 2009年09月25日 総集編 焼肉 第228回 2009年10月02日 カレーライス 第229回 2009年10月09日 銀座・新橋焼き鳥 第230回 2009年10月16日 デリー&バリーSP 第231回 2009年10月23日 築地海鮮丼 第232回 2009年10月30日 しゃぶしゃぶ 第233回 2009年11月06日 渋谷ラーメン 第234回 2009年11月13日 高速道路サービスエリアSP 第235回 2009年11月20日 青山・六本木ハンバーガー 第236回 2009年11月27日 恵比寿・青山カルビ 第237回 2009年12月04日 小籠包 第238回 2009年12月11日 お取り寄せプリン 2010年 [ ] この節のが望まれています。 回数 放送日 メニュー ゲスト&[V6] 第239回 2010年01月08日 総集編 餃子 第240回 2010年01月15日 和風スイーツ 第241回 2010年01月22日 シチュー 第242回 2010年01月29日 東北道サービスエリア 前編 第243回 2010年02月05日 東北道サービスエリア 後編 第244回 2010年02月12日 鍋 第245回 2010年02月19日 高円寺ラーメン 第246回 2010年02月26日 下町お好み焼き&もんじゃ 第247回 2010年03月05日 目黒焼肉 第248回 2010年03月12日 総集編 前編 第249回 2010年03月19日 総集編 後編 初期の主なコーナー [ ] ザ・マグロショー [ ]• 初期のメイン企画。 最初は単にマグロを解体し、握り寿司を客席の人に振舞っていた。 坂本は「マサ」(後にこの名称は使われなくなる)、井ノ原は「板長」、長野は「流れ板」と呼ばれていた。 井ノ原はおでこに文字を書いて出演するのがお約束。 中期ではマグロを使った料理コーナーとなり、3チームに分かれてテーマにあったマグロ料理を作る。 が試食をし、最大5マグロ(超えることもある)で評価する。 坂本または井ノ原が司会をした。 残りの5人は3チームに分かれるが、ほとんど森田が1人だけのチーム(一匹狼)であった。 一匹狼はカミセン全員が経験している。 森田は初期、かなり暴走して0マグロであることが多かった。 岡田は一時、アイスクリームを使って暴走し、-5マグロを記録した。 一度森田が寿将に勝負を挑んだ。 結果は引き分けだった(このときの判定は。 岸はマグロショー最終回、おいしいものガッツリ食べちゃおうツアーにも出演)。 最終回はメンバー全員が参加し、誰が一番おいしいものを作れるかをトーナメント方式で競うものだった。 坂本と森田はシード(森田がシードになった理由は「こいつの料理あんまり見たくない」と寿将が言ったため)。 坂本が優勝した。 初めての生V6 [ ]• 番組内でV6ファンの女性が募集される(その際、一番好きなメンバーを指名)。 女性には心拍測定器がつけられており、V6と会う前の状態が平常心拍数に決められる。 まず、指名されたメンバーが1人で制限時間内で女性と対面し、その間に女性の心拍がどれぐらい上がるかが測られる。 その後、女性の心拍数が落ち着いてから、残りのメンバーが5人で同じ制限時間内に女性と対面し、その間に女性の心拍がどれくらい上がるかが測られる(その際、指名されたメンバーは用意されたボックスに閉じ込められる)。 3と4の結果、上がった心拍数の高いほうが勝ち。 指名されたメンバーが勝てば、そのメンバーと女性がもう一度対面できるが、残りのメンバーが勝つと、指名されたメンバーはボックスの中にピンポン玉(大豆、カシューナッツだったこともある)を満杯に流され、女性と対面することができなくなる。 マギスキーのマジック [ ]• 過去2回行われた。 司会は井ノ原。 マギスキー()の行うマジックを見て、そのトリックを見破ると言うもの。 見破った人から抜けていき、最後に残った人が罰ゲームとして客席からのブーイングを受ける。 2回とも森田が最後まで残った。 目分量アワー [ ]• メンバーを出身地の東西のチームに分ける。 東軍キャプテンは森田、西軍キャプテンは岡田。 ロープや鎖をキャプテンに触れないようにできるだけ長く切断する。 鎖の先にはニューハーフやトカゲがついている。 長野の五輪 [ ]• 長野がいろいろな道具を使ってオリンピック記録を目指す。 企画ができる場所などを募集するとき、重い(30kg〜50kg)フリップを使う。 下り坂を使って100m走、200m走。 流れるプールで水泳(当初は川だったが、流れが速すぎて断念。 ウォータースライダーを使って成功)• 水の浮力を利用して重量挙げ• ハンマー投げ(鎖がオリンピック記録よりも長い。 坂本が自転車で玉の部分をもって回り、下に落として成功)• ハンググライダーを使って3段とび• 走り幅跳びに挑むとき、砂場に井ノ原のギターが置かれた。 長野はそれを踏んでしまった。 キセキのはじまり [ ]• 坂本が「」の壁抜け(壁の穴にボールを投げると壁の穴を通って外にある木に当たり、それが跳ね返って再び穴を通ってもどってくる)を実写で行う。 収録翌月解体予定の家を借り、大家の許可を得て壁に穴をあけ、さらに大家に内緒で家の土壁を壊した(ナレーション談)。 木はボードを使用。 ボードの角度を付けることによって穴に入りやすくした。 最終的にはほとんど木が壁にくっついていたが、成功した。 部屋にはのカレンダーが張ってあった。 エンディングで「ありがとう、おニャン子クラブ」と言うテロップが出た。 空手大バカ一代 [ ]• 井ノ原が空手の修行を行う。 (パロディーであるが)長野の「長野の五輪」、坂本の「キセキのはじまり」に対抗した企画。 最初、企画を決める段階から放送された。 俳優を勧められたときは「俺は俳優なんだよ!」と言ったりした。 最初は板割りと瓦割りをしたが、板割りでは板を持つ人と井ノ原が板を割るタイミングが合わず、2枚の板をつなげただけなのがばれてしまったり、瓦割りではハンマーで瓦を割るシーン(ハンマーが映ったことに気づき、リプレイではモザイク処理されていた)が合成されていた。 山での修行のはずが刑事ドラマ(「今夜が山ですね」の山で、「山違いだった」とテロップが出た)だったり、のFUJIYAMAに乗った。 最後は牛に戦いを挑むはずが、子牛の登場でできなくなり、牛への手紙(の16小説のラブソングのパロディーで、16小説のイノソングと言っていた)を朗読した。 おいしいものがっつり食べちゃおうツアー [ ]• メンバー全員での店に行き、「寿将の料理は本当にうまいのか? 」を判定する。 メンバーはそれぞれ希望の食材を持参し、寿将がマグロとあわせて料理を作る。 料理のタイトルは「妖怪たちの宴」。 キムチを使ったデザートに苦戦し、7マグロを獲得(判定は岸朝子) ジャンクバトル [ ] ルール [ ]• それぞれのチームがテーマにあったオリジナルの料理を考え、客に売る。 放送は「料理の開発」と「販売」の2週にわたって1つの対決となっている。 売るときはV6のメンバーであるとばれないように変装する。 変装した姿が名物となっているチームもあった。 何度か変装がばれたことがあり、この場合はルールで、屋台を移動しなくてはならない。 最終的に、売上金が多かったチームが勝ち。 一度だけ引き分けがあったが、これは売上金が同額だったためではない。 を舞台にした対決だったが、途中で豪雨になり、商売続行が不可能になったため引き分けの措置が取られたものである。 売上金はのチャリティーとして寄付される。 またJ-FREINDSのカウントダウンライブの時にはTOKIOやKinKi Kidsのメンバーを加えて編成したチームで、「年越しラーメン対決」も行った。 改編期には登場した料理を視聴者のランキングにより発表、上位6品をゲストが試食し、一番味のよかったものを決める「ジャンクアワード」が行われる。 ちなみに最下位(視聴者のイメージが最も悪いもの)は7位までを発表した後、試食の前に発表。 ゲストは第1回は、第2回は。 またジャンクアワード第1回の前に途中で登場した料理が本当にうまいのかをとが判定した。 終盤には最終兵器として巨大化したものを投入することが多かった。 登場した料理 [ ] この節のが望まれています。 第1期 [ ]• 井ノ坂組(井ノ原、坂本)• お米たこ焼き• うな玉ラーメン• デザートコロッケ• TEAM長岡(長野、岡田)• 俺の夢、8cmたこ焼き• ファイヤーコロッケ• 石焼き芋クレープ ・そら豆餃子• モリケンズ(森田、三宅)• 牛丼ラーメン• 寿司クレープ ・びっくり餃子 第2期 [ ]• 田田丸(森田、岡田)• とん汁オーレ、とん汁モカ、とん汁マキアート(第1回ジャンクアワード受賞)• うみにげ• タイ焼きそば• スケル丼• 石焼ちらし(韓国で屋台を出すが、国内の事前の試食で上位2チームが出店可能なルールであり、このチームは出店できなかったので販売はされなかった。 ジャンクアワードにもランクインしていない)• ザ・ミヤモト(三宅、坂本)• 黒カレー、白カレー• 紅寿司• チョコ豆腐• ライスピザ• うなカツ丼• 長原軒(井ノ原、長野)• フルーツミックス甘酒• らーむす。 (第2回ジャンクアワード受賞)• おしるこカレー 第3期 [ ]• 森長飯店(森田、長野)• ぶり根バーガー• 三井厨房(三宅、井ノ原)• 助六アイス• カリー氷• 岡坂亭(岡田、坂本)• 今バーガー焼• すき焼きドッグ 第3期 [ ]• メロンパン(長野)• 『東京Vシュラン計画』ゲスト [ ] 男性 [ ] あ• 女性 [ ] あ• スタッフ [ ]• 構成:、小川浩之、、松本えり子、本松エリ、工藤ひろこ/• プレーン:浮ヶ谷高伸• TD(テクニカルディレクター):清水伸恭• CAM(カメラマン):大山浩文、畠中宏• AUD(オーディオ音声):絹山幸広、渡部康志• VE(ビデオエンジニア):高山昌樹• 照明:三觜繁• VTR編集:、可児国博• ビジュアルクリエーター:• MA:渡辺究• 音響効果:大久保吉久• 美術:古江学• デザイン:• 美術進行:古川飛• 大道具:三上晋• アクリル装飾:織田秀幸• 装飾:望月富夫• 電飾:田中信太郎• 衣裳:山田斉• スタイリスト:平尾俊• メイク:久保田裕子• CG:冨士川祐輔、鈴木千夏• ロゴデザイン:岸和弘• TK(タイムキーパー):槙加奈子• 編成:大川友也• 広報:谷川有季• デスク:竹之内久美子• アシスタントディレクター:横山健一、佐藤宏太郎、樋口絵里子、宮内敦史• ディレクター:長沼昭悟、亀田剛、石川のりひさ、大谷卓、太田実、柳瀬由紀子• AP:増谷秀行• 総合演出:• プロデューサー:• プロデューサー・演出:• 協力:• 技術協力:、、• 制作協力:三慶サービス、カーメルサービス、スプリングファーム• 制作:フジテレビバラエティ制作センター• 制作著作: 過去のスタッフ [ ]• プロデューサー:• ディレクター:稲村健• 編成:熊谷剛• 広報:田中奈美• AP:岡本計• デスク:三木真奈美• TD(テクニカルディレクター):• AUD(オーディオ音声):谷川宏輝、元山拓巳、朝川大輔• VE(ビデオエンジニア):大高浩• VTR編集:加藤佳一、横川靖、林宏、石井謙作• MA(マルチオーディオ):吉田肇• 音響効果:島村龍治、川端智之、西山知史• 美術:井上幸夫、• デザイン:• 美術進行:塚原淳司• 装飾:高野城二• 持道具:土屋洋子• アクリル装飾:和田好恵• 特殊効果:中山信男• 衣裳:星野恵美• CG:持田学• 技術協力:、、 テーマソング [ ]• V6「」(2001年4月〜12月)• V6 feat. Shoo(S. )「」(2002年1月〜3月)• V6「」(2002年4月〜9月)• V6「」(2002年9月〜2003年3月)• V6「」(2003年4月〜9月)• V6「」(2003年10月〜2005年9月)• V6「」(2005年10月〜2006年6月)• V6「」(2006年7月〜12月)• V6「」(2007年1月〜4月)• V6「」(2007年5月〜11月)• V6「」(2007年12月〜2008年7月)• V6「」(2008年8月〜2009年4月)• V6「」(2009年5月〜2010年2月)• V6「」(2010年2月)• V6「」(2010年2月)• V6「」(2010年3月)• V6「」(2010年3月)• V6「」(2010年3月)• V6「」(2010年3月) 放送時間 [ ] 同時ネット• の放送では、ゲストに「あやや」ことと、"あやや"のエアものまねをするが出演し、" テレビ番組"としては初の競演を果たした。 海外では()で放映されている 放映時刻は2009年1月現在で毎週日曜よる6時と同10時ほか。 なお台湾では日本のテレビ番組に現地言語タイトルが付けられる事が大半だが、この番組は珍しく「VivaVivaV6 読み方:ビバビバブイシックス 」と日本と同じタイトルとなっている。 外部リンク [ ]• 脚注 [ ].

次の