切り傷 絆創膏。 擦り傷や切り傷ができたらどうする?とりあえず消毒して絆創膏?

切り傷の時に絆創膏はいつまで貼るの?交換のタイミングとお風呂の時はどうしたらいい?

切り傷 絆創膏

擦り傷や切り傷ができてしまったら、まず消毒しないこと! 擦り傷や切り傷が出来てしまったら、まず傷口を抑えて止血します。 このとき、体内でも止血機構が働き、止血しようと動いています。 自然治癒力が働き、血は固まろうとしています。 また、傷口から細菌が侵入してくるのを防ごうと、白血球の一部も動き始めます。 参考: 日本では長い間、傷が出来るととにかく消毒する事を大切にしてきました。 ところがここ数年は、その消毒によって、止血機構や、滅菌するために働く白血球まで一緒に殺してしまい、そのため治りが悪くなったり、悪化することがわかり、自分の体が自分で治そうとする治癒力を使った湿潤療法に切り替わってきています。 傷ができると傷口から透明の液体が出てきますね。 これは「浸出液」と言う体内から傷を治すために出てくる体液です。 ひとの体は、傷が出来ると自分で治す力を持っているのです。 この体液を乾かさないようにすることで、傷が早く治り、傷跡も残らず、痛みも少なくなります。 傷は空気に触れると痛いですね、あれは傷によってむき出しになった神経に空気がふれるためです。 今までは、消毒して傷口を早く乾燥させようとしていたので、いつまでもヒリヒリを痛みが強かったのです。 擦り傷や切り傷ができてしまったらどうしたいいの?絆創膏は? 皮膚の表面を削るような擦り傷と、パックリ開いた切り傷では対処方法に違いがあります。 消毒しないのは同じですが、浸出液を上手く使った湿潤療法は主に擦り傷やヤケド、床ずれや靴ずれなどの表面傷の治療方です。 参考: このような傷の場合は、まず 水道水で洗い流します。 その時水を拭き取るのは傷の周りだけです。 傷口にはさわりません。 その後、絆創膏を貼るのですが、この時に一般的なガーゼ付きの絆創膏は絶対に貼ってはいけません。 スポンサーリンク 傷口にガーゼがくっついてしまい張り替えの時に傷が悪化してしまいます。 この時に威力を発揮するのが、「ハイドロコロイド」と明記されている絆創膏です。 有名なのはキズパワーパッドがあります。 このハイドロコロイド絆創膏は、傷に当たる部分に吸水性があることで余分な浸出液を吸い取り、傷口にある浸出液をゲル状にして傷を乾燥させない優れものです。 自分の体液である浸出液を上手く使って治療するためには、ガーゼなどですべて吸い取ってしまっては意味がないのです。 ただし、ここで問題なのは傷の大きさにあったものを貼らなくてはならないと言う事です。 と言うのも、ハイドロコロイド絆創膏は今までの絆創膏概念のまま考えるとかなり値段が高く、それぞれのサイズを買い揃えておくとなると何千円にもなってしまいます。 また、粘着力を考えてもお風呂に耐えられるほどではありません。 4~5日は剥がさないようにと表記されていますが、これはなかなか難しいと考えた方がよさそうです。 最初はどうしても一日に2~3枚は貼りかえることになってしまいます。 もしも買い置きがないような時は、とりあえず傷口をラップで巻いて乾燥しないようにし、そのままドラッグストアに駆け込む手もあります。 動けない時や、広範囲の擦り傷の時は、ラップにワセリンを塗り貼り付けてもハイドロコロイド絆創膏と同じ湿潤療法の効果があります。 この方法はマメに傷口を洗うなどの注意点があるので良く確認しながらおこないましょう。 パックリと縦に開いた切り傷の時は、とにかく傷をくっつけることを第一に考えます。 ばい菌や細菌だらけの中でケガをしたなら水道水で洗い流しますが、室内でのケガなら洗い流さなくても大丈夫です。 体内の力でほとんど殺菌できます。 まず傷口をふさぐようにギュッとくっつけて止血をします。 ある程度出血がおさまってきたら今度はそのまま傷口が開かないように粘着シートやテープで固定します。 もし指先のケガなら、グルリと一周しないように、貼り始めと終わりが重ならないようにしましょう。 強く締め付けると指先に血流が届かなくなり壊死してしまうことがあるので必ず血流は確保しておきます。 サージカルテープをひとつ用意しておくと良いですよ。 この時にテープの代わりにガーゼ付きの一般的な絆創膏を使ってしまっては意味がありません。 ガーゼの部分は伸縮性がないため、傷口が開いてしまうからです。 ギュッと貼り付けた傷口は出来ることなら二日くらい水に濡らさずにおくと、ほとんどがくっついて再生してきます。 まとめ ケガをしたのに消毒しないなんて最初は不安かもしれませんね。 でも、良くかんがえれば理にかなっているのです。 人の体は驚くほどよくできていて、ケガをすれば自分で察知し、治すチームが一丸となって治療に望むのです。 消毒してしまうと、そのチームまで一度殺してしまうので、再生まで時間がかかってしまうのです。 あくまでも自力で解決できる範囲の治療なので、ひどいヤケドや中が見えそうな切り傷の時は病院で手当てを受けましょう。 切り傷は縫合が必要な場合もありますし、同じテープで止めるにしても、キレイに留めてくれるので感染症の心配がありません。 ドラッグストアに行くと、ハイドロコロイド絆創膏の種類もたくさんあるので参考のためにも、一度使用法と値段を確認しておくと良いかもしれません。 カテゴリー•

次の

絆創膏は意味ない?いつまで貼るのか?張り替えるタイミングとは?

切り傷 絆創膏

絆創膏は意味ないのか? すり傷や切り傷が出来てしまったときに絆創膏を使う人は多いと思います。 しかし最近は絆創膏などを使わずに「 湿潤療法」でなおすのが良いと言われてきています。 傷が出来るとその傷を治すために透明の液が出てきます。 その液で傷口を覆い保湿しながら治していきます。 しかし絆創膏を貼ってしまうとその液が吸い取られてしまい傷口が乾いてしまいます。 乾いてしまうとせっかく出来てきたかさぶたがくっついて剥がれてしまう可能性が高くなってしまいます。 今は絆創膏の中にかさぶたをつくらず「湿潤療法」で治すものが発売されています。 その方が傷の治りも早いので是非そちらを選んでみて下さい! 絆創膏はいつまで貼るのか? 普通の絆創膏を貼るときは傷口のフィットする形のものを選びましょう!そして重ねて貼ってしまうと通気性が悪くなってしまうのでやめましょう。 血が出ているようならその間は絆創膏を貼って止血しましょう!その後はとってしまい空気に触れさせる方か早くよくなります。 しかし水仕事などが多いと傷口に触ってしまい痛いですよね。 その場合は絆創膏で傷口を保護しましょう。 「湿潤療法」の絆創膏の場合は絆創膏自体がかさぶたの役割を果たしているので傷が治るまでそのままにしておきましょう! Sponsored Link 絆創膏を張り替えるタイミングとは? 絆創膏は1日に1回取り換えるようにしましょう!あまり頻繁に変えてしまうと皮膚に負担がかかってしまったりかさぶたが剥がれてしまったりと治りが遅くなってしまう原因になります。 お風呂に入ったあとに交換するのがおすすめのタイミングです。 清潔に保つために水で濡れてしまったら交換するようにしましょう!それがあまりにも頻繁にある場合は 防水の絆創膏を貼ることをおすすめします。 Sponsored Link 絆創膏は意味ない?いつまで貼るのか?張り替えるタイミングとは? まとめ 絆創膏がなくても傷口かた出てくる透明の液で保湿しながら治すことが出来ます。 今は「 湿潤療法」で治す絆創膏が発売されているのでそちらをおすすめします。 絆創膏は血が止まったら剥がしても大丈夫です!しかし水仕事が多かったりする場合は傷口を保護するためにも絆創膏を貼ることをおすすめします。 ずっと同じ絆創膏では不衛生になってしまうので1日1回は交換するようにします。 それ以外でも水にぬれてしまったら交換しましょう! ブログランキングに参加しています。 応援いつもありがとうございます!.

次の

絆創膏の種類と上手な使い方

切り傷 絆創膏

絆創膏は、傷口を保護するために貼るので、保護する必要があるうちは貼っておく必要があります。 保護する必要がある場合というのは、傷口が乾いておらずジュクジュクしている場合、血が出ている場合や、傷が治りきっておらず摩擦などの外的刺激によってカサブタがはがれてしまう恐れがある場合などです。 傷ができる部位にもよりますが、傷が浅く、絆創膏を貼らなくともすぐにカサブタができる場合には、絆創膏は不要です。 そうでない場合、つまり、医療機関を受診するほどでもないものの、深い切り傷を作ってしまった場合で、絆創膏を貼ることで対処するかと思います。 切り傷を細菌等から保護するためにも、傷が塞がるまでは絆創膏を貼るようにしましょう。 切り傷であれば、傷の程度にもよりますが、傷口を触ったり、細菌等に感染しなければ1週間から10日程で自然治癒します。 子供であれば、自然治癒力が高いので、治癒にかかる期間はもう少し短くなります。 そのため、絆創膏を貼る期間は長くても1週間程度と考えておいてよいでしょう。 傷口は清潔を保つ必要があります。 そのため、絆創膏は基本的に毎日取り換えるようにしましょう。 絆創膏のガーゼ部分に血液が付着している場合には、1日数回、適切なタイミングで取り換えた方がよいでしょう。 また、絆創膏を貼っている部分が水に濡れて、ガーゼ部分が濡れてしまった場合には、雑菌が繁殖しやすくなりますので、すぐに取り換えるようにします。 手の切り傷であれば、手を洗うタイミングで絆創膏が濡れてしまうので、防水仕様の絆創膏を使用している場合を除いて、濡れるたびに取り換える必要があります。 特に、水仕事をする場合には、ゴム手袋をするなどして傷口や絆創膏を貼った部分が水に濡れないように注意しましょう。 手指以外の切り傷であれば、それほど頻繁に水に濡れることがないかと思います。 その場合には、お風呂に入るタイミングで絆創膏を取り換えるようにしましょう。 基本的には、通常の絆創膏は1日1回は必ず取り換えるようにします。 傷パワーパッドのような湿潤療法を用いる場合には、傷口を保護できているうちは取り換える必要はありません。

次の