ヘルシオ ax xs500。 【20時帰宅でも毎日自炊ができる🍴】2年間つかってわかった ヘルシオの使い方とメリット・デメリット

シャープAX

ヘルシオ ax xs500

診断開始 高いお金を払ってでも、ヘルシオの炙り焼き機能で美味しい肉を食べる夢を叶えたくて泣いている• いいえ 結果はどうでしたか? あなたにふさわしいヘルシオが簡単におわかりいただけたかと思います。 この記事では次のような方を対象として記事を書いています。 ヘルシオの機種が多すぎて何を選んだらよいのかわからない• ヘルシオの機能がたくさんありすぎて何が重要なのかわからない• ヘルシオの機種の違いがわからない この記事を読めば、これらの疑問を解消し あなたがヘルシオを購入した後で「しまった違う機種を購入すればよかった」という後悔を取り除き、料理の時短ができる幸せなヘルシオライフが過ごせるようになります。 ヘルシオの比較対象となる機能などを紹介 ヘルシオを購入しようとしても機種の種類や性能が多岐にわたるため、「どの機種が自分の生活スタイルに適合しているのかがわからない」とお悩みになるはずです。 実際全ての機種の全機能を網羅し、それを比較するのは不可能に近いと言えます。 そこでヘルシオの比較すべき機能や特徴を絞り、機種ごとにどのような違いがあるのかを解説していきます。 ヘルシオ購入時に比較すべき機能など 早速ですがヘルシオの「知っておくべき機能」をあげ、解説していきます。 「まかせて調理」は調理の手間がゼロになる ヘルシオ 最大の特徴である「まかせて調理」は、食材を投入してヘルシオのボタンを押せば自動的に調理してくれる機能です。 この機能は今までフライパンや鍋で行っていた 「焼く」「煮る」「蒸す」などの手間をゼロにしてくれます。 例えば下の画像はグリルサーモン焼野菜添えという料理ですが、左の画像のように料理を並べるだけであとはボタン一つでヘルシオが適切な温度・時間で調理をしてくれ、右の画像のような料理ができあがるわけです。 「まかせて調理」ができる機種は6機種です。 2018年発売のAX-XW500,AX-XS500,AX-AW500,AX-AS500• 2019年発売のAX-AW600,AX-AW600 上記機種以外も「まかせて調理」に類似した簡易機能は搭載されているのですが、厳密には「まかせて調理」ではありません(詳しい解説は個別の機種の項目でおこなっています)。 特筆すべきは「サックリあたため」と「焼きたてパンあたため」です。 トンカツが揚げたて同然になりますし、パンが焼きたてのような美味しさであたためられます。 「まかせて調理」に次ぐヘルシオの便利機能と言えます。 例えば冷凍していた左側のトンカツをヘルシオあたための「サックリあたため」を利用すれば、右側のように正に出来立てのトンカツが食卓に並ぶことになるのです。 総菜を購入して冷凍庫にストックしておくことが多いご家庭や、揚げ物を作って冷凍庫保存しておくことが多いご家庭は 「ヘルシオあたため」があれば料理がとても豊かなものになるでしょう。 「ヘルシオあたため」機能が使える機種は次の6機種です。 2018年発売のAX-XW500,AX-XS500,AX-AW500,AX-AS500• 2019年発売のAX-AW600,AX-AW600 ・・と、一応説明書上はそうなんですが、上記機種以外でも「ヘルシオあたため」の名前は無いものの「サックリあたため」「できたてパンあたため」の機能は存在していますのでご安心ください(詳しくは個別機種のところで解説しています)。 表面だけを強く焼く加熱する料理、具体的にはカツオのたたきやあぶりビーフステーキなどが調理可能です。 特に肉が好きな人には堪らない機能で、 肉の旨味が数倍になります。 次の画像はスーパーで売っているグラム300円のオーストラリア産の牛肉ですが、これを 「炙り焼」させてしまえばステーキハウスに行く必要は全くなくなります。 あぶり機能が使えるのは次の2機種のみです• 2018年発売のAX-XW500• 2019年発売のAX-XW600 実際にステーキをヘルシオの「あぶり」機能を利用して調理した感想などは別途記事にしています。 ヘルシオを 本気で使いこなして料理を効率的に回す気力のある人には必要な機能ですが、それぞれの段で調理できる品目が限られているため使いこなしは少し難しいです。 二段調理が使用できる機種は次の4機種です。 2018年発売AX-XW500,AX-XS500• 2~3種類の食材を利用して短時間で料理ができるためお弁当のおかずなどを作るのに役立つ機能です。 とは言えスピード100に掲載されているメニューでなくても、短時間で出来上がるレシピはあるので参考程度に考えましょう。 スピード100の機能が搭載されているのは次の2機種です。 2018年 AX-XW500• ネット対応していない機種でてもシャープのHPや付属のクックブックでレシピ検索は可能ですが、スマホアプリのユーザーインターフェースはとても有能なので「ネット対応」できるととても便利です。 ネット対応している機種は次の4機種です。 2018年 AX-XW500,AX-AW500• 2019年 AX-XW600,AX-AW600 「音声対応」はあまり利用しない ヘルシオに話しかけたり、逆に話しかけてくる機能です。 正直 あまり利用していません。 というかうるさいので音声は消していますw 音声対応している機種は「ネット対応」機種と同じで合計4機種です。 2018年 AX-XW500,AX-AW500• 2019年 AX-XW600,AX-AW600 電子レンジの「2品同時あたため」は家族が多い家庭なら超ありがたい 例えばご飯とおかずのように、異なる種類の食品を同時に温めることが可能な機能です。 夕食時に家族やお子様がそろうご家庭だと、冷蔵庫から出してきたおかずやご飯を一気に何人分もあたためるだけで時間がとられてしまいますよね。 ヘルシオ以外に電子レンジを持っていたとしても、 冷蔵庫に料理をストックすることが多い家庭ならばありがたい機能です。 二品同時あたためが可能なのは次の4機種です。 2018年 AX-XW500,AX-AW500• 低温で調理することにより、 野菜に適度な食感が残るため美味しさが増します。 低温蒸し青野菜機能が利用できるのは2019年に発売された次の3機種です。 AX-XW600• AX-AW600• AX-XJ600 「レンジで一品」は簡単な料理が素早くできる 似た機能に「スピード100」がありますが、こちらはヘルシオの加熱水蒸気を利用した料理です。 レンジで一品はその名のとおり電子レンジ機能を利用して、「5分おかず」「カンタン煮物」「カンタンパスタ」などの料理を作ることができます。 正直 「スピード100」の下位機能です。 というか使用する機能は電子レンジなので、ワットと時間を設定すれば普通の電子レンジでも同じ料理はできてしまいます。 つまり単に メニュー本にレンジでできる献立がいくつか追加されたに過ぎません。 レンジで一品機能が搭載されている機種は2019年に発売された4機種です。 AX-XW600• AX-AW600• AX-XJ600• AX-CA600 レシピ数が多ければ料理の幅が広がる レシピ数多ければもちろん有難いのですが、多すぎても困るかもしれません。 ができますので、よろしければ見てください。 「熱風コンベクションオーブン」で食材を均一に焼き上げる コンベクションオーブンについては外部サイトで詳しい解説がありましたので引用させていただきます。 コンベクションは「対流」という意味。 コンベクションオーブンとは、ヒーターによる直接加熱を行いつつ、内部にあるファンで 熱風を循環させることによって、食材を均一に焼き上げる調理器具です。 ヒーター式オーブンと比べて焼きムラが少ないほか、焦げを抑えられるのもポイントです より引用 要はコンベクションオーブンがあると食材を均一に美味しく焼き上げることができるわけですね。 パンやピザ、お菓子などをおいしく焼きたいという方はコンベクションオーブン機能が備わったヘルシオの購入をお勧めします。 熱風コンベクションオーブンが備わっているのは次の4機種です。 2018年AX-XW500,AX-XS500• ヘルシオは食材の温度を感知するセンサーが搭載されており、角皿に乗せられた食材を均一に加熱する能力が備わっています。 ヘルシオに搭載されているセンサーは3種類あり、それは次の3つです。 64眼赤外線ムーブセンサー• 赤外線センサー• 絶対湿度・温度センサー これらの機能は「まかせて調理」「レンジあたため」「ヘルシオあたため」などに活用されています。 赤外線ムーブセンサーが角皿上を右・中央・左にわけて温度チェックします。 より引用 温度センサーで温度の上がり具合から、食材の量を判断して加熱時間を調整します。 より引用 より引用 このうち 絶対湿度・温度センサーは今回紹介する全ての機種に搭載されています。 一方で64眼赤外線ムーブセンサーと赤外線センサーはどちらか一方が搭載されている、またはいずれも搭載されていない機種とに分かれます。 もちろん赤外線センサーよりも64眼赤外線ムーブセンサーの方が機能が優れており、上位機種には64眼赤外線ムーブセンサーが搭載されており、ヘルシオHPには赤外線ムーブセンサーとの違いは次のように説明されています。 エリア別見極めができる赤外線センサー。 庫内天面に設置。 より引用 64眼赤外線ムーブセンサーになると庫内をエリアごとに管理できる、つまり赤外線センサーより高機能だということになります。 赤外線センサーの有無を機種別に分類すると次のようになります。 2018年モデルの中では最も性能が高く、2018年時点で備わっていた全てのヘルシオ機能が利用できます。 2019年に発売された最新最上位モデルであるAX-XW600と比較すると次の点が異なります• 低温蒸し青野菜機能がない• レンジで一品機能がない ただ上記の違いはあまり魅力のある機能ではありませんので、AX-XW500はAX-XW600と比較してもそれほど差異は無いと言えます。 価格差があまり開いているようであれば敢えて2019年モデルのAX-XW600を購入する必要はないでしょう。 2018年モデルであぶり機能が備わっているのはこの機種だけです。 AX-XW500の購入をお勧めできる層 2018年最上位機種であるAX-XW500の購入をオススメしたいのは次のような方です。 お金が十分にある人• ヘルシオの機能をフルに活用したい人• 美味しい料理を毎日家庭で食べたいけど時短も考慮したい人• ヘルシオ最大の特徴であるまかせて調理とヘルシオあたためが使用できるので、AX-XS500でもヘルシオの主な性能は十分発揮できますが、 レシピ数が上位機種と比較すると少ないため、まかせて調理でがっつり料理をしようと思う方には満足できないでしょう。 しかし価格面で最上位機種のAX-XW500と比較するとかなり安価であるためコスパの良いヘルシオであると言えます。 二段調理は可能ですが、一段目で調理を行い二段目で惣菜をあたためる機能がメインとなります。 クックブックを見たところ、上下段で異なる調理をできるレシピはモーニングセットや酢豚くらいであり、他にはお菓子を上下段で作ることができる程度です。 二段同時調理のレシピ数が圧倒的に少ないため、 ヘルシオで二段同時調理を使いまくろうと考えている人は肩透かしを食らう可能性大です。 あぶり機能、スピード100、ネット対応、音声対応、電子レンジの二品温めは不可となっていますので、これらの機能をそぎ落としても問題ないと考えるのであればAX-XS500は買いと言えます。 またヘルシオで唯一加熱水蒸気の量を自分で調整できる「加熱水蒸気コントロール」が搭載されているのはAX-XS500だけです。 より引用 この機能を使えば加熱水蒸気の量を調整し、食品の仕上げを自分の好みにすることができます。 AX-XS500の購入をお勧めできる層 AX-XS500の購入をお勧めしたいのは次のような方です• ヘルシオの主要機能を安価に使いたい方• コスパを重視される方• またあぶり機能がないため、ステーキのあぶりやローストビーフはつくれません。 一方でレシピ数が多いのが魅力で、バラティエに富んだ料理を作れます。 言ってみれば、 二段調理と炙り機能を削ぎ落した分安くなっている機種と言えます。 2019年にAX-AW500の後継品であるAX-AW600が発売されましたが、AX-AW500とAX-AW600を比較すると次の点が異なります。 低温蒸し青野菜機能がない• レンジで一品機能がない しかし上記機能はそれほど魅力のある新機能ではないので、価格差が開いていればAX-AW500を購入しても良いでしょう。 AX-AW500の購入をお勧めできる層 AX-AW500をオススメしたいのは次のような方です。 炙り肉などの肉料理に興味が無い方• ヘルシオのメイン機能を活用し料理をガッツリ作りたい既婚世帯• スマート家電の愛好家• しかし「まかせて調理」は冷凍食品を使用する場合は別途設定が必要など他の機種と比較すると 少し手間がかかりレシピ数も少な目で、その分価格は低く抑えられています。 AX-AS500の購入をお勧めする層 AX-AS500の購入をお勧めできる人は次のような人です。 惣菜で夕食を済ませることが多く、簡単な料理しかしない独身または共働き夫婦。 赤外線センサーが無いため「まかせて調理」の機能は「カンタン焼き」や「カンタン蒸し」と言った名称で存在し、名前のとおり 簡易な料理に限定されます。 「まかせて調理」は、食材の温度や分量によって加熱方式や時間を自動で調整し、更に「網焼き・揚げる」「焼く」「炒める」「蒸す・ゆでる」の4つの加熱から選択できます。 一方、「カンタン焼き・蒸し」は、食材の温度や分量を見分けることができないので、ある程度決められた材料や分量で、ほぼ固定のタイムで調理します。 また、「焼き」と「蒸し」の2つの加熱からしか選択できません。 冷凍ものもできません。 より引用 同様に「ヘルシオあたため」という言葉は消ており、類似機能としてウォーターオーブンを使用した 「サックリあたため」「焼きたてパンあたため」「しっとりあたため」が使用可能です(ヘルシオあたためと内容は同じです)。 また2019年にAX-CA450の後継品であるAX-CA600が発売されています。 AX-CA450とAX-CA600を比較すると異なるのは次の点です。 御覧のようにヘルシオ全ての機能を利用することができる 現段階で最強の機種です。 AX-XW600を2018年最上位モデルであるAX-XW500と比較すると次のような点が異なります。 「 レンジで一品機能」が追加されることにより、おかず・煮物・パスタなど5分程度で作れる料理が増えています。 これらの追加機能についての詳細はに掲載されていますのでご覧になってください。 AX-XW600をお勧めできる層 2019年最新最上位モデルであるAX-XW600をお勧めしたいのは次のような方です。 お金が十分にある人• ヘルシオの機能をフルに活用したい人• 美味しい料理を毎日家庭で食べたいけど時短も考慮したい人• 新しい機能を誰よりも早く利用してみたい好奇心溢れる人• またAX-AW600の前モデルである2018年発売のAX-AW500と比較すると、「低温蒸し青野菜」と「レンジで一品機能」が加わっています。 AX-AW600をお勧めできる層 AX-AW600の購入をお勧めできる人は次のような人です。 炙り肉などの肉料理に興味が無い方• ヘルシオのメイン機能を活用し料理をガッツリ作りたい既婚世帯• スマート家電の愛好家で新機能を試したい方• そのかわりに「置くだけグリル」という機能があり、自動調理が可能になっています。 まかせて調理ができる機種と比較すると、メニュー数は少なくかつ簡易なものしかなく 蒸し料理や炒めものはありません。 2018,19年モデルで蒸し料理がないのはこのAX-XJ600だけです。 メニューブックを見ると置かれた食材をグリルするだけの機能しか持っておらず、複数の具材がミックスされた料理はできないようです。 また「ヘルシオあたため」の名称はありませんが、「サックリあたため」「できたてパンあたため」「中華まんあたため・シュウマイあたため」など「ヘルシオあたため」と同じことはできます。 二段調理をすることはできますが、複数の異なる食品を作ることはできず、 お菓子を上下段で焼くことしか二段調理の活用方法はありません。 しかし最大の特徴は低価格帯にもかかわらず 熱風コンベクションが搭載されている点です。 アマゾンのレビューを見ると「お菓子作りに最適」との声が多数。 AX-XJ600をオススメできる層 そんなわけでAX-XJ600をオススメできる方は次の方です。 「まかせて調理」は、食材の温度や分量によって加熱方式や時間を自動で調整し、更に「網焼き・揚げる」「焼く」「炒める」「蒸す・ゆでる」の4つの加熱から選択できます。 一方、「カンタン焼き・蒸し」は、食材の温度や分量を見分けることができないので、ある程度決められた材料や分量で、ほぼ固定のタイムで調理します。 また、「焼き」と「蒸し」の2つの加熱からしか選択できません。 冷凍ものもできません。 より引用 同様に「ヘルシオあたため」という言葉は消ており、類似機能としてウォーターオーブンを使用した「サックリあたため」「焼きたてパンあたため」「しっとりあたため」が使用可能です。 AX-CA600を2018年に発売された前モデルであるAX-CA450と比較すると 「レンジで一品」が加わっています。 もしレンジで一品機能に魅力を感じない場合はAX-CA450を購入しましょう。 AX-CA600をオススメできる層 AX-CA600は極限まで機能を削減しており、この機種を購入すべき層は限られてきます。 AX-CA600の購入をお勧めできるのは次の人です。 自炊する必要がなく、惣菜やパンを持ち帰って家で美味しく食べたいという世帯• 「レンジで一品」機能が必要だと思う人 一般的には独身世帯があてはまりますが、忙しい共働き世帯が購入しても良いでしょう。 2020年1月現在では、旧型番のAX-CA450との価格差が1万円程度あり、「レンジで一品」の機能差だけで2万円はあまりにも大きいと思われます。 ご購入前にはそちらを確認されてからの購入をお勧めします。

次の

cclab.collaborativeconsumption.com:肉汁したたるステーキが焼ける シャープ新「ヘルシオ」

ヘルシオ ax xs500

AX-XA10• AX-X10• AX-XW600• AX-AW600• AX-XJ600• AX-CA600• AX-XW500• AX-AW500• AX-XS500• AX-AS500• AX-CA450• AX-XW400• AX-AW400• AX-AS400• AX-CA400• AX-XW300• AX-SP300• AX-AP300• AX-MP300• AX-CA300• AX-XP200• AX-SP200• AX-MP200• AX-CA200• AX-XP100• AX-GA100• AX-SA100• AX-CA100• AX-SP1• AX-GA1• AX-SA1• AX-CA1• AX-PX3• AX-GX3• AX-MX3• AX-CX3• AX-PX2• AX-GX2• AX-MX2• AX-CX2• AX-PX1• AX-GX1• AX-MX1• AX-CX1• AX-X2• AX-G1• AX-M1• AX-X1• AX-S1• AX-L1• AX-2000• AX-HC4• AX-HT4• AX-1000• AX-HC3• AX-HT3• AX-HC2• AX-HT2• AX-HC1 他の機種を見る.

次の

ピザ(クリスピー)|ヘルシオレシピ|ウォーターオーブンヘルシオ:シャープ

ヘルシオ ax xs500

スポンサーリンク シャープのウォーターオーブンヘルシオAX-AW500とAX-AW400の違いをお伝えします。 人気の「まかせて調理」も搭載された26Lの最上位機種です。 カラーはレッドとホワイトの2種類あります。 AX-AW500 2018年モデル AX-AW400 2017年モデル シャープ AX-AW500、AX-AW400の違い 基本仕様の比較 下記の比較表のとおり基本仕様に変化は見られません。 どちらも同じ性能です。 また、どちらも無線LANが装備されているのでCOCORO KITCHENサービスが使えます。 アマゾンやグーグルのスマートスピーカーとも連動するので、音声で操作sることも可能です。 AX-AW500 AX-AW400 おすすめ調理機能 まかせて調理 ドライフード セミドライ/チップス/おつまみ ドライフード(3モード) サックリあたため しっとりあたため スポットスチーム(少量蒸しあたため) 焼きたてパンあたため 総レシピ数(自動メニュー) 264 227 263 219 無線LAN機能 音声操作・音声対話機能 表示部 大型タッチパネルカラー液晶 4. 3型タッチパネルカラー液晶 お手入れ 除菌機能 食器コース・キッチン用品コース 脱臭クリーンコート 庫内クリーン 省エネ設計 省エネ基準達成 待機時消費電力ゼロ 電源オートオフ機構 無線LAN機能OFFの場合 「まかせて調理」とは? 肉でも魚でも野菜でも、食材の量がたっぷりでも少量でも、そして冷凍・冷蔵・常温が一緒でも、お好みで角皿に並べたら、後は調理方法を選ぶだけ。 それぞれの食材の状態に合わせて最適に調理し、ちょうどいい具合にできあがり!平日の夜や朝など、忙しい時でも、手間いらずでおいしいごはんができます。 火加減など気にせず、ほったらかしで焼けるので忙しい時には大助かりですね。 この機能が欲しくてヘルシオを選ぶ方も多いようです。 常温、冷蔵、冷凍をまとめてセット まかせて調理で手間いらずで出来上がります 違いのまとめ 仕様や機能を見るとほぼ同じであることがわかります。 違いは総レシピ数(自動メニュー数)です。 とはいっても下記の通りさほど変わりません。 AX-AW500:264 227• AX-AW400:263 219 どちらがお得なのか? 価格差はあまりないので、AX-AW500を購入した方がいいです。 現状ではAX-AW500の方がお安いショップもあり、どうしても欲しいメニューがある場合をのぞけばAX-AW400を購入する必要はないでしょう。 性能が同じなのでAX-AW400の価格が落ちて1万円以上安くなればAX-AW400を購入するのもありですね。 通販価格 通販価格はよく変動するので下記の赤(楽天)、緑(アマゾン)、水色(ヤフーショッピング)のリンクから最新の価格をチェックしてください。 価格の安い順番に並んでいるので最安値もすぐにわかります。 AX-AW500 楽天市場 アマゾン YAHOO! AX-AW400 楽天市場 アマゾン YAHOO!

次の