夏休み 明け 学校 行き たく ない。 「学校行きたくない」突然の娘の異変に戸惑う親 目立つ不登校 ケアにあたる養護教諭「人手足りない」(沖縄タイムス)

夏休み明け、小学生の不登校や学校に行きたくない!どうしたらいい?

夏休み 明け 学校 行き たく ない

長い休み明けが一番危ない 18歳以下の自殺が一番多い時期が、夏休み明けの前後数日だという。 「夜回り先生」の水谷修先生も、この時期は特に警戒していたという話を聞いたことがある。 原因はいじめや勉強の問題など色々だ思うが、「休み明けのプレッシャー」というのはどんな場合でも大きいんじゃなかろうか。 学校が嫌な子供ほど、長い休みが終わる絶望感は他の子供の何倍にもなるんだろう。 夏休み明けに限らず、春休み明け、GW明け、月曜日になる直前など、自殺が増えるタイミングは意外と多い。 学校や会社に行きたくない人間にとっては、休日の間も「休みが終わる日」を考えてしまって落ち着かないものである。 生活リズムの問題? 本当に学校に行くのが、辛い人もいる。 が、単純に生活リズムが乱れすぎて、学校に行けなくなるケースもたまにある。 特に夏休みは、休みの期間が長すぎる。 連続で休むよりも、むしろたまに登校日などがあった方が休み明け対策になるかもしれない。 2016年は鎌倉の図書館が、「死ぬほどつらい子は学校を休んで 図書館へいらっしゃい」というツイートをして話題になった。 さらに2017年は、上野動物園が「逃げ場所がなければ動物園にいらっしゃい」とツイートしている。 こういう声が出てくるのは良いことだと思う。 が、夏休み明けに子供の自殺が増えるという問題は、今に始まったことじゃない。 ここ数十年、ずっとそういう傾向だったのだ。 そういうことを考えると、「ようやく気付いたか」という思いもある。 なぜもっと前に、そういうことを言う人が出てこなかったんだろうか。 なぜ「逃げていい」の声が高まった? ひと昔前なら、学校に行きたくないと言えば「怠け」と思われるのが常だった。 増してや夏休み明けの訴えなど、「夏休みボケ」と言われてお終いだ。 子供の声を、そこまで深く考えない大人の方が多かった。 そこから一転「逃げていい」の声が出てくるようになったのは、やはり鎌倉市図書館のツイートの影響だろうか。 誰かが一声上げると、後から後からどんどん声が上がるようになる。 さらに大人の社会の方でも、「過労死」などが大きな問題になったことも理由かもしれない。 ガムシャラに頑張るという空気に、首を傾げる人が増えてきたということか。 ついでに春休み明けなどにも呟いてくれないものか。 しかしツイッターは広がるのは早いが、しぼむのも早い。 この流れが、単なる一過性のブームで終わらないでほしいと思う。 安全基地が無いから追い詰められる 鎌倉の図書館や上野動物園のように、「安全基地」があるというのはとても大事だ。 子供が自殺をするのは、どこにも自分が安心できる場所が無かったのが原因だと思うからだ。 本当なら、家が安全基地になるのが理想かと思う。 が、実際にそう出来ているところはほとんど無いんじゃなかろうか。 子供が学校に行きたくないと言って、「じゃあ行かなくていいよ」と思い切れる親もなかなかいないだろう。 家族のことになると余計に、人は冷静じゃいられなくなるものだ。 (私も10代の頃、学校に行くフリをして外で時間を潰したことが何度かあった) そういうときは、自分を知らない人ばかりの図書館や動物園などの方が気楽かもしれない。 中には、「裁判の傍聴はタダだよ」という面白い声もあった。 もっとほかの、広い選択肢もどんどん紹介してもらいたい。 そのうち夏休み明けに限らず、「学校は行きたくないなら行かなきゃいい」という声が多くなるかもしれない。 行き場所がない子にとっては、少しは安心できるようになるといい。 学校に限らず、子供が生きていく方法を勉強できる場所が方法が増えれば、夏休み明けの自殺問題ももっと減るんじゃなかろうか。

次の

「学校行きたくない」突然の娘の異変に戸惑う親 目立つ不登校 ケアにあたる養護教諭「人手足りない」(沖縄タイムス)

夏休み 明け 学校 行き たく ない

学校に行かなければ、卒業できない、留年してしまう。 学歴に書かく事になる。 競争のように、どんどん遅れていく。 後になって、手遅れで勉強、学校、行きたくないでしょ。 働きたくない人も、後で働く事になる。 あの頃、勉強してればよかった、働いてればよかったと後悔する。 学校に行く時も、働く時も強いメンタルが必要。 大卒になれば、給料も上がり、良い仕事につける。 それでも採用をするのは難しい。 競争相手が沢山いる。 ブラック企業ぐらいしか就職できなくなる。 だと、すると、もっと働きたくなくなる。 ブラック企業で働きたくないでしょ。 競争のように、サボれば、遅れていく。 勉強も、学校も運動も、サボれば、人から、どんどん遅れていく。 後で、するのも嫌でしょ。

次の

連休明けや夏休み明けの不登校と再発する原因

夏休み 明け 学校 行き たく ない

学校に行きたくない理由は、子供の成長過程で変わる 「学校に行きたくない」 という一言出ない子供が多いのですが、 実は、 子供の成長段階や周囲との関係により 学校へ行きたくないという理由は様々です。 ですので 行かなきゃいけないと圧力をかけるのでなく 子供に応じたケアが必要です。 一般的には段階別に次のような傾向があります。 2 集団行動に馴染めない・・・小学校に入ると集団行動や友達関係での決まりごとが多くなるので 社会性が育っていないとついていけない。 友達とどのように関わっていくかの部分で 難しさ、苦手を感じる子供も少なくない。 2 学習面でのつまずき・・・学習内容が難しくなるとともに、周囲を見る力もついてくるため 自分と周囲を比較してしまい自信喪失することもあります。 2 対人関係の複雑化・・・中学年に比べて更に複雑化。 3 学習面のつまずき・・・学習内容が更に難しくなる。 4 学校への不信感・・・高学年になると更に周囲を見る力がつき、先生の姿勢や学校のあり方に対して疑問を持ち、学校環境に溶け込めなくなる子供もいます。 では、このような年齢や環境により異なる原因について どのように考えたら良いのでしょうか。 スポンサーリンク 子供の本音を探る 大切なことは、 学校へ行きたくない気持ちの根底にある不安 をしっかり把握することです。 子供は表現力が乏しいので 信頼している母親にさえ 本音を伝えられないものです。 また、 自分の知っている言葉だけ発するので、 親はそれを鵜呑みにしてしまうことが多いのですが 実は根っこは別のところにあった、 というケースが非常に多いのです。 1 子供の気持ちに共感する 親にとっては 「そんなことで行きたくないなんて言わないでちょうだい!」 と言いたくなることも多いでしょうけど、 まずは冷静になり、 子供の「行きたくない」という気持ちを理解することです。 2 隠れている本音を探り、解決策を考える 子供はこう言っているけど、実は何が嫌なのだろうか? と探っていきます。 探るためにも、最初の「子供に共感」が重要です。 子供は共感してくれる人には心を開き、 いろんな話をしてくれるからです。 そして、本音に気付くことが出来れば 解決策も見つけやすいでしょう。

次の