早急な回答ありがとうございます 英語。 今日から使える!英語のビジネスメール例文&フレーズ<応用編>

英語で「素早い対応ありがとうございます」は何て言うの?

早急な回答ありがとうございます 英語

「早速のご対応」のメールでの使い方と例文 「早速のご対応ありがとうございます」の形で使うのが基本 「早速」は、「 早速のご対応ありがとうございます」という形で使用することが基本です。 「 素早く対応してくれてありがとう」という意味で、自分が依頼したことに対して、相手がすぐに対応してくれたということに対してお礼を伝える言い回しが「早速のご対応ありがとうございます」です。 「早速ご対応いただき、誠にありがとうございます」だとより丁寧 「早速のご対応ありがとうございます」は、「早速ご対応いただき、誠にありがとうございます」だとより丁寧な言い回しになります。 「〜いただき」は、 「〜してもらう」の謙譲語です。 謙譲語とは、相手に敬意をしめすために自分側の事をへりくだった言い方をする表現のことをいいますので、「ご対応いただき、誠にありがとうございます」は相手に敬意を示した丁寧であるということがわかります。 「早速のご対応を頂き」とも書かれることがありますが、 「いただく」を漢字で書く場合は「食べる・飲む」の謙譲語にたいしての場合となるため誤りです。 「物をもらう」「確認をしてもらう」などの動作に対する場合は、「いただく」とひらがなで書くことが基本となりますので、間違えることのないように使い分けましょう。 「ありがとうございます」を「感謝いたします」「お礼申し上げます」とするとより堅い印象に 「ありがとうございます」を、 ・感謝いたします ・お礼申し上げます などの表現に置き換えるとよいフォーマルな響きになります。 しかし、「ありがとうございます」も正式な敬語ですので、「ありがとうございます」のままビジネスメールで使用しても全く問題ありません。 「お忙しい中」「ご多忙の折」などと文頭に入れるとなおよし 「早速のご対応ありがとうございます」は、 「お忙しい中」「ご多忙の折」など文頭に入れるとなお印象が良いです。 「お忙しい中」「ご多忙の折」などは、「 お忙しいにも関わらず対応をしていただきありがとうございます」といういった意味で、忙しい中自分のために時間を費やしてくれたことに対しての感謝を表すことができます。 「お忙しい中」「ご多忙の折」などは単に社交辞令であるため、本来の意味と違い 相手が暇そうな場合でも使える言葉です。 この人は今、暇そうだから「お忙しいところ~」は使えない。 あの人は今は忙しそうだから「お忙しいところ~」を絶対に使うべき。 とか、そういった使い分けは必要ありません。 相手が誰であろうと「お忙しいところ~」は使うことができます。 「早速のご返信」もよく使う 「早速のご返事」もよく使う言い回しです。 自分が送信したメールや手紙に対してすぐに返事をくれたことにたいするお礼の言葉です。 「ご返信」は、「返信」という言葉に尊敬を表す接頭語の「ご」がついている言葉なので、目上の人に対して使用することができる言葉です。 社内の上司に連絡をとり、すぐに返信をもらったという場面にも使用することができます。 自分が目上に対応するときは「早速ご対応いたします」 自分が目上の人に対応するときは「早速ご対応いたします」という言い回しを使用します。 この場合の 「対応」についている「ご」は、「ご〜いたします」で謙譲語で、自分の「対応する」という行為をへりくだった表現をすることで相手に敬意をしめす言い回しとなります。 目上の人に何か依頼をされたというような場面で「すぐに対応します」という誠意をしめすことができる言葉です。 「早速ご対応いたします」と答えた場合にはすぐに対応し、時間をあけることがないようにしましょう。 「早速のご対応」の使用上の注意点 「早速の対応」は目上の人には使えない 目上の人に対して「早速の対応ありがとうございます」と言うのは失礼にあたります。 「早速の対応」は敬語ではないからです。 「対応」に尊敬を表す接頭語の「ご」を付けて、「早速のご対応」とするのがビジネスメールではマナーです。 「早速のご対応いただき」は誤った日本語 「早速のご対応いただき」は文法的に間違った日本語です。 正しくは「 早速のご対応をいただき」または「 早速ご対応いただき」になります。 「早速[の]ご対応」というふうに[の]を入れる場合は、「ご対応」が名詞扱いになります。 そのため、助詞「を」を使う必要があります。 または、「ご対応いただく」で一つの動詞として扱うことも可能です。 (二重敬語だと主張する人もいますが、慣習的に広く使用されている表現で、正しい敬語として現在では認められています) 「早速のご対応ありがとうございます」は上から目線になる可能性あり 「早速のご対応ありがとうございます」は場合によっては、上から目線になってしまう可能性があるので注意が必要です。 迅速な対応をするのが当たり前だと思っている人や企業に対して「早速のご対応ありがとうございます」と言ってしまうと、「もっと遅くやると思ってたのか?」「このスピード感で仕事するの普通だけど?」と感じる人がいるかもしれません。 (そこまで嫌味っぽく考える人は少数派だと思いますが... ) 相手側が多忙である事がお互いの共通認識で、かつ相手の返信や対応が著しく速かった場合のみに、この言い回しの使用を限定した方が無難と言えるでしょう。 「早速のご対応」の類語・言い換え 迅速なご対応 例文 「お忙しい中依頼したにも関わらず、早速のご対応ありがとうございます」 「早速のご対応、感謝申し上げます」 「早速のご対応ありがとうございます。 いただきました資料は次回の会議に資料として使用させていただきます」 「早速のご対応ありがとうありがとうございます。 再度検討させていただいたのに後で今週中にお返事いたします」 「お忙しい中早速のご返信ありがとうございます」 「ご多忙の折、早速ご対応いただきありがとうございます大変助かりました」 「お忙しいところ早速が対応いただき誠にありがとうございます」 「早速のご返信ありがとうございます」 「早速のご返信誠にありがとうございます」 「お忙しいところ早速のご返信ありがとうございます」 「迅速(じんそく)」は、「 物事の進み具合や行動などが非常に速いこと」を意味していて、「迅速なご対応」は「 非常に早い対応」というようなニュアンスで使用される言い回しです。 対応の尊敬語を使用しているため、目上の人やビジネスメールでも使用することができます。 近年では、ネットオークションなどの売買のやりとりで素早いやり取りで取引を終えられたという場面で「迅速な対応ありがとうございました」とお礼を述べることが多いです。 例文 「この度は迅速なご対応をしていただき、誠にありがとうございました」 「お忙しいところ、迅速にご対応していただき、ありがたく存じます」 「お客様からのご期待に応えられるよう、迅速なご対応をいたします」 早々のご対応 「早々(そうそう)のご対応」に使用されている「早々」は「ご対応を」修飾している副詞で、「 できるだけ早く物事を行なおうとする気持ち」を言い表す言葉です。 「早々」は「できるだけ早く」を意味しているので基本的に自分の行動、もしくは目下の人か同等に使う言葉とされていますが、 目上の相手がすでに完了した行為に対して感謝の意を述べるときは使用することができます。 例文 「突然のお願いにも関わらず、早々のご対応ありがとうございました」 「お忙しいところ早々のご対応誠に感謝申し上げます」 「この度は早々のご対応ありがとうございました。 送付していただきました資料は参考資料として使用させてもらいます」 早急のご対応 「早急」は、「 そうきゅう」と読みます。 また、「 さっきゅう」とも読むことができます。 そうきゅう」と読んでいる人のほうが割合はとてもお多いですが、本来は「さっきゅう」と読む言葉でるということも覚えておきましょう。 「早急」の意味は、「 非常に急ぐこと」で、「早急のご対応」は「 非常に早く対応をする」という意味になります。 丁寧な言い回しであるため、目上の人に素早い対応をしてもらったというお礼を伝える場面で使用することができます。 例文 「早急にご対応いただきありがとうございました。 お陰様でプレゼンは大成功をで収めることができました」 「早急にご対応いただけたお陰で、大惨事に至らず助かりましたありがとうございます」 「早急にご対応いただき誠にありがとうございました」 「早速のご対応」の英語 「早速のご対応」は「prompt response」「quick reply」 「早速のご対応」は英語で「prompt response」「quick reply」などです。 「prompt」「quick」は「迅速な、素早い」という意味の形容詞です。 「ご対応」は「response」「reply」などとします。 動名詞を使い、「handling」などとしてもよいでしょう。 「fast」は「(一定して持続的に)速い」を意味するので不適 「quick」と「fast」を混同してしまう人がいますが、ニュアンスに違いがあるので注意です。 「quick」は「瞬間的に速い」という意味であるのに対し、「fast」は「一定して持続的に速い」という意味になります。 「早速のご対応」は、一度の速い対応に対して使うので「quick」が適当となります。 例文です。

次の

早急な返信ありがとうございますって英語でなんて言うの?

早急な回答ありがとうございます 英語

「早い返信ありがとう」は、丁寧語の形で敬語にします。 「早い返信ありがとうございます」が、この言葉の敬語表現です。 「ありがとう」はこのままの形で謙譲語にすることはできません。 謙譲語にする場合は「感謝する」などの言葉に言い換え「早い返信感謝いたします」などの表現にします。 敬語の種類 敬語には「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」があります。 丁寧語よりも尊敬語、謙譲語の方が丁重な表現だとされています。 「早い返信ありがとう」の敬語表現は「早い返信ありがとうございます」です。 丁寧語にあたります。 「早い返信ありがとうございます」をより丁寧な形の敬語にする場合は、「ありがとう」を「感謝する」に言い換え「早い返信を感謝いたします」などの形にします。 「返信」を尊敬語にして「早いご返信ありがとうございます」「早いご返信感謝いたします」という場合もあります。 使い方 「メールを確認いたしました。 早い返信ありがとうございます」「いつも早い返信ありがとうございます。 連絡が取りやすくて大変助かっております」などの使い方をします。 「早い」は言わずに「ご返信ありがとうございます」とだけ言う場合も多いです。 「早い返信ありがとう」のシーン別の使い方 「早い返信ありがとう」は、色々なシーンで使われます。 シーン別に使い方をご紹介します。 メールでの使い方 相手から思ったよりも早く返信が来た時などに使います。 「早い返信ありがとうございます」「早いご返信ありがとうございます」などの使い方をします。 しかし、目上の人やお客様からの返信のお礼にはあまり使いません。 一緒に仕事をしている同僚や、部下からのメールに対しての返事として送る場合が多いです。 ビジネスシーンでの使い方 「早い返信ありがとうございます」は目上の人に対して使う場合は気を付ける必要があります。 敬語では目上の人の仕事内容や行動指針を目下の人は正確に把握することはできない、という考え方に基づいて言葉を選びます。 返信を早くするか遅くするかは仕事の優先順位にあたりますので、厳密にいうと、目上の人から返信が「早かった」か「遅かった」かは、目下の人には判断できないということになります。 このため、「早い返信ありがとう」ではなく「返信をくださってありがとう」という言葉を返すのが自然です。 「ご返信ありがとうございます」「ご返信感謝いたします」などが適切です。 お客様に対して お客様に対しても「早い返信ありがとう」はあまり使いません。 返信が早くて助かるのは、多くの場合その方が業務を早く進められるためです。 しかし、お客様に「業務が早く進んだ」と伝える必要はない場合が多いため、「早い返信ありがとう」というお礼の言葉は適切ではありません。 「ご返信ありがとうございます」が適切です。 同僚・部下に対して 「早い返信ありがとう」は一緒に業務を進めている同僚に対して使うことが多い表現です。 「早い返信ありがとう」は「貴方が早く返信してくれるおかげで、仕事がスムーズに進みます」という感謝を伝える言葉ですので、同じ業務についている同僚に対して使うのは適切です。 「早い返信ありがとう」は部下に対しても使うことができます。 部下に使う場合は「貴方の業務の優先順位や速度は適切だ」という肯定の言葉になります。 「早い返信ありがとう」の「早い」には、類義語が多数あります。 それらを使った敬語表現をご紹介します。 早速 「早速」は「反応が早い」という意味です。 「早速出かけることにしよう」「早速ですが」「早速準備する」「早速返事をくれた」などの使い方をします。 「早速のご対応」「早速のお返事」は、よく使われる慣用句的な表現です。 何かサービスや商品などを勧めた後、「それをお願いする」などの返事をすぐに貰った時などに使います。 「早速のご対応、大変感謝いたします」「早速ご対応くださいましてありがとうございます」「早速お返事くださいましてありがとうございます」などの使い方をします。 「早速のご対応」などは、慣用句的な表現なので気にする人は少ないと考えられますが、お客様の反応に対して「早い」「遅い」などのコメントをすることは、本来は失礼にあたります。 「早速のお返事ありがとうございます」などはやや馴れ馴れしい表現です。 早々 「早々」は「そうそう」と読みます。 「本来の時期よりも早く」「その状態になってすぐに」という意味の言葉です。 「会議を早々に退席した」「開会早々に退出者が相次いだ」「入社早々海外出張を言い渡された」などの使い方をします。 「彼は早々と出かけて行った」などの文脈では「はやばや」と読むこともあります。 「早々に返信をくださいましてありがとうございます」「早々のご返信ありがとうございます」などは、あまり使わない言い回しですが意味は通じます。 迅速 「迅速」は「非常に速い」という意味です。 「早い返信ありがとうございます」の「早い」という部分をより強く表現したい場合は「迅速な返信ありがとうございます」などの表現をします。 また、「迅速」は目上の人に対して使用しても問題ありません。 基本的には「早い」「早速」などは、目上の人の仕事対応に対して使わない方がよいでしょう。 しかし、「迅速」は「仕事の進め方が適切だ」というような意味ではなく、速度自体を賞賛しているようなニュアンスのある言葉であるため、例外的に目上の人に使っても問題ありません。 「迅速なご返信ありがとうございます。 大変助かりました」「迅速にご返信くださいまして感謝いたします」などの使い方をします。 「早い返信ありがとう」を使わない方が良い場面 目上の人の仕事に対して「早い」「遅い」などのコメントをするのは失礼にあたる場合が多いです。 「早いことを感謝する」という言葉であっても、目上の人に対して、仕事の優先順位や速度を意見する形になります。 目上の人には「早い返信ありがとうございます」ではなく「ご返信ありがとうございます」という言葉を使うようにしましょう。 お客様に対しても「早い」「遅い」などの言葉をかけるべきではありません。 早い返信は、自分たちの業務を遅滞なく遂行できるという点で助かる、という場合が多いです。 しかし、それはお客様が気にかける事ではないため、その点について礼を言うと返って失礼にあたることがあります。 「ご返信ありがとうございます」という言葉が適切です。 「早い返信ありがとう」に似た場面で使う敬語表現 一緒に仕事をしている上司に対してであれば「迅速な返信ありがとうございます」などの言葉を使用することができます。 しかし、お客様や部署が違うなどで同じ仕事をしているわけでは無い目上の人に対して「迅速な返信ありがとう」は使いません。 一緒に仕事をしているわけではない相手の、仕事の速さを賞賛するのは不自然であるためです。 では、そのような相手に対して「こちら業務を気づかって早く返信するなどの心配りをしてくれてありがとう、助かっている」という感謝を伝えたい場合はどうしたらよいのでしょうか。 そのような場面でよく使用される言葉をいくつかご紹介します。 格別のお取り計らい 「早く返信するなどして、こちらの業務を気づかってくれてありがとう」という気持ちを伝えるような場面でよく使用される言葉に「格別のお取り計らい」があります。 「格別のお取り計らい」は「他よりも特にこちらに気にかけて、うまくいくように都合を合わせてくれている」という意味です。 「平素より格別のお取り計らいをいただきまして、誠にありがとうございます」「いつも格別のお取り計らいをいただきまして感謝しております」などの使い方をします。 「早い返信ありがとう」は基本的には目上の人に対して使用しません。 「早い」という言葉には、仕事の速度が適切であるということをこちらが判断しているようなニュアンスが僅かにあります。 このため、目上の人に対して「早い」と伝えたい時には速さを称賛しているようなニュアンスがある「迅速」を使います。 「迅速なご返信ありがとうございます」であれば、目上の人に対して使っても問題ありません。 「早い返信をしてくれるなど、こちらの業務を気づかってくれてありがとう」という意味で「早い返信ありがとう」と言いたいというような場面では、「お心遣いをいただきましてありがとうございます」「お気にかけていただきましてありがとうございます」「格別のお取り計らいをいただきましてありがとうございます」などの表現をします。 「早い返信ありがとう」の敬語表現を使いこなそう! 「早い返信ありがとう」は丁寧語の形で敬語にします。 「早い返信ありがとうございます」「早いご返信ありがとうございます」が、この言葉の敬語表現にあたります。 同僚や部下に対して使うことが多い表現です。 「早い返信ありがとうございます。 おかげで今日中に仕上げることができそうです」などの使い方をします。 目上の人に対しては「早い返信ありがとう」ではなく「迅速なご返信ありがとうございます」という言葉を使います。 お客様に対しては「早い」という言葉は基本的に使いません。 「お心遣いいただきましてありがとうございます」などの言葉で感謝を伝えます。 「早い返信ありがとう」の敬語表現を押さえて使いこなせるようになりましょう。

次の

素早い対応への感謝の表現「迅速な対応、ありがとうございました」の応用パターン

早急な回答ありがとうございます 英語

「早い返信ありがとう」は、丁寧語の形で敬語にします。 「早い返信ありがとうございます」が、この言葉の敬語表現です。 「ありがとう」はこのままの形で謙譲語にすることはできません。 謙譲語にする場合は「感謝する」などの言葉に言い換え「早い返信感謝いたします」などの表現にします。 敬語の種類 敬語には「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」があります。 丁寧語よりも尊敬語、謙譲語の方が丁重な表現だとされています。 「早い返信ありがとう」の敬語表現は「早い返信ありがとうございます」です。 丁寧語にあたります。 「早い返信ありがとうございます」をより丁寧な形の敬語にする場合は、「ありがとう」を「感謝する」に言い換え「早い返信を感謝いたします」などの形にします。 「返信」を尊敬語にして「早いご返信ありがとうございます」「早いご返信感謝いたします」という場合もあります。 使い方 「メールを確認いたしました。 早い返信ありがとうございます」「いつも早い返信ありがとうございます。 連絡が取りやすくて大変助かっております」などの使い方をします。 「早い」は言わずに「ご返信ありがとうございます」とだけ言う場合も多いです。 「早い返信ありがとう」のシーン別の使い方 「早い返信ありがとう」は、色々なシーンで使われます。 シーン別に使い方をご紹介します。 メールでの使い方 相手から思ったよりも早く返信が来た時などに使います。 「早い返信ありがとうございます」「早いご返信ありがとうございます」などの使い方をします。 しかし、目上の人やお客様からの返信のお礼にはあまり使いません。 一緒に仕事をしている同僚や、部下からのメールに対しての返事として送る場合が多いです。 ビジネスシーンでの使い方 「早い返信ありがとうございます」は目上の人に対して使う場合は気を付ける必要があります。 敬語では目上の人の仕事内容や行動指針を目下の人は正確に把握することはできない、という考え方に基づいて言葉を選びます。 返信を早くするか遅くするかは仕事の優先順位にあたりますので、厳密にいうと、目上の人から返信が「早かった」か「遅かった」かは、目下の人には判断できないということになります。 このため、「早い返信ありがとう」ではなく「返信をくださってありがとう」という言葉を返すのが自然です。 「ご返信ありがとうございます」「ご返信感謝いたします」などが適切です。 お客様に対して お客様に対しても「早い返信ありがとう」はあまり使いません。 返信が早くて助かるのは、多くの場合その方が業務を早く進められるためです。 しかし、お客様に「業務が早く進んだ」と伝える必要はない場合が多いため、「早い返信ありがとう」というお礼の言葉は適切ではありません。 「ご返信ありがとうございます」が適切です。 同僚・部下に対して 「早い返信ありがとう」は一緒に業務を進めている同僚に対して使うことが多い表現です。 「早い返信ありがとう」は「貴方が早く返信してくれるおかげで、仕事がスムーズに進みます」という感謝を伝える言葉ですので、同じ業務についている同僚に対して使うのは適切です。 「早い返信ありがとう」は部下に対しても使うことができます。 部下に使う場合は「貴方の業務の優先順位や速度は適切だ」という肯定の言葉になります。 「早い返信ありがとう」の「早い」には、類義語が多数あります。 それらを使った敬語表現をご紹介します。 早速 「早速」は「反応が早い」という意味です。 「早速出かけることにしよう」「早速ですが」「早速準備する」「早速返事をくれた」などの使い方をします。 「早速のご対応」「早速のお返事」は、よく使われる慣用句的な表現です。 何かサービスや商品などを勧めた後、「それをお願いする」などの返事をすぐに貰った時などに使います。 「早速のご対応、大変感謝いたします」「早速ご対応くださいましてありがとうございます」「早速お返事くださいましてありがとうございます」などの使い方をします。 「早速のご対応」などは、慣用句的な表現なので気にする人は少ないと考えられますが、お客様の反応に対して「早い」「遅い」などのコメントをすることは、本来は失礼にあたります。 「早速のお返事ありがとうございます」などはやや馴れ馴れしい表現です。 早々 「早々」は「そうそう」と読みます。 「本来の時期よりも早く」「その状態になってすぐに」という意味の言葉です。 「会議を早々に退席した」「開会早々に退出者が相次いだ」「入社早々海外出張を言い渡された」などの使い方をします。 「彼は早々と出かけて行った」などの文脈では「はやばや」と読むこともあります。 「早々に返信をくださいましてありがとうございます」「早々のご返信ありがとうございます」などは、あまり使わない言い回しですが意味は通じます。 迅速 「迅速」は「非常に速い」という意味です。 「早い返信ありがとうございます」の「早い」という部分をより強く表現したい場合は「迅速な返信ありがとうございます」などの表現をします。 また、「迅速」は目上の人に対して使用しても問題ありません。 基本的には「早い」「早速」などは、目上の人の仕事対応に対して使わない方がよいでしょう。 しかし、「迅速」は「仕事の進め方が適切だ」というような意味ではなく、速度自体を賞賛しているようなニュアンスのある言葉であるため、例外的に目上の人に使っても問題ありません。 「迅速なご返信ありがとうございます。 大変助かりました」「迅速にご返信くださいまして感謝いたします」などの使い方をします。 「早い返信ありがとう」を使わない方が良い場面 目上の人の仕事に対して「早い」「遅い」などのコメントをするのは失礼にあたる場合が多いです。 「早いことを感謝する」という言葉であっても、目上の人に対して、仕事の優先順位や速度を意見する形になります。 目上の人には「早い返信ありがとうございます」ではなく「ご返信ありがとうございます」という言葉を使うようにしましょう。 お客様に対しても「早い」「遅い」などの言葉をかけるべきではありません。 早い返信は、自分たちの業務を遅滞なく遂行できるという点で助かる、という場合が多いです。 しかし、それはお客様が気にかける事ではないため、その点について礼を言うと返って失礼にあたることがあります。 「ご返信ありがとうございます」という言葉が適切です。 「早い返信ありがとう」に似た場面で使う敬語表現 一緒に仕事をしている上司に対してであれば「迅速な返信ありがとうございます」などの言葉を使用することができます。 しかし、お客様や部署が違うなどで同じ仕事をしているわけでは無い目上の人に対して「迅速な返信ありがとう」は使いません。 一緒に仕事をしているわけではない相手の、仕事の速さを賞賛するのは不自然であるためです。 では、そのような相手に対して「こちら業務を気づかって早く返信するなどの心配りをしてくれてありがとう、助かっている」という感謝を伝えたい場合はどうしたらよいのでしょうか。 そのような場面でよく使用される言葉をいくつかご紹介します。 格別のお取り計らい 「早く返信するなどして、こちらの業務を気づかってくれてありがとう」という気持ちを伝えるような場面でよく使用される言葉に「格別のお取り計らい」があります。 「格別のお取り計らい」は「他よりも特にこちらに気にかけて、うまくいくように都合を合わせてくれている」という意味です。 「平素より格別のお取り計らいをいただきまして、誠にありがとうございます」「いつも格別のお取り計らいをいただきまして感謝しております」などの使い方をします。 「早い返信ありがとう」は基本的には目上の人に対して使用しません。 「早い」という言葉には、仕事の速度が適切であるということをこちらが判断しているようなニュアンスが僅かにあります。 このため、目上の人に対して「早い」と伝えたい時には速さを称賛しているようなニュアンスがある「迅速」を使います。 「迅速なご返信ありがとうございます」であれば、目上の人に対して使っても問題ありません。 「早い返信をしてくれるなど、こちらの業務を気づかってくれてありがとう」という意味で「早い返信ありがとう」と言いたいというような場面では、「お心遣いをいただきましてありがとうございます」「お気にかけていただきましてありがとうございます」「格別のお取り計らいをいただきましてありがとうございます」などの表現をします。 「早い返信ありがとう」の敬語表現を使いこなそう! 「早い返信ありがとう」は丁寧語の形で敬語にします。 「早い返信ありがとうございます」「早いご返信ありがとうございます」が、この言葉の敬語表現にあたります。 同僚や部下に対して使うことが多い表現です。 「早い返信ありがとうございます。 おかげで今日中に仕上げることができそうです」などの使い方をします。 目上の人に対しては「早い返信ありがとう」ではなく「迅速なご返信ありがとうございます」という言葉を使います。 お客様に対しては「早い」という言葉は基本的に使いません。 「お心遣いいただきましてありがとうございます」などの言葉で感謝を伝えます。 「早い返信ありがとう」の敬語表現を押さえて使いこなせるようになりましょう。

次の