泡立て 器 おすすめ。 お菓子作りに欠かせない!泡立て器のおすすめ人気ランキング7選【2020年最新】

【ふわふわメレンゲ!】泡立て器の人気おすすめランキング5選|Besme [ベスミー]

泡立て 器 おすすめ

お菓子作りなど料理のあらゆる場面に必須な器具、泡立て器。 自分の手でかき混ぜる際にはある程度の労力を要しますが、泡立て器を使って調理することにあるメリットとはどのようなものなのでしょうか。 大きく3つに分けてみていきましょう! まず一つ目に挙げられるのは、 仕上がりのきめの細かさです。 ハンドミキサーを使うと楽ではありますが、ハンドミキサーでは大きすぎる泡ができてしまったり、泡の大きさがバラバラで舌触りの悪いホイップができてしまうことがあります。 きめ細かく上質なクリームや生地を作るためには泡立て器の方が適しています。 二つ目は、 静かに作業できることです。 料理を頻繁にする方であれば、近隣への音が気になったり、家族が寝静まってからは調理できなかったりといった場合も多いでしょう。 電動のミキサーはモーター音が気になりますが、泡立て器から生じる騒音ははるかに小さいため、泡立て器を使えばいつでも安心して料理ができます。 三つ目ですが、 用途に応じて適切なものを使い分けられることです。 泡立て器はお菓子作りに欠かせない調理器具ですが、そのほかにもクリーム、ソース、ドレッシングなどさまざまな料理を作る際に必要となります。 泡立て器には多くの種類があるので、それぞれに対して最も適したものを選んで使えることが大きな魅力のひとつです。 泡立て器は 生地によって動かし方が異なります。 例えば、バタークッキーなど硬い生地を泡立てる場合は、ボウル全体を使ってグルグルと動かすと早く泡立てることができます。 逆に生クリームやスポンジ生地など柔らかい生地の場合には左右に素早く動かして泡立てます。 これら以外にもお菓子作りに役立つちょっとしたポイントがあるので、ご紹介しておきます! 先ほど左右に動かすことをコツとしてあげましたが、この中にもポイントがあります。 右に動かす時、もしくは左に動かす時、 どちらにより力を入れるかを自分の中で決めておくことです。 左右どちらでもいいのですが、人によってどちらがやりやすいかが違うので、これを決めておくと泡立てる効率が上がりますし、ずっと力を入れなくていいので疲れづらくなります。 また、泡立て器は構造上、とても洗いづらい形になっていますが、お菓子やドレッシングを作った後、うまく洗い切れておらず油が残ってしまうことや、洗剤がすすぎ切れていないことがたまにあります。 そうすると生地を泡立てる際に、それらが原因でうまく 泡が作られないことがあるので、使った後にしっかり洗うことも失敗しないするコツになるので覚えておきましょう! 泡立て器を選ぶうえで最重要となるポイントがワイヤーの種類や状態です。 ここではワイヤーの本数、間隔、先端の形に注目します。 まず、素早く泡立てるためには ワイヤーの本数が多いものを選ぶのがおすすめです。 泡立ての目的はクリームや生地に空気を含ませることです。 ワイヤーの本数が多いと泡立てる対象に触れる面積が大きくなるため、泡立てにかかる時間が短くなります。 また、必ずワイヤーの間隔が均一であるものを選ぶようにしましょう。 泡立てるものを均一に混ぜ、仕上がりをなめらかにするためには本数だけでなく間隔の確認が必須です。 ボウルを傷つけてしまわないよう 先端が丸いものを選ぶことも重要です。 特に、ステンレス製のボウルを使う場合には泡立て器のワイヤーによって細かい傷がついてしまうことが多く、それによって黒井カスみたいなものが生じることもあります。 清潔を保つ上でも好ましくないため、先端の形についても意識して選びましょう。 ボウルや鍋を傷つけたくない!でも、シリコンの持ち手は使いづらいそんなことを思ったことはないでしょうか?この商品は持ち手はステンレス、ワイヤー部分のみシリコンになっているので、握りこみはしっかりできて、ボウル等を傷つける心配もないほか、金属同士がぶつかり合う音も鳴らないので静かにストレスなく使うことができます。 ティファール製ですので、フッ素加工された鍋との相性もバッチリです。 二つ目は手にしっかりフィットすることです。 フィンガーレスト付きですので、指の置き場所に困らず快適に使用いただけます。 さらには樹脂製ですので軽量で、生クリームを泡立てたりカスタードクリームを炊くときにも、腕が疲れにくいです。 ですので生地を泡立てるのがとても速いです。 また、ワイヤー部と持ち手部分が溶接されているので、中に水や汚れが入り込むことなくとても衛生的です。 ですので泡立ちやすさに申し分はありません。 値段も安く普段使いには十分役立つ商品です。 また、重心のバランスが良いのも人気の一つになっており、長時間使っていても疲れづらくなっています。 オールステンレスで丈夫なので、お菓子だけでなくジャガイモをつぶしたりと、かたい材料に対しても強いことが特徴の一つです。 サイズ 長さ25. また、値段が安いわりに丈夫なつくりになっており、長期にわたってご使用いただけます。 サイズバリエーションも豊富で、用途に応じて使い分けていただくことができます。 サイズ 長さ22. 日本製で品質にも問題なく、安心してお使いいただくことができます。 こちらにも持ち手部分が引っ掛けることができる作りになっておりますので、収納場所にも困ることはありません。 持ち手部分がプラスチックになっていますので、握りこみやすく使い勝手もよいです。 少量のドレッシングやソースを混ぜ合わせる際に重宝します。 スプーンなどで代用できそうにも思えますが、ドレッシングは乳化させる必要がありますので、どうしてもスプーンだと物足りないですが、泡立て器だと作りやすいです。 このサイズを1本持っておくだけで、作業がとてもやりやすくなります。 サイズ 長さ13.

次の

【徹底比較】泡立て器のおすすめ人気ランキング17選

泡立て 器 おすすめ

泡立て器の選び方 サイズ 泡立て器のサイズは豊富にあるので、材料の量や人数に合わせて選ぶと良いでしょう。 サイズ選びに悩むときは、使用するボウルの直径と同じくらいの長さの泡立て器を選ぶと泡立てやすいです。 また、重心が手前すぎたり先端に寄りすぎたりすると使いにくいので、ちょうど真ん中くらいに重心があるものがおすすめです。 ワイヤーの素材 泡立て器のヘッド部分にあたるワイヤーは、ステンレス素材のものが一番多く、次いでシリコンやプラスチック製のものがあります。 ステンレスは耐久性があり、煮沸(しゃふつ)消毒もできるので衛生面でも優れています。 しかし、ボールの素材によっては、カシャカシャという音がなったり、ボウルや器を傷つけてしまう場合もあるので、気になる人はワイヤー部分にコーティングがしてあるものや、ステンレス以外の素材も検討してみてください。 ワイヤーの本数・コイルの細かさ ワイヤーの本数が多くコイルが細かいほど、よりきめ細やかな気泡を作ることができます。 粘性が高い材料は泡立て器を動かしにくくなるので、ワイヤーの本数が少なくコイルが細かくないものの方が使い勝手が良いです。 泡立てたいものに合わせて選びましょう。 耐熱性 熱いものを混ぜて泡立てたり、直接火にかけた鍋の中で使ったりする場合は、耐熱性のある泡立て器を選びましょう。 金属製なら問題ありませんが、プラスチック製やシリコン製の場合は、かならず耐熱温度を確認してください。 耐久性 継ぎ目の部分はどうしても耐久性が低めです。 ワイヤーと柄の部分がしっかりしているものを選びましょう。 また、継ぎ目部分に隙間があると材料が詰まりやすくなり、洗うのも大変なので注意が必要です。 持ちやすさ 柄の素材は、ワイヤーと同じくステンレス、プラスチック、シリコン製が多いです。 自分が持ちやすい素材が一番ですが、シリコン製はすべりにくく、手に馴染みやすいのでおすすめです。 メレンゲのつくり方 お菓子づくりの基本で、卵と砂糖を泡立て器で混ぜるだけでつくることができるのがメレンゲです。 基本的なメレンゲのつくり方とポイントが紹介されているので、参考にしてみてください。

次の

【手動】人気の泡立て器おすすめランキング10選

泡立て 器 おすすめ

泡立て器というからには、泡の立てやすさが重要になってきます。 それを左右するのがワイヤーの本数。 数が多くなればなるほどしっかり絡めて空気を含ませる事が出来るので、泡が立てやすくなるんです。 ふわふわのメレンゲなどを素早く作りたい時にはおすすめ!ただし本数が増えると重さも増し、サイズも大きくなる傾向にあるので気をつけておきましょう。 一方、本数の少ないものは少量の食材を混ぜ合わせたり、少し食材の形状を残して攪拌させたい時に有効。 また、軽くてサイズもコンパクトなものが多いところも特徴になります。 作る量や用途をよく考えて選ぶようにしましょう。 料理好きの方は本数の多いものと少ないものを2つ持っておくと便利ですよ。 下村企販の「ケーキ屋さんの泡立て名人」 こちらは家庭用として使いやすい約25cmの泡立て器です。 ちょうど良いサイズ感なので色々なことに応用可能。 また、ワイヤーの数が24本というところが特徴になり、キメ細かい泡を素早く立てることができちゃいます。 ふわっふわのメレンゲを作りたい時なんかに最適! 口コミでも "以前使用していたものよりも格段に泡立ちやすく、驚いています。 "、"こんなに素早く泡立てられるなんて嬉しいです。 " などと泡立ちの良さは折紙付きです。 さらに、しっかりとした作りなのでポテトマッシャーとして使用できるところもポイント。 マッシュポテトやポテトサラダが食べたくなった時でも安心ですね。 今まで泡立てに苦労していた方も、これでラクに作業が進むのではないでしょうか! オクソーの「バルーンウィスク 小 」 こちらはスマートな形状が使いやすく、やや小さめサイズで色々なことに応用が利く泡立て器です。 長さは23cmで先端がスリムなところが魅力。 卵やドレッシングを混ぜたり、味噌マドラーとしても活用できる優れものです。 また手に収まりやすく、負担がかかりにくくなっているグリップが特徴。 さらに、疲れにくく滑りにくい素材が使用されているので、泡立て器の使用頻度が高い方にはありがたいですね。 極め付けは、ワイヤーと柄の接続部分が透明樹脂でカバーされているところ。 汚れが付きにくく、落としやすくなっているんですよ。 機能性・利便性・メンテナンス性の全てが高品質な泡立て器です。 おまけにお値段もお手頃なので、ぜひ一度手に取ってみてはいかがでしょうか?.

次の