新型 コロナ 世界 地図。 日本型BCGで新型コロナの免疫ができる?

【感染マップ5/9最新】新型肺炎コロナウィルス世界の感染人数リアルタイム一覧(分布図)|Media Sunshine

新型 コロナ 世界 地図

新型コロナウィルス最新情報 ブラジルは世界で2番目に新型コロナ感染者100万人を超えた。 ! 最新記事 「」 ドイツとノルウェーの共同研究で、重度のCOVID-19のリスクは、他の 血液型の人よりもA型の人の方が 45%高くなりました。 一方、タイプOの人では 35%と低いようです 記事 ロシアは、新型コロナ死亡者を国際機基準で計算する方針。 ロシアのコロナ感染死者数を国際基準で比較では 2. 8倍になると発表。 記事 ベルギーで、新型コロナウイルス対応の最前線にある病院を訪問したウィルメス首相に、医療スタッフたちが 一斉に背中を向けて抗議をする動画が世界に広がった。 記事 ドイツでは、規制反対デモ拡大。 記事「」 ブラジル、新型コロナ感染症を「ただの風邪」と呼ぶ右翼ボルソナロ大統領は、率先して規制を無視し感染拡大に無頓着な姿勢を貫いている。 ブラジルは急速に感染拡大し、世界第2位、 感染者1,313,667人、死者57,070人。 この壮大な社会実験を見守るしかありません。 記事「」 ロシア感染者第 3位、 感染者626,779 人、死者8,958人。 記事「」 「」 新型コロナウイルス感染の有無を短時間で調べられる抗原検査キットについて、加藤勝信厚生労働相は13日、薬事承認した。 記事「」 PCR検査自動化装置が開発されました。 査件数増加見込み。 日本のPCR検査数増に期待されています。 今後、PCR検査数を世界レベルまで引き上げ可能に。 記事「」 15時分でコロナ判定の簡易キット発売 記事「」 世界の死者数が41万人突破。 ニューヨークが抗体検査データを発表: 人口の14%がコロナウイルスに感染してい る可能性がある。 記事「」 世界の 16億人が生計失う危機(ILO 記事「」 新型コロナ世界国別の感染者人数一覧(死者人数) 6月28日現在 国名 感染者 死者 国名 感染者 死者 米国 2,507,930 人 (125,904 人) バングラデシュ133,978人 (1,695人) ブラジル 1,313,667人 (57,070人) カナダ 104,878人 (8,576人) ロシア 626,779人 (8,958人) 南アフリカ 131,800人 (2,413人) インド 508,953人 (15,685人) カタール 93,663人 (110人) イギリス 311,727人 (43,598人) 中国 84,742人 (4,641人) ペルー 275,989人 (9,135人 ) コロンビア 84,660人 (2,946人) チリ 267,766人 (5,347人) ベルギー 61,209人 (9,732人) スペイン 248,469人 (28,341人) ベラルーシ 61,205人 (377人) イタリア 240,136人 (34,716人) スウェーデン 65,137人 (5,280人) イラン 220,180人 (10,364人) エジプト 63,923人 (2,708人) ドイツ 194,458人 (8,968人) エクアドル 54,574人 4,424人) フランス 199,473人 (29,781人) オランダ 50,282人 (6,124人) トルコ 195,883人 (5,082人) UAE 47,360人 311人) パキスタン 198,883人 (4,035人) アルゼンチン 57,774人 (1,207人) メキシコ 212,802人 (26,381人) シンガポール 43,246人 (26人) サウジアラビア178,504人 (1,511人) ニューヨーク州死者 31. 368人 ー 日本 18,254人 (971 人) (米ジョンズ・ホプキンス大学まとめ) 「」 新型コロナ世界各国の対策内容、状況 メキシコシティ(ロイター)— メキシコの厚生省は、6月17日にコロナウイルス感染の新たに確認された4,930症例と770人の追加の死亡者を報告し、国全体で185,122人の症例と22,584人の死者を出した。 政府は、感染者の実際の数は、確認された症例よりもかなり多いと言っています。 世界各地で外出緩和の動きで始める。 ただし、(飲食店など除く条件付き) 英国、イタリア、スペイン、フランス、ドイツ、米NY州、など。 ロシアのプーチン大統領は、感染が急拡大するなか、5月11日封鎖の解除を表明。 アメリカは、トランプ政権の外出制限の4月末の期限を迎え、すでに30を超える州が、部分的に経済活動の再開に動いている。 記事「」 韓国は、「コロナ第二波」備え。 文大統領は、5月10日「長期戦」の覚悟で「コロナ第二波」備え、政府の防疫組織を一段と強化する方針を表明。 記事「」 インドネシアは、新型コロナウィルス感染拡大を食い止めるため、全国的な移動制限に踏み切る。 イスラム教の断食月(ラマダン)入りの時期である4月24日から開始。 東南アジアの刑務所が、コロナ感染の温床になっています。 詳細記事 「」 シンガポールで感染急増。 6月11日現在、で感染者が 38,965人。 詳細記事 「」 ブラジルは、新型コロナウィルス軽視で混乱状態に突入しています。 図らずも、 経済活動優先の実験場になる恐れもあります。 すでに、医療崩壊に達しているようです。 詳細記事 「」 「」 アメリカは、ニューヨーク州で4月20日より抗体検査実施。 日本では月内実施計画中。 経済活動の早期回復タイミングを探る。 記事「」 中米のニカラグアの ポピュリズム政権は、感染対策軽視、国際人権団体アムネスティ・インターナショナルが懸念表明。 記事「」 中国河北省武漢市4月8日封鎖解除。 武漢の封鎖は、1月23日以来なので2ヶ月半ぶりとなる。 武漢市、全市民にPCR検査実施へ。 人口は約1100万人。 コロナ第2波対策。 米国立アレルギー感染症研究所のファウチ所長は、絶対に握手すべきではない。 「過剰なほどの手洗い」の継続と握手廃止を勧めた。 アフリカで急拡大、低い医療水準で蔓延の恐れ! 感染者の合計は、4月上旬ですでに1万人を超える。 イスラム各国もラマダンを控え、警戒 ラマダンの時期は巡礼のための移動が増えます。 エジプト政府はラマダン期間中の集団礼拝を禁止。 世界保健機関(WHO)欧州地域事務局のトップ、ハンス・クルーゲ氏は記者会見で、「欧州地域には依然としてパンデミック(世界的大流行)の暗雲が重く垂れ込めている」と発言。 欧州地域は10日間で感染者数が2倍に増えて100万人に達したと指摘し、「向こう数週間が欧州にとって極めて重要になる」との認識を示した。 さらに感染拡大が懸念される地域として、英国、トルコ、ウクライナ、ベラルーシ、ロシアを挙げた。 インドのモディ首相は24日、新型コロナウイルス対策について国民向けに演説し、25日から21日間、全土で封鎖を実施すると表明し、国民に外出を控えるよう呼び掛けた。 3月14日全土封鎖期間を5月3日まで延長すると発表。 イギリスは、全国封鎖。 島国だけに、当初は楽観論も漂っていたが、今や死者数は1万人を超えた。 政府は危機感を強め、外出禁止やレストラン・商店の臨時閉店を発令し、「全国封鎖」(英メディア)に踏み切った。 事態の悪化に歯止めをかけようと懸命だ。 「あなた方は家に居なければならない」。 ジョンソン首相は23日夜のテレビ演説で、感染拡大を抑えるため、今後3週間にわたって国民の外出を制限すると宣言した。 感染者数が10万人を突破した英国も、少なくとも3週間延長すると発表。 4月8日、WHOのテドロス事務局長が、台湾から人種差別を受けたと主張。 それに対し、4月10日、「台湾が実際に攻撃したように見せかけるため、中国が情報工作を行った」と表明。 中国は、台湾がWHOを攻撃していると反論。 フィンランドのマリン首相 3月28日から首都ヘルシンキを含む首都圏を封鎖。 封鎖期間は4月19日の予定。 ニューヨーク州のアンドルー・クオモ知事は13日、州内のウイルスによる死者が1万人を超えたと発表した一方で、状況は「最悪の状況を脱した」と発表。 大規模抗体検査実施。 クオモ氏は、感染患者の入院と人工呼吸器装着の件数がいずれも下がっていることから、流行状況が変動の少ない時期に達したことが示唆されると説明。 「正常化への道を進み始められる状況になった」とし、経済活動の段階的再開に向けた計画の策定を進めると発表。 中国でアフリカ人差別 中国で暮らすアフリカ人が不当な扱いを受けているようです。 新型コロナウイルスの感染拡大防止で、米ニューヨーク州のクオモ知事は州内のロックダウンを5月15日まで2週間延長した。 外出制限が続き、 英、仏、イタリア、スペインなどでは、配偶者によるDVが発生している。 ペットなど癒しの動物も大切になってきます。 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の

【世界マップまとめ】新型コロナウイルス感染感染者・死亡者・累積症例数など丸わかり6選

新型 コロナ 世界 地図

世界中で大流行している新型コロナウイルス感染症 COVID-19。 歴史を紐解けば、世界的なパンデミックとなった感染症はこれまでもありましたが、世界中の感染者の情報が日々取得・分析されている感染症は、この新型コロナウイルスが初めてと言われています。 国によって感染状況はさまざまですが、米国 Esri 社では、その傾向 トレンド を把握できるを公開しています。 そしてこのたび、ESRIジャパン翻訳による日本語版のストーリー マップ「」を公開しました。 このストーリー マップでは、感染状況の傾向を示す以下の 5 つのトレンドを定義しています。 Emergent 緊急事態 : 集団感染の初期段階 Spreading 拡散 : 初期の拡散段階で、行政の対応力によっては制御可能な場合があります Epidemic 流行 : 制御されていない拡散 Controlled 制御 : 過去 21 日間における人口 10 万人あたりの新規症例が平均 0. 5 件未満 End Stage 収束 : 過去 42 日間における 5 日間ごとの新規症例が平均 1 件未満 そして、各国の感染状況がどのトレンドに属しているのかを世界地図で色分け表示しています。 このマップ上で任意の国をクリックすることで、その国がどのトレンドにあるのかを確認することができます。 たとえば、日本をクリックすると以下のような情報が表示されます 5月11日時点。 このストーリー マップでは、これ以外にも各国の現在の感染者数を表したマップや最初の症例発生日からの経過日数を表したマップも紹介しています。 ここに掲載されているマップの情報は、米国ジョンズ・ホプキンス大学から提供されている感染者数のデータを元に日々更新されています。 ストーリー マップの作成にあたっては、 に付属のストーリー マップ構築ツール「」を使用しています。 また、のデータ活用事例にも掲載されております。 現在大部分が紫色 Epidemic [流行] の色 に染まっている世界地図が、緑色 End Stage [収束] の色 になる日が一日も早く来ることを祈ります。

次の

新型コロナ感染 日本国内・世界各国マップ

新型 コロナ 世界 地図

popular posts• 洗える10マスクと冷感マスクを厳選 マスク不足も... 近江友里恵(おうみゆりえ)NHKあさイチの衣装... windows10で自動ログインに変えようとしたら... echo端末の回線が切れるのが多発するようになった... 郵送による申請者は給付が遅れています。 東京23区は... 林田理沙 はやしだ りさ 首都圏ネットワークの衣装... Amazon prime musicとAmazon... HUAWEI2019年も電池交換半額キャンペー... NHKで放送される能楽のラジオ、テレビ番組の予定... 都知事選のポスター掲示板にホリエモンの顔写真!?... 新型コロナの緊急経済対応策として、政府・自治体は給... 感染を避けるための換気対策 換気対策が必要な理由... 日本製の使い捨てマスクを厳選 マスク不足も解消し... マイナンバーカードとは マイナンバーカードはいつ... 起動時にRunDLLのエラーが毎回出るようになる。... Googleから、メールで「お知らせ: Googl... 古代オリエント ピラミッド:2000BC頃... スマートウォッチ HUAWEI Band 4 で睡... 日本建築史の写真集。 竪穴住居から数寄屋建築まで年代... amazon fire TV stickで映画・ド...

次の