レモンサワー ldh。 「レモンサワーで日本を元気に!」プロジェクト

レモンピールの後味が最高!EXILE監修「LEMON SOUR SQUAD」のガチレビュー

レモンサワー ldh

スポンサーリンク EXILEがレモンサワー飲む理由?岩田剛典レモンサワー問題とは? レモンサワーはLDH社長でEXILEのリーダーである HIROさんがEXILE結成前から大好きだったお酒です。 また、USAさん曰く、お金がない頃に安く酔え、「つまみを邪魔しないし、ビタミンCも取れる」「スッキリ度が絶妙で良かった」とのこと。 そして、他のダンスチームだったMAKIDAIさんやUSAさんを居酒屋で説得して EXILEの原点ができた際に飲んでいたのもレモンサワーだったのです。 (画像引用元:) そんなEXILEにとっては原点となるレモンサワーは、 ある打ち上げでは2500杯飲んだ伝説もあるくらいなのです。 もちろん、EXILEの飲み会ではレモンサワーだけじゃなくて、ビールやワイン、テキーラ等も飲むとのことです。 岩田剛典のレモンサワー問題とは? EXILEというより、LDH全体の公式飲み物と言われているレモンサワー。 そんなレモンサワーで、EXILEのメンバーである 岩田剛典さんは、EXILE15周年記念として発売したメンバープロデュースにレモンサワーCAPをお作りになったようです。 もしかして、これが岩田剛典さんのレモンサワー問題でしょうか? 勝手にLDH公式飲み物であるレモンサワーを使ったことが問題となってしまったでしょうか? 確かに社長であるHIROさんの大好きな飲み物で思い入れのある飲み物なので、安易にレモンサワーを使ってほしくなかったのでしょうか? スポンサーリンク 岩田剛典 プロフィール (画像引用元:) 別名 GUN 生年月日 1989年3月6日 出身地 愛知県 学歴 慶應義塾大学法学部 職業 ダンサー、俳優 活動期間 2010年~ 事務所 LDH JAPAN 高校生でありながら大学生中心のチームだった当時のU-19ラクロス日本代表候補に選出されたりと、類まれ無く身体能力を持っている岩田剛典さん。 高校3年の時に映画「RIZE」に衝撃を受け、ストリートダンス「KRUMP」を独学で始め、大学ではダンスサークルDancing Crew JADEに所属します。 また、KRUMPをきっかけにNAOKIや日本のKRUMPの第一人者のJUN aka Twiggzと出会い、Boi Twiggzの名でTwiggz Famのメンバーとして活動もしていました。 それだけでなく、イケメンであることから2009年「ミスター慶應コンテスト2009」で最終候補者にもなっています。 2010年7月にNAOKIさんに誘われ、就職先の内定を辞退して「三代目J Soul Brothers」のパフォーマー候補者となります。 同年9月の「EXILE LIVE TOUR 2010 FANTASY」神戸公演のリハーサル時には三代目J Soul Brothersのメンバーが決定しています。 以降は三代目J Soul Brothersとしてダンス活動をし、2014年4月には「EXILE PERFORMER BATTLE AUDITION」で合格しEXILEに加入しています。 俳優としても活動しており、2011年ドラマ「ろくでなしBLUES 」で俳優デビューし、2016年映画「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」で映画初主演を飾っています。 さらに、2018年ドラマ「崖っぷちホテル」でドラマ初主演を飾っていたりと、俳優としても活躍が期待されています。 EXILEがレモンサワー飲む理由はLDH原点!岩田剛典レモンサワー問題とはCAP? EXILEというよりLDHにとってレモンサワーは原点であり、かなり思い入れのある飲み物のため何かの節目にはよく飲まれるようになったのでした。 そして、岩田剛典さんはそのレモンサワーをCPAにしましたが、これが問題があったのでしょうか? 色々ありますが、LDHはレモンサワーを2500杯飲んだ伝説あったりと、レモンサワー愛に溢れた集団ということが分かりました。

次の

EXILE公式レモンサワー 「LEMON SOUR SQUAD」みんなの感想をまとめ

レモンサワー ldh

LDH JAPANと宝酒造、ローソンが共同開発したEXILE監修の本格レモンサワー「LEMON SOUR SQUAD from NAKAMEGURO(レモンサワースクワッド)」は1カ月で累計販売本数が100万本のヒット商品となった。 累計販売本数は、約1カ月で100万本を突破。 ローソンが1年以内に売り出したチューハイ新商品では最速の売れ行きだという。 レモンサワー商品の中では後発だった「レモンサワースクワッド」大ヒットの理由とは? 開発に携わった、宝酒造・酒類事業本部の小澤真一さん(左)、ローソン・ドライ商品本部の中村良平さん(中央)、LDH kitchen社長の鈴木裕之さん(右)。 撮影:西山里緒 売れ行きの特徴は「ケース買い」だ。 通常、酒類品でのケース買いといえばビールが定番で、チューハイにこの傾向は見られない。 2020年1月には、同商品が売り切れているとの投稿がTwitter上で相次いだ。 その売れ行きは、ローソンで販売している他の主力レモンサワー商品の3倍以上の勢いだったという。 人気のため、ローソンは1月14日、急遽出荷を停止。 増産体制を整え、1月28日から販売を再開。 「 正直、見たことがない数字だった」と中村さんは顔をほころばせる。 「 ファンがSNSや口コミで広めてくれた」とローソン担当者が話す通り、ファンを超えて裾野も広がった。 当初は購入者の7割が女性だったが、現在はじわじわと男性の構成比が伸びているという。 EXILEがこだわった「強炭酸」 サントリーの推計によると、2018年にRTD市場は過去最高となった。 出典:サントリー レモンサワー(レモンチューハイ)市場はここ数年、伸長を続けている。 サントリーの2019年の推計によると、缶チューハイや缶カクテルなどのRTD(Ready To Drink、ふたを開けてそのまま飲めるアルコール飲料)市場は、2018年までに11年連続で伸長し、2億ケースを突破。 直近10年間で市場規模は約2倍に拡大している。 レモンサワー商品に限ってみても、コカ・コーラボトラーズジャパンが販売している「檸檬堂」やサントリーの「こだわり酒場のレモンサワー」など、ヒット商品が続く。 後発でも「レモンサワースクワッド」が、目覚ましい成功を収めた理由は何か? 実際に飲んでみると、印象に残るのはレモンの爽快感と、強いのどごしだ。 後味の苦味はあるものの、ストロング系チューハイのような「アルコールを飲んでいる感」は少ない。 甘みよりも酸味と苦味が押し出されるため、しょっぱい乾きものが欲しくなる味だ。 もともと、EXILEとレモンサワーのつながりは深い。 「(アーティスト・スタッフが) ライブの打ち上げでレモンサワーを2500杯飲んだ」という逸話はファンの間では有名だ。 LDHとレモンサワーの歴史は長い。 LDH kitchenが運営する「居酒屋 三盃」でも生レモンサワーを提供している。 撮影:的野弘路 焼酎・レモン・強炭酸。 慣れ親しんだレモンサワーの味を再現するため、EXILE HIROをはじめ、EXILE TRIBE、LDHのメンバーも開発に携わった。 開発期間の約1年半にわたり、テイスティングを繰り返した。 宝酒造・酒類事業本部の小澤真一さんによると、特に苦労した点は「強炭酸の再現」だという。 「 もっと炭酸を強く」 —— LDHからのフィードバックに、新たに「強炭酸に堪えうる耐圧缶を採用する」ほど、ガツンと強いのどごしのレモンサワーが完成した。 レモンサワー缶は通常、中央に大きなレモンのイラストや写真があしらわれているものがセオリーだが、あえてレモンを中心に置かず、代わりに鮮やかなレモン色の背景を採用。 「 (理想の色を缶に出すために)色校正は何度刷ったかわからないほど」と、宝酒造・広域流通本部の遠藤敦さんは、苦笑しながら明かす。 レモンサワー人気、どこまで続く? 先述したように、レモンサワー市場は活況だ。 日本蒸留酒酒造組合の2019年の発表によると、直近1年間でレモンサワーを飲んだことがある人は全体で8割近く、若い年代ほど「飲む回数が増えた」と回答した割合が高かったという。 「レモンサワー戦国時代」は、まだまだ続きそうだ。 (文、西山里緒).

次の

3カ月で215万本の売上を記録──異例の大ヒット、EXILE監修「レモンサワー」の開発秘話

レモンサワー ldh

いつしかEXILEのみならず、他のグループにとってもレモンサワーはかけがえのないドリンクとなっていった。 2020年は、いつも応援してくださるファンに感謝の気持ちを伝えたいという想い、そして常に挑戦し続けたいという気持ちから2008年にスタートした6年に1度のLDH総合エンタテイメントの祭典「LDH PERFECT YEAR 2020」が開催される。 それを記念し、ファンの皆様にも我々が愛飲するレモンサワーを飲んでもらいたいということを、これまで様々なコラボ企画を行ってきたローソン様に相談したところ、「普段飲んでいるのが焼酎ベースのレモンサワーならば宝酒造だろう」ということで、焼酎ベースのレモンサワーに多くの知見を持つ宝酒造を紹介して頂き、3社で共同開発を行う運びとなった。 その上で「さらにおいしいものを」というリクエストをLDH社からいただき、試作を繰り返してはLDHに所属するグループのメンバーやスタッフにも味わいを確認しつつ開発を進めた。 目指したのは「レモンの果汁感がしっかりと感じられる」「焼酎の深い味わいも楽しめる」「爽快感のある強炭酸」という3つのポイントを押さえたレモンサワーで、試行錯誤を繰り返しながら2年ほどの開発期間をかけて完成。 ベースとなる焼酎には味わいに深みのでる樽貯蔵熟成焼酎とレモンの香り成分を含むハーブを原料に加えた焼酎を使用。 レモンは果汁に合わせてペーストも使い、LDH会長のHIROさんも納得していただける味わいとなった。 実際にライブの打ち上げでも使用していただき、メンバーからも高く評価していただいている。 商品名にある「スクワッド」は意訳すると「軍団」や「仲間」という意味で、「トライブ」と同義。 「長い間レモンサワーを飲み続けた仲間」という意味を込めて命名させていただいた。 パッケージはファッションデザイナーでもある当社のPKCZのDJ DARUMAが担当。 シンプルでわかりやすく、それでいてかっこいい今までにないデザインとした。 パッケージの特徴的な黄色にはかなりこだわり、何度も宝酒造のパッケージ担当の方と打ち合わせを行った。 まず顧客層だが、他のRTDの男女比率は男性6割、女性4割程度だが、同商品については発売当初は7割が女性で現在では6割ほどとなっている。 年齢層で見てみると、EXILEや三代目J Soul Brothersなどの主なファン層である若年層が圧倒的に多い。 合わせて購入される商品も、通常のRTDではビールの新ジャンルと乾き物の珍味が多いが、これはチェイサー代わりに使うのか、ソフトドリンクと、酒類との併売率はあまり高くないスイーツ類も一緒に買ってもらえている。 また、発売当初はローソン店舗で1カ月以上酒類を購入していなかったお客様が購入者の半分を占めていたことや、味わいを評価していただいてか、リピート率も他の商品と比べて高い。 ここ1年で最速で100万本突破の商品となったが、これまでにない商品だからこそなし得た結果だと考えている。 とはいえ、同商品最大の目的は「パーフェクトイヤー」に合わせて最高のものを提供することでお客様に喜んでいただくことであり、しっかりと育成を図りたい。 〈酒類飲料日報2020年3月11日付〉 外部サイト.

次の