歌のお兄さん 捕まった人。 元NHKうたのおにいさん・沢田憲一が覚せい剤事件で逮捕。杉田あきひろに続き2人目の薬物騒動…

元「歌のお兄さん」杉田氏、覚せい剤の恐怖を語る

歌のお兄さん 捕まった人

yahoo. view-000 歌のお兄さんが覚醒剤使用で逮捕されました。 過酷な労働環境にも注目が集まっているようです。 1996年から約5年間、NHK「にこにこぷんとあそぼう」に出演していた沢田憲一容疑者(49)が、9月18日に覚醒剤取締法違反の疑いで警視庁に逮捕された。 「歌のお兄さんの逮捕といえば、2016年4月にNHK『おかあさんといっしょ』に03年まで5年間出演していた杉田あきひろ兄さん(51)が、同じく覚醒剤取締法違反で捕まり有罪判決を受けています。 彼らに、いったい何が起こっているのか……。 昨年3月に『おかあさんといっしょ』を卒業した横山だいすけ兄さん(35)は、テレビでどれだけ忙しくても月収30万円だと明かしていました。 月曜から金曜までは番組収録があり、土、日は地方でのイベントがみっちり。 なので、出演者同士の結束力は固い。 実は半同棲状態だったという噂もありますからね。 「『おかあさんといっしょ』などのNHK教育番組は、幼児のいる家庭での視聴率は100%近い。 それだけに、番組卒業直後はイベントに引っ張りだこなんです。 出演料は1回10万から30万円ほど。 なので、辞めるといきなり年収1000万円を軽く超えてしまう。 でも、そんなバブル状態が続くのも長くて2、3年ほど。 彼らをテレビで見ていた子ども世代が成長していくにつれ、見向きもされなくなってくる。 そんなプレッシャーは半端ないかもしれませんね」(芸能ジャーナリスト・浅見麟氏) 昨年12月には「働き方改革宣言」を発表したNHK。 正職員だけでなく、歌のお兄さんたちにも、優しい職場をつくってあげられないものか。 yahoo.

次の

元「歌のお兄さん」杉田氏、覚せい剤の恐怖を語る

歌のお兄さん 捕まった人

俳優の坂上忍(51)が21日、フジテレビ「バイキング」(月~金曜前11・55)の生放送で、 NHKの子供向け番組で「歌のお兄さん」を務めた沢田憲一容疑者(49)が20日までに覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕された件について言及した。 沢田容疑者は「18日午後に新宿区の歌舞伎町にあるサウナで使用した」と容疑を認め、「全身がぞわぞわする高揚感を味わいたかった」と供述しているという。 坂上は「情けなくなる。 49(歳)にもなって『ぞわぞわする高揚感を味わいたかった』って。 なんか寂しい」とあきれ顔。 土田晃之(46)は沢田容疑者が2年前から使用したということから「47歳で(覚せい剤に)どこで出合うんだろう。 いい大人で、何があって、どこでそれに出合うんだろう。 どこで出合うんですか?」と疑問の声を挙げ、「アンガールズ」の田中卓志(42)も「芸能界にいても、俺らはそんな話は1回もない。 本人が接触しようとしないとそういうことは絶対起こらない」と首をひねった。 坂上も「俺らは渋谷とかで路上で売られているという噂を聞いても行く機会もないし、行くはずもない。 でも、こういうことになると、また芸能人は!って言われる」と続けた。 今年に入ってからも、芸能界の薬物関連容疑で逮捕が相次ぎ、最近では女優・三田佳子(76)の次男で職業不詳・高橋祐也容疑者(38)が覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕されたばかり。 坂上は「こういう仕事をやっているからと僕は思われなくないですけど、 こうやって並べちゃうと言われちゃう」と残念がり、「もう49歳。 立派なおっさんなんですから、自分の犯した罪は自分で償うしかないですね」と締めくくった。 所属事務所によると、沢田容疑者は歌のお兄さんとして1996年から5年間活動。 NHKの子供向け番組では、「おかあさんといっしょ」で歌のお兄さんを務めた男性歌手が16年に覚せい剤取締法違反容疑で逮捕されている。 yahoo.

次の

元NHKうたのおにいさん・沢田憲一が覚せい剤事件で逮捕。杉田あきひろに続き2人目の薬物騒動…

歌のお兄さん 捕まった人

1996年から約5年間、NHK「にこにこぷんとあそぼう」に出演していた沢田憲一容疑者(49)が、9月18日に覚醒剤取締法違反の疑いで警視庁に逮捕された。 「歌のお兄さんの逮捕といえば、2016年4月にNHK『おかあさんといっしょ』に03年まで5年間出演していた杉田あきひろ兄さん(51)が、 同じく覚醒剤取締法違反で捕まり有罪判決を受けています。 彼らに、いったい何が起こっているのか……。 昨年3月に『おかあさんといっしょ』を卒業した横山だいすけ兄さん(35)は、 テレビでどれだけ忙しくても月収30万円だと明かしていました。 月曜から金曜までは番組収録があり、土、日は地方でのイベントがみっちり。 なので、出演者同士の結束力は固い。 実は半同棲状態だったという噂もありますからね。 「『おかあさんといっしょ』などのNHK教育番組は、幼児のいる家庭での視聴率は100%近い。 それだけに、番組卒業直後はイベントに引っ張りだこなんです。 出演料は1回10万から30万円ほど。 なので、辞めるといきなり年収1000万円を軽く超えてしまう。 でも、そんなバブル状態が続くのも長くて2、3年ほど。 彼らをテレビで見ていた子ども世代が成長していくにつれ、見向きもされなくなってくる。 そんなプレッシャーは半端ないかもしれませんね」(芸能ジャーナリスト・浅見麟氏) 昨年12月には「働き方改革宣言」を発表したNHK。 正職員だけでなく、歌のお兄さんたちにも、優しい職場をつくってあげられないものか。 yahoo.

次の